Gujo Hachiman journal Gujoinus(グジョイナス)

プロフィール
gujoさん
I am TAKADA Yuka, living in Gujo-Hachiman, a wonderful rural town in Gifu, Japan. In Gujo you can experience a lot of interesting things/spots/festivals. And enjoy talking with local people here.
I can supply useful information for English speaking tourists who want to make a trip to Gujo area.
Just send me email at the following tub, please.




QRコード
アクセスカウンタ
Total:26869829
Today:52317
Yesterday:69363
| 1 | 2 | 最初 | next>>
再会
夏休み真っ盛り!
今年も郡上へ”里帰り”した友だち親子と団らん
本当に楽しかった
彼らがニューヨークへ戻ってからは
年に一度の再会だけ。
それでも、会う回数よりも、出会ってからの年月が
私たちの関係を深めてくれるように感じる。

(飛び入りでパリから旅行中の2人も一緒に)








それから
子どもたちは夜店へ。
1年に1度の賑わいを味わう。



 わたしはフランス人2人を連れて踊りの輪へ向かう。
郡上踊りの概要を話し終わったころ、ちょうど”やっちく”が始まった。
宝暦義民の物語を簡単に伝えた。

私は
この宝暦騒動のために、郡上の民百姓の想いが、その後の
郡上おどり継承の原動力になっていると思っている。

人間の本質は相通じる。
どの国の人にも宝暦騒動の根幹は理解してもらえる。

雑多な人間、
いろいろな想念が交錯する夏

郡上へのエクスカーションとは
ここ数年、学びの森パスカルでは、ご依頼をいただき
エクスカーションのプランニングや英語通訳を含めたご案内を
させていただく機会が増えています。

国際学会の後、日本文化や日本人の暮らしぶりを
視察し楽しむために、
学会参加者の皆さんが行う日帰り旅行がエクスカーション。
これは、学会に参加したみなさんが互いに親睦を深める場でもあるのだと思います。 

緑豊かな清流の地域である郡上は自然との共生の暮らしが長く息づいている。
郡上のどこを、何を、どのようにお伝えするか。。。これは深いです。 
同じ場所を歩いていても、いろいろな切り口からお話しすることができる。

相手がどんな関心を持っている方なのか、
どんな文化圏から来られているのか、
何をおもしろいと感じられるのか
具体的に郡上の何を持ち帰っていただくか。





先週ご案内した皆さんは、下記の学会から38名のみなさんでした。
土砂降りだった雨は、この日の午後奇跡的に数時間止み、傘を閉じて歩けました。

The 2nd UGSAS-GU Roundtable&Symposium 2013
「岐阜大学、農学で国際連携
東南、南アジア10大学とコンソーシアム」


修学旅行は延期
明後日に迫っていた娘の修学旅行。
台風接近という天気状況のため延期になりました。

帰宅した娘からそう聞いて、「え?!」と耳を疑いました。 
でも思い起こせば、郡上市内でも
数年前、流行性の病気のため延期になった学校があったし
東北の震災の年には
行き先を東京から広島に変更した中学校もありました。

お天気ばかりは天の采配。何ともなりません。

娘の修学旅行は約2週間後。
お天気に恵まれて楽しく行けることを祈るのみ。

ところで、今週の木金は修学旅行の代わりに平日授業。
給食の手配がありません。
娘たちはなんと、家庭科授業としてカレーライスなどを作り
食べるそうです

我が家からも玉ねぎやジャガイモなどを提供するつもりです



 
金神太鼓
郡上大和に伝わる金神太鼓をご存知ですか?
先日、日本を旅行中のタイ人のみなさんの前で、岐阜の都ホテルを会場に
この太鼓が披露されました。

ご神事のような幕開けによる神聖な空気。
その後の鬼気迫る太鼓演奏には、数人いた子どもたちは怖がって
会場から外へ出てしまうほどでした。



日本文化の豊かさは、多種多様な地域文化の賜物ですね。
金神太鼓
郡上大和に伝わる金神太鼓を初めて見ました。
この日、日本を旅行中のタイ人のみなさんを前に、岐阜の都ホテルで披露されたのですが、
あまりの迫力に子連れの方は会場の外へ。



この太鼓の由来を聞いていたので、
神聖な始まり方と、その鬼気迫る迫力に深く感じ入るところがありました。

郡上市内には本当にいろいろな文化が伝えられているのですね。
多様性が豊かさの源。
日本文化の豊かさは、多種多様な地域があるから。
そしてその地域性を維持するには、それぞれの地方の努力が不可欠です。
都市から田舎へ、もっと人口流動を産みたいですね


