ムスブエリア イベント掲示板

プロフィール
ムスブエリアイベント掲示板さん
ムスブエリアで開催される素敵なイベントを集めました。ブロガーさんからの投稿もありますのでアットホームなイベントも盛り沢山。みんなで成功を応援していきましょう。

イベント情報はムスブログPC版のトップページのイベントカレンダーでもご確認出来ます。

素敵なイベントが重ならない様に、そして同じ想いのイベントは合同開催なんかに繋がっていくと良いですね。皆で地域のイベントを応援していきましょう。

イベントの投稿は管理人(HoRi4410)が行いますのでメッセージで送って下さい。

QRコード
アクセスカウンタ
Total:415757
Today:114
Yesterday:96
<<prev | 最新 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 最初 | next>>
8月14日 あくだ天国




今年で第3回を迎えるSOUL JAH PURIN主催野外フリーライブイベント「あくだ天国」が、8.14(日)に郡上八幡あくだ渓流苑特設スペースにて開催されます!
昨年開催されなかった分、今年は一昨年より規模を少し拡大して盛大に行います!

音楽ライブはフリーイベントにしては贅沢すぎるほどのゲストも呼んでおり、間違いなく満足のいく内容になっています。

昨年末のRio's Carnival @ Laylaでの素晴らしいソロパフォーマンスを魅せてくれたギタリストのRioさんが今回は東京から自身のバンド【SAFARI BUGS】を引き連れてやってきます!
西東京アンダーグラウンドシーンのバンドですので知名度は低いかもしれませんが、確固たる演奏力からのパフォーマンスは間違いなく必見です。

名古屋からは【LIFE'S A SLOW BEACH】が参戦。
バンド自体のライブも楽しみですがLASBがホストバンドとして行われるラバダブセッションもこれまた楽しみです。

岐阜からはハワイアンアコースティックレゲエユニット【SK-6】が来てくれます。
僕はSK-6のまーBの大ファンなので郡上でまーBと共演できて嬉しいです。
彼は本当に嬉しそうに楽しそうに演奏するんです!

高山からは奥美濃~飛騨界隈では伝説のブルースギタリスト、「親分」が自身のバンド【TROUBLE MAKER】を引き連れて参戦!
噂の超絶ギタープレイ初体験、楽しみです。

地元郡上からは主催の【SOUL JAH PURIN】はじめ、キュートなJKバンド【熱帯魚】等クラブレイラで活動する若手バンドたちが出演予定です。

バンドライブ以外にもラバダブセッションにはたくさんの東海シーンで活躍中のレゲエの歌い手が多数参加予定!

サウンドは郡上代表、説明不要のパーティーメイカー、【HEARING MEDICINE】のDJ TOMIが担当してくれます!
今回フリーで開催できるのもTOMIのギャラが申し訳ないほど(可哀そうなほど)の格安だからということがあります(爆笑)!!
THE 縁の下の力持ち!
TOMIに少しでも多くのギャラが払えるように頑張って沢山ビール売ります!
皆さん!沢山ビール飲んでくださいね~僕は飲めませんが…。
パーティーは酔っぱらって馬鹿になったもん勝ちですよ!

もちろん音楽以外にも、小さいお子さん連れのファミリーも楽しめるようなレクレーションもたくさん用意してあります!
子供だけじゃなく大人も童心に還って大いに水風船をぶつけ合いましょう笑!
音楽イベントといっても地域の夏祭りの延長線上にある「お祭り」ですし、入場料は完全無料ですので老若男女関係なく気軽に足を運んでいただきたいです。
CLUB LAYLAの出店があり、生ビール・ソフトドリンク・フード(ケイちゃん、明宝フランク、かき氷等)の提供があります。
お盆真っ只中という事で何かと忙しい時期ではありますが是非ご来場していただき、郡上の自然の中で美味しいビールと良質な音楽に身をゆだねて夏の思い出を共有しましょう!

