Gujo Hachiman journal Gujoinus(グジョイナス)

プロフィール
gujoさん
I am TAKADA Yuka, living in Gujo-Hachiman, a wonderful rural town in Gifu, Japan. In Gujo you can experience a lot of interesting things/spots/festivals. And enjoy talking with local people here.
I can supply useful information for English speaking tourists who want to make a trip to Gujo area.
Just send me email at the following tub, please.




QRコード
アクセスカウンタ
Total:1325422
Today:1343
Yesterday:1551
K's report on her volunteer work in 大船渡/Ofunato
Last Friday we made a get together, and listened to my friend K story about her volunteer work in 大船渡/Ofunato.

We all could understand from the photos she showed us 
that  ”What huge powers the 津波/tsunami had!"

Her base there was the NPO All Hands Volunteers → http://hands.org/ 

 


She met a lot of non-Japanese volunteer workers there.

They cleaned a 旅館/rhokan, 高校/a high school or 体育館/a gym, etc.

 I think some of them are good at speaking Japanese,
 but almost of them are not.

 I guess most of them and the Ofunato local people 
communicate with simple Japanese and English.

I also guess that working/cleaning very hard together every day may
build up the friendship between the non-Japanese volunteers and the locals without languages barriers. 


                   ◇

先週金曜日に集まりを催し、私の友達のKさんの岩手県・

大船渡でのボランティア体験について聞きました。

彼女の見せてくれた写真から、

”なんて巨大なパワーを津波は持っていたんだ!”

と理解できました。

彼女は、NPO All Hands Volunteers → http://hands.org/ 

の大船渡事務所を拠点に活動してきました。

彼女はそこで、たくさんの日本人ではない

ボランティアに駆けつけた人たちに出会ったのです。

彼らは、旅館や高校や体育館などを掃除したそうです。

彼らの中には日本語の上手な人もいるでしょうが、

ほとんどはそうではないでしょう。

彼らと大船渡の地元の方々は、簡単な日本語と英語で

コミュニケーションをしているのだと思います。

毎日、いっしょに一生懸命に働いたり掃除したりしていることが

言葉の壁を越えてお互いの友情や信頼を作り上げていっている

のではないかと思います。
get together
We make a get together to share my friend K's volunteer experience in Ofunato as follows.
Ofunato is one of disaster-stricken areas from the March/11
earthquakes and tsunami.
She worked at the base in Ofunato of NPO All Hands Volunteers which head office is located in USA.  

Please join us!

date: May 27th, Friday  from 7:30-9:00
place: Manabi no Mori Pascal (学びの森パスカル)
        Gifu-ken Gujo city   Hachiman-cho Shimatani
        *about 200 meters from Gujo city hall

 
               ◇

急遽、下記のように集まりを開くことになりました。
ご都合のつく方はぜひご参加ください。
周りのお友達やお知り合いにもお知らせくだされば
幸いです。

               ◇


 「アメリカ人・Kさんのボランティア体験を聞こう」





Kさんは2週間、東日本大震災被災地の大船渡(岩手県)で
ボランティア実践をされました。

アメリカに本部のあるNPO団体が、その大船渡に拠点を作り
今、世界からボランティアのみなさんが活動に来ています。

そこでのKさんの体験を写真を見ながら聞かせていただきます。

日時:5月27日(金) 夜7時半ー9時
場所:学びの森パスカル 2階
    *郡上市八幡町 郡上市役所より約200メートル
参加費:無料


今回の会を今後に繋げ、チャリティイベントをしたいと
計画しています。今回参加できなくてもまたの機会に
ご協力いただければ幸いです。
a charity event
My American friend living in Gujo-Hachiman drove to

Ofunato in Iwate the other day.

She drove all the way by herself!

She stayed at the All Hands Volunteer base there for two weeks,

and worked very hard as a volunteer with a lot of people 

from abroad, some Japanese and non-Japanese people 

working in Japan.

All of them are there in order to help the local people 

suffering from 3・11 earthquakes and tsunami.    

She and I are going to make a charity event with our friends 

in Gujo to raise donations.


                ◇

郡上八幡在住のアメリカ人の友達が

先日、岩手県の大船渡まで車を運転して行った。

彼女はひとりで大船渡まで運転したそうだ!

大船渡にある”All Hands Volunteer”というNPOの拠点に滞在し

外国から来た人々や、日本で働いている外国人、日本人といっしょに 

ボランティアとして2週間一生懸命に働いてきたそうだ。

そこに来ていた彼らはすべて、東日本震災の被災者の役に立つために

そこにやってきた。

彼女といっしょに私は、募金を集めるために

チャリティイベントを行おうと思っている。

walking in Gujo-Hachiman
It is lovely day today.

Actually it is nice to take a walk 
along the Yoshida-gawa river in this season.

The following two photos are parts of an information/direction board 
which stands nearby my house. 

It has not only Japanese and English 
but also Korean and Chinese.








I enjoyed about 30 minutes walking to see these points.







from my garden
Look at the beautiful pink color!



