岐阜町若旦那会のブログ

プロフィール
岐阜町若旦那会さん
岐阜町とは現在の金華京町地区にあたり、信長や道三の時代に町人や家臣を居住させ商工業の中心として栄え、江戸時代から明治大正の時代まで岐阜町が岐阜の中心でした。
芝居小屋や役所、各問屋、花街などが集まっていた地域でもあります。

そんな岐阜のはじまりの町、岐阜町の商店や寺院の後継ぎ世代が集い2010年に設立。
「岐阜まち歌舞伎」「岐阜町の縁日」の開催を通じ岐阜町の魅力を発掘・発信しています。
人が訪れたくなる町、住みたいと思う町をめざし活動中。

QRコード
アクセスカウンタ
Total:303643
Today:6
Yesterday:20
すず野さんで第7回岐阜町ドリンクス




自分たちの町にある店は知っておきたいよねということで先日、岐阜町の蕎麦屋さん「すず野」で第7回岐阜町ドリンクスを開催しました。

若旦那と岐阜町周辺の人たちと交流、そして約8年前に岐阜町にお店を構えられた店主のお話をお聞きしました。

この町は夜は静かだがいいお客さんに恵まれていて商売もうまくいっておられるそう。

他の地域より細かい行事などが多くて協賛も多いそうだかそれは地域の個性だから大丈夫との事。

それ以外にも移転されてきた人の意見はなるほどと思うことが多い。

その流れでこれまた移転されてきた瓦屋根が印象的な若旦那の家を見学。中は大きなワンルームという個性的なお家。

住み心地やこの町に越してきた心意気などを聞かせていただいた。

いいものを見せていただきました。

ありがとうございます。


「そば切り すず野 」岐阜市白木町41
元々日本料理をされていた店主のそばコースは美味しかったです。

「チーム町家」に学ぶ研修。
「チーム町家」に学ぶ研修。

先日、若旦那メンバーで郡上八幡まで行って参りました。

毎年11件も空き家が増え続けている状況を、チーム町家発足から3年で横ばいプラスアルファ入居者増の成果をあげているとの事。

すばらしい。

空き家の家主から物件を借り上げてリフォームなどをして入居者を募って入っていただく。

住居、店舗ともに手がけている。

今となっては活動の成果の知られる事になり、貸し手も借り手もお声がかかるようになっているそうだが成果を上げ続けるのはなかなか大変そうだ。

10年後には公社という立場から独立出来たらと言っておられた。

少子高齢化による人口減少や空き家の増加は我が岐阜町も同じ問題を抱えているけれど、八幡の町は空き家への危機感が岐阜町より強いと感じた。

10年後20年後の町の未来を考えたら尚更今行動して行かなければならない。

自分たちの立場でやるべきこと、出来ることは何か。

この経験を今後の活動に生かして生きたい。