ムスブエリア イベント掲示板

プロフィール
ムスブエリアイベント掲示板さん
ムスブエリアで開催される素敵なイベントを集めました。ブロガーさんからの投稿もありますのでアットホームなイベントも盛り沢山。みんなで成功を応援していきましょう。

イベント情報はムスブログPC版のトップページのイベントカレンダーでもご確認出来ます。

素敵なイベントが重ならない様に、そして同じ想いのイベントは合同開催なんかに繋がっていくと良いですね。皆で地域のイベントを応援していきましょう。

イベントの投稿は管理人(HoRi4410)が行いますのでメッセージで送って下さい。

QRコード
アクセスカウンタ
Total:405932
Today:68
Yesterday:112
| 1 | 2 | 最初 | next>>
石徹白勉強会
第8回 石徹白勉強会

「国史からみた石徹白宝暦騒動について」

石徹白の宝暦騒動は、山間奥地に起きた村の一つの事件です。郷土史家をはじめ、国史の複数の研究者から県境対象とされ、これまで評価の低かったこの事件は、その持つ意味の重要性が再認識されつつあります。

今年の勉強会は村方の一騒動が国史から見たとき、どんな意味を持っていたのかとても興味深いものです。

 講師 上村恵宏氏(うえむらしげひろ) 中在所出身

  プロフィール 元、岐阜県小・中学校教員
          現、各務原市木曽川文化資料館教育指導員



日時  平成25年10月27日(日) 午後7時~
場所  いとしろ農村センター

主催  NPO法人やすらぎの里いとしろ
協賛  地域づくり協議会
問い合わせ先 0575-86-3288   080-6909-1046
ふるさと考現学~石徹白の地域づくり
10月31日(木)の夕方から白鳥のふれあい創造館で、郡上ふるさと考現学のシリーズとして「石徹白の地域づくりから郡上の未来を考える~次世代につなげる地域づくり」という講演会が開催されます。

 石徹白は、九頭竜川水系の源流部で郡上市の北西部に位置する雪深い山間地ですが、昭和33年に福井県から越県合併し、岐阜県の白鳥町に編入した経歴をもつ地域です。

合併当時までは1200人前後いた村民も、高度成長とともに人口減少し、現在は
286人にまで減少し、その45%近くが高齢者となっている地域です。

人口の50%が高齢者となると集落機能が危機的になるという"限界集落"に近い現状の中で石徹白地区では、この10年間で様々な地域活性化の取り組みを進めてきました。

石徹白では、旧来の地域組織(区)だけではカバーしきれない機能をNPO組織を立ち上げ、積極的な地域づくり施策を展開してきました。

スキー場やキャンプ場などの観光資源開発やトウモロコシや地野菜の商品開発、都会からの移住を積極的に受け入れ、子供の数を増やそうという取り組みや、水力発電を利用したエネルギーの地産池消の取り組みなど、さまざまな角度から街づくりを進めてきた経過を持っています。

そんな石徹白の取り組みをそれを進めてきた地域の人から直接聞き、自分たちの地域でどのような展開が可能なのか、同じような地域で石徹白モデルは実施可能なのかなど、様々な可能性を検証するための場所となります。


是非多くの皆様に参加いただき、郡上の可能性を広げていく機会としたいと思います。

お問い合わせ先

郡上市役所 市長公室企画課 地域振興担当:佐藤・中嶋

郡上市八幡町島谷228 TEL 67-1831 FAX 67-1711

メール kikaku@city.gujo.gifu.jp



(事前予約不要、参加無料)




図書館おとなの学校
社会教育課発の市民協働イベント「図書館おとなの学校」、住民が講師となり住民に伝える市民協働型文化講座が開催中です。

郡上図書館本館(白鳥)と分館(八幡)で土日の午前中です。

全ての講座が無料で予約の必要もありませんので、空いている日に気軽に参加できますよ!!

--------------------------------------------
講座3 「石徹白の峠道」 6月22日(土)本館
講座4 「川の変化と環境」 6月29日(土)分館 8月4日(日)本館
講座5 「地名のなりたち」 6月30日(日)本館 7月13日(土)分館
講座6 「郡上踊りと白鳥踊り」 7月14日(日)本館
講座7 「白山信仰と社家社人集落」 7月27日(土)本館
講座8 「アベノミクスと郡上の暮らし」 8月3日(土)分館 8月31日(土)本館
講座9 「石徹白、白山御師の活躍」 8月25日(日)本館
講座10 「ハザコ(大山椒魚)について」 9月1日(日)本館 9月7日(土)分館
講座11 「石徹白に暮らした人たち」 9月29日(日)本館
講座12 「郡上をルーツとする鷲見姓」 10月5日(土)本館 10月12日(土)分館
講座13 「郡上の地形・地質・気象」 10月19日(土)本館 10月26日(土)分館
講座14 「戦国武将と芸能」 10月27日(日)本館 11月2日(土)分館
講座15 「石徹白の越県合併」 11月9日(土)本館
講座16 「森林文化と郡上の暮らし」 11月10日(日)分館 11月16日(土)本館
*時間は、いずれも午前10時から11時30分までです。
越美セミナーいとしろ



