岐阜町若旦那会のブログ

プロフィール
岐阜町若旦那会さん
岐阜町とは現在の金華京町地区にあたり、信長や道三の時代に町人や家臣を居住させ商工業の中心として栄え、江戸時代から明治大正の時代まで岐阜町が岐阜の中心でした。
芝居小屋や役所、各問屋、花街などが集まっていた地域でもあります。

そんな岐阜のはじまりの町、岐阜町の商店や寺院の後継ぎ世代が集い2010年に設立。
「岐阜まち歌舞伎」「岐阜町の縁日」の開催を通じ岐阜町の魅力を発掘・発信しています。
人が訪れたくなる町、住みたいと思う町をめざし活動中。

QRコード
アクセスカウンタ
Total:303526
Today:5
Yesterday:52
<<prev | 最新 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 最初 | next>>
ORGANデザイン室の蒲です。
こんにちは。
ORGANデザイン室の蒲勇介です。私は、岐阜町若旦那会のメンバーでありながら、岐阜町の生まれでもなく、何代目、というわけではないのですが、五年前にこのまちに引っ越してきた、新規移住者です。
ポスター、フライヤー、ホームページなどのグラフィックデザイン業を生業としながら、まちづくりNPO ORGANの代表も務めています。

そもそも、私がなぜここ岐阜町に引っ越してきたかというと、始めのきっかけは、8年ほど前『水うちわ』という岐阜ならではの伝統工芸品を、川原町にある『岐阜うちわ』のお店『住井富次郎商店』さんや今町にある美濃和紙加工業『家田紙工』さんたちと復活させる事業をしたことでした。

『岐阜には、文化的なものがあまりないと思っていたのに、こんなにも素晴らしい伝統文化が受け継がれていたのか!』と、まさに目から鱗が落ちました。

さらには、京都などにしかないと思っていた『町家』がまだたくさん残っていることも知り、ずっとこの町に住むことに憧れていた折、ある人の紹介で築110年の明治の建物をお借りすることができました。
ずっと憧れていた
『古い町に住む』
は、なかなか理想通りにはいきませんが、今、新たなこの町ならではの楽しみ方を、若旦那会のメンバーと一緒につくりあげていけるのは、本当にうれしいです。

さて、自分が岐阜町・町家に住みたかったので、他にもそういう人が多いであろうと思い、引っ越し二年目に有志と始めた『岐阜町家情報バンク』という活動ですが、町家を活用した新しいお店ができたり、新規移住者が来たりと、ちょこちょこの成果はあったものの、なかなか大きな成果にはむすびついていない状況です。
しかし二年前岐阜町若旦那会が発足してからは、岐阜町の知名度は一気に上がってきたように思いますし、若旦那会はこれまであまり誰もやってなかった『岐阜町に新規移住者を増やす』という方針を持った、初めての団体です。
かつて岐阜県の中心であった素晴らしい、伝統的な資源がたくさん残っているこのまちも、高齢化が激しく進み、まちを受け継ぐ次世代の人口は、まだまだ少ない。そんな中、
『次世代が憧れる、みんなの岐阜町を担ぎたい』という理念を掲げて動き出している若旦那会。移住者として加えていただいている僕がいつも感動するのは、100年以上、何代も続いてきた店・寺・家を継ぐ若旦那達の『覚悟』です。
150年以上続く麩兵の、川島会長の言葉『自分がこのまちを出て行くときは、店を畳むときか、死ぬときだ。』
かっこよくて泣きそうになります。
そんな訳で、こんなかっこいい、覚悟を持った若旦那達がいる岐阜町に、あなたも移住してみませんか?

まだまだ制度は整っていませんが、地域のネットワークを使えば、町家は難しくても、空き家は見つかるかもしれませんよ。
本日18時30分よりFMわっちに出演☆
おはようございます岐阜町若旦那会の柴田です。

【告知】です。
本日FMわっち78.5MHz
ゆうがたわっちのコーナー
ぎせつ丸と茶々姫のG2スタイル
18時30分~19時
に岐阜町若旦那会のメンバー3名が出演します。

お時間がありましたら是非聞いてくださいませ~。

FMわっちHP
http://www.fm-watch.jp/

マイケルジャクソンのダンスをしました。
みなさんこんにちは、岐阜町若旦那会の柴田です。
いつもありがとうございます、久しぶりの更新です。

さて先日になりますが、友人の結婚披露宴の余興として若旦那メンバー数人でダンスをしてきました。
お題はマイケルジャクソンの「Smooth Criminal」です。

Youtubeにアップしてありますのでどうぞご覧くださいませ。
岐阜町若旦那会 株式会社ヱビスの古田です。
皆様、毎度御世話になっております!
わたくし、岐阜町若旦那会の 古田浩紹 と申します。

