美濃仏具 ㈱開成堂代表の煩悩日誌

プロフィール
Nokuさん
岐阜県関市で寺院内陣仏具の製造販売修理をさせていただいております。㈱開成堂、代表のブログです。

主に寺イベントや告知。寺院様の紹介等をボチボチ書いて参ります。



QRコード
アクセスカウンタ
Total:1299359
Today:18
Yesterday:760
我慢と辛抱

昨日は夏以降、初めて長袖のシャツに袖を通しました。
いい加減に衣替えですかね~。
開成堂です。

昨日、岐阜グランドホテルでロータリークラブ主催の講演がありまして、各務原市の真言宗 高家寺 北川住職が

「徳川宗春の真実」

についてお話しになられました。

開始30分前位から凄まじい雷雨となりましたが500名近い来場者がお越しになられました。
主催のロータリーの方々も驚かれていました


開場前に御住職に呼ばれ、私が微力ながらお手伝いさせていただいている竹腰家の末裔の方が関係者の中におられたとのお話しをいただき、久々に鳥肌が立ちました。

何かしら色々は力が働いている様で、どうも導かれている感が多いのは不思議でなりません。

天候が不順に関わらず多くの方に来場いただき、急きょ椅子を追加した程でした。



(開場前)




受付に飾られたYさん手作りの『めでた尽くし』素敵な作品です。


徳川宗春公は今までの通説と異なり、調べれば調べる程、現代感覚で政治をされておられた事が次々と判明しています。

その頃の江戸幕府も現代の政治と同じ様に官僚(幕閣)によっておかしな政策がとられていたのを次々と改革され、尾張地域(現在の岐阜市鶯谷辺りまで当時は尾張藩領です)を加賀藩を凌ぐ都市にされておられます。

ちなみに岐阜の花火大会を最初に行ったのも宗春公です。元々花火の打ち上げは先祖供養の為なんですね。だから夏のお盆前後に開催されているのですが、既に意味も分からなくなっているので大災害等があった際に自粛しろと言う方々が出るのは悲しい限りです。

今回は宗春公のほんのさわりと言う事で、駆け足でお話しされたのですが時間が足りません

それでも多くの方に良かったと言って下さったので有難い限りです。

前にブログで書かせていただいた、『我慢』と『辛抱』についてもお話し下さいました。

プロジェクターで漢字の説明を受けていて凄く納得したのですが、

『我慢』

と言う字。良く見てみると全然良い字では無いんですよね。特に『慢』と言う字が他に使われている例では

『自慢』『傲慢』『怠慢』

等、ろくなもんでない(笑)それに『我』(が)が付きます。
どうも人の言う事を聞かなそうな漢字ですな。

一応、辞書で引いてみると。耐え忍ぶ事と言う意味にもなっていますが、

『我意を張ること。また、そのさま。強情。』

とも書いてあり、本来はこちらの意味合いが強いんでしょうね。

その証拠に『我慢の角』と言う言葉があり、こちらは

『高慢・強情の気持ちが強いことを、角の堅いのにたとえていったもの』

と書いてあり、益々ろくでもない

反対に『辛抱』は字のごとく、辛さを抱えると言う事でこちらは納得。

また御住職のお話しで、『辛』と言う字に自分の『心棒』を足す事で、『辛』と言う字が『幸』と言う字になると言う素敵なお話しもいただきました。

打ち上げの際にもこのお話しが出て、お年の方が

『そう言えば昔は「我慢しろ」なんて言われた事が無い。全部、「辛抱しろ」と言われていた』

ともお話しされておりました。どこかで変わっていったのかもしれません。

これ以外にも『老』と言う字の本来の使われ方等、色々とお話しいただきましたが、またの機会にブログにしたいと思っています。

関市と竹腰正武
朝から試作仏具の塗装をしておりました。気温が低くて助かります。
開成堂です。

昨日は歴史探究の旅(?)と言う事で、兵庫県の寺院様まで各務原市、某寺院の御住職と一緒に伺いました。

今回は関市と縁の深い竹腰正武について資料を拝見する為だったのですが、今までの通説を覆す手掛かりとなる資料が見つかり、大いに収穫のある旅となりました。

おまけに昼食までご馳走になり、寺院関係の裏話しを聞いたり楽しい時間が過ごせました。

私自身は資料集め等のお手伝いをしているくらいですが、色々と関市管内で他にも資料がありそうな所があり、足を延ばす事になりそうです。

まだ本格的に決定はしておりませんが、NHKの歴史秘話ヒストリアで取り上げられる事がほぼ決まっていますので、間に合う様、微力ながらお手伝いしている次第です。

『温知政要』 ~徳川宗春の二十一箇条~
金正日総書記が亡くなりましたね。周辺諸国と問題が起きない事を祈ります。
美濃仏具、開成堂。代表です。

今日の順位は?
 ↓

</SPAN><SPAN style=にほんブログ村その他生活ブログ 冠婚葬祭へ" />
にほんブログ村



昨日のブログで少し書きましたが、本日は第7代尾張藩主 徳川宗春についてもう少し。

私自身、歴史は好きな方ですが、宗春公に関しては殆ど知らなかったに等しいです。

WEB検索していると宗春ロマン隊というサイトを発見しました。

その中で宗春公が遺した政治思想が書かれた著書。

『温知政要』二十一箇条
(宗春ロマン隊のサイトへ飛びます)

これを見ると、当時としては卓越した政治思想を持っていた事が分かります。

と言うより、この時代にこの発想は驚きです。

同時代の幕府将軍、吉宗公は幕府の為の政治に倹約令を出して庶民の贅沢を徹底的に取り締まりましたが、尾張では庶民から藩まで、自由経済に参加出来た様です。

最終的には幕府より謹慎を受けてしまいますが、現在のこの時代にも見習うべき点が多いのでは無いでしょうか?

政治的敗者はとかく悪者にされがちです。宗春公の詳しい調査をする事によって、全く新しい尾張物語が出来る事に期待しています。