美濃仏具 ㈱開成堂代表の煩悩日誌

プロフィール
Nokuさん
岐阜県関市で寺院内陣仏具の製造販売修理をさせていただいております。㈱開成堂、代表のブログです。

主に寺イベントや告知。寺院様の紹介等をボチボチ書いて参ります。



QRコード
アクセスカウンタ
Total:1465707
Today:204
Yesterday:222
<<prev | 最新 | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初 | next>>
回廊式庭園 行基寺 海津市
今日は新暦の七夕です。まぁ最近は天の川を見る事も無いので、織姫と彦星も干上がった天の川を憂いながら会ってるんでしょうか?
今週末は参議院選挙です。既に投票済み。開成堂です


本日は岐阜県海津市南濃町の浄土宗寺院

臥龍山 行基寺 さんをご紹介


恥ずかしながら本日初めて伺いました

行基寺さんですが、ナビ頼りに伺うと裏から案内される事があります。私の前に拝観されていたご夫婦も驚かれていましたが、国道沿いの大きな看板から入って下さいね。うかつにナビ信じるとケモノ道案内されますから・・・。


駐車場から本堂へ向かう途中の石垣



角を曲がってびっくり。想像以上の楼門でした



しげしげと楼門を拝見し中へ

左には観音堂。全景を撮り忘れました・・。何しろ今回はカメラを持たずに出かけてましたので(言い訳)



正面には本堂



本堂前には湧き水が出ておりまして、この水は飲む事が出来ます

大変美味しい水でした


行基寺さんは名前の通り、大仏建立で有名な行基菩薩が建立勧進の為に諸国行脚の途中にお立ち寄りになり、聖武天皇の勅願を得て美濃、尾張、伊勢の三国の守護霊場山として建立されました


元禄年間に尾張徳川家二代藩主 徳川光友公の次男。松平義行公が美濃高須藩主に封ぜざるにあたり、松平家の菩提寺とし

境内及び全伽藍を城郭に見立てて改築。宝永二年(1705)に再建されました


その後、明治維新まで一般庶民は立ち入る事を許されなかったそうです


お庫裡様(住職の奥様)にご挨拶し、本堂内にお参りさせていただきました

相変わらず御本尊は撮影しておりません

代わりに本堂内の絵天井を




お参り後、庭園へ続く廊下を





職業柄なんですが・・・・。こりゃ維持管理が大変・・・・と言うのが第一印象・・

素晴らしいが故に。なんですが


濃尾平野が一望です

名古屋駅周辺のビル街が正面に。秋口から冬の夜は素晴らしい夜景が望めそうです

行基寺さんでは毎年、中秋の名月の日に特別夜間拝観が行われています








回廊になっていますので中庭を
(ああ、色が悪い





良いですよねぇ。公家ごっことかしてみたい・・・









写真が悪くて載せる事が出来ませんが西側の枯山水庭園も見事でした


この後、再度本堂へお邪魔し仏像をじっくりと拝観しました。お庫裡様とも色々とお話しする事が出来まして楽しいお話しの時間に、しばし暑さを忘れる事が出来ました


お参りするには拝観料(400円)が必要ですが、それ以上の価値ある寺院様だと思います。皆さんも是非共、足をお運び下さい
『癒しのほとけ画講座』 久遠寺 名古屋市
見事な天候不順ですね 発生した台風1号は観測史上2番目に遅い発生だそうです。地球の都合か人類のせいかは分かりませんが・・・・
腿汗が酷い・・・。開成堂です

