Gujo Hachiman journal Gujoinus(グジョイナス)

プロフィール
gujoさん
I am TAKADA Yuka, living in Gujo-Hachiman, a wonderful rural town in Gifu, Japan. In Gujo you can experience a lot of interesting things/spots/festivals. And enjoy talking with local people here.
I can supply useful information for English speaking tourists who want to make a trip to Gujo area.
Just send me email at the following tub, please.




QRコード
アクセスカウンタ
Total:27274221
Today:24332
Yesterday:73254
| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初 | next>>
さくら道 国際ネイチャーラン
名古屋城から金沢の兼六園への
250キロもの道のりの完走を目指すウルトラマラソン=さくら道
毎年、郡上市が主になって開かれています。

今年で21回目の開催でした。
初回30名程度だった参加者は、今回約130名。
開会式の司会通訳として、私もお手伝いさせていただきました。




開催日は毎年郡上八幡の春祭りと重なります。
今年は娘も中学生となり、地域のおみこし参加が無くなったので
18AIDでボランティアエイドを数時間体験させていただきました。
初回から大会運営委員長として、外国人選手の受け入れや大会運営を
助けてこられた大郷先生(大学の恩師)も、本部車から降りて立ち寄ってくださいました。
このエイドは名古屋城から約90キロの地点。
早朝6:15にスタートしたランナーが、午後2時ぐらいから入り始め
3時から4時半過ぎには、続々と立ち寄られました。




娘が、日吉神社で舞巫女を務めさせていただいており
日曜日は関われませんでしたが、閉会式にも参加。
今回の参加ランナーとお話しした中で心に残った言葉には、下記がありました。

「他のウルトラマラソンにも参加してきたけれど、こんな温かい大会に出会ったことはなかった。エイドの皆さんや大会の空気がすばらしい」

「大会の趣旨が良い。佐藤良二さんが残した桜をこうした大会の形にしようという主催者の想いに共感する」

「この距離を走り終わると、いつもはもうしばらく走らなくていい、と思う。でも、今回は、またこの大会を走ってみたいと感じている。不思議」

「日本に初めて来た。桜を見たいと思ってこの大会を選んだ。生涯忘れられないすばらしい景色と人々に出会った」 

エイドのボランティアは世代交代の時期に来ています。
私は、夕方から夜間にさしかかる時間帯、高鷲エリアでのボランティアがとても
必要なのではないかという気がしているので、 いずれできればと思っています。
いっしょにエイドに入ってくださる方、声をかけてくださいね!

さて、閉会式後選手の皆さんをお見送りした後のスナップ。
女性部門の優勝者、Jessさん(オーストラリア)らといっしょに☆彡




▦お知らせ H26年2月11日 
▦ソチ オリンピック 開幕!

日本人にとってロシアは遠く感じる国かもしれません。
だからこそ、今回、開幕したソチオリンピックをテーマに、
下記のような集まりを企画しました。

郡上縁のスノーボード選手も出場しているオリンピック!
誘い合ってイリーナさんに会いに来てくださいね(*^-^*)





 
こいのぼりに願いを込めて
毎年1月20日、郡上本染の寒ざらしが行われます。
清流吉田川の水温は身を切るような冷たさ。
それでも、この大寒の日に、この寒ざらしを行うことで
鮮やかな色合いを出すなどの効果があるそうです。

また、実は、この寒ざらしの前には、ご神事が行われています。
鯉のぼりは、男の子の誕生にあたって、その子の健康と幸せな人生を願って
家族が飾るもの。
その想いは寒ざらし製作者関係者も同じくするもので、ご神事で一心に祈願されるのです。

寒ざらしに先立って、今年は川面に浮かぶ鯉のぼりのライトアップがありました。
岐阜大学の留学生の二人といっしょに行ってきました。







ハロウインのイベント
今年も学びの森パスカルでは、
下記のようにハロウィンの行事を行います。

・この行事に参加してみたいお子さん
・この行事のボランティアとして関わりたい中学高校生および大人

はお気軽にご参加ください。 

当塾のある郡上市八幡町の上愛宕、中愛宕地域のみなさんにご協力をいただき、
子どもたちが変装して、お菓子をもらいに回る
「トリック オア トリーティング」も行います
これが、アメリカの子どもたちが、
毎年楽しみにしているハロウィンのイベントなんですよ!

