Gujo Hachiman journal Gujoinus(グジョイナス)

プロフィール
gujoさん
I am TAKADA Yuka, living in Gujo-Hachiman, a wonderful rural town in Gifu, Japan. In Gujo you can experience a lot of interesting things/spots/festivals. And enjoy talking with local people here.
I can supply useful information for English speaking tourists who want to make a trip to Gujo area.
Just send me email at the following tub, please.




QRコード
アクセスカウンタ
Total:31909289
Today:59889
Yesterday:72859
養老孟司講演会と郡上①
養老さんの話をずっと聞きたいと思っていた。
その養老さんの話を郡上で聞くことができて本当にうれしかった。

調子が悪かったので、もう行けないかというところだったけれど
夫のパスケルのおかげで行けました。

養老さんの話は本当におもしろく、
いろんな例をあげて、”自分と環境”や”自然と都市”について、
本当にていねいに分かりやすく話してくれた。
(*今までに養老孟司さんの本をいろいろ読んでいます)

養老さんの話の結びは「あとは自分で考えてください」。
私なりに課題をいろいろと頂いたので、
今後またじっくりと考えていきたいと思う。

この機会を用意してくださったみなさんに感謝です。
                  
                 ◇

彼の声は思っていたとおり、”意識が肥大化している”人のものではなかった。
私も自分の考えていることを
こんな声で話せるように年々年を重ねていきたい。

                 ◇

養老さんは、
このほんの100年ほどで日本人や日本の世間(社会)が影響されている
「西欧近代的自我」の確立に警鐘を鳴らしている。
近代自我の確立に警鐘というより、この種の自我をもつ人間が大多数を占める社会が向かう先には
自然との共存はない、未来はないということに、だろうか。

”西欧近代的自我の人間”とは、都市に住み、自然をコントロールできると考え、
この世界の仕組みを理解していると疑わない人々だ
と言いかえられると思うが、

長年死体の解剖を行い、脳学者でもある養老さんには
人間(の脳)がこの世の仕組みを理解できるはずが無い
という直観があると思う。
彼のその直観による言葉にはまったく疑問の余地が無い
と私は直観している。

だから、
理解できていないのに理解できていると誤解し、
自然界や人間社会の仕組みをこれだけコントロールしつくそうという現代人=私達のやり方に
「ちょっとまってよ。もともとの日本人や日本の世界観ってね…」
と対話をし続けている彼の言葉を聞き考え続けている。

養老さんの話の中で
「今の地球上で西欧近代的自己の意識のある人間が8割ぐらいに広がっていますかね」
という言葉があった。

確かに、この数十年で、アジア地域ではこの10年あまりで
それは加速していると思う。

ただ、インドやタイ、バリ
あるいはブータンやチベットあたりではどうだろう。

1世紀前ごろは、日本も”自我でなく無我”の人々が大半だっただろうと私も想像する。
無我の自分とは
「世界でひとつだけの花」なんて思う必要の無い自分であり
「仕事は世のため人のため」と自然にとらえ日々務められる自分である。

”無我の自分”の土壌には仏教がある。

さて、養老さんの話が理解しにくいと感じているみなさんは、
まず夫のブログ記事を読んでいただきたい。
”自分と環境” ”自然と都市”など、とても大切な視点が
分かりやすくまとめてあると思う。

パスケルの記事はここ


郡上に住み”郡上と世界を英語でむすぶ”をテーマにしている私にも
これからやっていくことがたくさんあるなぁと思う。

養老さんの言っているこのことはなぜか英語で話しにくい。
今までの経験上、すごく実感している。
その話しにくい、あるいは本当のところを伝えきれないと思ってしまう
そこにこそ、大切な見落とせない何かがあると直観している。

それをまだ言葉化できていないけれど。

                ◇

養老さんのお話が、郡上のこれからの「森林と地域と人と」というテーマの中で扱われたこと

郡上わりばしプロジェクトの動きのサポートに位置づけられていたことが
本当によかったと思う。

ゆかりママさんもパネラーで大役を務められました。
タグ: 養老孟司 郡上
コメントエリア
■ご来場
ありがとうございます。
お体大丈夫でしょうか。
だれを呼ぼうかという話になった時、養老さんに郡上の人々に訴えかけてほしいと思ったのです。
私もそれまでいろいろ著書を拝読して、日本人とは何ぞやということを話してもらえるだろうと。
そこから始めないといけない、日本人が日本人たらしめるのもを取り戻さないと、林業がどうとか山村がどうだとかは何も解決しないと思います。
つうくん 11/09/21 12:11

■ありがとうございます♪
養老先生ファンだとおっしゃっていたパスケルご夫妻のコメントを伺いたく、
じつは、こっそりと今日のレッスンを楽しみにしていました(笑)

当日もgujoさんのお姿を遠目で発見して安心しました。

ホントによかったです。
楽しんでいただけて
\^o^/
養老先生の声…素敵ですよね〜
(以前も告白しましたが
gujoさんの声もホントに素敵です♪)

東京大学名誉教授・養老孟司氏という肩書がもあり、経験もある立派な方であり、難解なお話もたくさんされるのですが、お話するにつれて
私の中の無邪気さを引き出され、ついついはしゃぎながら内ヶ谷の写真など見てもらいました(笑)

きっと先生は格好つけず
「僕は虫がいないとつまらないと」(笑)
丸ごとで、ありのままでいらっしゃるんだろうなと感じました。
だからこっちも飾り気がなくなったのだろうな〜と
楽しい出会いをいただきました。

パネルディスカッションは心臓が壊れそうでした
(笑)

■ありがとうございます
>つうくんさま
本当にありがとうございます。

養老さんの話を郡上で聞けて本当に感謝です。
養老さんの言っていることの核心を実感からつかむことは、
都会で育って暮らす若いみなさんには、もしかしたら難しいかもしれません。
郡上に暮らす私達には
日々の経験から直観を使って
理解できることがあるのではないでしょうか。
それをまた都会のみなさんへと循環させていくことが大事ではないかと思ってみたりしています。
年長者の声、自然の中で労働されるみなさんの声をたくさん聞きたいものです。
gujo 11/09/21 17:09

■ありがとうございました
>ゆかりママさま

大役本当にごくろうさまでした。
素敵な和服姿でした!
今回の機会を作っていただき本当にありがとうございました。

養老さんとの話は、また後日聞かせてくださいね。

パネルディスカッションでは、堂々として見えましたよ
gujo 11/09/21 17:15

コメント投稿

コメント記入欄を表示するには、下記のボタンを押してください。
※新しくブラウザが別ウィンドウで開きます。

トラックバックエリア
この記事のトラックバックURL
http://www.musublog.jp/blog/trackback.php?id=9957