9月15日(日)~17日(祝・月)の3日間、石徹白をフィールドとした体験型セミナーを実施します。

石徹白(いとしろ)は、越前と美濃からの白山禅定ルートの結節点であり、そこには白山中居神社という太古からの信仰が続く聖地でもあります。

その石徹白は岐阜県郡上市白鳥町の集落としてありますが、戦後直後までは福井県の和泉村であったものが、越県合併が選択された岐阜県に編入された歴史を持ちます。




古くから、白山信仰の拠点として位置づけられ、美濃・越前からの参詣道から白山禅定する入り口として栄えました。

九頭竜川水系と長良川水系の最深部となるこの地域には、縄文中期から人々の生活した痕跡が残っています。
現在は雪深い交通の難所として知られていますが、縄文の昔は温暖な土地であったのかもしれません。

石徹白のユニーク(固有性)さは、近代に至る長い歴史の中で、時の為政者からの干渉を免れた天領地であったことです。その意味では一つの自治区のような自給体制が長い生活の中で確立されています。

白山神社は全国にも2700社以上が今も残っていますが、その中でも岐阜県に最も多くあります。これは、太平洋ルートとして濃尾平野の東西に信仰圏が広がった結果だといわれています。




一方で近年は、高齢化と人口減少の憂き目にあい、一時は一千人を越えた村民も、今は高齢者の多い200名近くの人口にに減ってきています。

もともと石徹白は「1000人扶持」とよばれ、1000人まではこの地域で自給自足ができるといわれてきた土地でした。

そんな古い歴史と文化を持つ石徹白で、本当の豊かさを体験してみませんか?


当日のスケジュール

9月15日 

午後2時開場 2時半開会 白鳥ふれあい創造館 2階大ホール

   「イトシロの面白さ」 (郷土史家)上村俊邦 ・ 水谷慶一  
   長年石徹白に暮らし、この地に残る白山信仰の歴史と文化を
 
  フィールドワークして書き残してきた、上村氏から、他の地域には
   ないこの地の特性と面白さを語っていただきます。    



   このあとバスで石徹白に移動、集落を一巡後、宿泊さきの

   「カルヴィラ・いとしろ」で、地元住民と夕食をともにして懇親会

9月16日
 午前中  石徹白の大師堂で 
   (見て 学ぶ)   「平泉から来た金銅仏と義経伝説」
              「縄文石器と民俗学との出会い」     


         午後   石徹白小学校で
   (からだで学ぶ)  たった十二人の運動会に参加

         夕方     野外バーベキューの交歓会      

    (歌い踊って学ぶ) 越前・美濃の古民謡ワークショップ

9月17日 午前  早朝の森林浴 

     朝食前に白山中居神社の神域と大杉のあたりを散策
        (語って学ぶ)  シンポジウム「さまざまな境界をこえて」


              正午頃、散会して 自由行動 

宿泊場所  カルヴィラ・いとしろ  
        郡上市白鳥町石徹白 TEL 0575-86-3700

参加費   全日参加  26,000円   一泊参加  15,000円
        宿泊ナシでも参加できます  7,500円


   15日の白鳥ふれあい創造館の講演は無料です

 詳細は下記サイトで
 http://www.etsumibunka.jp/






おもしろ いとしろ



「今、イトシロが面白い!!」というキャッチフレーズで、郡上市の石徹白(いとしろ)の地を取り上げる講演会が開催されます。

そもそも、石徹白と書いてイトシロと読める人が日本の中で何パーセントいるのだろうかと思うほど、地名からして不可思議さをかもしだしている。

石徹白の背後に迫る、白山山脈を遠くより見てその雪の輝きに「いと、白し」と言ったとか、アイヌ語で「墓地」を表すことばだとか、イザナギ・イザナミの二神が天下った折に、「許等度ことど渡し」の呪文をとなえたことに由来するなど定説は定かではないが、とにかく古い故事に由来していることは確かなようだ。

それもそのはず、この地からは、縄文中期にさかのぼる遺跡、遺物が多数発見されている。
今は限界集落とも目されているこの場所は、元来多くの人々を集める魅力的な場所であったことが歴史からも伺うことができる。

東北の覇者として黄金京を作り出した奥州藤原氏が、その部下に金色の虚空蔵仏を石徹白に届けさせ、そのままその地でお守りさせたのは、単に白山神への信仰のためだけでなく、全国に広がる白山信仰の山伏ネットワークを情報網として活用しようという軍事戦略であったとも言われています。

白山信仰の拠点として古くから位置づけられる白山中居神社の御師(おし)として全国に出向き、その霊験と神徳を伝える活動が中世より続けられていたのだ。

近世にもどの藩にも属さない天領(神領)として位置づけられ、領主の従属を受けず自立した自治を続けてこられた特異な文化がなぜこの地に花開いたのか。

その特性は現代にも受け継がれている。
厳しい冬を越さなければならないという地域柄、保存食系の食文化が発達し、春から秋にかけて地域で採取した、稗粟と野菜、そして魚を加工して冬を越えるという、食の自給体制が長い時間をかけて確立されてきた。

その意味で、現代に生きるわれわれが考えていかなければならないライフスタイルの一つの典型がここにあるともいえる。

"おもしろ いとしろ"をキーワードとする知の探求、価値の再創造をこの講演をきっかけに始めてみませんか?






ぎふの田舎へいこう!通信
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━
 「ぎふの田舎へいこう!」通信 ~農村で遊ぶ、学ぶ、貢献する、そしてビジネスを!~
                                             第52号(2012/7/10)   1,393部
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 7月に入り夏休みシーズンの到来!!!
 夏の計画は立っていますか?

