森農楽舎 山んなか日記

プロフィール
森農楽舎山んなかさん
四方を山に囲まれた
郡上市明宝。
そんな「山んなか」で
ヨソから移住してきた夫婦が、
里山の知恵と技を学びながら、
里山の恵みを活かし、
持続可能な暮らしを模索していきます。

夫:わっちー
大垣生まれ
森林文化アカデミー1期生
美濃市で10年間
森林整備の仕事に従事したのち
2012年結婚と共に明宝へ移住。
現在は、
明宝の山んなかにある
わさび田の管理と、
山仕事に従事する。
時には、
森林整備の指導にもあたる。
目指すは、
森のユーティリティープレーヤー

嫁:サミー
名古屋市生まれ
2010年地域がんばり隊として、
明宝に移住。
続けて明宝の地域おこし応援隊として
ふるさと栃尾里山倶楽部をはじめとする
地域活動に携わる。
2013年春退任。
現在は、夫と共に、
畑、わさび作りや、
地域づくり活動に携わる一方、
郡上市内の病院で、
言語聴覚士として勤務。
目指すは
田舎のスーパーおばあちゃん

QRコード
アクセスカウンタ
Total:2220393
Today:131
Yesterday:170
ワサビ丼ツアー開催~長良川おんぱく
このブログでもご紹介しました、
長良川おんぱくの企画
清流吉田川の源流で、ほぼ天然の
ワサビ収穫と極上ワサビ丼

1回めが無事に終了しました。

申し込み開始早々、
ご予約がいっぱいになり、
本当にありがたい気持ちでいっぱいな反面、
みなさんのご期待に添えるのか、
不安でもあり、
落ち着かない1か月あまり。


参加者の皆さん、
ワサビとご対面。


各自で収穫したワサビをすりすり、
ワサビ丼で頂きます。

「極上」銘打ったからには、
できる限りの「極上」を目指しました。

その中身については、
2回めが終わってからご報告します。

この日、私たちが想定していた以上に、
気温が低く、
ご飯が炊き上がるまでに時間がかかってしまって、
参加者のみなさんには、
「おあずけ」状態…

外で調理をする場合、
気温や風などに影響も大きくて、
まだまだそれに臨機応変に対応できるスキルが
足りないなぁと反省。

それでも「極上」ワサビ丼は、
堪能いただけたようで、
1.5升(スタッフ含め11人分)のお釜のごはんは
あっという間に空っぽに。


思い思いにわさび田の時間を過ごされたあと、
わっちーの案内で、
森の中の散策。

最後は湧水で紅茶を入れて、
振り返り・・・

ところが、ケヤキの木の下に陣取った私たちを襲ったのは、

大量のケヤキの実!
(と少量の鳥の糞)

そう、鳥の群れがケヤキの実をついばみに来て、
大量に実を落としてくれたのです。

わざと??

私たちが場所を変えると、
鳥たちも去っていきましたが、

とっても面白いハプニングでした。



私たちにとっては、
はじめてのお客様。
至らない点も多々あったかと思いますが、
とても楽しかった、
美味しかったのお言葉を頂けて、
本当にうれしく思いました。

私たちも、
やりたかったことがこうして実現することができて、
少し自信がつきましたし、
ワサビ田、がんばっていこう!っという
エネルギーも頂きました。

さて、2回めも、もう間もなく。
お天気もよさそうだし、
また、楽しい山んなか時間をシェアできますように。

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ


コメントエリア

まだこの記事のコメントはありません。

コメント投稿

コメント記入欄を表示するには、下記のボタンを押してください。
※新しくブラウザが別ウィンドウで開きます。

トラックバックエリア
この記事のトラックバックURL
http://www.musublog.jp/blog/trackback.php?id=56137