岐阜町若旦那会のブログ

プロフィール
岐阜町若旦那会さん
岐阜町とは現在の金華京町地区にあたり、信長や道三の時代に町人や家臣を居住させ商工業の中心として栄え、江戸時代から明治大正の時代まで岐阜町が岐阜の中心でした。
芝居小屋や役所、各問屋、花街などが集まっていた地域でもあります。

そんな岐阜のはじまりの町、岐阜町の商店や寺院の後継ぎ世代が集い2010年に設立。
「岐阜まち歌舞伎」「岐阜町の縁日」の開催を通じ岐阜町の魅力を発掘・発信しています。
人が訪れたくなる町、住みたいと思う町をめざし活動中。

QRコード
アクセスカウンタ
Total:301951
Today:37
Yesterday:58
岐阜まち歌舞伎にご来場ありがとうございました!

第8回 岐阜祭奉賛 岐阜まち歌舞伎
平成31年4月4日 伊奈波神社参集殿
演目「御存 鈴ヶ森」
指導振付:二世 尾上幸松 (鳳川伎連 喜久次)
主催:岐阜町若旦那会

今年も会場から溢れるほどの300人を超えるお客様にご来場いただき盛況のうちに無事終える事ができました。

今回良かったのはお囃子と歌舞伎にお子さんに出ていただいた事。

若旦那会の最重要課題である「次世代への継承」のはじまりを感じました。またやりたいとの事なので今後が楽しみです。

そしてゲスト役者の方の活躍、初舞台の方が多いにもかかわらず凄い存在感で会場を沸かせていただきました。

稽古初めの時ゲストの方のモチベーションが高くて主役の若旦那がかなり刺激を受け、結果とても良い舞台になったと思います。

8回も続けているといろんな方からご協力、お手伝い、多くの温かいお言葉をいただく事が多く積み重ねてきたものを実感しています。

そしてこれからも一回一回を大切にして、継続、そして継承していけたらと思います。

岐阜まち歌舞伎に関わっていただいたみなさん、どうもありがとうございました。


終幕後、役者、スタッフとともに記念撮影


岐阜新聞より

岐阜まち歌舞伎の動画になります↓
来られなかった方もぜひご覧ください!