美濃仏具 ㈱開成堂代表の煩悩日誌

プロフィール
Nokuさん
岐阜県関市で寺院内陣仏具の製造販売修理をさせていただいております。㈱開成堂、代表のブログです。

主に寺イベントや告知。寺院様の紹介等をボチボチ書いて参ります。



QRコード
アクセスカウンタ
Total:1339905
Today:134
Yesterday:451
| 1 | 2 | 3 | 最初 | next>>
JAZZ LIVE&落語会
寒っ!冷え込んできましたねぇ。先日風邪をこじらせた私としてはこの気温差に戦々恐々としています。皆さんくれぐれも体調管理にお気を付け下さい。
最近、異常に眠い。寺院コンサル開成堂です


本日は今週末と来週火曜日に開催されるイベントの告知です

まずは今週末。10月16日(日)に関市小屋名の黄檗宗寺院 臨川寺さんで開催される【お寺でJAZZ】

今回は地元出身のベーシスト。名古路一也さんのバンド。Dear Bluse。

名古屋を中心に活躍されておられます。

ボーカルに今岡友美さんをお迎えしてのLIVEです。




そして平日ですが10月18日(火)に山県市西深瀬の天台宗寺院 慈明院さんで開催される【ご縁落語会】

今年も桂梅團治師匠をお迎えし、笑福亭喬介師匠、桂小梅師匠の三人会です

毎年とても面白い落語を聞かせていただける梅團治師匠。今年の演目も楽しみです。



皆さんお誘い合わせの上、是非ご来山下さい。
彼岸会&落語会  岐阜市石原 醍醐寺
前回ブログを更新してから一ヶ月が過ぎていました・・・。
ブログネタは沢山ありましたが、寺院様よりご依頼を受けているWEB関係の更新を優先している内にブログが放置状態に・・・。
本日はこじらせた風邪が完治しておらず。外に出られないのでブログ書いてます
弊社Facebookページは更新しています。寺院コンサル開成堂です。


 一昨日、岐阜市石原の【往立空中の阿弥陀尊】でお馴染みの西山浄土宗寺院、醍醐寺さんで【彼岸会と第一回落語会】が開催されました。



当日は暑い日だったので、来山される方皆さんが『暑い暑い』とおっしゃってましたが、幸いな事に私は風邪引きで、寒気がちょうど良い具合に暑さを消しておりました







輪袈裟


経本




檀家様もお集まりになり、彼岸会が始まります






法要が終了し、お寺からのお知らせ。


休憩を挟み、岐阜大学落語研究会の皆さんによる落語会が始まります。
最初は、ながら家 走太郎(らんたろう)さん


演目は『権助魚』


お二人目は、ながら家千兵衛(せんべえ)さん


演目は『だくだく』。前から気になっていたんですが、今回初めてどうして演題が『だくだく』なのか調べました(内緒)


3人目は、ながら家吉童(きっど)さん


演目は『転失気』(てんしき)。お寺にはぴったり(?)かも


最後は、ながら家桜太郎(おうたろう)さん


演目は『湯屋番』個人的に好きな落語の一つですね~。
若旦那の一人芝居を上手く演じておられました




醍醐寺さんでは今回が第一回の落語会でした。
法要の後の落語会はどなた様でも参加出来ます。またその他に『お茶にしませんか?』や『みほとけ塗り絵の会』『ゆったりお寺ヨガ♪』も開催しておりますので、醍醐寺さんのホームページFacebookページもチェックしておいて下さいね。



また10月18日(火)には山県市西深瀬の慈明院さんで第六回目となる
『ご縁落語会』
が開催されます。チケットは開成堂でも扱っておりますので気軽にお問い合わせ下さい。


