美濃仏具 ㈱開成堂代表の煩悩日誌

プロフィール
Nokuさん
岐阜県関市で寺院内陣仏具の製造販売修理をさせていただいております。㈱開成堂、代表のブログです。

主に寺イベントや告知。寺院様の紹介等をボチボチ書いて参ります。



QRコード
アクセスカウンタ
Total:1340196
Today:425
Yesterday:451
『不死身の花』 生島マリカ
明後日はまた雪の予報。金曜日に先週の雪で延期になったお客様よりの引取り予定がまた延期??今週末から怒涛の予定続き。開成堂です。


一昨日の出版記念祝賀会で同じテーブルになった


生島マリカさん


現在はWEB上にて物書きをされておられると言うお話しでしたので読ませていただきました。


『不死身の花』


異国情緒の漂う綺麗な女性でしたので私は内容を少々勝手に勘違いしておりました。

(普段のツイッター等で披露されている姿とはほぼ別人でしたしね

こちらは生島さんご本人の自叙伝であり、最愛の息子さんに自分の人生を遺す為に執筆されておられると書かれています。

以前の職場や今の仕事柄、非常に多くの方の人生をお聞きしますが生島マリカさんの様な人生は極めて少なかった様に思います。

(ちなみに今話題の佐村河内守氏の様な方は結構多かったです

複雑な生い立ち。凄まじい家庭環境。13歳での自立。

彼女が家を出て一人で生きてゆく頃。のんびりしていた私としては、たまに遊びに行っていた場所に彼女の様な存在が居たとは思ってもいませんでした。


人は自分で思っていなくても目に見えない居心地の良いグループに属しています。


その為に新しく友達になった人の友達が共通の友達だったとか、行く先で偶然知り合いに出会うとかが多いのですが、それからすると当時の彼女に私が出会う事はほぼ皆無だったでしょうね。

人間、案外自分の行動範囲が世の中の全部みたいな考えになってますが、色々な世界に色々な常識があると言う事も忘れてはいけないと思っています。

昨日、お世話になっている御住職様より

『他人の苦労はそれ以上の苦労があるからと言ってもその人が経験している訳では無く、自分から見ると小さい事でもその人にとっては経験の無い一大事なので迂闊な事を言わない様に気を付けなくてはいけません』

と言われました。

先日の傾聴ボランティアでは無いですが、人の気持ちに応えると言うのは大変な事だと改めて考える次第です。

少し話しがそれました・・。


こちらの自叙伝を読んでいただいて現在の彼女の様子を見た方は、彼女が強い人だからここまでこれたと思われる方もいらっしゃるでしょう。

でもどうでしょう?

祝賀会の席では楽しい会話で席を盛り上げておられましたが、その一面だけが彼女では無いのだと思います。

人間はもっと奥深い生き物です。

現在はまだ執筆中でこれからまだまだ物語は続いていきますが、ほんの短い時間だけお話しさせていただいた私としては、この人生の序盤から今は真言宗で得度をされて祝賀会の席であの様な素敵な笑顔が出来る彼女の今後の半生に興味が尽きません。

是非皆さんも読んでみて下さい。

『不死身の花』 ←クリックして下さい。

この小説のサイト自体が少し分かりにくくてPCでは読み易いですがスマホでは第一話を読むのに一番下の『前編を読む』でしか前に戻りません(勘違いだったらゴメンナサイ)ので注意して下さい。

それにしてもマスメディアが取り上げないのが不思議です。



写真が無いのも寂しいので本文とは全く関係有りませんがこんな話題。

先日、嫁さんが友人と自前の味噌を作っておりました。完成はまだまだ先ですが楽しみです。(写真は豆を煮ている最中です)
徳川宗春 〈江戸〉を超えた先見力
お寒うございます。今年も残す所あと二週間です。あと一頑張りです。
元旦を取材で迎えそうな開成堂です。

本日は書籍をご紹介。

徳川宗春 〈江戸〉を超えた先見力

著者:北川宥智

出版:風媒社 価格:1575円(税込み)