あっ。ホームページリニューアルしてみました


7月3日(日)に名古屋市中区新栄の真宗高田派寺院 久遠寺さんで開催された

『癒しのほとけ画講座』

に参加させていただきました


前回の『映画でブッダ』の時もそうでしたけど、入る前にお寺の写真を撮れば良かったんですが、後回しにしたせいでまた写真が撮れませんでした


募集定員いっぱいの参加者で顔見しりの方も多く、和気あいあいとして始まりました


今回の講師は岡山県倉敷市の高野山真言宗寺院 高蔵寺の御住職でもある

天野こうゆう和尚です


ほほえみほとけ画の他、数多くの分野でご活躍されておられます

今回、画材を自宅から持ち込みましたが、不安になって結局全部お借りしました





こちらは天野和尚の書いたほとけ様





正直、始まる前は参加者の皆さんと同様、不安だらけでした


始まる前に書き方の見本を天野和尚が描いて下さいました





ああぁ、こんなあっさり描かれると益々不安に・・・




最初は顔の輪郭すら描けませんでした

『とにかく描く事!!』

と言われ最初はひたすら顔の輪郭だけ描いてました。となりにお座りになっていた白林寺の御住職はすらすらっと描かれてました流石です

でもこのほとけ画講座・・・


ハマります


なかなか真剣に絵を描く事ありませんからね。2時間以上の時間があっと言う間に過ぎて行きます


最後は三尊仏を描いたのですが、家で家族に見せたら私が描いたと信じてもらえない位に少しはまともな絵になりました


他の参加者の皆さんも凄い上達ぶりでした


下の絵は私作のお地蔵さんです。先生が良いと素人でも絵が描けると言うのを知りました




この講座、他の寺院様でも開催をお願いしたいですね
岐阜空襲のおはなし 専応寺
選挙中ですね。特定の候補者のTwitterのハッシュタグが一時期ブロックされる事態を見てしまいました。なんでもアリになってきてます。
民主主義ってどんなんでしょう・・・。開成堂です


昨日、岐阜市長良の浄土真宗本願寺派寺院、専応寺さんで

『体験者に聞く 岐阜空襲のおはなし』

が開催されました




戦後70年を過ぎ、戦争を体験された方が減っている中、少しでも後世に伝えてゆきたいと会を開かれたそうで、今回が二回目です

最近の色々な議論を聞いている中で、戦争を知らない私としては体験した本人のお話しを聞いておかないといけない気がして参加させていただきました

なんでもそうですが、特定の人の意見だけ聞いて、それがその物事全てに思ってしまう事は無知に拍車を掛けてしまう気がして出来るだけ多くの話を聞いてみたいと思う事と、以前お世話になっている御住職から


『人伝えの話しで納得するより直接会って話を聞いて来なさい』


といわれた事も影響しています

分かり易く聞ける様、地図が用意されていました




始まる前、空襲体験者のお話しで編纂された絵本の朗読から





今回は6名の方がお話しを下さいました





皆さんから被災された5~17才当時の空襲のお話しをお聞きしました





住んでいた場所。家族構成。当時の年齢。それぞれの違いで皆さん体験した事が同じ岐阜市でも全然違う事に驚きです


以前、お仏壇をお洗濯させていただいた際に聞いた戦争当時のお話しも考えさせられる物がありましたが、今回も色々と考える事がありました。ただ今回お聞きしたお話しをここで書く事は致しません
個別に言われればお話しします


ただ本当に政治に無関心ではいけませんね





今回貴重なお話しを聞く機会をいただいた専念寺様に感謝致します
大仙寺 門前町  岐阜県八百津町
毎日コロコロと忙しい天気ですねぇ。今の所、台風の発生が無く、現時点で観測史上、3番目に遅いようです。天災は暫く勘弁いただきたい・・。
開成堂です

記事にするのが遅くなってしまいました。

6月18日に八百津町の大仙寺さんで行なわれた門前町の様子をお伝えします
(関東出張等あり・・・←言い訳

カメラから画像を取り出しましたらお寺の写真が無い!?

そう言えば法要をされておられたので後で撮影しようと思ってすっかり忘れてました


まだ早い時間帯でしたので駐車場のブースの人出は少ないですが、帰りがけにはかなりの人がお越しになってました



この日も暑かったデス



屋内のブース



生地物が最近気になります



色々な場所で色々なお店を見ますけど、世の中器用な人が多いんですよねぇ









こんな感性で物が作る事が出来るのは羨ましいですね



フラワーアレンジ。とってもお得な価格で販売されていおりました





やっぱり気になる美容



そうですよねぇ。個人個人で体質・肌質違いますもんね。専門家の方がお一人お一人と相談しながらアドバイスされておられました




流石にお寺の外観の画像が無いと、なんか不思議な記事になりますね・・。

この所、天候も悪くカメラも持って出ないわ、催事には行けないわで更新が滞りがちですが、ボチボチ続けますのでお付き合い下さい
こころの好縁会 in 名古屋
雨ですねぇ。ジトジトしてますが湿度でムンムンするよりはマシかもしれません。
明日から出張続き。ガラス仏具も開成堂です


