美濃仏具 ㈱開成堂代表の煩悩日誌

プロフィール
Nokuさん
岐阜県関市で寺院内陣仏具の製造販売修理をさせていただいております。㈱開成堂、代表のブログです。

主に寺イベントや告知。寺院様の紹介等をボチボチ書いて参ります。



QRコード
アクセスカウンタ
Total:1339928
Today:157
Yesterday:451
| 1 | 2 | 最初 | next>>
竹灯籠祭り 大興寺 知多市
お盆です。寺院様は一年で一番お忙しい時期でして。相対的に暇な弊社としては、お預かりしている修理品を気長に治すとしましょうか。
と言いつつオリンピック見てます。開成堂です・・


昨日は知多市落田の臨済宗妙心寺派寺院、大興寺さんで開催された

竹灯籠祭&盆踊り大会

の様子です


スケジュールは聞いておりましたが、少し遅れての到着となりました。既にお寺の周りに車を停める所が無く、指定の駐車場へ入り車を停めたのですが、割と距離があるにも関わらず、盆踊りの音が聞こえてきました

どんどんと地元の方が会場に向かって歩かれていたので、一緒について行ったら裏道から入る事が出来ました





境内入口でちょうちんがお出迎え

盆踊り会場は多くの方が踊っていらっしゃいました。郡上おどりに慣れ過ぎているせいか、AKBの曲とかが盆踊りの曲になっているのが新鮮でしたね~





竹とうろう祭りは境内で行われます。入口で出迎えた巨大灯篭




境内に入るとそこはとうろうアートで溢れていました




数名の方が三脚片手に写真を撮っておられました。私も三脚持ち込みで伺いましたが、人も多いので邪魔にならない様に撮影させていただきました。アングル的に無理がある場所はスマホで撮影です


撮影した画像を何枚かご紹介
















大興寺さんの竹灯籠祭。大興寺さんもさることながら、主催団体である山法師の会さん。一寸法師の会さん。また協力団体として多くの子供たちの施設が参加してまいます。子からその子へ。永遠に続く祭りとなる事を願って会場を去りました
こころの好縁会 in 名古屋
雨ですねぇ。ジトジトしてますが湿度でムンムンするよりはマシかもしれません。
明日から出張続き。ガラス仏具も開成堂です


さて、前回岐阜グランドホテルで行われた

こころの好縁会

が東京大学名誉教授の姜尚中氏をお迎えして、名古屋のナディアパークで開催されます


昨年は岐阜で玄侑宗久住職と講演をされましたが、今回は単独での講演会です

また講演の他、小出宣昭中日新聞社社長との対談もあります


お申込みはチラシに記載の【チケットぴあ】にてコンビニ端末でお求めいただくか、

大興寺さん(0585-22-2289)に電話でお申込み下さい





不動閣 岐阜市日野西
暑い・・ NASAの発表では今年の夏は史上最高気温になるそうです。
熱中症にはご注意を!! コーヒーがお茶代わり・・。開成堂です


そうそう。来週、5月29日(日)に岐阜グランドホテルで毎年恒例の

『こころの好縁会』が開催されます

今年は前高野山真言宗管長猊下の松永有慶和尚と臨済宗妙心寺派僧侶で芥川賞作家の玄侑宗久和尚の講演と、お馴染み中日新聞社の小池社長との鼎談が予定されています。

若干数ですがチケットがある様ですので興味のある方はお早目に!!
(開催日が近いので主催の大興寺さんか高家寺さんに直接電話いただいた方が良いかと思います)