 世の中は、2度目の「節電の夏」を向かえ、企業ではクールビズ、サマータイムといった節電対策が
取られる中、各家庭における取り組みも求められています。

 節電は大切!でも、夏休みで家にいる時間が長くなり、エアコンの稼働率も上がってしまう・・・。
 そんな時は、自然の涼しさを体験しに田舎へ行ってみましょう!

 森の心地よい風、滝のミスト。天然の涼しさは、日頃の疲れた身体やココロを癒してくれます。
 ぎふの田舎にはそんなスポットがたくさんあります。

 今年の夏は、自然とふれあいながら電気を使わない「夏」を楽しみに、ぎふの田舎へいこう!

   ※このメールマガジンは、配信登録をしていただいた方のほか、
     当課職員と名刺交換をさせていただいた方や岐阜県とつながりのある方に
     配信させていただいています。配信を解除する方はお手数ですがその旨ご連絡ください。
▼▼▼ 目 次 ▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
【1】イベント情報
遊 1 飛騨里山サイクリング (飛騨市古川ほか)
遊・学 2 森と川の自然体験 (下呂市馬瀬)
遊・学 3 奥飛騨温泉郷・平湯を愛する会 自然体験教室 (高山市奥飛騨温泉郷)
遊 4 白山信仰の里で禊(みそぎ)&トレッキング (郡上市白鳥)
遊 5 栃尾里人塾2012 (郡上市明宝)
遊 6 種まきから始める手づくり蕎麦体験 (下呂市小坂)
遊・学 7 飛騨・北アルプス自然文化センター 自然体験教室 (高山市奥飛騨温泉郷)
遊 8 六ノ里・棚田にじいろプロジェクト 虫おくりカンテラ ライトアップ (郡上市白鳥)
遊・学 9 親子de歩き隊♪生命力あふれる天生トレッキング (飛騨市河合・白川村)
遊 10 森とのつながりを感じる旅~力を合わせて御嶽山に薪を運ぶ~ (下呂市小坂)
遊 11 月夜谷ふれあいの里 体験イベント (揖斐川町久瀬)
遊・学 12 山之村自然学校 「田舎暮らし体験」&「短期山村留学」 (飛騨市神岡)
遊 13 白川郷観光協会 体験イベント (白川村)
遊 14 美濃白川アウトドアリゾート クオーレふれあいの里 体験イベント (白川町)
遊・学 15 南ひだ健康道場 季節対応講座 (下呂市萩原)
遊 16 いび地域環境塾 (揖斐川町)

【2】募集案内
遊 1 そばのオーナー募集! (恵那市)

【3】岐阜県からのお知らせ
学 1 ぎふ ふるさと暮らしのススメ  (名古屋市)
学 2 岐阜県立国際園芸アカデミー オープンキャンパス (可児市)
▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲
「遊」:田舎で遊ぶ・憩う 「学」:田舎で学ぶ 「貢献」:田舎で貢献活動 「ビズ」:ビジネスに活かす

【1】イベント情報  ※各イベントの詳細は主催団体へご確認ください
────────────────────────────────────────
遊 1 飛騨里山サイクリング (飛騨市古川ほか)
────────────────────────────────────────
■ブルーベリーのタルトと、湧き水珈琲を楽しむサイクリングツアー
 涼しげな古民家の縁側でいただく珈琲とタルトは、いつもより少しだけ贅沢な味わい
【期日】 7月21日(土)、22日(日)、28日(土)、29日(日)
【場所】 飛騨古川
【内容】 飛騨の湧水で淹れた珈琲と飛騨産ブルーベリーのタルトを楽しんで頂きます。
【定員】 8名
【参加費】 8,000円(レンタル代、ブルーベリータルト、珈琲、保険、ガイド代含む)
【申込締切】 2日前まで
【詳細】 http://www.satoyama-cycling.com/articles/extra-package/talt/

■モーニングライド
 少しだけ早起きをして、いつもより贅沢な朝を味わうショートサイクリング
【期日】 7月21日(土)、22日(日)、28日(土)、29日(日)
      8月11日(土)、12日(日)、18日(土)、19日(日)
【場所】 飛騨古川
【内容】 夏の清々しい朝に、フラットで短めなコースをのんびり走ります。
【定員】 各回8名
【参加費】 2,000円(レンタル代、ガイド代、保険含む)
【申込締切】 前日まで
【詳細】 http://www.satoyama-cycling.com/articles/extra-package/morning/

■飛騨桃サイクリング
 目的地は標高750mにある果樹園。さわやかな甘みがぎゅっとつまった飛騨桃を味わおう。
【期日】 8月11日(土)~8月31日(金)
【場所】 飛騨古川、黒内果樹園
【内容】 標高750mの果樹園を目指し、そこで飛騨桃を味わう、夏限定のサイクリングツアーです。
【定員】 各日8名
【参加費】 7,000円(レンタル代、飛騨桃、ガイド代、保険含む)
【申込締切】 前日まで
【詳細】 http://www.satoyama-cycling.com/articles/extra-package/peach/
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【問い合わせ】 飛騨里山サイクリング
         TEL.0577-73-5715  E-mail. reservation@satoyama-cycling.com

────────────────────────────────────────
遊・学 2 森と川の自然体験 (下呂市馬瀬)
────────────────────────────────────────
■初心者鮎釣り体験
【期日】 7~8月
【内容】 釣り未経験者でも大丈夫、エキスパートが鮎の友釣りを指導します。手ぶらでOK
【定員】 2名 ※ガイド1名で体験者2名まで対応
【参加費】 体験1名なら11,500円、2名なら7,500円/1名(ガイド代、釣り道具、親鮎)
【申込締切】 7日前まで