さて、前回岐阜グランドホテルで行われた

こころの好縁会

が東京大学名誉教授の姜尚中氏をお迎えして、名古屋のナディアパークで開催されます


昨年は岐阜で玄侑宗久住職と講演をされましたが、今回は単独での講演会です

また講演の他、小出宣昭中日新聞社社長との対談もあります


お申込みはチラシに記載の【チケットぴあ】にてコンビニ端末でお求めいただくか、

大興寺さん(0585-22-2289)に電話でお申込み下さい





観音講と落語会 東光寺 岐阜県山県市
 梅雨ですねぇ。関東では水不足だそうで、雪もそうですが降る時は降っていただかないと後々困ります。ただこの時期気分は良くありませんね。
夏の為に植物と一緒に耐えましょう・・。開成堂です


昨日、岐阜県山県市の臨済宗妙心寺派寺院、東光寺さんで【観音講】が行われました





梅雨の合間の曇り空でしたが、境内の緑は鮮やかです





蓮も随分大きくなりました





お薬師様にお参りしてから薬師堂から境内を一枚





やっぱり25mmのレンズが欲しい・・・





庫裡入口の蓮が一輪だけ開花していました





東光寺さんでは俳句の会がありまして、随時俳句を募集しています。題材になる風景は境内の至る所になりますので、我こそはと思う方は是非ご参加を




観音講も終了し、岐阜大学落語研究会のメンバーによる落語の始まりです


準備の段階から檀家の皆さんに暖かく迎えていただき、有難い限りです

お一人目は、ながら家椪太(ぽんた)さん

お三方全員ですが、始まる前まではいかにも学生さんと言う感じなのが、高座に上がると演者に早変わりします




プロの演者さん達と打ち上げ等でよくご一緒させていただくのですが、普段から何気に噺家の雰囲気が出ている方ばかりを見ていたので、今回のギャップはとても新鮮でした






お二人目は、ながら家走太郎(らんたろう)さん

今回、お三方共、【ながら家】でしたので、岐大落研は全員同じかと思っていましたが、HP見たら3つありました。何で決まるんでしょう?










トリは、ながら家桜太郎(おうたろう)さん





それにしても工学部とか農学部とかに所属されていて、研究課題も大変な中、よく平行してされています。
(岐大医学部のリーベパルツェの皆さんの時もそう思いましたけど・・)








カメラの感度を上げて撮影してる関係で画像が荒くて申し訳無いデス


檀家の皆さんにも大変喜んでいただき、終了後もアンコールならぬ質問攻めにあってました


また落語会も開催させていただく事になりそうです


若い方が一所懸命されている姿は良いもんですね。笑いと癒しを届けていただけたと思います


終了後、少し時間がありましたので何枚か写真を・・。この庭がこの後、どれだけ綺麗になってゆくか楽しみです











東光寺さんでは今後、少しずつですが地域の方とふれあう企画を開催されます

また当サイトでもご紹介させていただきますね
あじさい ガン封じ 子安大師
今更ながら『震える牛』を読みました。仕事柄色々な世界の話を聞く事がありまして。まあ、現実も近いものかと・・・。筆者と同じで郊外の景色が何処も同じなのを気分よく思っていない・・。開成堂です


本日は三ヶ寺ご紹介

最初は愛知県額田郡幸田町の曹洞宗寺院、あじさいで有名な本光寺さん



ちょっとだけ時期が早かったかも





本光寺さんは深溝松平家の菩提寺でして、代々の霊廟もある事からお参りさせていただきました





境内に戻り散策。多くのアジサイが咲いておりました。今頃がちょうど良い時期かもしれません





曹洞宗寺院らしい趣の本堂です



多くの方が参拝にお越しになられてましたが、これからもっと増えるんでしょうね


次は蒲郡市にある真言宗醍醐派寺院 無量寺さん

ガン封じで有名な寺院様です

駐車場から境内に入る参道には・・



一枚一枚に皆さんの願いが込められています。願いが届きますように・・。



何と言っても目を引く仏塔。高さは30メートル

玄奘三蔵法師由来の中国・西安の仏塔の1/3スケールで造られている様です(それでも十分大きいデス)



