藻琴のブログ

QRコード
カテゴリ
アクセスカウンタ
Total:81471
Today:28
Yesterday:38
中国の時計ブランドは、すでに国際的に認められている
改革開放の推進の下、時計、ミシン、自転車は20世紀の70年代の末期の中国人の自慢の家庭の「三大大」だった。当時の時計はただの希少消費品だったが、国内の時計産業を刺激するための徹底的な質問と発展を否定することはできない。今の中国のパネライコピー時計産業はだんだん規模になって、国内の時計の生産量はすでに世界の生産量の80 %を占めています。シンセンは、勢いが強い中国の時計産業の助成器である。

「深圳時計業の発展と国内の時計業は異なる経路である。以前の国内の経路は「大きくて全、小さいが全」であり、深圳は香港資本、台湾資本企業の改革開放時期の続々と進駐し、「精細分業、セットの完備」の方向に発展した。深セン市時計業界協会は、副会長、秘書長のジュンス・華氏が述べた。深セン時計産業の発展というと、深圳市時計業界協会は最も権威と説得力の代表である。創立27年の深圳市時計業界協会は、全国に時計、時計部品、販売企業など400以上の会員を持ち、複数の専門機関を設置している。時計界の領軍人物として、深圳時計産業をユニークな目で連れていく。

ブランドの認め、利潤の上の追求

「品質的に言えば、今日の国産ブランドのガガミラノスーパーコピー時計はスイスの時計に劣っていない。性価格よりも良いかもしれないが、国産ブランドの感知度や褒美は足りない」「国産時計ブランドのアイデンティティを増やすのは時計業界協会の努力の方向」と述べた。
コメントエリア

まだこの記事のコメントはありません。

コメント投稿

コメント記入欄を表示するには、下記のボタンを押してください。
※新しくブラウザが別ウィンドウで開きます。

トラックバックエリア
この記事のトラックバックURL
http://www.musublog.jp/blog/trackback.php?id=222405