本日は岐阜市日野西にある天台宗寺院 不動閣さんをご紹介




岐阜城の麓。鵜飼大橋のすぐ近くです



こちらから岐阜城に登れる登山口の一つとなっています

駐車場のすぐ横にあるのが地蔵堂と小伏見稲荷





そう言えば先日、京都の伏見稲荷に行ってきましたが、外国の方が多すぎて日本とは思えませんでした

お稲荷さん脇の池



奥に見える庫裡を越えると



画像の中右寄りにお不動さんがいらっしゃいます

不動閣さんの境内は様々な植物があり、四季折々に風景を楽しむ事が出来ます

本堂への入口



階段を上がるすぐ脇に弁才天がお祀りしてあります

こちらの弁才天は蛇の化身だそうです。初代住職が前におられた滋賀県朽木の神宮寺と言うお寺から付いてこられた蛇をお祀りされました



奥之院へ続く仮本堂への階段



現在の仮本堂。浪切不動明王がお祀りされています



本堂裏の白寿観音。ちょっと画像にボケを掛け過ぎました・・・



こちらが奥之院



奥に見えるこちらの波切不動明王はお前立でして、その奥の石の厨子に安置されているお不動さんは御開帳された事が無いそうです

この山の上はすり鉢状になっており、絶えず水が流れています



したたる水を撮りましたが・・・。反省中デス





こちらは滝の下のお不動様



近くの鵜飼大橋は交通量の非常に多い所ですが、境内に入ると喧噪を忘れてしまう位、自然豊かな場所です

撮影中、ずっと良い声を聞かせてくれた鳥。露出が悪く、なんの鳥か分かりません



境内を見ているだけでも癒される寺院様です。皆さん是非参拝下さい
無相会 岐阜県揖斐川町 大興寺
度々会社宛てにやれ太陽光だのファックスだのと営業電話が掛かってきます。大抵は普通の会社ですが、中には業務内容だけを見てるのでしょうか?ありもしない設備の点検をすると電力会社を装って掛けて来る業者もいます。
求人は他にもあると思うのですが・・・・。開成堂です


昨日は岐阜県揖斐郡揖斐川町大光寺の臨済宗妙心寺派寺院

大興寺さんで『春彼岸先祖供養及び法話会』が開催されました

いつお伺いしても手入れが行き届いている寺院様です















大興寺さんでは70年余り法話会を続けていらっしゃいます

宗派宗門関係無く、時代時代の著名な方がお越しになられています

こちらは年間予定です

5月と10月は岐阜グランドホテルで開催されますので、また当ブログにて詳細を告知致します



会場に準備は万端。時間が少しありましたので再度境内の撮影に







ここにも春を待つものが



定刻となり春彼岸先祖供養の法要が営まれました



本日の法話会は毎年この春彼岸に来山下さる。

愛知専門尼僧堂 堂長であり、 正法寺住職 の 青山俊董 老師様です

会場受付では老師様がお書きになった色紙と書籍を販売しておりました





5才の頃に入門され(!)15才で尼僧堂に入られてからは駒沢大学・大学院等を経て愛知専門尼僧堂に入られ、他にも寺院を兼任されておられます



今回も多くの方が法話を聞くためお集まりになっておりました



とつとつとお話し下さる中に笑いと有難いお話しを織り交ぜながら2時間程の長時間、80を超えるお年にも関わらず、ずっとお立ちになったままお話しをして下さいました



普段の生活で発生するストレスも、考え方一つでお互いが幸せになれるとお話し下さいました

他にも懺悔について等、とても腑に落ちる事が多いお話でした

以下はホワイトボードにお書きになられた文を何枚か

嗚呼、出来てない





来年もまた来山下さるとお言葉をいただきました

また今回、大興寺御住職のお計らいで書籍をいただき、また老師様に和歌を書籍にいただく事ができました

有難うございます





読ませていただくのが楽しみです


次回の無相会(公開講座)は5月29日(日)

高野山真言宗 前管長猊下 松永有慶 様

臨済宗妙心寺派 福聚寺住職 芥川賞作家 玄侑宗久 様

両名をお迎えしての法話会及び、中日新聞の小出社長との鼎談が予定されております

チケット取るのが大変そうですね


先週末から少し冷え込んでますが、確実に春めいています

この先、様々なイベントが盛りだくさんです。弊社HPにも告知がありますのでチェックして下さいね



春彼岸先祖供養 大興寺
一昨日、美濃市文化会館で開催された二階堂和美さんのコンサートに行ってきました。イメージ的にフワフワ系の歌声だったのですがびっくりする位にパワフルでジャンルレスの楽曲に感動しました。
バンドメンバーの方の演奏も素晴らしいものでしたね。スチールパンという楽器を初めて知りました。音自体はとっても馴染みのある音だったんですけどまさかドラム缶から出来ているとは
来週13日には二階堂さんが主題歌を唄う『かぐや姫の物語』が地上波初放映です。早速予約録画。開成堂です