メンバーのお店のご紹介ラリー『第7弾!』
は・・・



ラッピング・パッケージの印刷・加工・販売を営んでおります
株式会社ヱビス でございます。
宜しくお願いします。


昭和20年、祖父の古田善吉が創業し、現在は
二代目古田隆和が代表取締役を引き継いでおり、
その息子がわたくしであります。

創業時は紙製品が中心で、紙袋も手内職で貼って販売しておりました。時代に伴い、石油製品(ポリ袋等)も自然と取り扱うようになり、現在では、
1つの商品の過程・・・製造からお客様のお手元に渡るまでのあらゆる包装資材をご提案・ご提供しております。

今後ともよろしくお願い致します。

岐阜市泉町36番地
TEL:058-265-1655


2011こよみのよぶねの記録
おはようございます岐阜町若旦那会の柴田です。

今年2012年はいろいろなイベントが目白押しです。
特に岐阜県では、ぎふ清流国体が秋に行われます。
メイン会場の長良川競技場ではそのオープニングイベントが行われます。
そのオープニングにこよみのよぶねが登場する予定です。
今年1月9日にそのテストが行われました。
テストに使用したこよみのよぶねの行灯は、昨年行われた際に使った巨大数字行灯です。
このテストが終わった後に解体をされ、左義長神事で燃やされました。
その時の様子をクローバースタジオの永田さんが記録しており、YOUTUBEに動画がUPされていますので紹介したいと思います。
2011こよみのよぶねの記録
明けましておめでとうございます!
岐阜町若旦那会の柴田です。
ご挨拶が遅れましたが、本年もどうぞよろしくお願いいたします。

さて、昨年行われた日比野克彦さん監修による「こよみのよぶね」が今年岐阜で行われる「ぎふ清流国体」のオープニングを飾ることになりました。
そのためのテストを長良川競技場で行った後に行灯をすべて解体しました。

また今年の秋の国体には新しい「こよみのよぶね」行灯を組み立てる予定です。
今からわくわくします。

昨年の「こよみのよぶね」の映像記録がYOUTUBEにアップロードされておりますので、是非ご覧ください。
この映像の中に私も登場しております。
着物で屋形船に乗っていたので寒かったです。


岐阜町若旦那会、魚半食堂の瀬戸です。
みなさん初めて、岐阜町若旦那会の瀬戸です。
会員紹介第6弾は魚半食堂を紹介させて頂きます。
当店は、私の祖父である瀬戸英次郎が昔の商工会議所にあったレストラン(会議所食堂)のコック長をしておりましたが、戦争で空襲があってから営業が出来なくなり、たまたま焼け残った自宅を改装して商売を始めたのが最初で、自宅だった為大通りなどには面しておらず路地を入った目立たぬ場所で営業しております。お越しの際は是非探して下さい。ヒントは、大イチョウのある寺の裏の方にあります。


2回程改装を経て現在に至っております。しかしながら創業何年たっているのかは分からないです。(正式な記録がないんで…)
洋食が得意だった祖父が開発したカツ丼がうちの看板メニューになってます。
他所にはありません。って言うか見たことないですね…、それがこれです!


本物は実際に見てお確かめ下さい。
魚半食堂
岐阜初音町13
営業時間
11時30分〜19時30分
(休憩時間あり)
日曜定休
こよみのよぶね リポート
おはようございます。岐阜町若旦那会の柴田です。

本日はクリスマスイブ
ケーキ屋さんが一番忙しい日になりますが、がんばってブログも更新します!

先日行われた「こよみのよぶね」
若旦那会は干支のうさぎの巨大行灯を制作し、当日もスタッフとして参加させて頂きました。

まずは前日12月21日
石金旅館横の神明神社で安全祈願を行いました。

神明神社での安全祈願には東京の制作チームの方々ややながせ倉庫の方々、若旦那会のメンバーと日比野さんなど10数名で執り行われました。

そして当日12月22日16時よりセレモニーが始まりました。

15時40分くらいからスタッフが集合し説明を受けます。
16時になるとセレモニーがはじまり、各船の乗船者が紹介をされます。私たち若旦那会は2月の船に乗船しました。