■森のターザン 森林アドベンチャー
【期日】 7月末まで
【内容】 森林の中、地上5メートルに設置した吊り橋など障害物コースを渡って行きます。
【定員】 2名から ※小学4年生以上
【参加費】 3,000円(ガイド代、安全装備レンタル料、保険料)
【申込締切】 3日前まで

■マイナスイオンたっぷり 沢のぼり
【期日】 9月まで
【内容】 ウェットスーツに身を固め、普段入り込めない源流の水しぶきを探検します。
【定員】 2名から ※小学2年生以上
【参加費】 5,000円(ガイド代、安全装備レンタル料、保険料)
【申込締切】 3日前まで
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【問い合わせ】 フィッシングセンター水辺の館
         TEL.0576-47-2841  E-mail. academy@mazegawa.com
【詳細】 http://www.mazegawa.com/mizube/

────────────────────────────────────────
遊・学 3 奥飛騨温泉郷・平湯を愛する会 自然体験教室 (高山市奥飛騨温泉郷)
────────────────────────────────────────
■森のジオラマづくり
【期日】 7月28日(土)
【内容】 生物多様性・学びの森を散策し、自然の素材を使用したジオラマづくりをします。
【定員】 15名   【参加費】 無料

■火おこし体験と縄文アクセサリーづくり
【期日】 8月11日(土)
【内容】 火おこし体験と焼き粘土を使用した小物作り体験をします。
【定員】 15名   【参加費】 無料
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【場所】 飛騨・北アルプス自然文化センター 高山市奥飛騨温泉郷平湯
【申込締切】 開催日前日まで
【問い合わせ】 奥飛騨温泉郷・平湯を愛する会 TEL.080-1621-8152

────────────────────────────────────────
遊 4 白山信仰の里で禊(みそぎ)&トレッキング (郡上市白鳥)
────────────────────────────────────────
 阿弥陀ヶ滝で禊(みそぎ)をし、白山の大自然に触れ、心身ともに清め、運気を取り込もう!
【期日】 7月29日(日)、30日(月)
【場所】 郡上市白鳥町内
【内容】 阿弥陀ヶ滝で禊(みそぎ)体験、石徹白地内・石徹白大杉トレッキング。
【定員】 8名
【参加費】 18,900円(ガイド料、みそぎ祭り参加費、1日目夕食・2日目朝食を含む)
【問い合わせ】 アウトドアサポートシステムエコツーリズム事業部
         TEL.0575-46-9232

────────────────────────────────────────
遊 5 栃尾里人塾2012 (郡上市明宝)
────────────────────────────────────────
 森・農・自然エネルギーをテーマに、里山づくりをみんなで楽しくやってみます。
【主催】 ふるさと栃尾里山倶楽部
【期日】 7月28日(土)、29日(日)
【場所】 郡上市明宝二間手 古民家「源右衛門」
【内容】 森の散策路づくり/野菜の収穫と作付け/山土でかまどづくり、道具小屋づくり など
【定員】 20名
【参加費】 大人3,800円 小人1,000円
【問い合わせ】 ふるさと郡上会(郡上市交流・移住推進協議会)
         TEL.0575-66-2750  E-mail. gujo@furusato-gujo.jp
【詳細】 http://www.furusato-gujo.jp/taiken/taiken/tocyo2012-03.html

────────────────────────────────────────
遊 6 種まきから始める手づくり蕎麦体験 (下呂市小坂)
────────────────────────────────────────
 自分で育て打つ蕎麦は、格別な味。小坂自慢のえごまダレの蕎麦掻きも楽しみます。
【期日】 第1回 種まき 7月28日(土)、第2回刈取り10月中旬、第3回味わう会11月上旬
【場所】 道の駅「南飛騨小坂 はなもも」 岐阜県下呂市小坂町赤沼田811-1 集合
【内容】 蕎麦作りを種まきから始め、秋には収穫して味わいます。
【定員】 10名
【参加費】 5,000円(3回分の参加費、材料費、小坂の滝めぐりガイド料を含む)
       ※小中学生1,500円(ただし保護者の参加(有料)が必要です。)
【申込締切】 7月23日(月)
【問い合わせ】 (有)ぬちぐすいワンズ
         TEL.052-243-2606 E-mail.info@nuchigusui-ones.com
【詳細】 http://www.nuchigusui-ones.com/

────────────────────────────────────────
遊・学 7 飛騨・北アルプス自然文化センター 自然体験教室 (高山市奥飛騨温泉郷)
────────────────────────────────────────
■さわやかウォーキング
【期日】 7月15日(日)~9月17日(月・祝)
【内容】 センター研究員と早朝の探勝路を約1時間散策します。散策後ハーブティーを楽しみます。
【定員】 15名   【参加費】 500円

■子ども科学教室第3回 樹木のにおいを科学してみよう
【期日】 7月26日(木)~29日(日)
【内容】 平湯エリアでみられる樹木を調べ、どんな香りがするかを楽しく実験体験です。
【定員】 15名   【参加費】 500円

