ムスブエリア イベント掲示板

プロフィール
ムスブエリアイベント掲示板さん
ムスブエリアで開催される素敵なイベントを集めました。ブロガーさんからの投稿もありますのでアットホームなイベントも盛り沢山。みんなで成功を応援していきましょう。

イベント情報はムスブログPC版のトップページのイベントカレンダーでもご確認出来ます。

素敵なイベントが重ならない様に、そして同じ想いのイベントは合同開催なんかに繋がっていくと良いですね。皆で地域のイベントを応援していきましょう。

イベントの投稿は管理人(HoRi4410)が行いますのでメッセージで送って下さい。

QRコード
アクセスカウンタ
Total:535624
Today:70
Yesterday:169
小規模多機能自治~雲南市の地域づくり

人口減少が進む中、消滅可能都市という予想されている中山間地域の自治体で、今その生き残りをかけた取組みが全国各地で進められようとしています。

その中でも、"新たな地縁組織"を形成し、各地域の違いと長所を生かしながら、単に楽しむだけではなく、問題を把握し、目的を持ってチェーンのように連携した課題解決型の取り組みが行われているのが雲南市です。

雲南市で育ち暮らしてきた市職員の板持さんは言います。「市民は力を持っている。環境を整えさえすれば、その力を発揮できる。そして、自然、歴史、食、そして人の“幸(さち)”多き雲南市に生まれ暮らすことへの誇りをもってもらいたい。自主組織の取組みは、その一環にすぎない」。

ほぼ郡上市と同じ規模の町村が合併した雲南市に学ぶことは大きいです。

是非 ご参加ください。

--------------------------------------------------------------------

「魅力あるまちづくり、持続可能な地域づくり」講演会


取り組み日時: 6月14日(日)

開催時間  : 午後2時開始~4時半閉会 (1時30分 開場)

会    場  : 郡上八幡総合文化センター 多目的ホール

講  師     : 雲南市(島根県) 担当職員

講演テーマ : 『自治組織の可能性~雲南市の取組みから考える』

講演内容  :

人口減少が進む中、地域を支えるための”新たな地縁組織”の必要性を感じ、小学校区域で広域的な「地域自主組織」を再編し、地域課題を自らが解決し、長所を活かし補完しあう関係を生み出した。

島根県雲南市は、平成16年11月に中山間地域の6町村が合併して新たに設置。神話が伝えられ国宝の遺跡が出土するなど、歴史や自然、食など郷土の恵みの豊かなまちです。一方で、市内全域で日本国内の水準を上回るペースで高齢化が進んでいます。このため、ピンチをチャンスに変え、行政と市民が「協働」によって、地域の恵みを生かし誇りある暮らしやすいまちづくりを進めるため、住民力を発揮した取組みが行われています。 

参加費 無料
主 催  郡上市市民協働センター 
後 援  郡上市自治会連合会・郡上市市民活動団体連絡協議会 

郡上みらい会議の開催について

~これから先10年の郡上づくりに向けて~というテーマで、郡上みらい会議が開催されます。

これは、27年度で郡上市の長期総合計画(10年間)が終了することを受けて、今年度から27年度上期までに、その基本構想や基本計画に反映するための素材を直接市民の声を拾う機会として設置された会議です。

取り組みは市役所の管轄ですが、運営については市民協働センターに運営委託されました。

協働センターとしては、市民協働の重要な役割として、月一回のペースで多くの市民の声をワークショップ形式(小グループによる話し合い)で話してもらい、総合計画の未来図の中に反映させたいと思っています。

とりあえず第一回目としては『総合計画とは何ぞや?』ということから、郡上市の現状を踏まえた説明を受けたうえでグループセッションで自由意見を出してもらう予定です

これからの未来を担っていく世代の皆さんには是非参加してもらいたいと思います。参加よろしくお願いします。




まちづくりコンテストが開催されます!!


今週末30日土曜日に第5回まちづくりフェスティバルが大和庁舎防災研修室で開催されます。

この催しは、
昨年の第4回目から市民協働センターが郡上市からの運営委託を受けて開催されています。

まちづくりフェスティバルという漠然としたイベントではなかなか市民一般の興味を惹かないということで、昨年からまちづくりの企画アイデアを市民や生徒(中・高)から提案をいただき、その中から優れたプランを事前選考し、当日提案当事者からプレゼンしてもらうというコンテストです。

まちづくりという概念は、なかなか市民一般には理解しにくく「何をすればまちづくりとなるのか?」ということを皆さんに考えていただく機会でもあります。

去年は、中学生から出された「ハイスクールコレクション」という郡上踊りをもっとおしゃれに楽しもうという提案が地域の協力で実現しました。(詳細はこちら)


