ito-project

プロフィール
itocoさん
循環可能な生き方をしたい。いざ実践!と
2010年、故郷の岐阜県郡上市へ戻ってきました。
ito-project,糸cafeやってます。

ito-projectとは:愉しく丁寧に
日々を紡ぐこと。
モノづくりを通して人と人、自然
モノとの結び方をもういちど見つめてみる
itocoのひとりプロジェクト。

糸cafeとは:郡上市を中心に様々なイベントで
organicなcoffeeをハンドドリップ中。

2014年7月5日、いよいよ念願の
実店舗オープン決定しました!


501-4226
岐阜県郡上市八幡町新町944-1

mail ayak_rio@yahoo.co.jp

QRコード
アクセスカウンタ
Total:382816
Today:92
Yesterday:65
| 1 | 2 | 最初 | next>>
新年あけましておめでとうございます。
新年あけましておめでとうございます。

2013年。
新しい年のはじまり。

昨年は糸cafeははじめての実店舗営業を経験しました。
多くのお客さま、仲間に支えてもらい
感謝の気持ちでいっぱいです。

本年も昨年の経験でみえてきたこと
生かしながら、すこしづつですが、前に進んでいきたいと思います。

みなさまにとって、あかるい花咲く一年になりますように。


糸Cafe、ことしは5日から営業致します!



