岐阜町若旦那会のブログ

プロフィール
岐阜町若旦那会さん
岐阜町とは現在の金華京町地区にあたり、信長や道三の時代に町人や家臣を居住させ商工業の中心として栄え、江戸時代から明治大正の時代まで岐阜町が岐阜の中心でした。
芝居小屋や役所、各問屋、花街などが集まっていた地域でもあります。

そんな岐阜のはじまりの町、岐阜町の商店や寺院の後継ぎ世代が集い2010年に設立。
「岐阜まち歌舞伎」「岐阜町の縁日」の開催を通じ岐阜町の魅力を発掘・発信しています。
人が訪れたくなる町、住みたいと思う町をめざし活動中。

QRコード
アクセスカウンタ
Total:300949
Today:11
Yesterday:45
<<prev | 最新 | 1 | 2 | 3
岐阜祭奉賛「岐阜まち歌舞伎」 四月四日開演!
昨年みなさまに大変ご好評を頂きました、岐阜祭奉賛「岐阜まち歌舞伎」は今年も開催いたします!

岐阜町に本来の岐阜祭りの賑わいを取り戻したい!そういった思いを込めて岐阜祭りに「岐阜まち歌舞伎」を奉賛させて頂きたいと思います。

岐阜町若旦那会全体で大いに盛り上げていきたいと思いますのでみなさまどうぞ応援のほどよろしくお願いいたしまするぅ~。


岐阜祭奉賛「岐阜まち歌舞伎」
四月四日(木) 伊奈波神社参集殿「稲葉座」にて
開場18:00 開演18:30
入場無料
主催 岐阜町若旦那会

【演目】与話情浮名横櫛「源氏店」

【役者】岐阜町若旦那会
    筆屋 画左衛門(加藤画材)
    安乗院 善光(善光寺)
    鵜難儀屋 徳兵衛(かわらや支店)
    俵屋 角三郎(大平米穀店)






昨年の第一回「岐阜まち歌舞伎」の様子。演目は鳴神。会場のキャパを超える幅広い層のお客様が会場に詰めかけてくださいました。




みなさま、四月四日(木)は 伊奈波神社参集殿「稲葉座」にぜひご来場くださいませぇ~!!



(藤居)
2012年4月4日 岐阜祭奉賛 岐阜まち歌舞伎 レポート

おはようございます。
岐阜町若旦那会の柴田です。

昨日4月4日18時半より、伊奈波神社参集殿にて「岐阜まち歌舞伎」が開催されました。




岐阜町若旦那会が主催で行うイベントとしては、昨年秋に岐阜公園で開催した「岐阜町の縁日」に続くもので2回目となります。

今回伊奈波神社で開催させてもらうことの意味。
4月4日に行う意味をかみしめながらの歌舞伎です。

我々岐阜町若旦那会の理念「次世代があこがれる、みんなの岐阜町を担ぎたい!」
の大きな4つの方針として。一番目の大きな柱
「岐阜祭本来の意味を理解し、本質をみんなに広めたい」
という方針がございます。

その第一段階として、4月5日に伊奈波神社の例祭があり、その神事こそが本来の岐阜祭という認識を持って頂く事なのです。

もし近い将来、4月5日の伊奈波さんの例祭がクローズアップされて、岐阜町のお祭りとして本来の岐阜祭が復活できればうれしいですし、岐阜町に賑わいをもたらす着火点になるかもしれません。

という若旦那会の理念や方針のお話はここまでにして「岐阜まち歌舞伎」の演目は「鳴神」です。

そちらの様子をご紹介します。

まずは今回、大変多くの方にご来場頂きました。
おおよそ200名ほどの来場者でした。
出演者、スタッフ共々感謝感激しておりました。



歌舞伎「鳴神」の様子はこちら

出演者のご紹介
鳴神上人  川島徹郎
黒雲坊    寺澤隆浩
白雲坊    安藤栄紀
雲の絶間姫 古田浩紹


鳴神上人と雲の絶間姫のやりとりは笑いを誘いました。


鳴神上人が怒ります


怒った鳴神上人を演ずる若旦那会会長の川島さん
普段はみれないカッコイイ姿でした(笑


閉幕後にサプライズのお花
会場は拍手の嵐でした。

今回まち歌舞伎を終えて感じましたが、地元の人の顔が大変多かったです。
ご近所に住んでいる岐阜町の人だけでも三割ほどいらっしゃいました。
本当に温かい拍手をいただきました。
岐阜町を盛り上げるために何ができるかを真剣に考えて、我々のような次の世代の人間がどんどん出て行かないといけないと再確認しました。
本当にありがとうございました。

また秋には昨年行いました「岐阜町の縁日」を開催します。
またその時にはご参加くださりますよう、ごあいさつに代えさせて頂きます。ありがとうございました。
いよいよ明日!岐阜祭り奉賛 岐阜まち歌舞伎
役者陣のお稽古もクライマックスに入って参りました!

4月4日岐阜まち歌舞伎in伊奈波神社参集殿。
開場18:00 開演18:30。
岐阜まつり奉賛、主催は岐阜町若旦那会。
演目は「鳴神」!
入場無料!

役者は岐阜町若旦那会の会長である麩兵の若旦那
同じくメンバーの
包装紙材のエビスの若旦那
洋菓子店アンドレディの若旦那
亀甲屋本舗の若旦那
が歌舞伎を演じまする!


みなさまお誘い合わせの上ぜひお越しくださいませえ~!


【鳴神 あらすじ】

世継ぎのない天皇からの依頼をうけて、鳴神上人(なるかみしょうにん)は寺院建立を約束に皇子誕生の願をかけ、見事これを成就させる。しかし当の天皇が寺院建立の約束を反故にしたため、怒った上人は呪術を用いて、雨を降らす竜神を滝壷に封印してしまう。それからというもの雨の降らぬ日が続き、やがて国中が旱魃に襲われ、民百姓は困りはててしまった。

そこで朝廷では女色をもって上人の呪術を破ろうと、内裏一の美女・雲の絶間姫(くものたえまひめ)を上人の許に送り込む。姫の色仕掛けにはさすがの上人も抗しきれず、思わずその身体に触れたが最後、とうとう戒律を犯し、さらには酒に酔いつぶれて眠ってしまう。その隙を見計って姫が滝壷に張ってある注連縄を切ると封印が解け、竜神がそこから飛び出すと一天にわかにかき曇ってやがて豪雨となり、姫はその場を逃げ去る。雨の音に飛び起きた上人はやっと騙されたことに気づき烈火のごとく怒り、髪は逆立ち着ている物は炎となって姫を逃さじと、その後を追いかける。






岐阜祭奉賛 岐阜まち歌舞伎 プレス発表
おはようございます、岐阜町若旦那会の柴田です。

昨日岐阜市大和町にある旧麩兵川島邸にて、岐阜町若旦那会主催の「岐阜祭奉賛 岐阜まち歌舞伎」の手打ち式を執り行いました。
新聞各社を招いて行いましたので、後日新聞記事として掲載されることと思います。

こちらのイベントは4月4日18時半~
岐阜市の伊奈波神社参集殿で行います。
入場無料となりますので、お近くの方は是非ご来場くださいませ。

<<prev | 最新 | 1 | 2 | 3