■子ども科学教室第4回 鉱物・貴石を拡大して観察しよう
【期日】 8月2日(木)~5日(日)
【内容】 平湯エリアでみられる鉱物や貴石を実体顕微鏡を使って楽しく観察します。
【定員】 15名   【参加費】 500円
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【申込締切】 開催日前日まで
【問い合わせ】 飛騨・北アルプス自然文化センター
         高山市奥飛騨温泉郷平湯 TEL.090-8679-3573
【詳細】 http://www.hirayu-vc.org/

────────────────────────────────────────
遊 8 六ノ里・棚田にじいろプロジェクト 虫おくりカンテラ ライトアップ (郡上市白鳥)
────────────────────────────────────────
 大切な子どもたちに、豊かな自然と棚田のある山里の風景を繋いでいきたい。
【主催】 六ノ里・棚田にじいろプロジェクト
【期日】 ライトアップ 7月21日(土)
【場所】 郡上市白鳥町六ノ里地内棚田
【内容】 虫追いのカンテラが夜の棚田をやさしく照らします。
【参加費】 無料
【問い合わせ】 ペンション・リトルパイン 郡上市白鳥町六ノ里1256-1
         TEL.0575-84-1774
【詳細】 http://metamori.lolipop.jp/metamori/?p=1715

────────────────────────────────────────
遊・学 9 親子de歩き隊♪生命力あふれる天生トレッキング (飛騨市河合・白川村)
────────────────────────────────────────
 自然と触れ合いながら、自然の営みの素晴らしさ、自然との共存の大切さを親子で学ぶ企画です。
【期日】 7月21日(土)~8月5日(日)
【場所】 天生県立自然公園
【定員】 20名
【参加費】 大人3,500円 中学生以下2,500円
       (ガイド料、森林環境推進協力金、傷害保険、おやつ代含む)
【申込締切】 参加希望日の前日 ※参加希望日が日曜日・月曜日の場合は、希望日前の金曜日
【問い合わせ】 飛騨市観光協会ブラッシュアップ事業部
         TEL.0575-65-3025 E-mail. amounomori@hida-catv.jp

────────────────────────────────────────
遊 10 森とのつながりを感じる旅~力を合わせて御嶽山に薪を運ぶ~ (下呂市小坂)
────────────────────────────────────────
 薪を背負って御嶽山に登り、飛騨頂上で薪ストーブを囲みながら団らんを楽しむプログラムです
【期日】 8月4日(土)~8月5日(日)
【集合場所】 「濁河温泉登山口」駐車場
【定員】 10名
【参加費】 11,000円(宿泊費、食事(夕食・朝食、2日目の昼食)、保険代含む)
【申込締切】 8月1日(水)
【問い合わせ】 (株)萩原交通 TEL.0576-52-1824
【リンク先】 http://www.nuchigusui-ones.com/ontake2012

────────────────────────────────────────
遊 11 月夜谷ふれあいの里 体験イベント (揖斐川町久瀬)
────────────────────────────────────────
■魚つかみと時計作り
 みんなで一斉に魚つかみ!つかまえた魚は炭火で焼いて食べます。食後は間伐材で時計作り。
【期日】 8月5日(日)
【内容】 魚つかみと地元の間伐材を使った時計作りをします。
【定員】 30名
【参加費】 1,050円
【申込締切】 8月4日(土)

■草木染の手拭い作りとおくどで栗おこわ
 何にでも使えるエコアイテム“手拭い”を草木染で作ります。作品ができたら栗おこわ作りに挑戦!
【期日】 9月16日(日)
【内容】 草木染とおくどを使って栗おこわ作りをします。
【定員】 30名
【参加費】 1,050円
【申込締切】 9月15日(土)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【場所】 月夜谷ふれあいの里 揖斐川町久瀬
【問い合わせ】 月夜谷ふれあいの里 TEL.0585-54-2081

────────────────────────────────────────
遊・学 12 山之村自然学校 「田舎暮らし体験」&「短期山村留学」 (飛騨市神岡)
────────────────────────────────────────
■親子「田舎暮らし体験ツアー」in飛騨
 生き物や自然あふれる奥飛騨の里山で、親子で楽しく田舎暮らしをたっぷり満喫できる3日間です。
【期日】 8月11日(土)~8月13日(月) 2泊3日
【場所】 山之村キャンプ場及び山之村地内
【内容】 焚火料理作り・郷土料理作り・かやぶき民家で囲炉裏体験、昆虫採集、星座観察、川遊びなど
【定員】 親子8組
【参加費】 親子1組32,000円(体験料、食材費、保険代など)
         追加大人1名20,000円 小人1名15,000円
【申込締切】 7月29日(日)

■夏休みは飛騨の里山で「短期山村留学」
 日本の原風景が残る奥飛騨山之村高原で、田舎暮らし体験をしませんか。
【期日】 8月13日(月)~19日(日) 6泊7日
【場所】 飛騨市神岡町山之村地内
【内容】 川遊び、焚火体験、石釜ピザ作り、かやぶき民家で囲炉裏体験、野菜収穫、昆虫採集など
【定員】 健康な小学3年生から中学3年生まで10名程度
【参加費】 小学生55,000円 中学生58,000円(食費・保険代・体験料など)
【申込締切】 7月末日
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【問い合わせ】 山之村自然学校 TEL.080-2614-6670 E-mail.hida@yamanomura.com
【詳細】 http://www.yamanomura.com