*あくだ天国内の出店の収益の一部は東日本大震災の被災地へ寄付します。
ガンガン来場していただき、ガッツリ飲み食いして日本復興の手助けをしましょう!
みんなが楽しむ事で助かる人がいるはずです。


あくだ天国vol.3
2011.8.14(日)
OPEN 11:00
START 12:30
CLOSE 18:00
会場:あくだ渓流苑(岐阜県郡上市八幡町安久田2373-1 大滝鍾乳洞ヘリポート)
*雨天時はCLUB LAYLAにて開催されます。
開始時間は晴天時と同様です。
天候による会場変更は当ブログにて告知します。

主催:SOUL JAH PURIN
協賛:
EN-JOINT
国田スポーツ
K-SOUND
ANALOG(http://www.analog-market.com/)
高田モータース
奥村針灸接骨院
FIELD DAY
アルパカ
喫茶HOPE
山下パッケージ
じぇいあん
あくだテック
CLUB LAYLA
(たくさんの協賛ありがとうございます。各協賛企業様のおかげで当イベントを入場無料で開催できることになりました。)




川のいきもの探検隊


7月30日。
フィールドミュージアムで「川のいきもの探検隊」があります。

いきもの博士から お話を聞いたり、川に入っていきものを探すそうです


お弁当付きで500円。

まだ 申し込み間に合うそうですよ〜

申し込みは 88ー3244
フィールドミュージアムの本田さんまで
放射能についての勉強会
とうとう明後日になりました。

日本人として、母として父として。人間として、皆さんと共に学べたら嬉しいです。



<日本は今どうなっているの?これからどうなるの?>


講師 チェルノブイリ救済・中部より
原 富男さん
小牧 崇さん

今、福島第一原子力発電所から、放射能が流出し続けてします。これから先、私たちはどのように放射能と向き合って行くべきなのか?そのヒントをお二人の講師を迎え、チェルノブイリの経験や現状を知る事で得たいと考え、今回の講演開催となりました。生きる上で重要な水・空気・食べ物は?そして子供達の未来は?一緒に考えてみませんか?

平成23年 7月22日 6時30分開場
郡上市総合文化センター 多目的ホール

18:30 開場
19:00 講演開始
20:30 質疑応答
21:30 終演

入場無料

主催 チーム郡上  後援 郡上市


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
チェルノブイリ救済・中部とは

チェルノブイリ救援・中部はウクライナのチェルノブイリ原発事故被災者への支援を通じ、現地の自立を目指すNPO法人として活動。「チェルノブイリ原子力発電所事故の被災者を救援する事業を行い、国際協力と人権の擁護に寄与すること」を目的としています。
福島の原発事故以来、全国各地で放射能や原発の講演活動を行っています。






7月7日〜11日 おとなと、こどもと、お花の時間。
7月7日(木)〜11日(月)
11:00〜17:00(最終日は15:00予定)

やまと道の駅 くつろぎ広場内ギャラリーにて
イベントを行います

おとなと
こどもと
お花の
時間


入場無料。
ワークショップいろいろ。


郡上にうまれ
育ち
今 があるのは

たくさんの自然と
そして あたたかい人たち。


お花をみて ほっこりとした気分になって ちょっとだけ 子供の頃の空気に戻ってみませんか。



ワークショップ

お花のおえかき
プリザーブドフラワー
フラワーアレンジメント
風鈴づくり(9日)
キャンドルづくり(10日)

などなど 予定しています


ITAYA親子 初めての試み。
どんな5日間になるかはわかりませんが、たくさんの妖精たちがやってくるといいな(笑)




7月20日 映画上映会 「日本舞踊・橘芳慧の世界」

日 時:7月20() 午後8時―9時半

場 所:学びの森パスカル 2

   *郡上市八幡町島谷72-21

入場料:500円

主 催:ぎふ善意通訳ガイドネットワーク


お申し込み先


高田由香  TEL 0575-65-2908

         Mail pupi○zd.wakwak.com ○→@に変更ください


日本舞踊・橘流の家元である橘芳慧師を題材にしたドキュメンタリー。 橘芳慧師の舞踊を中心に日本舞踊に関連のある職人業を織り交ぜ、現代日本伝統芸術である日本舞踊に迫ると同時に、彼女の舞踊に対する 姿勢、精神を映し出すことによって、橘芳慧師が作り上げた独特な世界を紹介する。


※制作者紹介


監督/編集 坂本 典子 (さかもと のりこ)