徳川宗春  通説では派手なパフォーマンスと規制緩和で現在の東海地方の派手な文化を築き、当時質素倹約令を強いていた江戸幕府将軍、徳川吉宗の怒りを買い更迭されたと言われている尾張徳川藩主です。

この本ではそんな今までの通説を様々な資料を基に覆しています。

著者の北川宥智住職は以前にもこのブログで紹介させていただいた各務原市 高家寺の御住職です。

私も御住職から宗春の事を伺うまでは縁の遠い人でしたが関わりを持つ様になり、また尾張藩家老、竹腰正武の領地の一部に関市が含まれていた事を知ったり。不思議なご縁に恵まれています。

宗春が書いた『温和政要』

残念ながら現在の政治でも全く生かされていません。

書籍の表題、『江戸を超えた』は今の平成の世も超えていると思わざるを得ません。

御住職がいつも『見えている物だけにとらわれない様に』と言う言葉通り、現在の様々な報道等にも多いに疑問を感じる事を気付かせて下さいます。

徳川宗春 〈江戸〉を超えた先見力は書店やAmazonで絶賛発売中です。



酒井大阿闍梨様 ご逝去
すっかり秋めいてきました。時間の流れには驚くばかりです。
開成堂です。


今月23日午後、天台宗の酒井大阿闍梨様が逝去されました。

酒井大阿闍梨様と言えば天台宗延暦寺の千日回峰行を2度満行された行者として有名な方です。

ちなみに千日回峰行を生涯で二度、満行されたのは過去に3人しかおられないそうです。

体調を悪くされておられてたのですが、毎年11月に岐阜で予定されていた護摩供養に並々ならぬ意欲を示されておられたので私も心待ちにしておりましたが叶わぬ事となりました。

昨日は阿闍梨様ゆかりの御住職に色々とお話しを伺っておりまして、私自身が普段お願いする事がある護摩のへの『願』について良いお話しを聞く事ができました。

生涯を行者として全うされた阿闍梨様です。ここでは書けませんがお亡くなりになる際まで行者であられました。

お話しを伺って、自分が死の際まで行った時に一体どのような最後が迎えられるのか?を考えました。

以前、遺品整理業の社長さんに死に様から生き様が分かると教えていただいた事があります。毎日をなんとなく過ごすのも良いですが少しは考えて生きようと思います。

今週、地元の書店で阿闍梨様の書籍を見つけたので購入しました。

厳しい行をされてこられた阿闍梨様のとても優しい言葉が載っています。

ご自分は厳しい行を積まれてそれでも尚、支えられて生きていると説かれるのは凄い事です。

非常に読みやすい書籍で、何冊かシリーズで出版されてますので皆さんも是非阿闍梨様のお言葉に耳を傾けて下さいませ。



開拓者たち
本格的な冬将軍が来ましたね。今年に入ってから有り難い事に非常に多くの良いお話しをいただいておりまして、寒さにもかまけてなかなか更新出来ない日が続いています。
美濃仏具、開成堂です。

昨晩、ようやくですがNHK BSで放送されていましたドキュメンタリードラマ、開拓者たちを見る事が出来ました。

戦時中、中国に開拓民として渡り、動乱の戦後を生き抜き、日本に帰国後、また開拓をしていった人々を描いたドラマです。

簡単に文面にしておりますが、『民』としての視点から描かれた非常に良いドラマでした。

良かったのはどの国の人々も善人もいれば悪人も居る事を普通に表現していた事ですね。

今回、中国残留孤児がどの様にして出来たのかを、一例ですが再現されており非常に考えさせられました。

満島ひかりさんはじめ、キャストの好演やドラマの途中で挿入される体験者の方々のインタビューも非常にリアリティーを感じさせられるものでした。

いつの世も、どこの国でも犠牲になるのは一般市民であると言う事。そして国の礎を築いてゆくのも一般市民である事をひしひしと感じました。

最近、近隣諸国との関係が悪化の一途を辿っていますが、大衆の国への不満を諸外国に向けさせるのは権力者の常套手段です。

お国柄は確かに違えども、国内・海外に限らず。悪人も居れば善人も居る事を忘れずにいたいと思います。

国家が無くなって困るのは一部の権力者と既得権益受給者だけなのですから。
アントキノイノチ
昨日に続き工房で篭ってます。昨日は真言宗の寺院様から仏具についてのお問い合わせ。ありがたい限りです。
寺院仏具の事は開成堂。代表です。