花まつり 慈明院 岐阜県山県市
花粉症がいつまで続くのか・・・。薬飲まなくなった途端に粘膜破れました・・・。
鼻炎と友達。開成堂です


今回は岐阜県山県市西深瀬の天台宗寺院 慈明院さんの花まつりをご紹介


以前の写真を何気に見てましたが、今回でお邪魔するのも4回目。時がたつのは早いもんですねぇ。お手伝いや参加しているお子さんがお子さんと呼べなくなってマス


まずは4日の準備の様子。天気の良さに境内をウロウロしながらカメラを向けました











仕事柄(?)年中写真撮ってますが、この時期にしか無い新緑の緑が何とも良いです



外をウロウロしている内に本堂内では花まつりの準備が始まっておりました

境内の花などで花御堂を飾り付け





















お菓子の準備も万端











雲が穏やかに流れておりました(静止画ですが・・)




花まつり当日も素晴らしい天気になりました





お手伝い下さる皆さんと毎回絶品のお斎をいただきました。ついつい食べ過ぎてしまします








艶やかになった花御堂





白いゾウを曳いて行列が進みます









散華が本堂内に舞います





法要を行った後に甘茶掛けを行います





恒例の紙芝居。お題は『お釈迦さまの誕生日』です



物語に合わせ雨のシーンの演出



そしてお楽しみの輪投げ



ケンケン大会





じゃんけん大会。景品は毎年豪華になってる気がします



最後に合掌し感謝と共に終了します。参加されたお子さんたちにお菓子とジュースが配られます



檀家様や多くのスタッフの方達の協力で無事終了しました。皆様お疲れ様でした

今回も多くの初参加の方がお越し下さり有難い限りです

8月にはこれも恒例の夏祭りが開催されます。是非参加下さいませ。
子安観音 ちょうちん祭り  慈明院
昨日、移動中にラジオで流れていた曲。Siriに聞いて曲名は分かったのですが、覚えたつもりで勘違いしておりまして。どうしても山本リンダが検索されてしまいました・・・。
うろ覚えはダメですね。開成堂です


一昨日の事になりますが、18日に岐阜県山県市西深瀬の慈明院さんで毎年恒例の『子安観音 ちょうちん祭り』が開催されました



盆踊り用の櫓も準備出来ています



私も今回で何度目かのお邪魔ですが、年々屋台が豪華になってます













お手伝い下さる檀信徒の皆さんの腕章。お手伝いの方も年々増えてマス



最後の最後までチェックを怠りません



定刻となり、法要が営まれます。こちらの観音様は高賀の地から縁あって慈明院さんにやってきました。非常に良い観音立像です



当日は比叡山から尊い高僧がお越しくださいました





絵がシュール過ぎる・・・・



残暑の夜。厳かに法要は営まれました



法要後、それぞれお参りした後、ちょうちん祭りの開幕です







大賑わいです



盆踊りも始まります。妖怪体操では多くのちびっこ達が舞台の上で踊りを披露。妖怪ウォッチ恐るべし



室内ではしょうぐうさんも見守る中、読み聞かせが行われています



恒例のじゃんけん大会も

もちろん。しょうぐうさんも参加です



多くの商品に参加されたお子さんたちも大変喜んでおりました



今年で9回目のこのちょうちん祭り。檀信徒さん方とお話しする中で最初は数名のスタッフで始められ、参加されている方も少なかったそうですが回を追う事にお手伝いも参加者も増えてきたそうです。

寺院の皆さんと檀信徒さん達の努力の賜物です

来年は10回目。どんな企画が飛び出すのやら。興味津々です
伝教大師報恩会 法話会 慈明院
本日はお仏壇の引き取りをさせていただきました。少子高齢化に伴いお仏壇のお世話をされる方がいらっしゃらない事が多く弊社へ依頼いただく事も多くなりました。身寄りのない方も多い為に遺影等もお引き取りさせていただいております。しっかりと寺院様にてお焚き上げさせていただきます。
繋ぐ事の大切さ・難しさを本当に感じます。開成堂です