ガン封じのお不動様。お堂の回りにも多くの絵馬が掛けられています



こちらが本堂です

本堂内には『千佛洞めぐり』がありまして。これがまた絶妙な暗さで素晴らしい構成でした。特に私の前後に人が全く居なかったので岩窟の世界に入り込めました。おススメです

また併設されておりました『玄奘三蔵法師一代絵伝』を拝観(500円)しました
玄奘三蔵法師がどれだけ長い旅をしたのかが、絵を通し伝わります
(西遊記とは違うので孫悟空は出てきません

ツアーで参拝されておられた方の一人が

『どんなお参りしたら一番効くんだ?』

と聞いておられたのが妙に印象に残りました




そして最後は蒲郡市の高野山真言宗寺院 金剛寺さん

相変わらずナビに騙されて山中をウロウロしてましたが



何しろこの日は凄い風でした



見慣れない建物が目を引きます



先に本堂へお参りし御住職にご挨拶。本堂内には多くの絵馬が祀られておりました

こちらが先ほどの建物

『マニ塔』です



あぁ。ピントが甘い・・・・
こちらを回す事でお経を唱えた事となりご利益が得られると言われています



細部に至るまで素晴らしい造りでした





三河湾が見渡せます





山門前から見える東洋最大の子安大師



強風の中、フラフラとお近くに・・・

鳩が居るのは最近珍しいですね。エサまで販売してました



本当に大きな子安大師でした



強風にも関わらずお参りに来られる方もいらっしゃいました

三ヶ寺供、風情あり、楽しめる寺院様です

どうぞお参り下さい
不動閣 岐阜市日野西
暑い・・ NASAの発表では今年の夏は史上最高気温になるそうです。
熱中症にはご注意を!! コーヒーがお茶代わり・・。開成堂です


そうそう。来週、5月29日(日)に岐阜グランドホテルで毎年恒例の

『こころの好縁会』が開催されます

今年は前高野山真言宗管長猊下の松永有慶和尚と臨済宗妙心寺派僧侶で芥川賞作家の玄侑宗久和尚の講演と、お馴染み中日新聞社の小池社長との鼎談が予定されています。

若干数ですがチケットがある様ですので興味のある方はお早目に!!
(開催日が近いので主催の大興寺さんか高家寺さんに直接電話いただいた方が良いかと思います)


本日は岐阜市日野西にある天台宗寺院 不動閣さんをご紹介




岐阜城の麓。鵜飼大橋のすぐ近くです



こちらから岐阜城に登れる登山口の一つとなっています

駐車場のすぐ横にあるのが地蔵堂と小伏見稲荷





そう言えば先日、京都の伏見稲荷に行ってきましたが、外国の方が多すぎて日本とは思えませんでした

お稲荷さん脇の池



奥に見える庫裡を越えると



画像の中右寄りにお不動さんがいらっしゃいます

不動閣さんの境内は様々な植物があり、四季折々に風景を楽しむ事が出来ます

本堂への入口



階段を上がるすぐ脇に弁才天がお祀りしてあります

こちらの弁才天は蛇の化身だそうです。初代住職が前におられた滋賀県朽木の神宮寺と言うお寺から付いてこられた蛇をお祀りされました



奥之院へ続く仮本堂への階段



現在の仮本堂。浪切不動明王がお祀りされています



本堂裏の白寿観音。ちょっと画像にボケを掛け過ぎました・・・



こちらが奥之院



奥に見えるこちらの波切不動明王はお前立でして、その奥の石の厨子に安置されているお不動さんは御開帳された事が無いそうです

この山の上はすり鉢状になっており、絶えず水が流れています



したたる水を撮りましたが・・・。反省中デス





こちらは滝の下のお不動様



近くの鵜飼大橋は交通量の非常に多い所ですが、境内に入ると喧噪を忘れてしまう位、自然豊かな場所です

撮影中、ずっと良い声を聞かせてくれた鳥。露出が悪く、なんの鳥か分かりません



境内を見ているだけでも癒される寺院様です。皆さん是非参拝下さい
きつね稚児行列 笠松 専養寺
珍しく雨が続きそうです。昨日、山の方を見たら黄砂でかすんでました。洗い流してほしいもんです。
花粉よりまだまし。開成堂です


