Gujo Hachiman journal Gujoinus(グジョイナス)

プロフィール
gujoさん
I am TAKADA Yuka, living in Gujo-Hachiman, a wonderful rural town in Gifu, Japan. In Gujo you can experience a lot of interesting things/spots/festivals. And enjoy talking with local people here.
I can supply useful information for English speaking tourists who want to make a trip to Gujo area.
Just send me email at the following tub, please.




QRコード
アクセスカウンタ
Total:36643880
Today:63292
Yesterday:74182
養老孟司/Yoro Takeshi
I have been into Yoro Takeshi last a few years.
The book I am reading now is "大切なことは言葉にならない 
/ Taisetsu-na-koto wa Kotoba ni Naranai" written by him
 and published in this April.

What he is telling us are all basics.
I don't say that it is easy for me to understand his idea.

Actually he is a great person.
Nobody can categorize his work into any special field.   
養老孟司 is Yoro Takeshi.

One of very interesting things which sometimes happens
to me is that English doesn't work well when I talk about something so Japanese with non-Japanese people.

I am not talking about one's English ability here.
Whenever I face this situation, I feel there is no way to manage.
Spending a lot of words in English doesn't make sense.
It is a complete waste of time.
  
I have been wondering on this point for about 25 years.

Finally a point of view was given through reading his books and I guess that it is an answer for my long-term question.     

Do you want to know what I found?
I can't tell you it here.

Why not?
Because the secrets of the world/society can't be expressed in words; "大切なことは言葉にならない 
/ Taisetsu-na-koto wa Kotoba ni Naranai"


                                  ◇

ここ数年、養老孟司氏にはまっている。
今読んでいる彼の本は、『大切なことは言葉にならない』でこの4月に出版されたもの。

彼が私達に語っていることは、みんな基本的なことばかり。
ただ、それらを理解することは簡単だと言っているのではない。

現に彼はすごい。
誰も彼の仕事を何かの専門分野に分類することはできないはずだ。
養老孟司はヨウロウタケシなのだ。

ところで、私がずっと気になっていることのひとつは、日本人ではない人と”とても日本的なこと”について話しているとき、英語がうまく機能しないということだ。

これは個人の英語力のことを言っているのではない。
この状況に入ると、どんなに言葉を費やしても意味を成さない。
本当に時間の無駄なのだ。

どうしてなのだろうと、もう25年ぐらい模索してきた。

彼の本をいろいろと読みながらある視点を見出したのだけれども、どうやらそれが、長年の私の疑問の答えになるようだ。

それが何だか知りたいですか?
でもここでそれをお伝えできないのです。
大切なことは言葉にならない!  

でも、ということは。。。
長年の疑問に答えるべく理由は何とかわかっても
あの状況を打開する術は。。。
やはり簡単には見出せませんねぇ^^;

やれやれ。。。


コメントエリア

まだこの記事のコメントはありません。

コメント投稿

コメント記入欄を表示するには、下記のボタンを押してください。
※新しくブラウザが別ウィンドウで開きます。

トラックバックエリア
この記事のトラックバックURL
http://www.musublog.jp/blog/trackback.php?id=7546