昨日、岐阜県山県市西深瀬の天台宗寺院、慈明院さんで

『伝教大師 報恩会』

が行われました








もちろん 伝教大師=天台宗開祖 最澄上人 でございまして

おまけに報恩とは【 仏・祖師などの 恩に感じて仏事・布施などを行うこと】
となっており(国語辞書)この度は天台宗を開かれた最澄上人に感謝する祭事です

法要の前に茶室にてお茶をいただき(美味しいんです)、これまた絶品の精進料理をいただきます
(間違いなく京都老舗の精進料理店に負けてません)



キュウリとミョウガ美味しすぎ








今年も幸せな時間をいただけました

法要前に境内・堂内をウロウロ

(どうもデジカメは木目が苦手ですね。補正かけても上手くいきません)




今年はアジサイを撮って無いですね・・



やっぱり密教用具は何か特別です





御詠歌が法要の開始を告げます



法要が始まります







ブレてしまいましたが散華を撒いておられます


皆さんでご焼香をし



和讃ですが天台宗のお唱えは他とは異なりますね
皆さんも色々な宗派の祭事に行かれると違いが分かって楽しいと思います



日本。って感じですね







法要終了後、御受嘱の法話です。優しく丁寧にお説きになります



今回も大変多くの方が来山下さいました





休憩の後、本日特別に法話を下さいます

サンガラトナ・法天・マナケ師

に登壇いただきました



師はインドから仏教研修生としてわずか9歳の時に来日され、その後14年間比叡山で修行を積まれた方です

今回は慈明院の御住職と兄弟弟子の縁と言う事もあり、お忙しい中岐阜までお越し下さいました

マナケ師は現在、インドにある仏教道場、禅林定を起点にし孤児院などを開かれインドにおける仏教再生の活動をされておられます

9歳で日本に渡り25歳でインドに戻られた際は日本語しか話せなくなっていた位の方ですから全く普通の京都弁(?)でお話しになられます

今回は【生きる】をテーマに日本とインドの違い。インドでの生活等を楽しくお話しされました



マナケ師のお住まいになってがいる禅林定では気温が40度を超える事は珍しくないらしいデス

現在インドの仏教徒は全人口の0.8%程だそうで(そもそも戸籍がいい加減で1割位は統計に入っていないそうですが・・)、布教にもご苦労されていると思います

以前にも何度か慈明院さんにお越しになった際にはご挨拶程度はさせていただいておりますが、本当に気さくなお優しい方です



皆さん関心したり笑ったりと、あっと言う間の時間でした



現在は先日起こったネパール大地震からの復興活動もされておられるそうです。多くの学校施設が随分倒壊した為に天台宗として建て替え等の支援をされていおられるそうです



些細ではございますがほんの少しだけご協力させていただきました



いつかインドへ行けたら良いなぁ(ハードルは高い)と考えます

胃にも心にも優しい素晴らしい法要でした
花まつりのお知らせ 慈明院
連休前恒例の納品ラッシュ。どうにか間に合いそう。関係各位の皆様に感謝です。明日はお預かりしていたお仏壇の納品日。暑くなりそうですね^^;
汗かきなのに痩せない開成堂です

早い人は来週から始まる連休ですが、そんな中。先日晋山式を終えたばかりの慈明院さんで毎年恒例の花まつりが行われます

花まつり(お釈迦様の誕生日)は4月8日ですが、新暦に開催される所と旧暦で開催される所があります

神宮山 慈明院 (facebookページが出来ました)

岐阜県山県市西深瀬1722-1

日時 平成27年5月6日(水)



前日の5月5日は準備日です。毎年多くの子供たちが飾り付け等のお手伝いをしています。準備する事で色々と教わる事も多いんでしょうね。他の催事の時も慈明院さんの子供さん達は良く働きます

チラシだけではブログが寂しいので昨年の花まつりの様子をアップします





















色々なゲームや景品もあります。

親子で是非参加下さい
晋山式  神宮山 慈明院
また雨ですね。農作物は大丈夫なんでしょうか?田畑を持っている訳でも、農作業をした事も無い私ですが何故か毎年農作物の心配をしています。
先週は寺院様から筍をいただき筍ご飯を堪能しました
食料さえあれば何とかなる。開成堂です。


