ムスブエリア イベント掲示板

プロフィール
ムスブエリアイベント掲示板さん
ムスブエリアで開催される素敵なイベントを集めました。ブロガーさんからの投稿もありますのでアットホームなイベントも盛り沢山。みんなで成功を応援していきましょう。

イベント情報はムスブログPC版のトップページのイベントカレンダーでもご確認出来ます。

素敵なイベントが重ならない様に、そして同じ想いのイベントは合同開催なんかに繋がっていくと良いですね。皆で地域のイベントを応援していきましょう。

イベントの投稿は管理人(HoRi4410)が行いますのでメッセージで送って下さい。

QRコード
アクセスカウンタ
Total:541637
Today:332
Yesterday:205
美濃市「さくらまつり」

さくらまつり(3月から5月)

飛騨美濃さくら33選に選ばれている小倉公園の桜を楽しむためのお祭りです。

春には小倉公園のソメイヨシノやヤマザクラなど約1000本の桜が一斉に咲きます。また、さくらまつり期間中には季節売店がオープンし、木の芽田楽や五平餅などがご賞味頂けます。


 

桜の見ごろは3月下旬から4月初旬

 

日没から11時まで桜のライトアップを行う予定でしたが、平成23年3月11日に三陸沖を震源に発生した東北地方太平洋沖地震の影響により中止いたします。

ご理解とご協力をお願いいたします。

 

なお、被災されました方々には心よりお見舞い申し上げます。

被災地の一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。



桜まつり

写真:小倉公園のさくら




開催日時

平成23年3月20日(日)から5月5日(祝)




開催場所

 小倉公園




各種まつり・イベント

 

  • 4月10日(日曜日)

    洲原神社春季大祭
    場所  洲原神社
    時間  午前10時から午前11時 
     

     

  • 4月9日(土曜日)
    花みこし  中止
    場所   八幡神社・市街地

    時間   午前9時から午後3時30分

     

  • 4月9日(土曜日)、10日(日曜日)
    流し仁輪加  中止
    場所   市街地、仁輪加コンクール会場
    時間   夕暮れから

     

     

  • 4月10日(日曜日)
    山車・練り物  中止
    場所   八幡神社
    時間   午後1時から(渡り始め)

     

     

  • 4月10日(日曜日)
    大矢田ひんここ祭り
    場所   大矢田神社
    時間   午後2時30分から

     

     

  • 4月17日(日曜日)

    市民茶会

    場所 旧今井家住宅

    時間 午前9時30分から午後3時30分




  • アクセス

    長良川鉄道「梅山駅」下車 徒歩10分。

    岐阜バス(高美線)「美濃小倉公園前」 下車 徒歩1分

    東海北陸自動車道美濃インターチェンジから車で約5分

    駐車場は105台あります。 



    花みこし 花みこし

    花みこし

     

    1300年の伝統を誇る美濃和紙、その和紙を桜色に染め約300本の竹に巻き付けて飾った 花みこし大小30余基が、うだつの上がる町並みを練り歩く様子は、まるで桜の花が乱舞したようです。大太鼓の音と共に、「オイサ、オイサ」の勇ましいかけ声も見事なものです。



    山車・舟山車 山車・浦島車

    山車・練り物

     

    各町内から浦島車、聖王車、靭車、布袋車、三輪車、舟山車の六輌(県指定重要文化財)の山車がくり出されます。

    いずれも江戸時代に製作され、中でも安永年間に作られた舟山車は、珍しい舟の形をした山車です。また、おとぎ話にでてくる桃太郎、浦島、花咲爺さんなどの練り物も登場し、豪華絢爛に時代絵巻がくりひろげられます。



    にわか にわか

     美濃流し仁輪加(にわか)

     

    辻々の小さな会場には、若衆たちが演ずる美濃町弁の寸劇 

    にぎやかさの後の静けさ、まさにそんな言葉がよく似合う美濃の街角に、美濃流し仁輪加(にわか)のおはやしが流れます。

    に笑う人々の輪ができます。二回は決して使わない「オチ」には世間の風刺も。流し仁輪加(にわか)は全国でもここ美濃だけです。
    国指定選択無形民俗文化財



    ひんここ ひんここ

    ひんここ祭り 

     

    天下の奇祭といわれる大矢田神社の祭りには、須佐之男命(すさのおのみこと)をはじめ数々の素朴な人形が登場します。人々を苦しめる大蛇退治の伝説をこの人形が演じます。約500年もの昔から伝えられるこの祭りは国の選択無形民俗文化財にも指定されており、毎年4月と11月の2回催されます。




    添付ファイル

    コメントエリア

    まだこの記事のコメントはありません。

    コメント投稿

    コメント記入欄を表示するには、下記のボタンを押してください。
    ※新しくブラウザが別ウィンドウで開きます。

    トラックバックエリア
    この記事のトラックバックURL
    http://www.musublog.jp/blog/trackback.php?id=6924