明けましておめでとうございます。

新年あけましておめでとうございます。

2013年。
新しい年のはじまり。

昨年は糸cafeははじめての実店舗営業を経験しました。
多くのお客さま、仲間に支えてもらい
感謝の気持ちでいっぱいです。

本年も昨年の経験でみえてきたこと
生かしながら、すこしづつですが、前に進んでいきたいと思います。

みなさまにとって、あかるい花咲く一年になりますように。
明けましておめでとうございます。

新年あけましておめでとうございます。

2013年。
新しい年のはじまり。

昨年は糸cafeははじめての実店舗営業を経験しました。
多くのお客さま、仲間に支えてもらい
感謝の気持ちでいっぱいです。

本年も昨年の経験でみえてきたこと
生かしながら、すこしづつですが、前に進んでいきたいと思います。

みなさまにとって、あかるい花咲く一年になりますように。
明けましておめでとうございます。

新年あけましておめでとうございます。

2013年。
新しい年のはじまり。

昨年は糸cafeははじめての実店舗営業を経験しました。
多くのお客さま、仲間に支えてもらい
感謝の気持ちでいっぱいです。

本年も昨年の経験でみえてきたこと
生かしながら、すこしづつですが、前に進んでいきたいと思います。

みなさまにとって、あかるい花咲く一年になりますように。
糸Cafeのおいしいもの。
みなさまこんばんは。

お盆の祭り一色の雰囲気、四夜連続で初めて
体感した糸Cafeです。
まだまだ余韻が覚めやらず。。

期間中、お越し下さった皆さま
ありがとうございました。

さて、お盆の休養をいただいて、今日からまた
通常の営業がはじまります。


いろんな方のご縁をいただき、
糸Cafe、メニューや雑貨も
すこしづつ充実してきています。

オーガニックな水出しアイス珈琲、ハーブティ。
数量限定、ひるがのラシェーズさんのふわふわ濃厚チーズケーキセット。
自家製酵母utapan*さんの焼きたてパン。

春になるのを雪の下で待った、
甘い甘い人参をそのまま絞ったひるがの高原にんじんジュースや
郡上の雑穀を使った庄村米穀店さんのラスクなど。

郡上の自然の恵みをたっぷり受け、
手間をかけて作られたとっておきの
美味しいものを厳選しています。

糸Cafeオリジナルの商品をはじめ、
暮らしに役立つ生活雑貨などの物販も
すこしづつ増えていきますのでおたのしみに。




写真は(空けちゃった後で慌てて撮影)
糸Cafeオープン時にお客様からお祝いでいただき、
大感動したsweetjamさんの手づくりジャム。

トマトバジルは、爽やかさとやさしい甘みが抜群でした。
ご縁を繋いでいただき、糸Cafeでも
取り扱わせていただくことに。。
元気な色が店頭に並んでいます。

各務ケ原近辺の果物や野菜を使って丁寧に作られる
ジャム達。
その季節だけにしか味わえないお味。
こちらも数に限りがあります。お早めにどうぞ。


糸Cafe 営業日は毎週金土日
午前10時〜午後19時です。



なつまつり。
一昨日、祖母の飼う鈴虫が、はじめてリンリンと
鳴きました。
 
そして今夜はなんとなく秋の気配です。
今年は、いつもに増して夏の過ぎ去る
スピードがあっという間だったような。。
 
郡上に生まれ育った私にとって夏は特別な
季節です。
今年のお盆休みも、目一杯 遊びました。
 
三重から訪ねて来てくれた友人との数年ぶりの再会。
夜中に起きて浴衣に着替え、いざ郡上踊りへ





夜明けのそら。
朝の川からの風。
やっぱ
コレが私の原風景。
 
 
翌々日。
この夏、2つめのお祭りに遭遇。
 
郡上で初めて「山のぼり」をしたかえり。
(行きはゴンドラでスイスイだったので
往復たった3時間程のハイキング。
でも山頂でいれたコーヒー、
おいしかったです。)



ポーズとってくれた蝶。

すっかり暗くなった坂道を
いそいそと駆け下りる人たち。
 
そして提灯の灯りにぼんやり照らされた
神社。
 
吸い寄せられるようにお邪魔した私たち。
 
場所は高鷲の前谷、白山神社。
私たちは拝殿踊りに遭遇したのでした。



賑やかで活気のある郡上踊りとは違い、
拝殿に輪をつくって輪の中の人が順番に
唄い、始めは足だけで踊る。
 
すごく厳かで、ささやかで
美しい。
いったいどれくらいの歳月、
踊り継がれてきたのだろう。
 
初めて見ましたがこれが郡上踊りの
原型?なのかな。。
 
聞けば郡上には他にも拝殿踊りがあるそうです。
来年も、観に行きたいな。
 
そして、明日は美並町の花火大会。
 
昨年に続いて今年も糸カフェ、出店させて
いただく事になりました。
 
各務ケ原の手力雄神社から、
今年も大迫力の天筒花火がやってくるそう。
みなさまもぜひ。
郡上市美並町まん真ん中センターにて。

この夏の締めくくり。楽しみです。
 
(こちら1時くらいから
コーヒーいれています〜。)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
死と自由。
今夜は久しぶりに月が顔をだしてます。

ちょっと、遅い時間からのひとりごと。


昨日の夜、ずっと観たくて借りていた
地球交響曲第三章を
やっと観ました。

写真家の星野道夫さんの追悼の章。

うまく言葉になりませんが、とってもよかった

そして偶然にもその日が
彼の命日だと知りました。


1996年8月8日。
彼はカムチャッカで熊に襲われ
44年の生涯を終えたそうです。


そこだけに話の的を絞るつもりはありませんが

地球交響曲の中で柔らかく話をされる星野さん。
また、周りの方が証言されるとおり、それは
とても彼らしい
さいごだったんだと思いました。

地球の命の営み、
生物達の生死のサイクルに組み込まれた
彼の「終わりかた」にどこか惹かれてしまうのは
なんでだろ。想像すると怖いくせに。

ところで。
9月には彼の朋友でアラスカインディアンの
語り部、ボブ・サムさんがやって来るそう。

9月3日 郡上市八幡町願蓮寺さんにて。
(詳しくはk−koさんのブログを。)

どんなお話が聴けるのかとても楽しみです。



そしてまた、なんとなく思い出した
一言。

「ニンゲンは犬に食われるほど自由だ。」

 (インドの聖なる川、ガンガーで犬に食われる遺体の写真と。) 
藤原新也氏の写真集メメントモリより。

なんどでも、ぐっぐと惹かれてしまう。

これまた、なんでだろ。
本を開いてみるのも怖いくせに。



ふゆごもり。その1
みなさま こんばんは。
今日から2月。


最近blog更新してないけどどうしてる?とか
ゲンキ??と、
遠くから近くからお声をいただき 
ありがとうございます。

こちらおかげさまで元気です。

その理由を
「冬籠り。」といちばんしっくりきた言葉で
答えています。

雪のしんしん降り積もる
郡上での冬は ことさら長く感じます。

とはいってもコタツでごろごろしているわけでもなくって
でもトクベツなことをしているってわけでもなく。。

そんな私の「ふゆごもり。」
ナニしてるの?
ということで そんな 一日。

年末に庄村米穀店さんで
飛騨のヒメ胡桃と和胡桃割り器を
いただいてきたので

ストーブの上に殻のまんまの胡桃を置き
ぱちり。と音がするまで。
ころころ ころがしてみました。




いつもお菓子やパンに入れるクルミは
中身だけがビニールの真空パックに入った
むきクルミ。オーガニックのものでも
ほとんどが外国産だったりします。

国産の胡桃。全然違いました。。

そして この胡桃割り、じっさい自分で初めてやってみると
すっごく楽しい!