昨日は岐阜県山県市西深瀬の慈明院さんで

晋山式(シンザンシキ)

が執り行われました


この晋山式ですが、住職がそのお寺に入る事に任命式の様な物なんですが、昨今の世相ではお寺に入ったからと言ってなかなかすぐ出来る物では無かったりします。

準備に何年も掛かったり多くの檀信徒さん方のご協力も必要ですのでされないままの寺院様もあったりします

慈明院さんの御住職も入られて10年以上経過していますが、今回檀信徒さん方のご協力をいただき式をする事になりました


そう言えばお寺の関係は読み方が変わった物が多いですね

頂相(チンソウ)・・住職の身姿を描いた掛け軸
津葬(シンソウ)・・住職の葬儀

とか


お寺の方は今回の晋山式に合わせ、本堂内外装の修繕を施しました。雨が多くて工事の進行が心配でしたが弊社よりの搬入物もなんとか雨に祟られずに済みました

幟は旗・幕、テントや机等々、どれだけ人手が有っても足りません。檀信徒さん方のご協力があってこそですね





岐阜県でも1、2を争う古い鉄筋の本堂ですが修繕と塗り替えにて見事に生まれ変わりました











こちらは稚児行列の際にお稚児さんが触れる御本尊とを結ぶ
御手紐(みてひも)



こちらは参列された方々に配布された晋山式の式次第(進行表)
弊社の名前も入れて下さり有難い限りです



少し雨がぱらつき出す天候ですが稚児行列を皮きりに式が始まりました

・・・今回私も役を仰せつかりまして、バタバタしておりましたので稚児行列の写真が有りません
今回の稚児行列の装束はお庫裡様がこだわられた衣装でして、非常に綺麗な衣装だったのですが見事に撮り忘れました・・

多くの寺院様が法要に参加され、散華(サンゲ)が舞ました



稚児行列の最中は途中から雨脚が強くなりましたが無事終了。今回は150名を超えるお稚児さんが参加されましたので行列もかなりの長さになりました。

そんな中でもぐずるお子さんもおらず。稚児行列につきものの長い待ち時間もお待ち下さいました。

その後、晋山式が執り行われました

今回は御住職のお師匠さんでもあられる京都大原三千院の堀澤門主様もお越しになりました





心配されていた雨も弱まり、非常に良い式でした

宗派宗派で進行が細かい所で異なっていたりするので私も毎回非常に勉強になります

晋山式などの法要は寺院様や檀信徒さん方、関わる全ての人々の協力あって成り立ちます。これも【布施】や【作務】なんでしょうね

法要後は片付けや寺院様方、総代さん方と色々と楽しくお話しさせていただいたりして帰社しました



新聞社の方もお越しになっていましたので今週中に記事になっているかも
岐阜中濃地区の方はチェックして下さいね
お稚児さん募集 慈明院&関善光寺
雨ですねぇ。卒業式の所も多いと思います。新しい環境に向かって進む人達に幸せが訪れます様に。
月初の事務仕事がキライ。開成堂です


本日は現在、寺院様にてお稚児さんを募集されている二ケ寺をご紹介


平成27年4月19日(日)
岐阜県山県市西深瀬の慈明院さんで第35世住職の晋山式が執り行われます
晋山式に伴いお稚児さんを募集中です




平成27年4月26日(日)
岐阜県関市西日吉町の関善光寺さんで7年振りの御開帳に伴い、御開帳の中日に稚児行列が開催されます



どちらの寺院様も数年振りのお稚児さんです
年頃の子供さんがいらっしゃる方は是非どうぞ

【天台大師報恩会】 山県市 慈明院
紅白歌合戦の出場者が発表されました。なんだかんだで今年も衣装にケチを付けながら見ていそうです。今年もあと僅か・・・。
来年は年男。開成堂です

昨日、山県市西深瀬の慈明院さんで【天台大師報恩会】が執り行われました

法要前にお言葉に甘えて昼食をいただきました







美味しかったですね~。お寺の方や檀家さん方で用意して下さったのですが、銀杏ご飯の炊き具合や和え物等、とても手間の掛かっているのが味に出ておりました

食事の後は茶室でお茶をいただきました。順番待ちの間に何枚か写真を
(奥に見えるのが茶室です)