────────────────────────────────────────
遊 13 白川郷観光協会 体験イベント (白川村)
────────────────────────────────────────
■蛍の夕べ~山里の宵を楽しむ~
 世界遺産・白川郷の自然と文化と歴史をまるごと体験しよう。
【期日】 8月14日(火)~15日(水)
【場所】 白川村平瀬温泉地区
【内容】 蛍観賞、村の盆踊り等
【定員】 所定の定員になるまで
【参加費】 大人15,000円 小人12,000円(1泊3食)
【申込締切】 8月7日(火)

■結の里の米物語~稲刈り~
 世界遺産・白川郷の自然と文化と歴史をまるごと体験しよう
【期日】 9月21日(金)~22日(土)
【場所】 白川村荻町地区(世界遺産地区)
【内容】 稲刈り、標高1,200mの星空観賞等、新米2kgプレゼント(田植え参加者のみ)
【定員】 所定の定員になるまで
【参加費】 大人13,500円 小人10,500円(1泊3食)
【申込締切】 9月14日(金)

■結の里の米物語~稲刈り~
 世界遺産・白川郷の自然と文化と歴史をまるごと体験しよう
【期日】 9月29日(土)~30日(日)
【場所】 白川村平瀬温泉地区
【内容】 稲刈り、中秋の名月観賞、持ちつき等
【定員】 所定の定員になるまで
【参加費】 お一人様 大人15,000円 小人12,000円(1泊3食)
【申込締切】 9月22日(土)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【主催】 白川郷まるごと体験協議会
【問い合わせ】 白川郷観光協会 TEL.05769-6-1013
【詳細】 http://www.shirakawa-go.gr.jp/

────────────────────────────────────────
遊 14 美濃白川アウトドアリゾート クオーレふれあいの里 体験イベント (白川町)
────────────────────────────────────────
 竹で作った器とMY箸で、流しそうめんを楽しみます。
【期日】 8月19日(日)
【場所】 クオーレの里内 キャンプ場
【内容】 竹を割って器とMY箸を作ります。完成したらその器を使って流しそうめんを賞味。
【定員】 30名
【参加費】 大人1,000円 小人500円(体験料・昼食)
【問い合わせ】 美濃白川クオーレの里
         TEL.0574-72-2462  E-mail. info@e-900.com
【詳細】 http://e-900.com/event/h24/h24event.html

────────────────────────────────────────
遊・学 15 南ひだ健康道場 季節対応講座 (下呂市萩原)
────────────────────────────────────────
 季節ごとの体験講座のご紹介です。あなたにぴったりの体験がきっと見つかりますよ!
■こんにゃくづくり
【期日】 7月29日(日)、8月5日(日)
【内容】 地元で採れたこんにゃく芋を使って下呂の名産品「こんにゃく」を昔ながらの製法で作ります。
【定員】 30人   【参加費】 800円

■クラフトアート
【期日】 8月3日(金)、10日(金)、24日(金)
【内容】 工作用のテープを使ってポシェットや部屋飾りを作ります。
【定員】 15人   【参加費】 600円

■沢歩き体験
【期日】 8月11日(土)、12日(日)
【内容】 講師から川や植物・昆虫の解説を聞きながら小川を歩きます。
【定員】 20人   【参加費】 500円

■薬草園で薬草を食べよう
【期日】 8月18日(土)
【内容】 「薬草の森」を講師の説明を受けながら巡り、その後薬草の天ぷらを食べます。
【定員】 15人   【参加費】 500円

■森の自然観察&クラフトアートコース
【期日】 8月19日(日)
【内容】 森林を散策しながらクラフト材料を集め、ポシェットを作ります。
【定員】 20人   【参加費】 無料
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【申込締切】 定員になり次第
【問い合わせ】  南ひだ健康道場 下呂市萩原町四美1557-3
         TEL.0576-55-0010 E-mail. doujyou@pref.gifu.lg.jp
【詳細】 http://www.pref.gifu.lg.jp/kenko-fukushi/kenko-iryo/kenkikan-kenko-iryo/minamihida-dojo/

────────────────────────────────────────
遊 16 いび地域環境塾 (揖斐川町)
────────────────────────────────────────
 種まきから収穫まで体験してみませんか。
【期日】 9月8日(土) 収穫は11月10日(土)
【場所】 揖斐川町極楽寺
【内容】 大根の種まきと収穫体験
【定員】 種まきから収穫まで参加できる保育園から小学校6年生までの児童30名
       ※小学校2年生以下は親子参加
【参加費】 500円
【申込締切】 定員になり次第締切ります。
【問い合わせ】 いびNPO法人連絡協議会
         TEL.0585-22-1732 E-mail.npo@ibigawamizueco.jp

【2】募集案内
────────────────────────────────────────
遊 1 そばのオーナー募集! (恵那市)
────────────────────────────────────────
 そばの種まきから収穫、そば打ちまでの体験者を募集します。
【内容】 8月19日(日) そば種まき 10月下旬 そば刈り取り、12月2日(日)収穫祭
【定員】 25組(80名程度)
【参加費】 大人6,000円 小人4,000円(3歳から中学生まで)
【申込締切】 7月27日(金)
【問い合わせ】 道の駅 そばの郷らっせぃみさと  恵那市三郷町佐々良木1461-1
         TEL.0573-28-3310
【詳細】 http://rassei.com/