日本舞踊橘流歴15年 郡上八幡在住 ニューヨーク在住歴15年。米国テレビ会社であるニューヨークタイムズやCBSでフリーランスのエディターとして働く傍ら、自作のドキュメンタリー制作に従事。昨年11月、短編ドキュメンタリー The Heron and the Geisha: A Life in Dance」を完成し、昨年、ロード・アイランド国際映画祭にてプレミア上映を果たす。 


カメラマン Sean Sakamoto (さかもと しょーん) 

コラムニスト/郡上高校ALT 郡上八幡在住郡上高校で英語を教える傍ら、英字新聞である毎日ウィークリーのコラム欄, A Stranger in Paradise を担当。ユニークな切り口と持ち前の洞察眼で、彼の日本文化体験について綴る。この映画ではその洞察眼を生かして撮影を担当。 


上映の後、製作者との談話会もあります。 
皆さんのお越しをお待ちしております!

東北災害地ボランティアバスパック
㈱白鳥交通が主催し、郡上市社会福祉協議会が後援する、
被災地支援ボランティアツアーバスが下記日程で運行が予定されています。(催行最低人員各回30名)

7月15日(金)~7月17日(日)
8月26日(金)~7月28日(日)
9月16日(金)~9月18日(日)


内容は
第一日目朝から郡上を出発し、当日夕方宿到着
第二日目は朝から夕方までボランティア活動後宿到着
三日目は午前中観光して帰路(美並庁舎20時到着予定)

宿泊は両日とも温泉旅館(奥州秋保温泉、福島岳温泉)
7食の食事代込みです(3回の昼食はお弁当です)

ツアー代金は38,300円(ボランティア保険料込み)
宿は男女別5~6名一室となります。

格安ツアーというわけには行きませんが、東北復興を自身の目で確かめ、観光で地元を応援し、被災地へのボラティアを体験すると考えれば、とても魅力的な企画です。

問い合わせ先
㈱白鳥交通        0575-82-5081
郡上市社会福祉協議会 0575-88-9988

詳細は
㈱白鳥交通HPで
7月9日 奈良裕之(なら ゆうじ)live in 郡上八幡のお知らせ
先日、郡上でも上映会をいたしました、「地球交響曲」(ガイアシンフォニー)の第番にも出演されている、奈良裕之さんのライブ郡上八幡であります!

ドリームキャッチャー(弓)、民族楽器等の即興演奏をされます。

目を閉じながら、その音楽に身をゆだねると…
自分の中の宇宙へと誘われていくような、なんともいえない感覚になります

終演後には、奈良さん特性の「カレー」がいただけるというお楽しみも!(具材が素晴らしい!コンニャク?バナナ?ゴロゴロ出てきます!味は絶品。毎回おか
わりをしてしまいます)

この機会をお見逃しなく


日時 79日(土曜日) 18:30開場 19:00開演

場所 岐阜県郡上市八幡町島谷829 願蓮寺(本堂)

前売り 3000円(中学生以下 1500円)
当日  3500円(中学生以下 2000円)

カレー(要予約) 700円

チケット予約・お問い合わせ
村瀬ゆかり 090-4861-4443
小寺けいこ 090-4253-0460

※車でお越しの際、境内での駐車台数を超えた場合は近くの駐車場にとめていただくことになりますのでご了承ください。

http://youtu.be/wGuxDjSZtmU
福島親子夏休み疎開プロジェクトのお知らせ
光の帯ネットワーク 代表の安田洋子さんから

『 この夏 みんな青空の下 つながろう会 』プロジェクトへの協力・参加・支援要請です。

-----------------------------------------------
岐阜県の高山市に清見という場所があります。
ここに、安田洋子さんという方がお家を持っています。
少し大きめのお宅なので、「この家に、福島の子供たちと、そのお母さんたちを呼んで、 のんびりと暮してもらいたい!」と洋子はさんは思いついたのであります。