This tulip is from my tiny garden.

The branch is also from the garden,  and it is やまぼうし/yamaboushi
a kind of dogwood.

Spring is here in this 生け花.
 

 
On a peaceful day
Last week my friends living in Gifu invited my family to 
a BBQ on the riverside in Gujo.

It was lovely day.

We enjoyed eating, chatting and drinking.

Ms. R was a so nice person and she and her small sweet son played with my daughter a lot.

They also live in Gifu city.

Actually a half of them at the BBQ are from Gifu city.

I met a Romanian there on that day.

A Russian lady introduced me to her. 

We three talked for a while.

They were excited with my words:

"I have been to Moscow and Bucharest, the capital of Romania. Yes, I went to your countries almost 20 years ago."

Both of them asked me at the same time.
 " You were so scared in those places, weren't you?'"

Yes, actually some experiences there were kinds of 
very scary experiences in my life.

Only one thing I can say is that I was very young enough to try such scary situations.

They said "They had the guns and rifles, didn't they? "

”……”

”………!”

                ◇
 
I felt we were free, 
because we could talk freely what we thought each other.

Yes, Japan is so free and safe country.

There are so many not free and safe countries in the world.

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                                     

先週、岐阜に住んでいる友達が、郡上の川原でBBQをするからおいでと、
わが家にもお招きをくれました。

とても良い日和でした。

食べたり飲んだり、おしゃべりをしたりと、楽しみました。
  
Rさんはとても親切で、彼女とその幼いかわいらしい息子さんは、
私の娘とよく遊んでくれました。
 
彼らも岐阜に住んでいるそうです。

実際、その日のBBQの参加者のうち半分は、岐阜市在住。

その日そこで、私はルーマニア人に出会いました。       

ロシア人の女性が私を彼女に紹介してくれたのです。

私達はしばらく話しました。

彼らは私の言ったことに驚きました。

「モスクワにもブカレスト(ルーマニアの首都)にも行ったことありますよ。
20年近く前に、お2人の国に行きました」

彼女達は同時に私に訊きました。

”怖かったでしょ?”

実際に、ある意味でこれらの場所での経験は、
今までの人生の中で、怖かった部類に入ると思います。

ひとつ言えるのは、そんなちょっと怖い状況にもチャレンジしよう、
という若さが当時あったということ。

彼女達は続けました。

”だって銃や鉄砲を持っていたでしょ!”

        ”………”
        ”……………!”

                ◇

私は、なんて自由に思ったことをお互いに自由に話せるんだろう
と思いました。

日本は本当に自由で安全な国です。

世界には、自由でない安全ではない国々が
本当にたくさんあると思っています。

養老孟司/Yoro Takeshi
I have been into Yoro Takeshi last a few years.
The book I am reading now is "大切なことは言葉にならない 
/ Taisetsu-na-koto wa Kotoba ni Naranai" written by him
 and published in this April.

What he is telling us are all basics.
I don't say that it is easy for me to understand his idea.

Actually he is a great person.
Nobody can categorize his work into any special field.   
養老孟司 is Yoro Takeshi.

One of very interesting things which sometimes happens
to me is that English doesn't work well when I talk about something so Japanese with non-Japanese people.

I am not talking about one's English ability here.
Whenever I face this situation, I feel there is no way to manage.
Spending a lot of words in English doesn't make sense.
It is a complete waste of time.
  
I have been wondering on this point for about 25 years.

Finally a point of view was given through reading his books and I guess that it is an answer for my long-term question.     

Do you want to know what I found?
I can't tell you it here.

Why not?
Because the secrets of the world/society can't be expressed in words; "大切なことは言葉にならない 
/ Taisetsu-na-koto wa Kotoba ni Naranai"


                                  ◇

ここ数年、養老孟司氏にはまっている。
今読んでいる彼の本は、『大切なことは言葉にならない』でこの4月に出版されたもの。

彼が私達に語っていることは、みんな基本的なことばかり。
ただ、それらを理解することは簡単だと言っているのではない。

現に彼はすごい。
誰も彼の仕事を何かの専門分野に分類することはできないはずだ。
養老孟司はヨウロウタケシなのだ。

ところで、私がずっと気になっていることのひとつは、日本人ではない人と”とても日本的なこと”について話しているとき、英語がうまく機能しないということだ。

これは個人の英語力のことを言っているのではない。
この状況に入ると、どんなに言葉を費やしても意味を成さない。
本当に時間の無駄なのだ。

どうしてなのだろうと、もう25年ぐらい模索してきた。

彼の本をいろいろと読みながらある視点を見出したのだけれども、どうやらそれが、長年の私の疑問の答えになるようだ。

それが何だか知りたいですか?
でもここでそれをお伝えできないのです。
大切なことは言葉にならない!  

でも、ということは。。。
長年の疑問に答えるべく理由は何とかわかっても
あの状況を打開する術は。。。
やはり簡単には見出せませんねぇ^^;

やれやれ。。。