森農楽舎 山んなか日記

プロフィール
森農楽舎山んなかさん
四方を山に囲まれた
郡上市明宝。
そんな「山んなか」で
ヨソから移住してきた夫婦が、
里山の知恵と技を学びながら、
里山の恵みを活かし、
持続可能な暮らしを模索していきます。

夫:わっちー
大垣生まれ
森林文化アカデミー1期生
美濃市で10年間
森林整備の仕事に従事したのち
2012年結婚と共に明宝へ移住。
現在は、
明宝の山んなかにある
わさび田の管理と、
山仕事に従事する。
時には、
森林整備の指導にもあたる。
目指すは、
森のユーティリティープレーヤー

嫁:サミー
名古屋市生まれ
2010年地域がんばり隊として、
明宝に移住。
続けて明宝の地域おこし応援隊として
ふるさと栃尾里山倶楽部をはじめとする
地域活動に携わる。
2013年春退任。
現在は、夫と共に、
畑、わさび作りや、
地域づくり活動に携わる一方、
郡上市内の病院で、
言語聴覚士として勤務。
目指すは
田舎のスーパーおばあちゃん

QRコード
アクセスカウンタ
Total:1866148
Today:629
Yesterday:1329
土用の影響~山んなかで遊ぶ
陰陽五行の土用。
季節の変わり目のことを土用という。
一般的に丑の日にウナギを食べる夏の土用が知られているけれど、
本当は、春、夏、秋、冬の4回あるということは、
あんまり知られていない。

その土用の時期というのは、
季節の変わり目ということもあって、
ココロもカラダも崩しやすい。

よく言われる5月病だって、
この時期だし、
病院勤めしていて、
土用の時期はなんか患者さん多いよなと
感じることは多い。

なんら、科学的に証明されていないけれど、
なんとなく陰陽五行で考えると、
腑に落ちるというか、
そこが、また陰陽五行の面白さというか、
昔の中国人はすごいなと思うところである。

でも、声高に言うと、
(特に病院では)ちょっとアヤシイひとに思われるので、
あんまり言わないようにしてる。

で、今年の春の土用は、
ちょっとやられた感がある。
ここまでやられるのは久しぶり。
体調の悪さ、なぜか左上腕の痛み、心のざわつき…
なんだかんだと忙しくて、
いろいろ知っている対処法も後手後手に。

そう、まだ、わさび田にも行けてない…
忙しいのと、行く元気がなかったのと。


GWに入り、気のおけない仲間が家族で山んなかに遊びにきてくれた。



山んなかはようやく桜が満開。
芽吹きもこれからで、とっても明るい。
子どもたちはふかふかの落ち葉の上で走り回ったり、
大きな石に載ったり大はしゃぎ。



みんなでコゴミを摘んでいます。
ちょっと遅かった感じだけれど、
お昼ご飯のおかずには十分。

久しぶりに、
外ごはん。
写真、撮るの忘れたなぁ。
炭を熾して、お肉焼いたり、
持ち寄ったお弁当を少しずつ分けて食べたり、
しゃべりまくったり。

楽しかったなぁ。

やっぱ、いいね。
外に出るというのは。

でも、ちょっと暑すぎて、
(山んなかはまだ木陰がない)
帰ってきたときには、クタクタ。

土用は5月4日まで。
とりあえず、それまでは無理せず養生。
まぁ、体調悪くても、
多少凹んでも、
土用だから、ということで。

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ



紅葉はきれいだけれど…本音は。
わさび田のある山んなかは
紅葉まっただ中。
今年はゆっくりだね。



わさび田の守り神、

トチノキさまもすっかりお色直し。

見上げれば、
綺麗なんだけれど、
本当のところをいうと、

早く葉っぱが落ちてほしい!!

風情もへったくりもない(笑)

わさび田には、
遮光のためにハンノキなどの木が植えられているんだけれど、
落葉すると

こうなります。

この落ち葉が、
わさび田の水の流れを堰き止めてしまうので、
この時期はひたすら落ち葉かきに励みます。

これが面白いくらい、
ごっそり落ち葉が取れるのです。
そして、その落ち葉は堆肥として積んで置き、
畑の肥やしになります。

そう、我らの飯の種のたね。

ウホウホです。

でも、早く落ち葉が落ち切ってしまわないと、
やってもやってもエンドレス。

綺麗にした後から、上から落ち葉が落ちてくる。

今年は雪が早いというウワサもある。
冬の間、動物たちからわさびを守るために、
養生をしたい。

となると、
早く落葉してしまって、
落ち葉を全部書いてしまって、
ネットをかぶせたいので、

どうしても、早く落ちてくれないかなぁということになる。

もう一つ、
寒さとの戦い。
わさび田のあるところは、
なんと13時前には陽がしずむ!

