ムスブエリア イベント掲示板

プロフィール
ムスブエリアイベント掲示板さん
ムスブエリアで開催される素敵なイベントを集めました。ブロガーさんからの投稿もありますのでアットホームなイベントも盛り沢山。みんなで成功を応援していきましょう。

イベント情報はムスブログPC版のトップページのイベントカレンダーでもご確認出来ます。

素敵なイベントが重ならない様に、そして同じ想いのイベントは合同開催なんかに繋がっていくと良いですね。皆で地域のイベントを応援していきましょう。

イベントの投稿は管理人(HoRi4410)が行いますのでメッセージで送って下さい。

QRコード
アクセスカウンタ
Total:535528
Today:143
Yesterday:111
あなたのココロとカラダはよろこんでいますか?






表記タイトルの講演会が、6月21日(土)13:30~15:30 (開場12:30)開催されます。
主催は(社)岐阜県助産師会中濃地区 後援は、郡上市、美濃市、関市、可児市です。

開催場所は郡上市美並の日本まん真ん中センターです。 

入場料 前売り800円 当日1,000円 小学生以下は無料です。

当日は関市在住の音楽家、青木美佳さんのピアノ弾き語りに始まり、2時からの講演は「笑う母さんが家族を救う。笑顔の連鎖が始まります様に」というタイトルで、湯島清水坂クリニック院長 宮島賢也先生がお話されます。

宮島先生は国際メンタルセラピスト協会専務理事も務められていて、薬を使わない精神科医として活躍されています。

当日は会場で、ママさん作家の手作りコーナーや、助産師によるリフレクソロジー(15分/1,000円)、助産師による骨盤調整(1回500円)、助産師による母乳・育児相談・育児・母乳についてなど気軽に相談できるコーナーも併設されます。

☆講師宮島先生の書籍販売、青木さんのCD販売もあります。

前売り券の取り扱いは下記で行っています。

こうのとり助産院 0575-31-0703
はっとり助産院    0575- 29-7132
もりのこ助産院    0575-65-2190

 詳細
 岐阜県助産師会HP 
7月2日「いのち、かがやけ!」

岡野眞規代さんと みやじっちのジョイント講演会のご案内です。

「いのち、かがやけ!」

今後親になる予定の方、
現在妊娠・子育て中の方、お孫さんが産まれる方、
そして、お母さんの子宮から生まれてきた全ての方々、

職場や学校での人間関係や、親子関係でストレス・悩みをお持ちの方、
是非いらしてください!
目からウロコのお話がいっぱいです。

みなさまの命が輝きますように


■日程 
2011年7月2日(土) 
開場13:00 開演13:30 終演17:00(予定)

第1部  岡野眞規代さん 講演「いのちとの出会い~赤ちゃんは光そのもの~」
第2部  宮島賢也さん 講演「うつは薬じゃ治らない~病気にならない人間関係~」
第3部  トークセッション&会場からの質問に答えるQ&A

■会場 
羽島市文化センター 『みのぎくホール』
(岐阜県羽島市竹鼻町丸の内6―7)Tel 058-393-2231
 *名神高速 岐阜羽島インターから 車で約8分(無料Pあります)
 *新幹線 岐阜羽島駅から タクシーで約5分
http://www.c-center-hashima.or.jp/access/index.html

■入場料
前売り【一般・大学生】2000円 (当日券 2800円)
前売り【中・高校生】 1000円 (当日券 1400円)
*前売り券で満席になった場合は、当日券はありません。ご了承ください。
*親子室あります。(10名様。要予約 090-1728-5482)
 
■主催 トゥエンティーワン

■お問い合わせ
090-1728-5482 (中村) 090-7317-8746(西部)
inochi-kagayake@hotmail.co.jp

■インターネットからのお申し込み
https://ss1.coressl.jp/kokucheese.com/event/entry/11956/

■講演会の詳細は 下記でもご確認いただけます。お申し込みもしていただけます。
http://kokucheese.com/event/index/11956/


★★講師プロフィール★★
【岡野眞規代(おかの まきよ)】
大阪生まれ。助産師。
公立病院に14年間勤務し、その後、民間病院の婦長になる。東京にて助産婦教育に携わっていたとき、吉村正先生の講演を聴き、「お産を文化的な命の営みとしてとらえる哲学と信念」に衝撃を受ける。1999年7月、吉村医院の「お産の家」開院と同時に婦長として勤務。そこで、自然なお産に立ち会う中で、これまでのお産を科学的現象としてだけとらえていたことに気付く。
現代、当たり前ではなくなってしまった「自然なお産」が人の人生全体にわたって大きな意味を持ち、「人が本来持つ力の凄さと、内側に宿る神々しさ」をお産の中に取り戻すことがいかに大事かを伝えている。
2004年から拠点を北海道に移し、助産師教育に携わるかたわら、全国各地で講演を行う。将来は「お産の家」を建設予定。


【宮島賢也(みやじま けんや)】
1973年生まれ、神奈川県出身、東京都在住。
薬を使わない精神科医。湯島清水坂クリニック院長。メンタルセラピスト養成講師。 産業医。児童養護施設の嘱託精神科医。
夫婦喧嘩の常態化した家庭で育ち、慢性的な自殺念慮にかられていた。 自分は何の価値も無いと感じていたが、医師なら人の役に立てるだろうと、医学部を志願し、開成高校から全寮制の防衛医大に進学。循環器内科医として研修中に自らのうつ病を経験。
その後、精神科医として働きながら自分自身も7年間抗うつ薬を服用していたが、薬では根本原因は解決しないと気づき、自らの体で実験し、薬を止める。
現在は、「湯島清水坂クリニック」の院長として、自律神経免疫療法とメンタルセラピーを中心とした「薬を使わない」治療法で、うつや各種精神疾患、ガンやリウマチなどの治療に当たっている。
著書に『自分の「うつ」を治した精神科医の方法 』(KAWADE夢新書)など、共著に『安保徹免疫学 症状別実践法・入門』(宝島社)がある。

宮島賢也先生が院長の湯島清水坂クリニックのHP
http://yushima-s-clinic.com/

~~~~~~~~~~~~~~~
ぜひぜひ、いらしてください!
会場は、高速道路インター降りてすぐ、
新幹線 岐阜羽島駅からもすぐ近くです。

●○●○●○●○●○●○●○

郡上の方の問い合せ先

地球救い隊 村瀬 090-4861-4443