夕暮れになりインタビューが終わる頃に点灯式。
各船に灯りがともります。本当に綺麗です。

17時45分いよいよ出航します。一番最初は干支船からで、次々に1月から出航していきます。


上流へ向けて移動し、お山下と呼ばれる鵜飼船の折り返し地点でしばし休息、鵜飼乗船場に並んだ時と同じように整列します。


お山下から下流へ向けて移動していき、すぎ山旅館前のプロムナードで旋回して、こよみっけを受け取りました。


船の横にこよみっけを飾りお見送りまで待機。
20時まで続いたこよみのよぶねは終わりの時間になります。
最後は出発した鵜飼乗船場に戻り、灯りを消して片付けが始まります。

22時~ホテルパークで打ち上げ

約90名の関係者で打ち上げを行いました。
本当に楽しい時間を共有できました。
ありがとうございました!
そしてお疲れさまでした!

また来年も若旦那会でこよみのよぶねに参加したいと思います。
こよみのよぶね完成!
こんばんは、岐阜町若旦那会の柴田です。

前回もご報告させていただきましたが、岐阜町若旦那会による「こよみのよぶね」制作が行われ、昨晩ようやく完成となりました。
岐阜町若旦那会のメンバーはもとより、岐阜町に住む有志の方々とこよみのよぶね実行委員会の方々を合わせ、総勢20名を超える人たちと一緒に作業を行いました。


作業3日目
竹で組んだ本体に和紙を貼っていきます。


高さが2.5mほどあり、頭や耳の部分の作業が難しいので、本体を横に寝かせて和紙を貼っていきます。


最後に残った和紙は若旦那会会長の川島さんが貼ります。儀式的な感じですが、みんな和気あいあいで自然と笑顔が出ます。


作業場となっている「かわらや支店」徳村さんの奥さんお手製「味噌煮込みうどん」の登場!
3日目となった作業日ですが、3日連続で賄いを作っていただき感謝の言葉があふれ出ます。本当に身体が温まりました、ありがとうございます!


味噌煮込みうどんで小休止したあとは、最後のポイントの仕上げです。
赤い部分を入れて和紙貼り作業が終わりました。
このまま少し乾いたら、撥水塗料を塗って完成になります。


残す作業は撥水塗料のみとなったところで、完成を祝い乾杯です。
乾杯の音頭を川島さんがとり、シャンパンで乾杯!
うまかった~


完成形です。
今年の干支であるウサギの巨大行灯。
なかなかいい出来栄えじゃないでしょうか?

多くの方に協力をいただき完成したウサギちゃんは12月22日の本番まで、この作業場で待機しております。

本番当日は若旦那会メンバーはこのウサギちゃんと共に長良川をゆらゆらと流れる予定です。

今から楽しみです。

こよみのよぶねHP
http://www.dnaand.org/index.html

こよみのよぶねフブログでも岐阜町の作業の様子がUPされています。
http://www.dnaand.org/blog/
岐阜町若旦那会 菓子工房みのひだ屋の柴田です
みなさんこんにちは岐阜町若旦那会の柴田です。

本日は若旦那会メンバーのお店紹介第5弾として、私のお店「菓子工房みのひだ屋」をご紹介します。

当店は岐阜市笹土居町にある洋菓子店で、お店の中でケーキセットやランチセットなどを提供しております。
どのケーキも岐阜県産の素材を使い、自然な甘さを生かした製法で作っております。


★人気のケーキセット 500円

ケーキセットはお飲み物とケーキのセットになります。
ドリンクもケーキも組み合わせはご自由です。


★パスタランチセット 1000円(11時~14時)

メインパスタと前菜、ドリンクのセットになります。
毎日2種類ご用意しております。

※パスタだけはお持ち帰りも可能です。


★ケーキバイキング用に小さめのケーキのご注文もお受けできます。価格個数など相談に応じます。



★クリスマスケーキのご注文もお受けしております。

6号(直径18cm)サイズ
いちごの純米クリスマスケーキ 3800円
ガトーショコラ・ノエル 3800円

5号(直径15cm)サイズ
いちごの純米クリスマスケーキ 3000円
ガトーショコラ・ノエル 3000円

限定個数になりますのでお早目にお願いたします。
ご注文は店頭にてお願いたします。
〆切り12月18日


〒500-8055
岐阜市笹土居町18番地
TEL 058-265-1616
営業時間:10時~18時
定休日:毎週水曜日、第三日曜日 その他不定休
<<prev | 最新 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 最初 | next>>