Gujo Hachiman journal Gujoinus(グジョイナス)

プロフィール
gujoさん
I am TAKADA Yuka, living in Gujo-Hachiman, a wonderful rural town in Gifu, Japan. In Gujo you can experience a lot of interesting things/spots/festivals. And enjoy talking with local people here.
I can supply useful information for English speaking tourists who want to make a trip to Gujo area.
Just send me email at the following tub, please.




QRコード
アクセスカウンタ
Total:36413119
Today:52291
Yesterday:69654
明日 リンダ・オオハマ監督の講演会へどうぞ 
3月11日の大震災を受けて
カナダと日本の子ども達によるキルト展の開催に取り組んでおられる
リンダ オオハマ氏の講演会があります。
私もスタッフとして行きます。どうぞお気軽にご参加ください。

昨年は、同会場で、オオハマ氏のおばあさんの故郷、尾道を舞台にしたドキュメンタリーフィルムの上映会を行いました。その際に、オオハマ監督の作品と言葉に触れ感銘を受けました。
カナダで生まれ育ったオオハマ監督の、誠実で率直な日本人の心を探求される姿勢には、大いに刺激されるのです。

今回も、とても温かい眼差しを持ったオオハマ氏から
直接メッセージを聞ける貴重な機会になると思います。


講 師:リンダ オオハマ氏(日系カナダ人 映画監督)
主 催:林陽寺、ぎふ善意通訳ガイドネットワーク
期 日:H23年11月25日 午後1時半ー3時
会 場:林陽寺(岐阜市岩田西3-402 tel/058-243-1380)
参加費:1000円(茶菓代)


(オオハマ氏の取り組み↓) *在日カナダ大使館のHPより抜粋
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

カナダ大使館で、「がんばれ東北!カナダと日本、キッズ・メッセージ・キルト展」が開催中です。

この「がんばれ東北!カナダと日本、キッズ・メッセージ・キルト・プロジェクト」は、バンクーバー在住の日系カナダ人映画監督、リンダ・オオハマ氏の発案で、3月11日の震災直後に始まったものです。

3歳から17歳までのカナダ人の子供たちが、東北の子供たちへの思いを込めたメッセージを25センチ四方の白い布に表現しました。2カ月の間に、カナダ各地から希望、友情、連帯を記した700枚のメッセージが寄せられ、その多くには花、ピカチュー、カナダの国旗などが描かれていました。

バンクーバーのボランティアが、これらのメッセージの布を巨大な2枚のキルト(1.6 x 8 m と 1.6 x 9 m)に仕立てました。このキルトは東北に送られ、被災地の子供たちにカナダの子供たちからのメッセージが伝えられ、このプロジェクトの第2部が始まったのです。 

そのスタートは宮城県名取市の閖上中学校でした。カナダの144回目の誕生日である2011年7月1日のカナダデーに子供たちが、カナダのキルトへの返事として、白い布にカナダの子供たちへのメッセージを描いたのです。子供たちが言葉や絵で気持ちを表現した四角形の布は、オオハマの祖母の故郷である広島県尾道市の人々から送られました。

カナダのキルトは、名取で公開された後、東北地方を回り、各地でキルトを見た日本の子供たちが返事を書いたのです。こうして700枚以上のメッセージの布が作られ、これらは尾道に集められて、キルトに仕立てられました。

本展では、カナダと日本のキルトが初めて出会い、東北の子供たちがメッセージを描いている様子を撮影した写真とともに展示されます。カナダ大使館での展示終了後、本展は国内を巡回し、カナダでも各地で公開されます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

リンダ・オーハマ監督
昨日の映画上映会&監督トーク会、本当によい集まりでした。

リンダ・オーハマ監督は日系カナダ人、3世。

祖父母や両親の代の人々は、戦争のさなかにカナダでは強制収容所に収容された、

その経験から

子どもを育てるときに日本語や日本文化を伝えることなく
「私が子どものとき、おはよう、ありがとうと日本語でおばあちゃんに言おうとすると叩かれたものです。お箸も使いませんでした」
とのこと。

「まもなく105歳というときに亡くなったおばあちゃんは、亡くなるまで英語を使わず日本語で通しました」
という話も披露されました。

自分のルーツを深く知り、その歴史や文化を学ぶことは、
自分が生きていくために必要欠くことのできない”根っこ”
幹や枝葉を大きく育てるには、その根っこを地面の下に
大きく深くはることなのだとおっしゃいました。
こうした背景の中そだった監督のことばですから、今までに無く、深く深く響いてきました。

ところで、
監督の声はすてき
どちらかというと物静か、思慮深い、ときにユーモラス
こちらの心の深いところにじわーっと届きます。

「ぎふ善意通訳ガイドネットワーク(通称GGG)」の活動は幅広く、いろんな企画があります。とても楽しく、昨日も岐阜までちょっと足を運んで、新たな出会いもいただき”よかったなぁ”としみじみしています。

GGGの会長からは
足を運び汗を流し実践から学びましょうと
常々言われます。
そこにうれしい出会いもあるし感謝の心も自然とわいてくると…
確かに、確かに。

会場の林陽寺さん、初めて伺いました。
お嬢さんには去年のGGGの活動で出会っているのですが、林陽寺さんは初めて。

リンダ・オーハマ監督は、「お寺での上映会にたいへん感激している」としみじみおっしゃってました。

お抹茶や、なんとお手製! の旬の和菓子のみょうがボチで、お心づくしのお接待。
来場者は皆、心のびのびと、すばらしいひとときを過ごしていかれたようです。

隠居さんとも出会いました
ありがとうございました

リンダ・オーハマ監督の映画上映会

  リンダ・オーハマ監督(日系3世のカナダ人) 
       映画上映と講演/トーク会 
 「Ishizue:The Fusion of Hearts (礎:心と心の融合)」

があります。私はこの監督にお会いするのは今回が初めて。自分が日系人であることからテーマと素材を求めて、ドキュメンタリーフィルムを製作し続けていらっしゃるようです。映画は英語で日本語字幕つき。
上映後、監督のお話が聞けます♪

日時:2010年7月19日(月・祭日)
    会 場     13:00 
    上 映     13:30ー14:30
    講演/トーク  14:30ー15:30   *通訳つき

会場:林陽寺 (岐阜市岩田西3丁目402)

参加費:1500円(茶菓つき) 

ストーリー:カナダのバンクーバーの和太鼓グフープ「チビタイコ」には日系カナダ人が13人いますが、そのほとんどが日本をみたことがありません。ある夏、日本を訪問し尾道市(広島県)ベッチャー太鼓保存会から指導を受けることになりました。太鼓グループの人々と心が通い合う(融合)うちに、次第に心の中に変化が生じてきました。自分のルーツについての輪郭がはっきりしてきます。……

どんな作品か楽しみです。
興味のある方、どうぞおいでください。
私もお手伝いしていますので、会場で会いましょうね。