【3】岐阜県からのお知らせ
────────────────────────────────────────
学 1 ぎふ ふるさと暮らしのススメ  (名古屋市)
────────────────────────────────────────
■田舎暮らしの情報発信拠点「ぎふ ふるさと暮らし応援センター」オープン!
【期日】 7月10日(火)~平成25年3月中旬まで ※定休日/毎月第3水曜日
【場所】 中日ビル地下1階 名古屋市中区栄4-1-1
【内容】 岐阜県の田舎暮らしに関する資料などを提供する、情報発信拠点を昨年に引き続き開設します。
      岐阜の魅力を伝える「ふるさと物産販売コーナー」もします。
【詳細】 http://www.pref.gifu.lg.jp/kurashi/chiiki-shinko/iju-teiju/index.html

■岐阜県総合移住相談会 in 名古屋
【期日】 7月29日(日)
【場所】 中日パレス(中日ビル5F) 名古屋市中区栄4-1-1
【内容】 県と県内7市町が、個別相談ブースを出展する大規模な移住相談会。
      移住者の体験談等が聞けるセミナーも同時開催します。
【参加費】 無料
【定員】 なし(事前申し込み必要)
【詳細】 http://www.pref.gifu.lg.jp/kurashi/chiiki-shinko/iju-teiju/soudankai/index.html

■毎月10日は移住の日! ぎふ ふるさと暮らし「月例・名古屋相談会」
 8月は「揖斐川町」が参加します。
【期日】 8月10日(金)
【場所】 中日ビル3F 特設会場  名古屋市中区栄4-1-1
【内容】 専任職員が田舎暮らし・田舎体験の相談にお応えします。
【参加費】 無料
【定員】 なし(事前申し込み不要)
【詳細】 http://www.pref.gifu.lg.jp/kurashi/chiiki-shinko/iju-teiju/soudankai/index.html
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【問い合わせ】 商工労働部観光交流推進局観光課イベント・交流推進室まちづくり支援・移住定住係
          TEL.058-272-8078(直通)

────────────────────────────────────────
学 2 岐阜県立国際園芸アカデミー オープンキャンパス (可児市)
────────────────────────────────────────
 当アカデミーは花と緑について総合的に学べる専修学校です。
 オープンキャンパスでは、学校説明と模擬授業を体験していただきます。
【期日】 8月5日(日)、6日(月)
【場所】 岐阜県立国際園芸アカデミー 可児市塩1094-8
【内容】 学校・施設説明、3コース(花生産、フラワー装飾、造園緑化)の模擬授業
【申込締切】 7月31日(火)
【問い合わせ】 岐阜県立国際園芸アカデミー 教務係
          TEL.0574-60-5250
【詳細】 http://www.horticulture.ac.jp/open24.8.pdf

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【発行】 岐阜県農政部農村振興課
【住所】 〒500-8570 岐阜県岐阜市薮田南2-1-1
      TEL.058-272-8460  FAX.058-278-2698 E-mail. c11427@pref.gifu.lg.jp ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◆◆メール配信を解除される方はE-mailでご連絡ください。ご意見・ご感想もお待ちしています。
禊(みそぎ)&トレッキング

パワースポット阿弥陀ヶ滝で禊をし、白山の大自然に触れ、心身共に清め、運気を取り込もう!

禊(みそぎ)&トレッキング

パワースポット阿弥陀ヶ滝は、古来から水分の神と崇められてきた白山神水の出ましの滝として多くの信者が訪れ、みそぎの聖地として行に励んでいました。普段は立入禁止になっている滝に特別に入り旧来の罪、穢れを清め流すとともに大いなる自然の神々との一体感を感じてみませんか?       

また、この地域は白山信仰の文化や雄大な自然が残されており、石徹白地内の散策や石徹白大杉をはじめとする巨木との出会いも楽しみです!!

開催日  7月29日(日)~7月30日(月)

集合・解散 : 7/29 JR岐阜駅南口 800 (お車の方は道の駅白鳥 930)  ・ 7/30 JR岐阜駅 1600

◆参加費 : 18,900円(ガイド料、みそぎ祭り参加費、1日目夕食・2日目朝食を含む)

※宿泊代(1,000円 仮眠施設)、2日目昼食代は別途ご負担していただきます。

行程 : 

日付

時間

内     容

7/29

10:00

阿弥陀ヶ滝みそぎ祭り受付・みそぎ体験

 

14:00

みそぎ体験終了

 

14:30

長滝白山神社宮司さんの案内で、白山文化博物館などを見学

 

17:00

温泉(湯の平温泉)

 

18:30

ひるがのロッジ宿泊

7/30

10:00

白山中居神社、いとしろ大杉トレッキング

 

12:00

昼食

 

13:00

石徹白地内散策

 

 

14:00

JR岐阜駅へ

◆参加人数 : 8名(最小催行人数4名)