相変わらず熾烈なランキング争い(泣)皆さんの1ポチッがランキングを決定します。下のバナーをクリック下さい。
 ↓

</SPAN><SPAN style=にほんブログ村その他生活ブログ 冠婚葬祭へ" />
にほんブログ村



昨晩は現在公開中の映画

『アントキノイノチ』

をシネックスマーゴで観てきました。




舞台が遺品回収業と言う事で、自分の仕事と遠くは無い世界の話なので興味があると言う事と、後日、関係者の方とお会いする予定ですので事前勉強と言う事で。

当社でもお仏壇の処分は多く依頼を受けますが、映画の様に処分に至るまでの様々な物語があります。

改宗などでお仏壇が不要になった場合等はご家族も了承済みなので特別考える事も無いですが、家系が絶えたとか大家さんから入居されていた方が所在不明になったので・・。そんな時はどうしても考えてしまいます。

ご位牌・ご遺影等を放置してまで出て行く事態って?

とは言え、生業としていますので依頼された方の心の負担にならぬ様、処分させていただく事が務め。

よく処分で引き取ったお仏壇はどうするの?って質問を受けますが、当社では解体後、一部を除いて廃棄します。

一部はご位牌やご遺影、その他お仏壇に入っていた遺品と共に、ある程度纏まった時点で寺院様で供養後、お炊き上げしていただきます。

映画の中でゴミ屋敷になった部屋を掃除するシーンがありましたが、その辺りは何度か経験しているので現場を思い出したりしてました。

一番凄いのは臭いですからね。これは映像では伝わらない

ゴキブリハウスも最初は1匹1匹にビビリますが、余りにイッパイいると体を這っていても手で払ったり出来る様になります。人間の慣れって怖いです

作業を終えて立ち話をしていると足元からゾロゾロと這って出てきたり
自宅の玄関で全裸になって風呂に入った事もあります(笑)

ただ映画の中でも表されていますが、処分の最中に住んでいた方の心情とか考えてしまう事もあり、やるせない気分になる時も多いです。

考える心を持っている事自体が面倒な性分なのかも知れませんが、そんな気づきも才能の内と思える様になりました。

自己保身と恫喝が牛耳っている世の中ですが、そろそろ次のステップに移る時代が来ていると思う今日この頃です。

アントキノイノチ。皆さんも是非ご覧になって下さい。
『岳-ガク-』

昨日はプロ野球のドラフト会議でした。毎年の様に色々ドラマがありますが、入る者いれば出る者ありと言う事で現役選手もうかうかしていられないでしょうね。
しかしいつも思うのですが、毎年入る入らないで揉めるので、完全ウェーバー制にしてFA取得までの年数を短くした方が良いと思うんですけどねぇ。
通りすがりの野球ファン。開成堂、代表です。

皆さん、ありがとうございます。5位キープ。
強敵の居る4位以上には行けるのか?
皆さんのご協力無しでは上がれません(泣)
本日もポチッとお願いします。
  ↓
</SPAN><SPAN style=にほんブログ村その他生活ブログ 冠婚葬祭へ" />
にほんブログ村



先日、妻が知人から漫画を借りました。

山岳救助隊を描いた 『岳』


(作者の方、出版社の方、ゴメンナサイ。WEBから勝手に拝借しました)

