森農楽舎 山んなか日記

プロフィール
森農楽舎山んなかさん
四方を山に囲まれた
郡上市明宝。
そんな「山んなか」で
ヨソから移住してきた夫婦が、
里山の知恵と技を学びながら、
里山の恵みを活かし、
持続可能な暮らしを模索していきます。

夫:わっちー
大垣生まれ
森林文化アカデミー1期生
美濃市で10年間
森林整備の仕事に従事したのち
2012年結婚と共に明宝へ移住。
現在は、
明宝の山んなかにある
わさび田の管理と、
山仕事に従事する。
時には、
森林整備の指導にもあたる。
目指すは、
森のユーティリティープレーヤー

嫁:サミー
名古屋市生まれ
2010年地域がんばり隊として、
明宝に移住。
続けて明宝の地域おこし応援隊として
ふるさと栃尾里山倶楽部をはじめとする
地域活動に携わる。
2013年春退任。
現在は、夫と共に、
畑、わさび作りや、
地域づくり活動に携わる一方、
郡上市内の病院で、
言語聴覚士として勤務。
目指すは
田舎のスーパーおばあちゃん

QRコード
アクセスカウンタ
Total:2234210
Today:259
Yesterday:344
どうしてくれよう、ゴーヤ
夏野菜っていうのは、
上手くできてるなぁと思うこと。

ピークがリレーのように、
バトンが渡されていく。

今年初めてゴーヤに挑戦。
聞くところによると、
日よけのカーテンに植える人が、
実がなりすぎて困るって話。

でも、花はいっぱい咲くけど、
なかなか実がならないなぁ、なんて
7月には思っていた。 

ところが、ところが、
暑さが増してくると、
どんどん、どんどんツルを伸ばし、
気が付けば、周囲の野菜たちを杖にして、
勢力拡大。

ちょっと目を離した隙に、
トマトの畝に覆いかぶさり、
支柱を倒してしまうほどの勢い。

それとともに、
実もどんどんつき出した。

ぱっと見、葉っぱに隠れて分からないけれど、
少しめくってみると、

「でーたーぞー」

なんて、グロテスクないでたち(笑)


夕陽をバックに

どうしてくれよう、このゴーヤ

と途方にくれる。


まぁ、半分はヨメに行き、
ゴーヤといえば、定番の
ゴーヤチャンプルーにするが、
そんなんでは、全然減らない。

ググって、大量消費レシピを探し、
有効活用の道を探す。

根っからの貧乏性。
はたまたケチなのか・・・
無駄にはしたくないのだ。


一番、大量消費できるとしたら、
佃煮。
ちと、甘過ぎた。
こちらも瓶詰めして、ヨメに出す。


FBのお友達からのオススメ。
ツナ味噌煮。
ご飯に合うおかず。
そうめんにも合う(らしい)


チヂミなんかも作ってみたりして。




そうこうしているうちに、
黄色く変色。
熟したゴーヤはゴーヤで
生のままおかかマヨで和えるレシピを発見。
赤く熟した種の周りも
甘くて食べられることも発見。
(いまいち使い道は分からないけれど)


他にも、塩もみして、
醤油で和えてみたり、
練りごまで和えてみたり、
糠床にいれて漬物にしたり・・・


ゴーヤばっかり食を
思う存分、楽しめました(汗)

ここのところ、
台風、秋雨前線からの雨続き。
雨の止み間に久々に畑へ…

盛りは過ぎたものの、
こんだけ、
なっておりました(汗)

仕方がないので、
今シーズン3回目の佃煮を仕込もうと思います。

弁当のごはんのお供にピッタリです。
欲しい方はぜひ(笑)


+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ






コメントエリア

まだこの記事のコメントはありません。

コメント投稿

コメント記入欄を表示するには、下記のボタンを押してください。
※新しくブラウザが別ウィンドウで開きます。

トラックバックエリア
この記事のトラックバックURL
http://www.musublog.jp/blog/trackback.php?id=54459