今年は、市民・高校生り部から7提案、中学生の部から3提案がエントリーされました。

その提案タイトルは以下のようなものです。

提案者のプレゼンテーションで最終の審査が決定します。
是非直接その内容を確かめに来てください。

日時: 11月30日(土) 12時開場 午後1時開始
場所: 郡上市大和庁舎 2階防災研修室

10:30から子育てママたちのワンコイン体験も同時開催します。

第2回まちづくりプロジェクトコンテスト 【一般・高校の部】 入賞提案一覧 
No提案名提案内容の概略
1移住と観光のあいだのくらしの提案郡上市は観光地として、移住先として市外から注目されているが、踊りシーズン以外は宿泊客が少ない。移住に関しては、都会の生活を全て捨てて郡上に来るには課題が多く、実際に住んでみないと分からないことも多いのが現状。
そこで「移住と観光のあいだのくらし」として、現在ある空き家を利用し、お試し移住体験や滞在型小旅行を提案することにより、観光業・飲食業など地元産業の活性化や移住推進が期待される。
2GUJO GETA
ウォーキング
カロンコロン大会
郡上は踊りの町として全国的に有名であるが便乗した事業が少ない。そのため、下駄を見直し「GUJO GETAウォーキングカランコロン大会」を開催することを提案する。
参加者は全員下駄を履いて(3キロ・5キロ等)歩き、参加費を徴収し、参加賞として下駄・郡上の水等を提供する。下駄は間伐材を使用しコストを下げ、鼻緒には郡上マーク・オリンピックマーク等を入れる。更にその下駄を履いて郡上に来た方に特典を付けることで産業・観光等で経済効果が生まれることを期待する。
3郡上を子育てしやすい町にするために郡上市民病院の待合室をありがとうでいっぱいにしよう妊婦さんや子育て中の母親は、日頃から悩みを打ち明けるような場が少なく孤立化しがちで小さな不安を積み重ね、抱えている。
そこで、これから出産する人、先輩ママが気軽に交流できるような悩みを話ししやすい場を病院の待合室につくる。壁面には、声を掛けてもらって嬉しかったことやホッとしたエピソード等をメッセージコーナーや昔の郡上の子育ての写真展等を開催する。
4お年寄りの知恵
~高校生の観光案内~
郡上は高齢者世帯が増え、一人寂しく暮らしているお年寄りがたくさんいる。そのため私達のような孫世代がお宅訪問することで元気になってもらえるのではないかと考えた。また、郡上は観光地なので更に観光が充実するように工夫が必要だと感じている。
そこで、一人暮らしのお年寄りの家を高校生が訪問し、郡上の歴史やオススメスポット等、情報を教えてもらい高校生が観光案内を行う「お年寄りの知恵~高校生の観光案内~」を提案する。この活動を通じてお年寄りに元気になってもらい、観光地として更に元気にしたい。
5郡上を救え!
~活性化大作戦~
郡上の人口減少を食い止めるため、地元企業と高校生をつなぎ、郡上で就職する人を増やしたいと考えた。地元のテレビ局に協力により、地元企業の紹介、情報番組を制作し、その情報を学生たちが得ることで企業と人材のマッチングをさせる。このことにより郡上で働く人を増やし、地元の活性化につなげていきたい。
6BOC(Bon  Odori  City)
プロジェクト
毎年7月8月を「盆おどり市」にする。郡上市役所を「盆おどり市役所」にするなど、名称を可能な限り変更し、協力していただける職場は浴衣か盆おどりTシャツを制服に。郵送物も盆おどり市で届くようにする。看板はマグネットシートなどで一時的に変更する。うちわや手ぬぐい、ステッカーなどのグッズや、WEB「盆おどり市特設サイト」でアピールし郡上ファンを増やす。
7郡上置床プロジェクト郡上の山には切り捨てられた残材が多く、薪活用等が進められているが、将来的にはより多くの、切り口を変えた取り組みが求められている。そこで間伐材を枝や皮を含めて丸ごと使い、究極のリサイクルと森林再生、環境保全、木育、健康福祉などあらゆる分野を置床(パーツ)がつないで未来をつくるプロジェクト。官民協働でチームを組織、残材を購入し、製材業者へ6面加工を発注。廃材は全て炭にし置床の下に断熱材として利用する。また炭をつくる過程で出る熱も育苗、栽培等に生かす。塗料はヒノキを乾燥したときに出る天然オイルを利用。置床にはさまざまなメリットと可能性がある。

第2回まちづくりプロジェクトコンテスト 【中学の部】 入賞提案一覧 
No提案名提案内容の概略
1八幡町で誰もができる運動会八幡町には地区ごとに運動会があるが町全体での運動会はない。老若男女が楽しめる運動会を開催する。年齢別に行い、郡上のさまざまな場所で実施する。
2郡上の水の魅力を伝えよう観光客から「水を飲める場所はどこですか?」と聞かれることがよくあり、マップがあると良いと考えた。水飲み場が分かるマップをつくり、町内にある土産物屋にて空のペットボトルにマップをつけて販売する。
3郡上を元気にし隊郡上には8つの中学校があるが、部活動以外で会って話をする機会がない。これからの郡上を担う私たちが交流し、郡上の未来についての討論会を開催し、郡上を元気にしまちづくりに生かしたい。
   