金神太鼓
郡上大和に伝わる金神太鼓を初めて見ました。
この日、日本を旅行中のタイ人のみなさんを前に、岐阜の都ホテルで披露されたのですが、
あまりの迫力に子連れの方は会場の外へ。



この太鼓の由来を聞いていたので、
神聖な始まり方と、その鬼気迫る迫力に深く感じ入るところがありました。

郡上市内には本当にいろいろな文化が伝えられているのですね。
多様性が豊かさの源。
日本文化の豊かさは、多種多様な地域があるから。
そしてその地域性を維持するには、それぞれの地方の努力が不可欠です。
都市から田舎へ、もっと人口流動を産みたいですね


日本の田舎にであう旅 
先週末、郡上市の明宝で日本の里山を体験してもらう
ツアーが開催されました。

岐阜・名古屋に住む外国人のみなさんへの広報コーディネイトをお手伝いしました。

みなさんとっても楽しそうでしょ!
国を超えて、世代を超えて、充実の週末。

参加者の皆さんの日本文化を体験しようという
知的好奇心と行動力のすばらしさで
とても和やかな一泊旅行となりました。














タグ: Gujo inaka satoyama
見学・体験歓迎!
火曜日の夜は大人の英会話レッスンをしています。

海外旅行の好きな方、外国人との交流をしたい方、

日本の文化を外国人に紹介してあげたい方…

いろんな方が見えます。

今夜は、レッスンメンバーの1人が講師役となって

自然素材でクリスマスリースを作ります。

レッスンに興味のある方は、お気軽に見学に来てくださいね!

今夜は外国人ゲストも2人来られる予定です。

彼女達は日本語を覚えたいので

外国人ゲストにとっても、言葉を学ぶ機会になると思います。

毎月のワークショップレッスンは、英語と日本語を交えて

みんなで和気あいあいと和やかなひとときを

楽しめるんですよ

英会話レッスンに興味のある方は

いつでも体験・見学できますので

ご連絡くださいね






土鈴館/Doreikan
I guess that not so many of 郡上/Gujo local people have visited 土鈴館/Dorei-kan( http://www.nihondorei.com/ )in Shirotori.

This museum is not so big, but its number of 土鈴/dorei, an earthenware bell, is 16,000!

So it was recognized by Guinness as the No.1 土鈴/dorei  museum in the world this year.




           ↑  (ALTs in Gujo and I visited there last month)
  
When we visited there, 遠山さん/Toyama san was the guide for us.

He is the collector of all items there, and told us a lot about how interesting his collection is.

Actually he has been traveling all through Japan to collect those 土鈴/dorei.  

By the way he says that he didn't see any 土鈴/dorei in some European countries he traveled before.

Maybe it is true.

I also have no experience to see them in Europe.

I saw some cowbells, but all of them are made of metal.

I think that I also have not seen any 土鈴/dorei in Asian countries.

It means 土鈴/dorei is a very Japanese item, and that's very interesting.    

We can say that 土鈴館/Dorei-kan is one of very interesting places to visit in Gujo! 

                                    ◇

みなさんは土鈴館をご存知ですか?

岐阜県郡上市白鳥町にある、この小規模の博物館。

地元のみなさんも、そんなに多くは行ったことが無いかもしれませんが、

日本全国の土鈴が、なんと1万6千点も集められ、今年ギネスの認定を受けました。

これらの土鈴のコレクターは遠山さんで、私達がここを訪れた際に案内してくださり、

そのおもしろいお話から熱意が伝わってきました。

遠山さんは日本中を旅行され、そのたびに土鈴を収集されてきたのです。

ヨーローッパへ旅行された際にも、土鈴を探したそうですが、金属製のものしかなかったそうです。

そういえば、私もカウベルなどヨーロッパで見ましたが、
やはりメタル製でした。

アジアの国々でも見たことが無いように思います。

そうすると、土鈴というものは、とても日本的なものなのでしょうか!

おもしろいですね。


ただいま~ / I'm home♪
I'm home after 7 nights trip around Shanghai, China!
It was a group tour and soooo wonderful!
There were some Chinese people who live in Japan now in my group.
I really enjoyed chatting with them about .
And actually some of them helped me a lot!

I hope I could learn some about China from this trip.
Now I need a big sleep!


                ◇

7泊の上海方面への旅行に行ってきました!
とても充実の団体旅行でした。

8人ほどの中国人の方たちもいっしょでした。
彼らとおしゃべりするのは、とってもおもしろかったですよ。
いろいろと助けてもらったりもして!

今回の旅行で、少しは中国について理解できたといいんだけど。。
今日はゆっくり眠りたい~です
 
| 1 | 2 | 最初 | next>>