昨日は揖斐川町の大興寺さんで春彼岸先祖供養と法話会がありましたのでお邪魔しました

最近大荒れの天候でしたが奇跡的な好天気に恵まれました。少し動くと汗ばむ程でしたね



あっと言う間に梅が咲いてます







右は樽で出来たお堂です











多くの檀家さん達がお集まりになられました



読経後、塔婆を読み上げます





休憩を挟み法話会が始まります。今後も著名な方の法話会が予定されています



春は毎年来山下さる青山俊董老師の法話です

青山老師は長野県塩尻市にある曹洞宗寺院、無量寺のご住職であられるのと同時に愛知尼僧堂の堂長も兼務されておられます





私は今回初めて青山老師の法話を拝聴させていただきましたが、仏教に関する見識をご自身が日々の生活の中でお感じになられた事を非常に分かりやすく。また楽しく優しい語り口でお説きになられます



お釈迦様のお話し、道元禅師のお話し等、曹洞宗の檀家である私としては同じ宗派にこの様な素晴らしい老師様がいらっしゃる事は本当に有難い事だと思いました

青山老師は多くの書籍も出されています。経典等のお話しを青山老師が経験された出来事に例え、非常に読みやすい本となっています



来年も青山老師は来山予定です。今年のお話しの続きが今から楽しみです
法話はどなたでも参加できますので来年は是非皆さん足をお運び下さい



大興寺 無相会 春彼岸先祖供養
花粉が頑張りだしましたねぇ。先週末から薬を飲んでますが体調はイマイチ
春は好きになりませんね・・。開成堂です


多くの高名な方々の法話会を開催しております
岐阜県揖斐川町大光寺120の大興寺さんで春のお彼岸に合わせ先祖供養と法話会が行われます


3月8日(日)午後1時30分より
春彼岸先祖供養
御法話 曹洞宗 愛知尼僧堂 堂長
青山俊董老師

先祖供養につきましては予めお申し込みが必要です
御法話の聴講はお申し込み不要です




文化の日 法話会  揖斐川町 大興寺
11月になりました。今年もあと2カ月ですか・・・。
今年になって増えたのは体重だけ・・・ 開成堂です・・・

昨日、揖斐川町の大興寺さんで法話会が開催されました

一昨年までは酒井雄哉大阿闍梨様の護摩供養が行われておりましたが、以前のブログでもお伝えした様に阿闍梨様がお亡くなりになったのに伴い、昨年のこの日は追悼護摩供養が営まれました

今年から京都清水寺の森清範貫主をお迎えをし法話会が開催されます。とは言え、今までも毎年の様に来て下さっておりましたので今後の日取りが変更になった感じですね



開始1時間半前にはお邪魔したのですが、既に多くの方がいらっしゃいました

本堂より池田町方面。この時間帯は雨が降ったり風が強かったりと天候不順なのが写真にも出てます



道場の方では森貫主が今まで掛かれた『今年の漢字』がその年の出来事と共に展示されておりました







森貫主を初め、酒井大阿闍梨、玄侑宗久和尚等の高名な住職様方の墨跡が業者さんによって展示販売されてます。(言い方悪いですがかなりお値打ちです)



昨年は300名以上の方が来山されて縁側にまで人が溢れておりました。今年は昨年を踏まえ、告知を控えめにされておられましたが、それでも軽く200名を超える方々が来山されて、あっと言う間に本堂が一杯になりました



中日新聞にて告知はされてましたが、基本的には大興寺さんにて企画されている『無相会』に入会されておられる方が多いですね。『無相会』に入会(有料)していただくと定期的に開催される法話会の案内が郵送されてきます

昨年に続き大西和尚の法話からスタートです



お話しが分かり易くて良いです。今回は新しい御真言を提示されました



『おんにこにこ はらたてまいぞ そわか』

言葉に出すと心に刻まれる様になりますので皆さんも御唱和を

休憩時間中に撮った屏風絵



そして森貫主の登場です



それにしてもお話しが上手です。爆笑をとりつつ、しっかりと仏教の教えを説いて下さいます



楽しい法話の後、今回参加された皆さんが予想した『今年の漢字』の中で最多投票数の漢字をその場で書いて下さいます



見事にピンボケでした 反省中デス

ちなみに清水寺にて書かれる本番の『今年の漢字』と今回の漢字が一致した場合、予想された方々に森貫主直筆の色紙が贈られます

昨年は見事大当たりで多くの方が色紙を受け取られました

まあ昨年に続き、私が予想した漢字とは違っておりましたが・・・・



他でも多くの所で今回の様な催しを依頼される所があるそうですが、他では一切されておられません

今年も大盛況の内に法話会が終了しました。大興寺さんでは来年以降も様々な法話会の企画をお考えになっております。チケットが入手しにくい企画もありますので『無相会』への入会をおススメします
こころの好縁会(こうえんかい) 岐阜グランドホテル
台風が浜松に上陸した様です。被害が出ない事を心から願います。