昨日は岐阜県羽島郡笠松町円城寺の西山浄土宗寺院 専養寺さんで行なわれた きつね稚児行列 をお届けします


以前に 地蔵顔拭き祭り 等にお邪魔しましたが、今回のきつね稚児行列は初めてです

確かここ2年程は雨だった様な気がしますが、今回は見事な晴天でした





こちらの泉養稲荷は不思議な言い伝えのあるお稲荷さんです





非常にシュッとしたお狐様です



何かを感じる方は分かる様な気がします・・

境内では稚児の準備でバタバタとしておりました



本堂はまだ静かデス




専養寺さんの稚児行列では、最近ご結婚した。またはされるご夫婦によるキツネの嫁入りを模したお二人が稚児を先導します
(キツネのメイク付き)

今回、許可をいただきましたのでご夫婦を一枚。

供に笑顔の素敵なお二人でした





さて・・・。今回の稚児行列。


写真がありません


何故かと言うと急遽、私も稚児行列に入ってしまったから


太鼓を担ぐと言う大役を仰せつかり、皆さんと同じ様に頬かむりにキツネのお面を付け、法被を着て行列に参加しました


チャンネル長良川さんが取材に来られていたので、13日からのエリアトピックスで放送されます。視聴できる地域の皆さんは是非ご覧下さいませ


そんな訳で行列終了後からの写真デス









専養寺さんは色々な物が本堂内や庫裡にありまして、写真を撮るには困る事がありません。

専養寺さんでは毎年この時期にきつね稚児行列を開催されています。

参加ご希望の方は ↓ のサイトよりFAXか電話でお申込み下さい。

『きつね稚児募集』

気の向くまま撮らせていただいた写真を御覧下さい






ここからは庫裡の中。まるでBABYMETALの館です









こちらの太鼓を担がせていただきました
















このきつね稚児行列は毎年行われています

絵になる事から多くの方が写真を撮りに来られていました

色々と行事のある専養寺です。是非ご参拝下さいませ。
花まつり 慈明院 岐阜県山県市
花粉症がいつまで続くのか・・・。薬飲まなくなった途端に粘膜破れました・・・。
鼻炎と友達。開成堂です


今回は岐阜県山県市西深瀬の天台宗寺院 慈明院さんの花まつりをご紹介


以前の写真を何気に見てましたが、今回でお邪魔するのも4回目。時がたつのは早いもんですねぇ。お手伝いや参加しているお子さんがお子さんと呼べなくなってマス


まずは4日の準備の様子。天気の良さに境内をウロウロしながらカメラを向けました











仕事柄(?)年中写真撮ってますが、この時期にしか無い新緑の緑が何とも良いです



外をウロウロしている内に本堂内では花まつりの準備が始まっておりました

境内の花などで花御堂を飾り付け





















お菓子の準備も万端











雲が穏やかに流れておりました(静止画ですが・・)




花まつり当日も素晴らしい天気になりました





お手伝い下さる皆さんと毎回絶品のお斎をいただきました。ついつい食べ過ぎてしまします








艶やかになった花御堂





白いゾウを曳いて行列が進みます









散華が本堂内に舞います





法要を行った後に甘茶掛けを行います





恒例の紙芝居。お題は『お釈迦さまの誕生日』です



物語に合わせ雨のシーンの演出



そしてお楽しみの輪投げ



ケンケン大会





じゃんけん大会。景品は毎年豪華になってる気がします



最後に合掌し感謝と共に終了します。参加されたお子さんたちにお菓子とジュースが配られます



檀家様や多くのスタッフの方達の協力で無事終了しました。皆様お疲れ様でした

今回も多くの初参加の方がお越し下さり有難い限りです

8月にはこれも恒例の夏祭りが開催されます。是非参加下さいませ。
<<prev | 最新 | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初 | next>>