洋子さんは言いだしっぺ(笑)その役割をしてくれた方です。
洋子さんの思いを実現しようと、周りにいた人たちが動き始めました。


家族の送り迎えのバスの手配。運転手の手配。なんだか順調に進んで行きます。

そして、いよいよボランティアの具体的な話が出て来ましたので、第一段階のお知らせを致します。

先ずは、手をあげて欲しいそうです。
自分はこんなことが出来るから、参加します。という人数を把握したいのだそうです。

期間は、7/25~ 8/26の一か月のうちで、一日でも数日でもOK。

・食事作り
・アロマ
・マッサージ
・子供たちに勉強を教える(懐かしい夏休み帳ってあるのかな)
・ただただ遊ぶ
・一緒に絵を描く
・何も出来ないけど、力はある、根性はある
・根性はないけど、何かしたい気持ちが湧いてくる

ボランティアさんの宿泊は出来ます。
雑魚寝のようですが、夏ですので合宿気分を楽しむ気持ちでお願いします。
食事も基本的には無料です。
できれは野菜やお米など、ご自分が食べる分くらいをお持ち頂けるとありがたいです。


福島のみなさんは、長期滞在を希望されているそうです。
お母さんたちは、身体と心をゆっくりと休んでもらいたいですね。

子供たちは思い切り、山の空気を吸って遊んで欲しい。
夜は満天の星を見てもらいましょう。

きれいな空気を吸うだけで、身体の改善は図れるのだそうです。
身体って、やわじゃないですね。

岐阜で、すでに生活を始めている福島の方々との交流会も企画しています。


詳細が全部、決まってからの、参加募集が望ましいのですが、
夏休みはすぐそこで、全てが同時進行のような形で動いていきます。

でも最後はいつも、決まるのです!
そうやって、私たちは動いてきました。

出来ることを少しずつ、ご協力をお願いいたします。

一次募集の人数把握を急ぎたいそうです。
「参加します!」の意思表明は、カフェぷらなのしょうこさんまで、電話してください。
今日、あるいは明日の午前中までに連絡をお願いします。
急がせて、申し訳ありません。

・お名前
・連絡先
・何を手伝えるか(何ももってなくてもOKですよ)
・日程がわかっている方はその日にち。

---------------------------------------
お申し込み・問い合わせ先
『 この夏 みんな青空の下 つながろう会 』事務局

電話  090-6330-9613
E-mail hikarinoobi_kiyomi@yahoo.co.jp

同時に、募金支援のお願いもはじまりました。
下記の口座となります。

ゆうちょ口座番号
00810-5-143115
口座名
「この夏みんな青空の下つながろう会」
です。

場所は、パスカル清見の近くになります。
岐阜県高山市清見町大原923


最寄りの駅はありません。車で移動になります。
郡上八幡の街からせせらぎ街道で約一時間程度です
郡上市と高山市の境である坂本峠を越えたところです
(パスカル清見(道の駅)から郡上方面へ向かって200m)

『 この夏 みんな青空の下 つながろう会 』プロジェクト からのお願いでした。

チラシを添付しますので、
お友達や知人にお知らせください。


--------------------------------------
CAFEぷらな しょうこさんの想い

皆様 ありがとうございます。

心からのお願いですほっとした顔

3.11 を 境に日本人である私達の前には ほんとうに大きな困難が 山積みとなりました。

私達が 見ようとしなかった様々な真実が いま明らかにされはじめています。

とくに 福島の様子には
胸が痛むばかりです。

防護服が必要なくらいの
高い放射線量の地域に、
何も知らない子供達は
マスクすらなく 無防備にくらしています。

こんなことがあってよいのか…
と想います。

私だったら……

そう思わずにいられません。

私なら 迷わず福島を
出るでしよう。
でも そこに暮らしてきた人々の 現実は、 遠く離れた私達には
計り知れないものがあります。

私が耳にする現地の声を
少しご紹介させていただきます。

母である立場にあるひとは、まず 子供達の命について考えます。

だから 国がいくら大丈夫といっても 本当のことが知りたいと 情報を集めます…、そこで 事実がわかってきます…、すると お母さんたちは せめて子供達だけでも避難させたいとおもいます…。

そして 家族で話し合いをするとします。

そこには 家族の生活を
守り 支えてきた お父さんがいます。
お父さんは 遠くはなれた知らない土地に行って、家族の生活が護れるか不安になります。

そして 長い間そこに暮らしてきた おじいちゃんやおばぁちゃんは、 知らない土地で いちから暮らすことに不安を感じます。

そして 子供達は、
友達と離れ 知らないところで暮らすことを不安に感じます。

もしも 国が
このまま ここに暮らしていたら 将来的に命の危険がある…と
そう 正直に 話してくれたなら…きっと 家族で
命を大切にしようと
そう 決めて 避難する
方向をむくでしょう。