図書館おとなの学校
社会教育課発の市民協働イベント「図書館おとなの学校」、住民が講師となり住民に伝える市民協働型文化講座が開催中です。

郡上図書館本館(白鳥)と分館(八幡)で土日の午前中です。

全ての講座が無料で予約の必要もありませんので、空いている日に気軽に参加できますよ!!

--------------------------------------------
講座3 「石徹白の峠道」 6月22日(土)本館
講座4 「川の変化と環境」 6月29日(土)分館 8月4日(日)本館
講座5 「地名のなりたち」 6月30日(日)本館 7月13日(土)分館
講座6 「郡上踊りと白鳥踊り」 7月14日(日)本館
講座7 「白山信仰と社家社人集落」 7月27日(土)本館
講座8 「アベノミクスと郡上の暮らし」 8月3日(土)分館 8月31日(土)本館
講座9 「石徹白、白山御師の活躍」 8月25日(日)本館
講座10 「ハザコ(大山椒魚)について」 9月1日(日)本館 9月7日(土)分館
講座11 「石徹白に暮らした人たち」 9月29日(日)本館
講座12 「郡上をルーツとする鷲見姓」 10月5日(土)本館 10月12日(土)分館
講座13 「郡上の地形・地質・気象」 10月19日(土)本館 10月26日(土)分館
講座14 「戦国武将と芸能」 10月27日(日)本館 11月2日(土)分館
講座15 「石徹白の越県合併」 11月9日(土)本館
講座16 「森林文化と郡上の暮らし」 11月10日(日)分館 11月16日(土)本館
*時間は、いずれも午前10時から11時30分までです。
市民協働まちづくりコンテスト
郡上市の市民協働センターが主催する郡上市まちづくりフェスティバルにおいて、第一回まちづくりコンテストが開催されます。

事前に書類選考でエントリーされた7名の応募者は、当日会場にて3分間のプレゼン(アイデアプランの説明)を行い、会場参加者の審査で優秀者を選考します。

選考された人にはもれなく下記の謝礼金と副賞の品物が贈呈されます。


◇謝礼  1万円 (7名の選考者全員に)

◇副賞  最優秀賞……1提案 2万円程度の品物

       優秀賞……2提案 1万円程度の品物

       奨励賞……4提案 5千円程度の品物


応募詳細(応募用紙および参考例)は市民協働センターのホームページにあります。

応募期日は、応募用紙には10月31日となっていますが、確認したところ11月12日必着で大丈夫のようです。

応募をお待ちしています。 


12月3日 郡上市 まちづくりフェスティバル
『市民協働』で取り組む安心・安全のまちづくり

このイベントでは、安心・安全のまちづくりという視点から、今地域にとって、何が課題で課題解決の為には何をしなければならないのか?といった地域づくりに対する市民の皆さんの意識高揚と、実行に移して行くためのきっかけづくりを目的として開催致します。

日時 2011年 12月3日(土)13:00〜16:40  受付12:00

場所 郡上市総合文化センター

当日はバザーやお子様向けの映画上映会も行いますのでご家族でお気軽にご参加下さい。



コミュニティビジネス講座で考える「市民協働」
コミュニティビジネス講座 (最終回)

日  時: 9月4日(日) 午後1時開始 5時終了予定
場   所: 郡上総合文化センター 4階会議室
参加費:  1000円(初参加者のみ)

5回の連続講座で行ってきた講座の最後となる今回は、これまでの講座で事例として取り上げたビジネスモデルをヒントとして「コミュニティビジネスの手法を市民協働型事業として成立させることができないか?」という実践型ワークショップとなっています。

ワークショップに入る前に、郡上市の現状と課題を知るための出前講座を実施していただき、市民協働で解決してゆきたい具体的な課題を抽出します。

ワークショップのファシリテーターは一回目の導入講座を実施していただいた蒲勇介氏(NPO法人ORGAN代表理事)に再びお願いします。

郡上市の将来を展望する上で貴重な機会となるような講座にしたいと考えていますので、積極的なご参加を期待します。

スケジュール

13:00 受付開始
13:20  「郡上市の後期総合基本計画の意義」 
13:50 「郡上市市民協働事業」の意義と役割  
14:40 ワークショップ説明 ファシリテーター 蒲勇介
16:00 ワークショップ発表
16:30 振り返り
17:00 終了

参加登録は下記アドレスへお願いします。
hobojungles@gmail.com マエダ