昨日、大興寺さんと中日新聞社共催の講演会、『こころの好縁会』岐阜グランドホテルで開催されました。

台風に伴う雨が心配されましたが、ほとんど降られずに済みまして有り難い事でした。

講演会開始の1時間前に会場入りしましたが、既に多くの方が来場されておられ、
開場前に福島の物産展や書籍販売もされており、皆さんお買い求めになってました。

今回は早い時間から玄侑宗久和尚と姜尚中さんも開場入りされてサイン会が開かれておりまして、長蛇の列が出来てましたね~。





今回、私も玄侑宗久和尚の著書『光の山』を購入させていただいて、サインをいただきました。

開場外の物産展も大賑わいです



今回の『こころの好縁会』は半月前にはチケットが売り切れる程の人気。満員御礼です。



今回は玄侑宗久和尚・姜尚中さんと個別に講演され、その後、中日新聞社の小出社長との鼎談でした。

最初は玄侑宗久和尚の講演会です

演題は『禅と翁』

漢字文化の国の中で、『老』と言う字に良くないイメージを持つのは日本だけだそうで、他の国では日本で使われている『老練』等の様に技術を極めたり人として優れた方の事に使われているそうです。確かにご住職の中でも地位の高い方の事は年齢関係無く『老師』と言いますからね~。

最近日本では常に最新を追い求めて、本来日本人が持っているわびさびの文化が消えつつあるのではないか?『枯れる』と言う言葉に代表される様な文化を見る事が少なくなったと嘆いておられました。

また日本人固有の意識で『万物に命がある』と言うのも大事にしていきたいと。この『万物に命がある』と考えるのは本当に日本人独特で、仏教伝来前の山岳信仰位から始まっているんでしょうね。

何しろあのダライラマ和尚でさえ『物に命など無い』と言われていた様ですから。最近は高野山真言宗の松長宥慶管長さんと何度もお話しをされておられて随分と理解していただけている様です


お二人目は姜尚中さん

会場内で何度かすれ違いましたが、背も高くスタイルも良い方で話し方も非常に穏やかで優しい語り口で、世の女性陣が虜になるのがよく分かります。

演題は『近代の光と影』

今回の講演では最近見直されている夏目漱石の小説から漱石が書かれた時の時代背景と現代が似ていると言う事。また小説の中で未来に対する警鐘を鳴らしている事等。

科学が発達し、移動や情報の時間が早くなる事で地域固有の文化が無くなっていく事。資本主義と言う『お金』が全ての基準になって格差が開き、お金によって家族までが崩壊していく事。

漱石の時代も欧米から最新の科学技術が入り、戦争の為に成金が発生。幅を利かせる時代でした。

また面白いお話しとして資本主義が出来て300年程ですが、戦後日本の成長からバブル崩壊までの30年間。国民の大多数がその成長の恩恵を受けた事自体は資本主義の歴史の中で世界中を見渡しても非常に稀有な事だと言う事です。

今更江戸時代には戻れませんが、良い所は良い所として復活させる必要があるとしみじみ感じました


最後はお三方の鼎談です



講演されたお二方が話された内容から小出社長が質問してゆく形で進行されていきました。

しかしこのお三方の見識は本当に驚きです。それも楽しく分かりやすくで楽しい鼎談でした。完全に時間オーバーでしたが全然長く感じませんでした。


今回、ひょうんな事から玄侑宗久和尚と二人きりでお話しする機会がありまして、とても気さくにお話し下さって大変有り難い時間をいただきました。

これは開場で販売していた『ゆべし』美味しかった~



来年の講演も今から楽しみです
『こころの好縁会』
また雨ですね・・。災害や疫病など日本だけでなく世界中で様々な事が起きています。いい加減終息させる能力を持った人が出てくると良いと心から願っています。
今年は仏像に関するご依頼を多くいただいております。開成堂です。


今回は揖斐川町の大興寺さんが毎年企画されておられるイベントのご紹介。

『こころの好縁会』(こころのこうえんかい)

日時 平成26年10月5日(日) 開場12:00 開演13:00

場所 岐阜グランドホテル(ロイヤルシアター)