当塾では、今回で6回目の開催となりました。

●期 日:H25年10月29日(火) 午後4時半―6時

●内 容:①ハロウィンの由来についてのお話やクイズ
      ②トリック オア トリーティング
       (ご近所にお菓子をもらいに出かける) 
      ③ジャコランタンじゃんけんゲーム 

●参加費:500円 *マントやハットの無料貸し出しあります。 

この行事を始めた理由などは、学びの森パスカルのブログでご覧ください↓ 
http://www.musublog.jp/blog/pascal/?entry_id=18886 

東南アジアの講座
「成長する東南アジアの魅力を学ぶ」
たくさんの笑顔があふれました☆

子どもから80代の方まで
国を超えて、宗教を超えて
たくさんのみなさんが
出会いました。

お寺は、人と人を結ぶパワースポットですね。













私の所属する「ぎふ善意通訳ガイドネットワーク」で主催させていただいた
今回の講座には、本当にたくさんの方のご協力とご支援をいただきました。
ありがとうございました。

▦ぎふ善意通訳ガイドネットワーク 郡上支部
 随時会員募集中です。*年会費1500円
 お申し込みは高田まで。
 

 
郡上紬を伝えよう
古今伝授の里フィールドミュージアムで
郡上紬の数々を見ることができました。
「宗廣力三作品と民芸の仲間達展」は明日まで。

戦後、引揚者の方々とともに、美術品ともいえる郡上紬を考案・創作
された宗廣力三氏の情熱を実感しました。

秋晴れの気持ちの良い日和に
古今伝授の里フィールドミュージアムの空間は最高ですね。









 
東南アジアの魅力を学ぶ
インドネシア、タイ、スリランカ、台湾のみなさんをゲストに迎え
講座と交流会を開きます。

▦日 時:H25年9月28日(土)の午後1時半―4時
▦場 所:円覚寺(岐阜県郡上市白鳥町)
▦参加費:無料

お気軽にご参加ください。


 
名古屋から郡上踊りに!
名古屋の友人から郡上に来ると連絡があり、会いに行きました。
彼女は日系アメリカ人。
一昨年の3月、「日本の田舎に出会う旅」という1泊の企画で外国人の参加を
コーディネイトさせていただいた際に参加してくれた方です。
以来交流が続いています。



この日は、愛知善意ガイドネットワークのみなさんや
近藤典子先生、そして彼女がボランティア精神で運営する、
浴衣を自分で縫う教室に通う外国人のみなさんが、
名古屋からバス1台で来られました。
私の友人も自分で浴衣を縫ったそうです!



日中は、呉服の「たにざわ」で郡上紬を見学されたり、
町中散策、郡上おどりの講習を受けられたり。
夜は城下町プラザでの郡上おどりを満喫されていました。
 
再会
夏休み真っ盛り!
今年も郡上へ”里帰り”した友だち親子と団らん
本当に楽しかった
彼らがニューヨークへ戻ってからは
年に一度の再会だけ。
それでも、会う回数よりも、出会ってからの年月が
私たちの関係を深めてくれるように感じる。

(飛び入りでパリから旅行中の2人も一緒に)








それから
子どもたちは夜店へ。
1年に1度の賑わいを味わう。



 わたしはフランス人2人を連れて踊りの輪へ向かう。
郡上踊りの概要を話し終わったころ、ちょうど”やっちく”が始まった。
宝暦義民の物語を簡単に伝えた。

私は
この宝暦騒動のために、郡上の民百姓の想いが、その後の
郡上おどり継承の原動力になっていると思っている。

人間の本質は相通じる。
どの国の人にも宝暦騒動の根幹は理解してもらえる。

雑多な人間、
いろいろな想念が交錯する夏

イリーナさんとロシア菓子&ワールドカフェ
ひるがの高原(岐阜県郡上市高鷲町)はさわやかでした。
先日のワークショップの様子です。

英語と日本語を使って、まずは自己紹介。
今回の参加者はみなさん郡上市在住でしたが、
郡上市以外の出身者が半数ほど。
いちばん遠いのは台湾の方でした。
(ちなみにイリーナさんはロシアです)

それから、
”クックラひるがの ブルーベリー園”で摘みたてのブルーベリーを使って
イリーナさんとワレニキを作りました。






仕上がったワレニキは見た目にも美しく
今回の会場だったカフェ”一休”のコーヒーとともに味わいました。
各自好きなコーヒーをオーダーしたのですが、
私が頂いたのはアイスカフェオレ。
ひるがの牛乳とのブレンドで、コク深い味わいで美味でした。




テーブルをチェンジしながら違うメンバーと出会い、語り合いました。



この日のテーマは
ブルーベリーの花言葉 ”実りある人生”

国を超えて世代を超えて集まり
ただ、あるがままに語りあっている私たち一人ひとりが、
なんて尊いのだろうと、しきりにおもわれてなりませんでした。

参加者の皆さん、この企画を応援してくださった クックラひるがのの豊川さん、
一休のスタッフのみなさん、そしてイリーナ…
本当にありがとうございました。
| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初 | next>>