Gujo Hachiman journal Gujoinus(グジョイナス)

プロフィール
gujoさん
I am TAKADA Yuka, living in Gujo-Hachiman, a wonderful rural town in Gifu, Japan. In Gujo you can experience a lot of interesting things/spots/festivals. And enjoy talking with local people here.
I can supply useful information for English speaking tourists who want to make a trip to Gujo area.
Just send me email at the following tub, please.




QRコード
アクセスカウンタ
Total:1325381
Today:1302
Yesterday:1551
日本の田舎にであう旅 
先週末、郡上市の明宝で日本の里山を体験してもらう
ツアーが開催されました。

岐阜・名古屋に住む外国人のみなさんへの広報コーディネイトをお手伝いしました。

みなさんとっても楽しそうでしょ!
国を超えて、世代を超えて、充実の週末。

参加者の皆さんの日本文化を体験しようという
知的好奇心と行動力のすばらしさで
とても和やかな一泊旅行となりました。














タグ: Gujo inaka satoyama
お礼「米国人教師の眼で見た震災被災地」
3月11日に 
「米国人教師の眼で見た震災被災地」
を無事終えることができました。

国を超えて言葉を超えて東北被災地に心を寄せ

1年の節目にともに祈り

復興に向け、一人ひとりが自分に向き合う時間でもあったと思います

講師のキンバリーとクリスの講演通訳を務めさせて頂きましたが、

会場に寄せられたさくらの花の形をしたメッセージカードで満開になった
シンボルツリーや、会場での空気感からか、

彼らの話の中では、今まで聞いたことのなかった心の中を

吐露する場面がありました。

キンバリーとクリスにとって、この郡上は心の一部になっているということが

本当に伝わって来ました。

彼らは、日本が自分にとって本当に大切な国
だから
この度のような一大事があれば、
自分のできることをしないではいられない!という気持ちに駆られる
それを、一生懸命に伝えてくれました。

たくさんのみなさんの立場を超えたお手伝いをいただきました。

ボランティアスタッフの皆様、
会場にご参加くださった皆様、
メッセージをお寄せくださった皆様、
裏方で立場を超えてご協力をくださった皆様、
本当にありがとうございました。

こころから御礼申し上げます。


(当日の様子はまた改めて書きます。)








3月11日は郡上市総合文化センターへ!
今度の日曜日でちょうど震災から1年。

たくさんのみなさんの参加をお待ちしています。


                ◇


今朝、朝日新聞の記者が岐阜から
事前告知のための取材に来て下さいました。

「なぜ、被災地へ支援に駆けつけたいと思ったのですか」
という記者の問いに

「日本は自分の家だと感じている。当時は、もう居ても立ってもいられなかった。行きさえすれば、私に出来ることがあるはずだと思った」
とキンバリーさんは答えていました。

キンバリーさんとクリスさんの
メッセージに耳をすませて

私たち郡上からの東北支援への想いを
新たにできたらと思います。

                ◇





予感♪
昨日の夜は、とってもたいへんな思いをしましたが、
何か新しいドアが開いた予感♪

はじめは、ちょっと緊張もし
準備も足りない焦りが、実はちょっとあったのですが

いつしか、
外国人モニターのみなさん
日本人の参加者のみなさんの
コメントやアイデアが
どんどん紡ぎ出される感じで

どんどん おもしろくて
もっと 聞きたくて
本当に幸せうれしい想いでいっぱいになりました



みなさん、ありがとうございました!




3・11 メッセージツリー
東日本支援イベント「米国教師の見た震災被災地」で

メッセージカードツリーを設置します。

イギリス人の友だちのアイデアで、

本物の木の枝を組んで、木を作り、
そこに、メッセージカードで花を咲かせようという
ことになりました。

さくらの花の形のカード
一人ひとりの心の言葉がつづられたメッセージカード
3月11日の震災・津波から1年の節目に
あたたかい善意の気持ちが
たくさん寄せられますように…

国を超えて 世代を超えて 地域を越えて☆
この節目の日に集まりたいと思っています

すでに
アメリカ、オーストラリア、イギリス、ドイツ、ロシア、
の方から
当日のボランティアスタッフ参加や参加の連絡をいただいています

みなさんの周りの
外国人のお友達お知り合いにも声をかけ
ぜひ、いっしょに参加してください

イベントの詳細は

「米国教師の眼から見た震災被災地」

日時:H24年3月11日(日)
会場:郡上市総合文化センター
開演:午後1時30分ー午後3時30分
    *開場:午後12時30分 

早めにご来場いただきメッセージカードをお書きください

主催:ぎふ善意通訳ガイドネットワーク