チケット料金 3,500円(全席指定)

☆専用シャトルバス運行(JR岐阜駅⇔岐阜グランドホテル)


平成19年より続いております『こころの好縁会』、今年は聖学院大学学長で東京大学名誉教授。メディアにも良く出演されておられる姜尚中(かんさんじゅん)さんと芥川賞作家で福聚寺の御住職であられる玄侑宗久(げんゆうそうきゅう)御住職をお迎えしての講演会及び対談が行われます

お二人共に非常に分かり易いお話しをされる方ですから今から非常に楽しみです

対談では中日新聞社の小出宣昭社長が進行されますが、小出社長も非常にお話しの上手な方なのでこちらも楽しみです

何かと不安が多い現代ですが、今回の好縁会で少しでもほっとしていただける事があれば良いかと思います


チケットのお申込みは中日ツアーズまでご連絡下さい

中日ツアーズ

受付時間 月~土曜日(10:00~18:00)

電話番号 052-231-0800

☆本講演会のチケットは完売致しました(9/22)



映画上映~笛奉納~先祖供養(法話)~映画上映
今日は穏やかな一日でした。しかし・・・。花粉がツライ季節にもなりました。
既に花粉にやられております。開成堂です。

ここの所、アチコチ飛び回っておりましてブログの更新が滞っておりました。
今週も変わらず予定が詰まっておりまして、申し訳有りませんが幾つかのイベントを纏めてご紹介。



映画 『約束』 上映会

場所 江南 永正寺 (愛知県江南市高屋町中屋敷46)

日時 3月6日(木) 18:30~21:30

    3月7日(金)  9:30~12:30    11:30~14:00

料金 無料(自由席:定員50名程度 ◎事前申し込みが必要です)

    申し込み先 0587-56-2584(永正寺)

★・・・こちらの映画 『約束』は三重県名張市で1961年に起こった毒ぶどう酒事件で死刑判決を受け半世紀を超えた今も尚、独房ですごしている奥西死刑囚の物語です。当日はこの事件の弁護団長である鈴木泉弁護士。特別面会人の稲生昌三さんの特別講演会が6日の上映後、7日の第一回上映後に開催されます。
 司法の在り方を問いかける問題作です。今は国民誰もが裁判員裁判に参加する可能性がある時代です。人が人を裁くと言う難題を考える為にも多くの方にご覧いただきたいと思います。






養日参り・藤田六郎兵衛さん笛奉納

場所 専養寺 (岐阜県羽島郡笠松町円城寺594番地)

日時 3月8日(土) 10:00~

料金 気持ちの良いだけ

★・・・・毎月恒例の養日参りに能笛方、藤田流11代家元の藤田六郎兵衛さんによる笛の奉納です。皆さんお誘いあわせの上、日本の伝統芸能をお楽しみ下さい。



お彼岸・先祖供養・法話会

場所 大興寺 (岐阜県揖斐郡揖斐川町大光寺120番地)

日時 3月9日(日) 13:30~

ご供養料 5,000円(一霊)

★・・・・当日は先祖供養法要の後、
     曹洞宗 愛知県尼僧堂堂長 青山俊董老大師様のご法話をいただきます



映画 『エンディングノート』上映会&講演会

場所 江南 永正寺 (愛知県江南市高屋町中屋敷46)

日時 3月18日(火) 上映会    18:00~ 
              講演会   19:30~
                          上映会   20:20~

       19日(水) 上映会  10:00~ 
              講演会    11:30~
              上映会  12:20~

料金 無料(各50名程度 事前予約をお願い致します)

★・・・・・こちらの映画は癌で死の宣告を受けた主人公が終活に向けて残りの人生を家族と共に生きるドキュメンタリーです。先日、お世話になっている御住職様から『人間の死因の100%は生まれてきた事です』と言われまして、色々と考えてしまいました。この避けられない事態を常に避けているのが人間でして、この難題に生涯を掛けて向き合ったのがお釈迦様なんですね。
 
 各日映画上映の間に江南厚生病院 地域医療福祉連携室室長の野田智子さんから『病いと老いの現場から』と題した講演会が開催されます。
 
 常に死と向き合う現場からの貴重なお話しが聞けます。



本日、ご紹介したイベントの幾つかにはお邪魔する予定ですので、またブログで報告致します
| 1 | 2 | 最初 | next>>