Gujo Hachiman journal Gujoinus(グジョイナス)

プロフィール
gujoさん
I am TAKADA Yuka, living in Gujo-Hachiman, a wonderful rural town in Gifu, Japan. In Gujo you can experience a lot of interesting things/spots/festivals. And enjoy talking with local people here.
I can supply useful information for English speaking tourists who want to make a trip to Gujo area.
Just send me email at the following tub, please.




QRコード
アクセスカウンタ
Total:27379820
Today:54543
Yesterday:75388
スウェーデン編 その②

スウェーデン編 その②

ヨーテボリ近郊のクングエルブ滞在中のある日。
 私は、スーパーマーケットへ何か買いだしに行こうと、ひとり歩いていた。そこは人口の少ない小さな街。子どもたちは学校、大半の大人は仕事場にいるので、日中の街中はひっそりとしていた。
 
そのとき、道の向こうを歩いていた中年女性2人が近づいてきて、メモ用紙を見せながら何かスウェーデン語で話しかけてきたのだ。明るいパステルカラーを上品に着こなし、仲の良い友達同士といった風情。どうやらある場所への行き方を訊いているのだが…!

そこで私は、間をみはからって”ヤーク  インテ  トーラ  スヴェンスカ”と言ってみた。まちがいなくひどい発音。相手が言語として受け取ってくれたかもあやしい…。一応、スウェーデン語で「私はスウェーデン語を話しません」という意味になるはずなのだが…。
できるだけ感じの良い響きになるように祈りつつ言ってみた。

すると彼女たちは、申し訳なさそうに顔を見合わせながら、今度は英語で「あなたがスウェーデン人かと思って…」なんて言うではないか! これにはびっくり! すごく驚かされた。 
たしかにそこは観光客など足を運びそうもない小さな町だけれど…。私は我が耳を疑い、この純然たる東洋顔の私になぜ!? と一気に疑問が爆発した。

そこで、なぜそう思われたのですかと訊くと
「韓国から里子がよく迎えられた時期があったものだから」
さらに
「もしあなたがそういう背景の人なら、外見が東洋の顔立ちでもスウェーデン人に違いないのだから、スウェーデン語で話さないと失礼だと思ったのよ」
とにこやかに言うのだ。

確かに、民族としてのアイデンティティと国籍というのが一致しないケースはざらにあるということを実感していた時期ではあった。
でも…
う~む!!

と心の中で私はうなった。何かこの国の民族性に触れたような気がした一幕だった。

スウェーデン人の友だちが何人もいて、スウェーデン社会研究所というところの勉強会にも出ていた時期もあり、私なりのスウェーデン(人)観というものがあるのだけど、このときの体験はすごくインパクトがあった。

そしてその後まもなく、私は、この話を裏づけるかのような出会いをしたのだ。ストックホルムで出会った同世代の女の子。韓国で生まれて間もなくスウェーデンに連れてこられ、スウェーデン人の里親に引き取られたという女性だった。

彼女は外見はまったくの韓国人。ところが、彼女の話す完璧なスウェーデン語といったら!


 

タグ: 海外体験
コメントエリア
■私も気を使いますよ
私は少し中国語を話します。
よく日常生活で中国人にであうことがありますが。
相手が100%中国人だと確信できるとき以外は、「あなたは中国人ですか?」
とまず聞くことにしています。
間違えたらいけないと思う気持ちのほかに、
聞かないと失礼かなとも思うのです。
日本で日本語を話して生きているのだから。

でも、例外なく中国人は中国語を聞くと喜びますね。
母国語とはいいものなんですね。


それから、スウェーデンといえば、
「Dear old Stockholm」
というジャズの名曲が思い出されます。
ひそかにそのメロディを重ねながら、ブログを拝見しています。
あ、イエテボリ
(ごめんなさい私の中ではこの発音なんです)
でしたね。

さむがり 10/06/26 00:10

■日本で
あきらかに西洋人顔の人が歩いていたら、「こんにちは」と日本語で挨拶することはあるとしても、いきなり日本語で道を尋ねたりははしませんね。

歴史的に多様性に慣れているのでしょうね。



peksan 10/06/26 08:21

■Dear old Stockholm
>さむがりさま
明日までのバタバタガ落ち着いたら
Uチューブで探してみます。

母国語は特別なんだと思います。特に外国に暮らしている人にとってはいっそう。さむがりさんの中国語、心の温かさを受け取ってうれしいのでは?

それから、たしかにイエテボリですねさらに言うなら、イェテボリェ?
gujo 10/06/26 23:16

■そこかも!
>pecsanさん
”歴史的に多様性に慣れている”その点はそうだと思います!
バイキングの血か?
コロンブスよりも早くアメリカを発見した彼ら、おもしろいですよね。
gujo 10/06/26 23:23

コメント投稿

コメント記入欄を表示するには、下記のボタンを押してください。
※新しくブラウザが別ウィンドウで開きます。

トラックバックエリア
この記事のトラックバックURL
http://www.musublog.jp/blog/trackback.php?id=1796