Gujo Hachiman journal Gujoinus(グジョイナス)

プロフィール
gujoさん
I am TAKADA Yuka, living in Gujo-Hachiman, a wonderful rural town in Gifu, Japan. In Gujo you can experience a lot of interesting things/spots/festivals. And enjoy talking with local people here.
I can supply useful information for English speaking tourists who want to make a trip to Gujo area.
Just send me email at the following tub, please.




QRコード
アクセスカウンタ
Total:1398562
Today:733
Yesterday:1187
<<prev | 最新 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 最初 | next>>
6月1日 Gujoinus Café
気軽におしゃべりをする場としてのグジョイナスCafé。
今回はこんな顔ぶれでした。
7月は郡上市白鳥でBBQを予定しています。





 
6月1日 Gujoinus Café
今度の土曜日、午後1時半ー3時半に
Gujoinus Café/グジョイナス・カフェを行います。

これは、外国人も参加OKの気軽なおしゃべりをする場です。
会場は今回も学びの森パスカル。
 国籍・世代バリアフリーな会です。
今回は参加費無料。子連れもご遠慮なくお気軽にどうぞ

今回は私のオーストラリア人の友達も参加します。
大好きな長良川鉄道に乗ってやってきます。 
日本好きな彼は、今回で何回目の日本への旅行になるでしょうか。。。
郡上へも4回目ぐらいだと思います。
メルボルンにいたころからの友達なので
かれこれ20年以上のつきあいです。
日本や郡上のどんなところが好きなのか聞いてみたいですね?
彼は、ヨーロッパやほかのアジア諸国への旅行体験も豊富なので
世界の様々な文化圏に生きる人々が共生していくには何がカギなのか
体験的に知っているかもしれません。

郡上市在住のロシア人のIさんも来ます
日本語を一生懸命練習しているので、前回より上達していると思います。

お気軽にご参加ください
 

町歩きガイド
町歩きのガイドを依頼されるようになって数年。
今回は日独共同セミナーという学会のみなさんが
エクスカーションで郡上をご訪問。
ドイツ人と日本人の混合のみなさんでした。

以前から温めてきた”島谷用水のコース”を歩きました。
郡上八幡・旧庁舎記念館や新町エリアを流れる水路の水は、
八幡大橋下にあるこの取水口から取り入れられる吉田川の水です。
 


この島谷用水は、江戸初期の寛文年間(1661-1673)の絵図にすでに
見られるそうです。
その絵図には、他に、今の古い町並み:柳町や加治屋町、殿町エリアに流れる
御用用水、柳町用水も。
その当時から、お城の下エリアだけでなく、吉田川の両岸に
町が広がっていたことがわかりますね。
 
「伝統とは、自分が受け継いだものをその通り繰り返すだけではなく、
自分の工夫を加え、その技を磨きぬいていくもの」
とは、以前、郡上本染の渡辺庄吉さんがくださった言葉です。

伝統は生きている。
生きた人間の心と手によって変化していくものなのですね。

お気軽に来てください🎶
気持ちの良い季節ですね。
次回のグジョイナスのお知らせです。
お友達を誘ったり、お子さん連れでお気軽にどうぞ
外国人と友達になったり、英語で話したり、
気軽な異文化交流の場でおしゃべりを楽しみましょう!

■グジョイナス カフェ / Gujoinus Cafe

日 時:6月1日(土) 午後1時半―3時半
場 所:学びの森パスカル 郡上市八幡町 *愛宕神社の反対側
... 参加費:無料 *飲み物やお菓子の差し入れ大歓迎

■Gujoinus Cafe
Please feel free to join us!
You can make friends and learn some Japanese.
This is a good place to practice your Japanese!