ランチの準備をしているわっち―。
手前はもう、陽が当たらない。
この気温差は激しい。

寒さしのぎのために、
たき火。
熾火になったら、

焼き芋タイム。

おやつにホクホクに焼けた焼き芋。

これで体を中から温めて、
また落ち葉かきに勤しみます。


まだまだ落ち葉が落ちてくるけれど、
雪が降ったら絶対に食べられるので、
落ち葉かきをしたところから、


ネットを被せることにしました。

作業は16時までやることが多いのだけれど、
そのころには、足腰くたくたで冷え冷え。
わさび田から戻ってくると、下界はまだ一仕事できそうなくらい、
明るいのにびっくり。
でももうくたびれたので、
明宝温泉でゆっくりあったまって、
帰ります。


落ち葉かきは一年で一番大変な作業だけれど、
達成感はあるし、
綺麗になった水の流れを見ていると癒されるし、
はまる人は、はまる作業です。
興味のある方、一緒にやりませんか?
報酬はわさび1株でいかがでしょう?

+++++++
 にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ
どうぶつ対策
ふるさと栃尾里山倶楽部の活動のひとつ、
どじょう田んぼでの米づくり。

その田んぼを見に行くと、
なんか、穴が…

「ありゃ、シカや。」

シカは稲穂には興味はなく、
田んぼに入って荒らしていくだけ。

「オロ(ヒエ)引きに誰か入って、
 しりもちでもついたかしらんと思って、
 えろう派手に転んだもんやと思っとったら、
 足跡がついとったで、シカやなと。」

と笑う、桂一ま。


その前には、
田んぼまであと1mばかりのところに



シシの掘り跡が。

シシは田んぼに入ったら、
稲穂を食べてしまう。

すぐになんとかせんと!

ということで、


ブルーシートで養生。
稲穂がみえなければ、シシは入ってこないとのこと。


どじょう田んぼの師匠、
和男さんと話す。

「昔、田んぼが一部ぐちゃぐちゃに荒らされとったことがあって、
石垣みたら、コケがずるっときれいに剥げとったで、
ありゃ、シシが石垣の上から、
足踏み外して落ちたんやなぁ、なんて、
その当時、桂一まと笑ったもんや。」

「怒ったってしょうがない。
やられたら、養生しんかった自分が悪いんやで。」

「サルが畑からかぼちゃ持ってくとこ見とって、
昔のかぼちゃは大きかったもんで、
サルもかしこうて、
上から落として小さくして、
持ってったのを見とったこともあるよ。
まぁ、追っかけてもどうしようもないしなぁ。」


動物の被害のネタは、
尽きない。

でもそれは動物への怒りや恨み節で出てくるわけではない。



「動物も生きていくためには、
食べもんが必要。
やつらは、
食べることが仕事やでなぁ。」


人間中心で考えてしまうと、
「盗られた」
「被害にあった」
という見方。

でも動物も人間もおなじ「自然」の中で生きる
生き物だと考えれば、
こんな言葉が出てくるのかな。


長い長い年月を通して培ってきた経験が、
こんな言葉を作り上げるのかな。


動物の被害は、
本当に精神的に凹む
それでもそれを笑いにして
昇華できるくらい強くなりたいものだと思う。


養生も面白がれるくらいに、
なれたらいいかも。
こんなふうにね。




2年前に明宝にやってきた時に、
出迎えてくれた百日紅の花。
今年もきれいに花を咲かせています。

++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ

ばっかり食~ナス編
「秋茄子
 嫁に食わすな」

とよく聞きます。

美味しい秋茄子を嫁に食べさせたくない、
姑の意地悪?!


