Gujo Hachiman journal Gujoinus(グジョイナス)

プロフィール
gujoさん
I am TAKADA Yuka, living in Gujo-Hachiman, a wonderful rural town in Gifu, Japan. In Gujo you can experience a lot of interesting things/spots/festivals. And enjoy talking with local people here.
I can supply useful information for English speaking tourists who want to make a trip to Gujo area.
Just send me email at the following tub, please.




QRコード
アクセスカウンタ
Total:29930370
Today:68042
Yesterday:85567
リンダ・オーハマ監督
昨日の映画上映会&監督トーク会、本当によい集まりでした。

リンダ・オーハマ監督は日系カナダ人、3世。

祖父母や両親の代の人々は、戦争のさなかにカナダでは強制収容所に収容された、

その経験から

子どもを育てるときに日本語や日本文化を伝えることなく
「私が子どものとき、おはよう、ありがとうと日本語でおばあちゃんに言おうとすると叩かれたものです。お箸も使いませんでした」
とのこと。

「まもなく105歳というときに亡くなったおばあちゃんは、亡くなるまで英語を使わず日本語で通しました」
という話も披露されました。

自分のルーツを深く知り、その歴史や文化を学ぶことは、
自分が生きていくために必要欠くことのできない”根っこ”
幹や枝葉を大きく育てるには、その根っこを地面の下に
大きく深くはることなのだとおっしゃいました。
こうした背景の中そだった監督のことばですから、今までに無く、深く深く響いてきました。

ところで、
監督の声はすてき
どちらかというと物静か、思慮深い、ときにユーモラス
こちらの心の深いところにじわーっと届きます。

「ぎふ善意通訳ガイドネットワーク(通称GGG)」の活動は幅広く、いろんな企画があります。とても楽しく、昨日も岐阜までちょっと足を運んで、新たな出会いもいただき”よかったなぁ”としみじみしています。

GGGの会長からは
足を運び汗を流し実践から学びましょうと
常々言われます。
そこにうれしい出会いもあるし感謝の心も自然とわいてくると…
確かに、確かに。

会場の林陽寺さん、初めて伺いました。
お嬢さんには去年のGGGの活動で出会っているのですが、林陽寺さんは初めて。

リンダ・オーハマ監督は、「お寺での上映会にたいへん感激している」としみじみおっしゃってました。

お抹茶や、なんとお手製! の旬の和菓子のみょうがボチで、お心づくしのお接待。
来場者は皆、心のびのびと、すばらしいひとときを過ごしていかれたようです。

隠居さんとも出会いました
ありがとうございました

コメントエリア
■日本語の
勉強を始めた頃、日本語を話そうとすると胸やのどが痛くなったり、咳き込んだりして日本語を話すことが出来なかったと言う話を聞いてこちらも辛くなりましたね。ただ、3ヶ月経って何の痛みを感じずに日本語を話すことが出来た時、開放された喜びを感じたと聞いてほっとしました。
隠居 10/07/20 20:32

■ほんとうに
リンダ・オーハマ監督の実体験のお話には、こちらも深く感じ入り、つらい気持ちになることも多かったですね。
そこを通り過ぎて、あるいは乗り越えて、未来に向けて映像を製作し続けているという姿に心打たれました。
gujo 10/07/21 01:23

■Linda Ohama
昨日の林陽寺の講演会ご苦労さまでした。素晴らしい講演でもっと日本人がしっかりしないといけませんえ!カナダの方がこんなに一生懸命なのに!
jinteki Service 11/11/26 08:47

コメント投稿

コメント記入欄を表示するには、下記のボタンを押してください。
※新しくブラウザが別ウィンドウで開きます。

トラックバックエリア
この記事のトラックバックURL
http://www.musublog.jp/blog/trackback.php?id=2325