しかし 国は大丈夫と
いいます…。
この言葉は 出て行くことに不安を感じる人々にとって 出て行かなくてもよい 理由になります。

おかあさんたちは
真実を 知っています。
日々 被曝し続ける我が子を思うと …その苦しみは大変なストレスです。

何か私たちに出来ることはないでしょうか…。

そこで
この夏休みを 利用して
福島の お母さんと子供達を
岐阜の清見村にお迎えしようと…有志でプロジェクトが立ち上がりました。

受け入れの期間は一ヶ月間と二週間の2タイプあります。

【1ヶ月間】 ①7月25日~8月26日のグループ
【2 週 間】 ②7月25日~8月9日の
グループ

       ③8月10日~8月26日のグループ

20名程度/日 を受け入れたいと考えます。


短い期間ですが
第一の 目的は
まず 放射線の心配のない空気の中で お母さんと子供達に おもいっきり呼吸していただくことです…。

そして福島からすでに岐阜に移住して来ていらっしゃる方々と 交流していただくことで 移住することへの 不安を軽減できたら…福島からでることに
希望を見いだせます。

つぎに…岐阜の人達と 直接触れ合うことによって、個人的な繋がりができれば 本当に必要なことをタイムリーに受け取って行く事が出来ます。

そして 今回のことをベースにして 行政に働きかけ、各自治体などに(例えば…郡上や 高山 下呂など……)福島から 10世帯くらいづつ、 まとまって暮らせるようなコミュニティーをつくる提案ができるとよいと考えます。
そういった場所が 全国にいくつもできて行くとよいと願います。

私達の享受した
便利で快適な暮らしのつけを
福島の子供達だけに
背負わせてはならないと
想います。

そこで お願いです。

このプロジェクトを
現実のものとするためには
たくさんのお金と
人手が必要となります。

一番大きいのは
やはり移動に伴う費用です。

一度のバスでの往復だけで 20万以上の費用がかかります

どうぞ 皆様
一回分の ランチ1000円を
福島の 子供達の安全な
空気一週間分に
替えていただけませんか…?

ご賛同くださるかたは
このことを どうぞ
貴方の周りの方々にも
お願いしてください。

1000人の方々が
ご賛同くださることで
このプロジェクトは
実現に近づくことができます。

そして 現地にぜひボランティアとして お出かけください。

賛同してくださった
皆様の想いが 子供達の
笑顔に変わっていることを
実感していただけるはずです。

一人一人の ささやかな
想いが 子供達の大切な未来を
支えて行くこととなります。

『 この夏 みんな青空の下
つながろう会 』プロジェクト

どうぞ皆様 つながって
くださいませ。

内容についてはまだまだ福島のニーズに応じて変わって行きますが
お金と ボランティアが
たくさん必要なことには
変わりありません。

皆様 どうぞよろしく
お願いいたします。


CAFEぷらな



7月2日「いのち、かがやけ!」

岡野眞規代さんと みやじっちのジョイント講演会のご案内です。

「いのち、かがやけ!」

今後親になる予定の方、
現在妊娠・子育て中の方、お孫さんが産まれる方、
そして、お母さんの子宮から生まれてきた全ての方々、

職場や学校での人間関係や、親子関係でストレス・悩みをお持ちの方、
是非いらしてください!
目からウロコのお話がいっぱいです。

みなさまの命が輝きますように


■日程 
2011年7月2日(土) 
開場13:00 開演13:30 終演17:00(予定)

第1部  岡野眞規代さん 講演「いのちとの出会い~赤ちゃんは光そのもの~」
第2部  宮島賢也さん 講演「うつは薬じゃ治らない~病気にならない人間関係~」
第3部  トークセッション&会場からの質問に答えるQ&A

■会場 
羽島市文化センター 『みのぎくホール』
(岐阜県羽島市竹鼻町丸の内6―7)Tel 058-393-2231
 *名神高速 岐阜羽島インターから 車で約8分(無料Pあります)
 *新幹線 岐阜羽島駅から タクシーで約5分
http://www.c-center-hashima.or.jp/access/index.html