そう言えば映画の宣伝していたなぁ~、くらいな感じで読み出したのですが・・・。

トンでもないトコだ。山って。そして命って。

劇中にはあっけなく命を落としたり、頻繁に遺体が出てきたり、自然の凄さが伝わってきます。

救助隊の仕事も大変の二文字では伝えられないと思います。

遺体の早期収容の為、ヘリが降りられる場所までさっきまで生きていた遺体を崖から投げ落とすシーン等は驚きました。

以前、子供が小さい時にスキー場でリフトの上から圧雪していないゲレンデにストックを落とした事があって、圧雪していない雪面を滑って降りる技術も無いので、下から30m程歩いて登ったんですが・・・・。ムリです私には。

膝上くらいの積雪でしたが、全然進まない。おまけに途中で眠くなるし・・。

どうにか拾って帰ってきましたが、二度と御免です。

でも読んだ後、何故か山に登りたくなったりするから不思議です。

子供も登ってみたくなったそうで、近いウチに手ごろな山にでも登ろうと思っています。


さて今日はいよいよ明日に迫った

『岐阜ママズフェスタ2011』

の資材搬入です。忘れ物が無い様に頑張ります。

仏壇相談コーナーもあります。お気軽に来場下さいね。

太陽の異変
昨日、お客様宅で屏風絵を拝見しました。銘は調べても何時の誰かは分りませんでしたが、なんとも愛らしい絵でした。表装のお見積もりを、と言う事で、写真を撮らせていただきました。全体は載せる事が出来ませんので少しだけ。


</SPAN><SPAN style=にほんブログ村 その他生活ブログ 冠婚葬祭へ" />
にほんブログ村


ようやく録画してあったNHK BSの

コズミック フロント

 『迫りくる太陽の異変』

を観ました。

しかし凄いものですね。太陽は。

ただ、黒点の活動周期が今まで11年周期だったのが今回は活発化せず。この為に地球の気温が下がるのでは無いか?との表の中で、地球の気温グラフがここ何年かで凄く上昇している方が怖かったですね。

温暖化が叫ばれてますが、太陽に何度か下げてもらった方が良いのでは無いかとさえ思いました。






いやはや、すごいエネルギーです。

星と言うよりガスの塊なんですが、その為に地球で言う赤道の部分と北極や南極の部分では自転速度が異なるとの事。それによって磁場が入り乱れている事。

勉強になります

何はともあれ太陽あっての生命ですからね。偉大ですわ。古来から人々が太陽神として崇める筈です。

敬意を持っておりますが、↓


こんな事もしてみたい(笑)


本日13:00から寺小屋セミナーです。
葬儀が入ってしまいましたので、駐車場だけ枠が少なくなりました。ご了承下さい。(セミナーは通常開催します)
参加費500円です。子育てでお悩みの方、気軽にご来場下さい。


本日もお付き合い下さりありがとうございます。
恒例の1ポチッをお願い致します。
</SPAN><SPAN style=にほんブログ村 その他生活ブログ 冠婚葬祭へ" />
にほんブログ村

</SPAN><SPAN style=人気ブログランキングへ">

今日の曲はコチラ。急に思い出しました^^
映画 ブッダ
暑い暑い。これだけ汗をかいているのに何故に痩せないんでしょう?
お仏壇クリーニングの開成堂、代表です。

昨晩、映画『ブッダ』を観てきました。

アニメーション的には、こんな感じかな。と言うくらいですが、主はブッダの思考にあるので問題無く観られますし、極端な神格化もあまりされていないので観ている間、何やら自分自身が色々考え込んでしまいました。

正直、観世清和さんのキャスティングはどうかなぁ~。

他の声優さんは良かったですね。

感想と言うか、観て感じた事はどうも文章に出来ませんのでここでは割愛。


ただ、昔、吉行淳之介が言っていた


 激しく傷つくという事は・・

 傷つく能力があるから傷つくのであって・・

 その能力の内容といえば、

 豊かな感受性と鋭い感覚である・・


を思い出しました。


面倒ですけどね~。コレ持ってると

さて、明日はの学校です。


本日もお読み下さりありがとうございます。
もう少し文章が上手に書ける様、今後も努力致します。

</SPAN><SPAN style=にほんブログ村その他生活ブログ 冠婚葬祭へ" />
にほんブログ村


</SPAN><SPAN style=人気ブログランキングへ">