Gujo Hachiman journal Gujoinus(グジョイナス)

プロフィール
gujoさん
I am TAKADA Yuka, living in Gujo-Hachiman, a wonderful rural town in Gifu, Japan. In Gujo you can experience a lot of interesting things/spots/festivals. And enjoy talking with local people here.
I can supply useful information for English speaking tourists who want to make a trip to Gujo area.
Just send me email at the following tub, please.




QRコード
アクセスカウンタ
Total:31909316
Today:59916
Yesterday:72859
タイ編 その⑥ 

このときのバンコク滞在中、機上で私を引き受けることになった研究者の女性とは、朝晩に挨拶をする程度で、ティックが何かと私の世話をしてくれた。
バンコクに着いた当日も、食事をする前に汗を流せとティックが案内してくれた。

このお風呂場がとってもおもしろい作りだった。
個室にはなっているが、外側の壁面に幅20cmほどの腰高の水路が通っていて、透明な水が豊かに流れている。すぐそばの壁面に打ち付けられた釘には、プラスティックの手桶がかけてあり「それで水を汲んで使うのだな」とわかる。

壁で囲ってはあるものの、水路である以上、その水がその家専用というわけではない。どこから来てどこへ流れて行くのか・・。その流れを何軒人々がどんな用途で共用しているのか・・。とにかく、1本の用水路を、隣り合わせた各家が室内に通して使っているような形だ。

ところで、バリでもホテルやよほどのお金持ちでない限り、人々はお湯ではなく常温の水で髪や体を洗う。今では事情が変わってきたかもしれないが、私がよく行っていたころは、バリの山間部の村では、川にマンディ(水浴)に行く人々も多かったし、私自身も水のシャワーを使っていた。

タイもバリと同じように水なのだ、と思った。後にティックが連れて行ってくれた、彼女の友人の家でも同じ作りのお風呂場を見た。蒸し暑い気候のバンコクの人々も、いつでも水を浴びられるような作りにしておいて、インドネシアと同じように、日に3度ほどは汗を流す習慣があったのではないだろうか。
当時でさえ、バンコクには欧米式の「9時から5時の会社勤務」が増えていたようだし、大きなビルやデパートにはエアコンがよくきいていたから、日に2度も3度も水を浴びて汗を流す習慣はどんどん無くなる一方だったかもしれないけれど。

ティックと私はよく話した。簡単な英語でゆっくりと話した。タイ人の英語の発音には、このとき初めて接したので、聞き取りには苦労した。私も今よりもっと下手だったから、彼女も苦労しただろう。

彼女は貿易に関わる会社の事務職に就いていて、自分も海外に行ってみたいという気持ちが強かった。同年齢でひとりで海外を旅している私に強い興味が湧いたようで、いろんな質問をしてきた。私たちはずいぶん辛抱強く時間をかけて語り合ったものだ。

ティックは、通勤するのに、ホロつき大型トラックに乗っていた。ホロのついた荷台に、スーツ姿の人々がたくさん乗っているのを見たときには、とにかくびっくりした。というのは、バンコクは高層ビルや清潔なデパートが数多くあるし、道路は広範囲に舗装されていて、すでに大都市の様相だった。それなのに、通勤にトラックだなんて・・。

ティックは、「とにかく渋滞がひどい。考えられないくらいにひどくて頭にくる」とうんざりしていた。そして「本当に急いでいるときには、車ではなくて、バイクタクシーを使ったほうが確実に早いよ」と教えてくれた。バイクタクシーは、お客をバイクの後ろに乗せて渋滞している車の間をスイスイ縫って走ってくれる。でも値段は乗る前に目的地を伝えて、直接交渉だ。相場を知って交渉しないと、いいようにカモにされる。

バスの種類はいくつもある。料金はバスの質に応じて変わる。新型バスになるほど高いし、エアコン付のバス料金は一番高い。市街地ならエアコン無しの小型バスに乗るのも楽しい。ただし、バス停など無いに等しく、歩道から道路の2車線分ほど内側を走っているところに素早く駆け寄り、さっと飛び乗らないといけない。

その場合バスはバス停に停車しない。速度を落とした瞬間に、開けっ放しになっているドアステップの空きを見極めて、さっと飛び乗るのだ。タイミングを計る勘と思い切りのよさ、そして丈夫な足腰があれば、誰にでも利用できる。あれは、公共の交通機関にしては、スリリングな乗り物だ。

ある朝、ティックは「今日は屋台で晩御飯を食べよう」と誘ってくれた。会社帰りのティックと大きなバスターミナルで待ち合わせて、私たちはマーケットに繰り出した。日中の過酷な暑さはひとまず治まったものの、空気はまだ熱気と湿度を帯びている。辺りには、日本では嗅いだことのない匂いが雑多に混在していた。露店に並ぶ様々な衣料品や装飾品は、白熱灯に照らされて、カラフルに輝いている。そして、行き来するたくさんの人々は、元気で平和に見えた。

すっぱいのと、辛いのと、甘い砂糖。この3つを入れるのがタイ式の食べ方だよ」。ティックは、私たちが頼んだ麺類のどんぶりをもらうと、手元の調味料入れのふたをとった。まず、自分のどんぶりに小さじで3種類とも入れた。酸味のと砂糖はたっぷりと入れるのが好きなんだと言っていた。私も同じようにしてみるというと、3種類の調味料を入れた後、ていねいにスプンでかき混ぜて味を調えてくれた。最初は唐辛子の辛さに加わった甘みが、不思議な味わいだった。でも、食べるほどにおいしいと思った。

夜のマーケットには活気があった。 

このティックとは、日本に戻ってからも手紙のやり取りをした。

タグ: 海外体験
コメントエリア
■こうして
出会い、そして繋がっているんですねー。世界中に友達が居るって羨ましいです♪素敵だと思います
HoRi 4410 10/06/19 13:58

■世界中
ということはないのですが、人の繋がりや出会いっておもしろいね。
自分でどう感じるかによっても、人との出会い方やつながりのあり方が変わってくるかも?
gujo 10/06/21 09:32

コメント投稿

コメント記入欄を表示するには、下記のボタンを押してください。
※新しくブラウザが別ウィンドウで開きます。

トラックバックエリア
この記事のトラックバックURL
http://www.musublog.jp/blog/trackback.php?id=1636