Gujo Hachiman journal Gujoinus(グジョイナス)

プロフィール
gujoさん
I am TAKADA Yuka, living in Gujo-Hachiman, a wonderful rural town in Gifu, Japan. In Gujo you can experience a lot of interesting things/spots/festivals. And enjoy talking with local people here.
I can supply useful information for English speaking tourists who want to make a trip to Gujo area.
Just send me email at the following tub, please.




QRコード
アクセスカウンタ
Total:1321270
Today:304
Yesterday:1726
<<prev | 最新 | 30 | 31 | 32
Mottainai / もったいない
今週の高2の授業での教科書の内容、みなさんにちょっとおすそ分けします。感想お待ちしております^^

私が高校生だったときの教科書よりは、
生徒にとって
いかに興味のもてる、役立つ内容で作れるか? 
という工夫があると思うのですが・・・。
”教科書は進歩している?” 

今回は、モッタイナイ のマータイさんのお話。

「2004年、アフリカ女性として初の
ノーベル平和賞を受賞したワンガリ・マータイさん。
彼女は、1977年に ケニアで女性を中心とした
植林活動”グリーンベルト運動”を始めた人です」

”もったいない”という言葉は、モノを、それにふさわしい使い方ができなかったとき使われる。

この世に存在するどんなモノも、誰かがいっしょうけんめいに手をかけ時を費やした結果であり、そのモノの由来がある。

だから、”もったいない”には、そのモノの成り立ちに対する、それを使う者の感謝が示される。

と順に綴られ、↓につながります。

That is why "mottainai" reflects the user's sense of guilt when they let things go to waste.
(というわけで、"もったいない"という言葉は、モノを無駄にしてしまったとき、使い手の自責の念を表わすのです。)
  
きっとアフリカの言葉にはない、ぐっと来る何かが
”もったいない”にあったのでしょうね。
マータイさんは、そこに感じ入ったのだと思います。

英語には
”いただきます”も”ごちそうさま” も無いですし。
世界語に発展させたい日本語、ありますよね。
私たちの日々の暮らしにあります。


 教科書では、最後にこんなお話が紹介されています。
マータイさんは、こう語ります。

「ハミングバードの物語を聞いてください。

 ある日、森の動物は、突如、大火事が起こっているのを発見します。すぐに集まって何をしたら良いか議論しましたが、何も打つ手がないという結論になりました。

 でも小さなハミングバードは、火事を消そうと決意しました。ハミングバードは川へ行くと、その小さなくちばしに水を含んでは、火事の炎にかけに行きました。

何度も川と火事場を往復するハミングバードを見て、動物たちは笑い、”そんなことをしても時間の無駄さ”と言いました。

But the little hummingbird didn't give up.It said to the other animals, "Anyway, I do what I can."
(でもハミングバードは止めようとせず、「とにかく、できることをやるだけさ」と動物たちに言ったのです) 」

今日のワンポイントレッスン♪
Anyway, I do what I can.
(とにかく、できることをやるだけさ)

タグ: 英語で… 学び
さくら道② 外国人選手との会話から
前回に続いてさくら道マラソン。
閉会式で話した外国人参加者の声を少しばかり紹介させてください。

笑顔が底抜けチャーミングなフーコーさん(フランス人)は、がんになってから走り始めたそうです。去年もさくら道に参加。白鳥のエイドでリタイア。そこでボランティアのみなさんの温かい心に胸打たれたそうです。今回は見事、完走でした!
さくら道はただのマラソンじゃない。これはスポーツの競技じゃない。この本番の日だけがさくら道なのではなくて、日々胸の中にさくら道のことを思って暮らしている。とにかく私にとって特別なんだ”(フーコー氏談・フランス人)

”日本に来るのは初めて。おじさんが、さくら道のランナーとして参加するので、ついてきたんだ。自然がすばらしいし、ランナーの姿に感動した。郡上へ来る前に、広島と長崎へも行ったんだよ”(フランス人美青年談)

”今回夫婦で参加したの。10歳の息子がいるのよ。もし私たちが走っている間に、彼の居場所があれば連れてこれたのだけれど。火山の爆発で明日の便はキャンセルなのね? 早く息子に会いたいな。実は明日帰国して明後日出勤する予定なのだけど、それは無理そうね…。それにしてもスタッフのみなさん、温かい人ばかり。ありがとう”(知的な笑顔のフィンランド人女性ランナー談)


さくら道の開催日は、郡上八幡は春まつり、大和でも(確か)お祭り。なので、私もその1人ですが、地元でも関りを持ちずらく、どんな様子かご存じない方も多いのでは?