Date: June 1st, Sat. 13:30-15:30
Place:Manabi no Mori Pascal (Yuka's place)

*No charge to participate
*Bring something to share to drink or eat.
Yさんと女子会
レモングラスの薫りを含むスパイシーな麺
スレンダーなラインが美しいアオザイ
美しい刺繍の施されたショール
サテン生地の小物いれ
ヘチマの肌触りのスリッパ
     ・
     ・
     ・
いろいろなヴェトナム雑貨を見ながらYさんと女子会をしました。
わたしたちは、
Yさんのアオザイ(ヴェトナムの民族衣装)姿にうっとりし、
すばらしい体型の秘密に聞き入り
いろんな話題を楽しみました。

もうすぐヴェトナムに一時帰国するYさんが。
帰国されてからまた集まることを約束。

郡上市在住歴12年になるYさん。
外国で長年暮らすのは並大抵の苦労ではないと想像しますが
本当に明るい笑顔を見せてくれます。

Yさんとお友達になりたい方、次回来て下さいね。








ユネスコ白山エコパークの学習会

【ユネスコ白山郡上エコパーク学習会のお知らせ】

環白山の7市町村の中に郡上市もあり、白山をユネスコのエコパークに
登録申請するにあたり、準備が進められています。
下記のように学習会が開かれます。関心のある方はご参加下さい。
講師の酒井先生にエコパークの概要や世界の状況などについても
質問できる機会です。お気軽にどうぞ。

※ご参加の際には事前連絡をお願いします。

・日時 平成25年5月21日(火)午後2時より
・会場 郡上市総合文化センター2階 多目的ホール
・講師 酒井 暁子先生(ユネスコMAB国内計画委員会)

ヴェトナム雑貨
郡上在住のヴェトナム人の方が遊びに来られました。
彼女は日本語が堪能。
いろいろとおしゃべりしているうちに、ヴェトナムの雑貨の話になり、

彼女「今月末から1ヶ月ぐらいヴェトナムに帰るからほしいもの買ってきましょうか?」
私「カゴとかいいね」
彼女「ショールとか水牛の角から作ったスプーン、下駄もかわいいよ」
私「いいね~」  
彼女「家にあるものを今度見せてあげる」
私「じゃ、それ見ながら選んでお願いするね」

ということになりました。
来週の日中にまた遊びに来てもらいます。
ヴェトナム雑貨に興味ある方はご連絡をくださいね
日程が決まったら連絡します
春の薫りでいっぱい
先週末、國田家のお花畑で、オカリナのライブ演奏を楽しんだ後、
夫の実家へ行きました。

辺りは、
春の芽吹きや早春の花の香に満たされ
いきものの気配に満たされ
静かな空気の中に、躍動がいっぱい。

義母と娘が、楽しげに話したりかるたなどして遊んでいる間、
私は、愛犬のくぅと散歩したり、
キャンプ用のゆったり椅子にすわって読書したり。
至福のひとときでした。



ヒマラヤの国
先日、このブログでもおなじみの、
”郡上割り箸プロジェクト”のプロデユーサー・小森さんのところに、
ブータンの農林省の方が視察に来られました。

山の間伐現場と育苗施設に行く前に、郡上八幡の町歩き。
ご案内役を務めました。

この日、いっしょに歩いていて、
郡上の森林の現状、日本の森林業界のしくみについて
ほんの少し知ることができました。

他国・各国と比べて自分の足元を見ることは、
技術やシステムの導入と改善に益をもたらすという側面に焦点をあてるだけでなく
本質を探る上でも大切だと再認識しました。

ブータンの国の指標は"Gross National Happiness"
決してお金が最優先の価値ではないという考えです。

物質があふれかえった日本に暮らす私たちは
どうやって、そのバランスを取り戻して行ったらよいのでしょうか?

ブータンは前から滞在してみたい国。
いつか訪れるべき”用事”を引き寄せてみたいものです。





富士山
宮城県の塩釜からの復路は、
船が欠航になったために、新幹線を乗り継いで帰りました。

初めての”やまびこ”乗車。
大宮付近から「あれ!」と気づいたのは、富士山。
見覚えある、あの形が遠くに見えました!

”富士は日本一の山~♪!
と歌われる通りです。

江戸時代など
今よりも空気が澄んでいて
高いビル群がなかった当時は

もっともっと今の東京圏からも
富士山が見えたのでしょうね。

コレ↓は、静岡の富士あたりで新幹線から撮った姿です。



<<prev | 最新 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 最初 | next>>