とにかく、今は秋茄子がとても美味しい。


というより、ナスばっかり採れるんですけど。



初収穫が6月20日だったから、2カ月ちょい。
息が長い。
今でも少し気を抜くと、
バケツにいっぱいとれるから、ビックリ。


初期のころからまんまるぴかぴかなのが収穫できた
米ナス。

コチラの雑誌の取材の時にも収穫。

この米ナス、
1.5㎝くらいに分厚く切って、
じっくりじっくり蒸し焼きにして、
最後にお塩とみりんで照り焼きにすると、

とろとろふわふわのナスの照り焼き





夏まっさかりのときは、
やはり虫が多くて傷ものばかりだったけど、
お盆を過ぎたころから、
きれいなナスが収穫できるようになった。






長ナスは皮が厚いから、
焼きナスにするとよい(某TV番組より)そうなので、

焼きナス
しょうがだまりで頂いたり・・・



こちらは、焼きナスを
オリーブオイルとレモン汁のマリネ液に、
漬けてみた。


ナスは油との相性がいいので、
同じく畑で採れたピーマンなどと一緒に、
野菜炒めをしたのは、
数え切れず。


そして、頑張って、
揚げびたしにも挑戦。
キュウリのQちゃん漬けのだし汁も利用できちゃいます。





雨がずっと降り続いた後は、
大量のナスが収穫できたので、
地元の味、ナスの煮しめを
ふゆちゃんに教えてもらいました。


ふゆちゃんのところでできた茗荷と
ナスでじっくり、じっくり煮ました。

煮る前は鍋いっぱいだったナスも、
煮終えるころには、
びっくりするほどカサが減って、
びっくりするほど、あっという間に平らげてしまいました。


変わり種は、
ナスカルボナーラ
ナスのペーストに味噌、練りごまなどを加えて、
パスタにあえたもの。

かなり濃厚な味になります。



もちろん、漬物も。

梅干しをつけたときの梅酢でつけた、
即席ナスのしば漬け。





こんな手の込んだことをしなくても、
第3回(7月)の里人塾の時に、
山行きさの小屋の完成祝いでみんなで食べた、
焼きナスも美味しかったし。


第4回(8月)の里人塾のBBQで、
超豪華食材に負けず劣らず、
ナス大人気!だったし。


ほったらかし畑とはいえ、
それでも、虫とりとか、追肥とか、
手をかけた方なので、
このナスの美味しさはとっても嬉しいものなのです。





茄子こそ
味わひ甘く
寒のもの
冷えたる人は
食すべからず


                茄子は甘味で
                体を冷やす性質がある
                冷え症の人は
                たくさん食べてはいけない


(cf.  『いろはに食養生』より)


「秋茄子
 嫁に食わすな」というのは、
「体を冷やしてはいけない」という姑の老婆心。


かなり、食べすぎているような気がする自分。
この冬、大丈夫だろうか。


+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ




















大豆+塩+麹 そして時間~手前味噌仕込み
本当は大寒に仕込みたかったのだけれど、
いろいろ諸事情があり、
ようやく味噌を仕込むことができた。


手前味噌づくりは今年で3回目。
この間蔵出しをした味噌の出来がよかったので、
大豆と塩と麹の配合はそのまま変えずに。

去年と今年の変更点は、
・明宝産の大豆(明宝マスターズ 道の駅明宝で購入)
・米麹(高山のこうじや柴田春次商店で購入)
・栃尾の寒の水
・仕込む場所(源右衛門)


さてさてどんな味の違いがでるのか、
とっても楽しみだ。


仕込む前日、

大豆を7等分にして、寒の水に浸水させます。
なぜ、7等分か?
圧力鍋で大豆を蒸すので、
圧力鍋の容量分に分けました。


浸したばかりの時

24時間後

水をしっかり含んでおっきくなりました。


塩切り麹を準備。

時計回りに米、麦、豆。
比率は10:4:1
この比率は麦麹、豆麹を買った糀屋さんに教えてもらいました。

これに塩を合わせてよく混ぜます。
こちらも7等分に分けます。


ここまでは写真を撮る余裕があったのだけど、
いざ作業を始めると、
手が汚れることもあって、写真を全く撮れず。

作業としては、

圧力鍋で大豆を蒸す。
熱いうちに潰す。
人肌に冷めたら塩切り麹を合わせて、味噌玉を作る。
瓶に味噌玉を投げ入れる。(空気を抜くため)


というのを、7回繰り返す。


この味噌玉を投げ入れるのが、
また楽し。

運動神経のないサミーは、
狙ったところに投げ入れることが、
もちろん苦手で、
打率3割か・・・
外す方が多い。

思いっきり味噌玉が飛び散るので、
養生シートを床に敷いておく。
でも、
それ以上に飛び散るから、
仕込んだ後の掃除は必須。


最後に源右衛門で一番涼しそうな場所に瓶を移動して、
重しをして、
仕込み完了。

あとは来年の2月まで、ほったらかし。
時間が味噌を作ってくれる。



こうして自分で作ってみると、
意外と出来るもんだなぁと。
大量生産で作られたものは、
発酵を促すための添加物や、
味を補うための調味料や
いろいろ入っているけど、
シンプルな材料で時間をかければ、
添加物は必要がないことが分かる。


そして何より美味しいのだ。
それこそ、「手前味噌」なのだが(笑)


今、ハマっている食べ方がコレ。


ピンぼけだけど、薪ストーブの上で焼いたおにぎり。
おにぎりの具に手前味噌。

外側カリカリ。
なかのお味噌が熱で柔らかくなって、
それはそれは、美味しいのだ。


あ~、想像しただけで涎がでてくる。


+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ
ぽちっとよろしく。

タグ: 味噌