細かい所にも



茶室にて美味しいお菓子とお茶をいただきました

茶室と先日表装させていただいた掛軸にお庫裏様(御住職の奥様)が選んでこられた紅葉。絶妙な色使いです



それにしても珍しく2日間、雨が続きました。雨は雨なりに写真撮るのも楽しいですね







本堂に移動します









斎会が始まります











斎会が滞りなく終了し御住職による法話が始まりました



法話の後、今回のゲスト講師として慈明院さんに伝わる縁起を漢文から現代訳にされた奈良女子大学院生の辻晶子さんが訳本を元に慈明院さんの歴史を解説して下さいました





慈明院さんは600年以上の歴史がある寺院様ですが、その間に色々な災難・困難があり、その度に当時の御住職や檀家の皆さんの尽力があり今に至っています

訳本に出てくる檀家さん方の御子孫が全員今回の斎会に参加されておれらるのは凄いとしか言いようがありません

他の寺院様と同様、過去の廃仏毀釈等の困難な時期に寺宝が散在し、慈明院さんの名前の入った書物等が北海道や高野山の寺院から出てきた事があるそうです



辻さんのようなお若い方が今回の歴史を呼び起こして下さったりする事は本当に有難い事ですね

慈明院さんの縁起も各年代で飛び飛びに編纂されているそうですが、今後はしっかり遺されていかれる事と思います
第四回 ご縁落語会 慈明院
波板を無事に貼り替えました。今度のポリカ樹脂は何年持ちますかねぇ。
途中で子供の通う高校の体育際を見に行ったのですが、若い子達が元気なのは良いですね。4分体操でも始めようかな・・・。開成堂です。

体育際を見に行く前に来週、関市寺町の千手院さんで開催される
『せき まちなか寄席』のチケットを受け取りに行くついでに友人がSNSで紹介していてどうしても食べたくなったお蕎麦を関市の蕎麦の名店『そばきり助六』さんへ


『せき まちなか寄席』は『そばきり助六』さんが主催されておられまして、色々と落語の話等でお蕎麦のお味と共に大変楽しませていただきました。

既にチケットがプレミア化しつつある『せき まちなか寄席』です。
お問合せは『そばきり助六』さんまで 0575-22-2526 (金曜定休)


本日のブログは昨日、山県市の慈明院さんで開催された
『第四回 ご縁落語会』



天気も穏やかで良い日でした


本堂横におもかるさんがお目見え


皆さんお参りされていましたね~。最初に写真撮っておいて良かったです


昨年も出品されていた延命ぎんなん。あっと言う間に売り切れました




おまけです


相変わらずの大入り。200名を超える方々にご来場下さいました


最初は桂小梅師匠 演目は『犬の目』


簡単そうで出来ないこの表現


続いて桂梅団治師匠 一席目の演目は『竹の水仙』 岐阜に所縁のある左甚五郎が登場する落語を披露して下さいました。
出だしで『抜け雀』と勘違いした事は内緒デス




続いて月亭八斗師匠 演目は『手水廻し』 お馴染みの落語ですが、お馴染みであるが故に難しいと思うのですが上手に演じておられました
しかしパッと見は落語家さんとは思えないですね~若旦那!って感じです


あの月亭方正さんと入門時期が同じなんだとか
twitterをされておられたので早速フォローさせていただきました


最後は梅団治師匠がも一席 演目は『天災』
こんな人居るよね~ってのが登場人物ですが、そこは落語の世界。笑わせていただけます


楽しい会でした。来年も楽しみです

う~ん。写真が悪すぎ


葉先が次第に色づいてきました。来場された馴染みの御住職様より紅葉のお誘いを受けました。有難い事です。今年は頑張って紅葉撮りに行こうかな~なんて思っております


| 1 | 2 | 3 | 最初 | next>>