■入場料
前売り【一般・大学生】2000円 (当日券 2800円)
前売り【中・高校生】 1000円 (当日券 1400円)
*前売り券で満席になった場合は、当日券はありません。ご了承ください。
*親子室あります。(10名様。要予約 090-1728-5482)
 
■主催 トゥエンティーワン

■お問い合わせ
090-1728-5482 (中村) 090-7317-8746(西部)
inochi-kagayake@hotmail.co.jp

■インターネットからのお申し込み
https://ss1.coressl.jp/kokucheese.com/event/entry/11956/

■講演会の詳細は 下記でもご確認いただけます。お申し込みもしていただけます。
http://kokucheese.com/event/index/11956/


★★講師プロフィール★★
【岡野眞規代(おかの まきよ)】
大阪生まれ。助産師。
公立病院に14年間勤務し、その後、民間病院の婦長になる。東京にて助産婦教育に携わっていたとき、吉村正先生の講演を聴き、「お産を文化的な命の営みとしてとらえる哲学と信念」に衝撃を受ける。1999年7月、吉村医院の「お産の家」開院と同時に婦長として勤務。そこで、自然なお産に立ち会う中で、これまでのお産を科学的現象としてだけとらえていたことに気付く。
現代、当たり前ではなくなってしまった「自然なお産」が人の人生全体にわたって大きな意味を持ち、「人が本来持つ力の凄さと、内側に宿る神々しさ」をお産の中に取り戻すことがいかに大事かを伝えている。
2004年から拠点を北海道に移し、助産師教育に携わるかたわら、全国各地で講演を行う。将来は「お産の家」を建設予定。


【宮島賢也(みやじま けんや)】
1973年生まれ、神奈川県出身、東京都在住。
薬を使わない精神科医。湯島清水坂クリニック院長。メンタルセラピスト養成講師。 産業医。児童養護施設の嘱託精神科医。
夫婦喧嘩の常態化した家庭で育ち、慢性的な自殺念慮にかられていた。 自分は何の価値も無いと感じていたが、医師なら人の役に立てるだろうと、医学部を志願し、開成高校から全寮制の防衛医大に進学。循環器内科医として研修中に自らのうつ病を経験。
その後、精神科医として働きながら自分自身も7年間抗うつ薬を服用していたが、薬では根本原因は解決しないと気づき、自らの体で実験し、薬を止める。
現在は、「湯島清水坂クリニック」の院長として、自律神経免疫療法とメンタルセラピーを中心とした「薬を使わない」治療法で、うつや各種精神疾患、ガンやリウマチなどの治療に当たっている。
著書に『自分の「うつ」を治した精神科医の方法 』(KAWADE夢新書)など、共著に『安保徹免疫学 症状別実践法・入門』(宝島社)がある。

宮島賢也先生が院長の湯島清水坂クリニックのHP
http://yushima-s-clinic.com/

~~~~~~~~~~~~~~~
ぜひぜひ、いらしてください!
会場は、高速道路インター降りてすぐ、
新幹線 岐阜羽島駅からもすぐ近くです。

●○●○●○●○●○●○●○

郡上の方の問い合せ先

地球救い隊 村瀬 090-4861-4443








6月11日 さよなら原発パレード

来週の土曜日岐阜駅周辺で「 さよなら原発パレード・ぎふ」という
原発反対 脱原発のパレードがあります。

自由参加です。

孫子の為にも今すぐ原発を止めるべきだと思います。

また資料によれば中部電力では原発が止まっても電力は充分まかなえる
そうです。


 ◆ 日時 6月11日土曜日 11時から13時

 ◆ 集合場所    午前11時 金神社

  パレードの予定  金公園 ⇒ 岐阜駅前

 ⇒ ドンキホーテ前  ⇒ 金公園 

 ◆ 主催         さよなら原発・ぎふ

   ブログ    http://ameblo.jp/611gifu/

   Twitter   https://twitter.com/#!/611gifu

 ◆ 参加 無料 飛び入りOK  
      鳴り物 ・太鼓 ・仮装   大歓迎
      カンパ        

<<prev | 最新 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 最初 | next>>