まずはさくら道の成り立ちを↓で。
http://shirotori.gujo.to/sakurainr/HP/sakurainr1.htm

それから、今回の様子、↓で21日に放送されたテレビ番組で見れます。


前半
http://www.youtube.com/watch?v=lEiWdFDhye0

後半
http://www.youtube.com/watch?v=Fgu6cv26hb0


前半のスタート前に、66歳の中村さんに笑顔で握手を求めて、手を握りながら礼をしているのがフーコーさんです。

私もボランティアやろうかなぁ。おみこしと神楽とあるからなぁ…。
さくら道国際ネイチャーランの①
一昨年のさくら道を、大学の先輩たちが走りました。
夕方、おみこしを終わって、その足で、娘を車に押し込み白鳥のエイドへ急いだ。その後、高鷲のエイドへも先輩と先生を訪ね… 翌日の閉会式にも足を運び…
それが、私のさくら道への関りの始まり。

今年は、この3月までお世話になっていた大和の小学校の先生がランナーとして参加。
”GOTO GO! GO!”
のショッキングピンクのド派手なウチワをもって、おみこしを途中で抜け出し、大和のポイントへ応援に駆けつけた。

幸い間に合い、すでに12時間走り続けているとは思えない笑顔にこちらが励まされ、胸がいっぱいに…。

その後どうだったかなぁと気になり、閉会式へ。

すると、

会場の入り口で大会関係者のO先生(大学の恩師)が
「困ったよ~ 飛行機とぶかなぁ… 火山がなぁ… ここパソコンなくて調べられないらしいよ」

というわけで、

「アイスランド火山の噴火ですね…。わかりました! 運行状況や問い合わせの窓口、自宅の夫にPCで調べさせます!」
と急転換。

外国人ランナーのみなさんに帰国予定の便名をお聞きし、問い合わせに奔走することに…。

今年の外国人参加者は9名。
フィンランド、フランス、ドイツ、韓国からの参加で、ご家族連れの方もあったので、会場には全部で十数名のみなさんがいました。

”明日の11時にセントレアからフィンランドへ帰国する予定なのだけど…。便はどうなっていますか?”

”私は東京に移動して金曜日にパリへ帰る予定。エア・フランスの運行について、英語で問い合わせられる電話番号がわかれば教えてほしい”

”もし飛行機が飛ばなければ、O氏のところで泊まりたい。運行復旧が確認できてから飛行場へ移動したい”

など、いろいろな状況のみなさんでした。

長くなるので続きはまた…    
たいそうなタイトルですが^^;
わが家には、外国人の友達や、
ホームスティの学生が毎年やってきます。
いつも必ずするのは川沿いの散歩。

そういえば、
オーストラリア人の友達Aは、
夫の海パンで学校橋の下を泳いでたなぁ…
私のママチャリで早朝から町探検に出かけたりして…
彼は”This is God's gift.”
と、旧庁舎下の吉田川のほとりで、
しみじみとつぶやいてた。

ホームスティに来たスウェーデン人の学生は、
岐大に戻ってからの週末、岐阜バスで再びやってきた。
浴衣を着せてやり、家族みんなで
郡上おどりに繰り出したのはいいけど…
「なんだか静かやなぁ」と思ったら
その晩はなかった^^; あれは笑った^^;

デンマーク人の友達とは、朴葉寿司を作った
夫の家の朴の木からもらってきた葉でザルにたくさん作って、
簡素な食事を和やかなおしゃべりで楽しんだ

2年前にわが家で過ごしたモンゴル人のHちゃん、
今もときどきメールをくれる。
”また日本に行きたい。日本に留学したい”
という強い気持ちを失わないでいる。ぜひ実現してほしい。


私も郡上へ戻ってくる前
よく海外に出ていた時期がありました。
そのころのエピソードを、
ここでポツポツと語るときがあるかも。

今までは内輪でときどき集まりをしていたのですが、
これからは広く参加を呼びかけていきたいと思っています。

そこで、Gujoinus(グジョイナス)という名前をつけました。
”郡上と世界を英語でむすぶ”をテーマに、
楽しい・ためになる・しっかり考える・学ぶ・味わう・歌う・聴きあう・やってみる…いろんな集まりを、ぼちぼちやっていこうと思っています。

応援よろしくお願いします!


タグ: 英語で… 学び
<<prev | 最新 | 30 | 31 | 32