◆持ち物 : 動きやすい服装、帽子、水筒、着替え、タオル、洗面具

◆申し込み方法 : 下記内容をメールか電話にてお申し込みください。

             1)氏名、2)住所、3)電話番号

◆申し込み期限 : 7月20日(金)まで

問合せ・申込先

㈱アウトドアサポートシステム エコツーリズム事業部

電話・FAX 0575-46-9232

E-mail eco@odss.co.jp


石徹白-白山清掃ボランティア

石徹白-白山道清掃ボランティア募集案内 -

■ 開催概要

開催日 : 平成23年7月24日(日)
集合場所 : 白山中居神社前
集合時間 : A班(銚子ケ峰往復) 7:00  B班(大杉周辺) 9:00

参加費 : 一人500円(傷害保険加入費・オリジナルバンダナ代等)当日受付にて。
※小・中学生は半額

参加者は登山・作業の出来る服装で、昼食・飲み物を持参してください。

■ A班(銚子ケ峰)日程

受付6:30、開式7:00、乗車7:30、大杉出発8:30
山小屋・銚子ヶ峰登山道の荷揚げ・清掃、山小屋・銚子ヶ峰周辺オオバコ(外来種)除去

■ B班(大杉)日程

受付9:00、乗車9:30
登山口諸施設・大杉周辺・石段・の清掃、大杉周辺オオバコ(外来種)除去

※小雨決行  ※大雨・気象警報発令時の中止問い合わせ 白鳥振興事務所

参加申込方法

参加ご希望の方は輸送・宿泊手配などの都合がありますので7月22日までにはがき・電話などで下記にお申し込み下さい。

申し込み・お問い合わせ窓口
■ 石徹白漁業組合 ℡ 0575-86-3001
■ 郡上市白鳥振興事務所内 産業建設課 ℡ 0575-82-3113

宿泊のご案内(参加者特別料金)

■ カルヴィラいとしろ1泊2食(7,875円) ℡ 0575-86-3700
■ 民宿(約10軒)1泊2食(5,500円) ℡ 0575-86-3400(民宿代表「いとしろ旅館」)
■ オートキャンプ場もあります。

実施体制

主催: 郡上市白鳥町石徹白区   石徹白地区区公民館
協力: 区青壮年団   ささゆりの会   家庭教育学級   あけぼの会
     白鳥振興事務所   石徹白小学校   小学校PTA   保育園保護者会
     環白山保護利用管理協会   白山自然保護官事務所
協賛: 郡上市   【財】国立公園岐阜県協会   ウイングヒルズ白鳥リゾート
     カルヴィラいとしろ   NPOやすらぎの里いとしろ

いとしろ青空学校 薬草採り体験&白山中居神社創業祭
==============================
==============
いとしろ青空学校 薬草採り体験&白山中居神社創業祭
============================================
■日程:7月16日(土)~17日(日)一泊二日・三食
■集合:16日(土)午後1時 石徹白・農村センター
■集合場所:石徹白農村センター
■参加料金:大人11,500 円、小中学生8,000 円
  ※小学校入学前のお子さんの料金については、別途ご相談ください。
■定員:15名
■申込み締切:7月12日(火)

奥美濃最奥の信仰の里、石徹白(いとしろ)。
かつて、白山信仰をひろめた御師(おし)たちは、
この地から、薬草を携えて、全国を行脚していました。
今回は、地元案内人から、薬草の知恵を学びます。
また、白山中居神社創業祭、地元の人たちによる民話・
民謡、地元食材を使った料理など、石徹白の暮らしと
信仰に触れられる、満喫の二日間です!

■当日の内容
16日
13時~    地元案内人による、里山散策&薬草教室
18時~    民宿で、石徹白の食材を使った夕食
19時30分~ 石徹白に伝わる民話&民謡
17日
8時30分~  白山信仰を広めた御師の里・上在所散策
         民芸館、神道の家を見学
10時~     白山中居神社 創業祭 ※巫女の舞があります
12時~     くくりひめによるランチ
============================================
お申し込み先: info@itoshiro.net 宛に、
お名前、生年月日、住所、電話番号、メールアドレスを
記入し、お申込み下さい!

お問い合わせ先:090-1538-4329 平野
============================================
CB講座第二回目

コミュニティビジネス第二回目の講座が開かれました。

前回の第一回のCB講座では、地域と自分のかかわりから、自分が郡上に何を求めているのか、何を大切にしたいのか、そのために何ができるのかを参加者みんなで想いをシェアしあいながら表現することからはじめました。

地域で暮らすことへの想いは共有できましたが、その目標に到達するためには何をすればいいのか?どう進めばいいのか?という課題にあたります。

その問いをクリアーにしていくために、今回から第四回までの3回の講座では、すでに地域でさまざまな取り組みにチャレンジされている先輩から、その活動に踏み出す動機や決意、アイデアや仕組み、そして将来展望についてお話していただきます。

その初回として今回は、近年岐阜にUターンし、石徹白を拠点として活動を続けている平野彰秀さんに「石徹白の地域づくり」をテーマにお話をしていただきました

平野さんからは、石徹白での地域活動の様子や地域の課題などのお話とともに、原発事故以降の小水力発電をとりまく環境の変化や、これからの展望についてお話をいただきました。

地域の未来について具体的に考えながら、数10年後の地域のありようを皆で話し合い共有しながら進めていく取り組みはとても先進的であり、同時に小集落地域になじむ方法であると思われました。


次回は713()の午後7:30から文化センターで「流域で人のネットワークを作る意味」をテーマに堀義人さんにお願いしています。

皆さんの参加をお待ちしています。


この講座とは別ですが、「長良川おんぱくin郡上」の説明会を621()午後7時から文化センターで開催する予定です。

これは、岐阜の長良川温泉周辺を中心に開催される一ヶ月間の長期体験型イベントで、流域つながりで郡上でもプログラムを作ることとなりました。

そのプログラム企画と運営をするパートナーを募集しています。正式エントリーの期限が6月末と短いため、パートナー応募者は短期間に企画を提案し承認を得る必要がありますのでよろしくお願いします。

長良川おんぱくについてはこちら

| 1 | 2 | 最初 | next>>