ほとんどの胡桃はペンチのような胡桃割り器を
使わなくても 殻はぱかん。ときれいにまっ二つに。


国産の鬼胡桃など、試食した経験はありますが
むきたてアツアツの実は 香ばしくて
ギュッと風味が詰まってて ほんとうに美味しい。

真空パックのむきクルミって少量で
結構高いのですが
こちらはお値段も500円くらいで
中身もたくさん詰まってるし、お得です。





その日は、楽しくってたくさんほじった胡桃 ざくざくと
りんごたっぷりのケーキ生地に混ぜ込んで





お友達のお寺で行われたライブへいざ。。
(坂本龍一さんのUstream配信ライブ
こちらもとってもステキな時間でした。)

胡桃を剥く。確かに手間はかかるかもしれない。
でもなんとも豊かな気持ちになったのは
そのひと手間のおかげ。のような気がします。

あったかストーブの前での冬籠り。おススメです


2011年のごあいさつ

昨年末からパタパタ、のんびりを繰り返していたら
すっかり新しい年になっていました。





みなさまご無沙汰しています。そして
あけましておめでとうございます。

思えばitocoが郡上へ帰郷し、1年が経ちました。
やりたいことや展望はてんこ盛りでも

ここで何ができるのか も 
どうやって始めたらよいのか も。

わからなくって ただ 手を動かすこと。
ミシンに座り、コーヒーを淹れ、オーブンに向う。。

そうして始めたito-project。そして糸cafe。

いろいろな方との出会いがあって、
ここに私はこういう私で
今を迎えられています。

ほんとうにありがたいなあ。。とおもいます。

去年のつづきのいまだけど、その今を通って
これから へつづく、今年のはじまり。

なんにでもおもいっきりぶつかって
おもいっきりがんばる。
まあ、失敗もよくやっちゃいますが
それをくりかえして たくさん学んで。

意気込まず ゆるゆると流れに
身をまかせて。

どんなことがあっても愉しめるかどうかは
自分次第。
だから。

ステキな一年にするかどうかも私次第!
おもいっきり楽しい一年にしたいとおもいます。


こんな私ですが
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

最後になりましたが  
みなさまの2011年も。
サイコーに素晴らしい一年に
しちゃってくださいませ!

秋らしく実り多き日々 
透き通った空気の一日でした。
昨夜はazumatさんに誘っていただいてyamaccoさんと
お月見の夕べへ。静寂の中の優しい音楽と月は本当に美しかった。


先週末の岐阜アクティブGでは
たくさんの方にお会いし、気持ちいっぱい
満たされました。ありがとうございます。

ものづくりを通してつながっていく繋がりもまた
ああした場での私の喜びの一つになっていて、
いっしょに出店をした方々、美しいものたちと
出会えたことにも感謝。
150以上のお店ひとつひとつは廻れませんでしたが

その中で出会った
作家さんひとりひとりから生み出された作品は
まるでそれぞれの木々に実った果実のよう。。

お隣に出店された大垣市在住の[enu]さん。
すごくすてきな布雑貨や手づくりガラスのアクセサリーを出されていました

私がひとめぼれしたガラスでできたしずく。
雨の日だった昨日は
ぼんやりといつまでも眺めてしまいました。



透明で重力に任せてできあがったであろう様は
ため息が出るくらい美しくて、透明な彼女が
そのまま作品になったみたい。

私のほおずき柄のティーマット、購入いただき
写真まで送っていただきました。ありがとう!


そしてもうひとつ。
「陶芸工房 和み」さん。
お仕事を引退されたご主人が工房を構えわれ
つくられるのはほんとうに愛らしい陶器。

実際近くでみてびっくり。
これ、寄木細工のようにいろんな色の
土のブロックを繋ぎ合わせてできたカップなのです。

とても手になじむ質感で、夜の珈琲タイムには
ぴったりのサイズです。





どちらも手間をかけじっくり仕上げられた作品。
ずっと大切にしたいと思います。

わたしもいつか、こういうものづくりができるように
なれたらいいな。。


さて、最後になりましたが明日、25日は
願蓮寺さんでクラフト展が開催されます。

すこし秋らしくなったので温かいcoffeeがしっくりくるのではないでしょうか。。

このcoffee豆たちもエクアドル、ブラジルの生産者たちが愛情込めて仕上げた大地の恵み。
今日、煎りたてが届きました。

秋の一日を愉しみにぜひ遊びにいらしてください。
おまちしています!



| 1 | 2 | 最初 | next>>