森農楽舎 山んなか日記

プロフィール
森農楽舎山んなかさん
四方を山に囲まれた
郡上市明宝。
そんな「山んなか」で
ヨソから移住してきた夫婦が、
里山の知恵と技を学びながら、
里山の恵みを活かし、
持続可能な暮らしを模索していきます。

夫:わっちー
大垣生まれ
森林文化アカデミー1期生
美濃市で10年間
森林整備の仕事に従事したのち
2012年結婚と共に明宝へ移住。
現在は、
明宝の山んなかにある
わさび田の管理と、
山仕事に従事する。
時には、
森林整備の指導にもあたる。
目指すは、
森のユーティリティープレーヤー

嫁:サミー
名古屋市生まれ
2010年地域がんばり隊として、
明宝に移住。
続けて明宝の地域おこし応援隊として
ふるさと栃尾里山倶楽部をはじめとする
地域活動に携わる。
2013年春退任。
現在は、夫と共に、
畑、わさび作りや、
地域づくり活動に携わる一方、
郡上市内の病院で、
言語聴覚士として勤務。
目指すは
田舎のスーパーおばあちゃん

QRコード
アクセスカウンタ
Total:1866173
Today:654
Yesterday:1329
土用の影響~山んなかで遊ぶ
陰陽五行の土用。
季節の変わり目のことを土用という。
一般的に丑の日にウナギを食べる夏の土用が知られているけれど、
本当は、春、夏、秋、冬の4回あるということは、
あんまり知られていない。

その土用の時期というのは、
季節の変わり目ということもあって、
ココロもカラダも崩しやすい。

よく言われる5月病だって、
この時期だし、
病院勤めしていて、
土用の時期はなんか患者さん多いよなと
感じることは多い。

なんら、科学的に証明されていないけれど、
なんとなく陰陽五行で考えると、
腑に落ちるというか、
そこが、また陰陽五行の面白さというか、
昔の中国人はすごいなと思うところである。

でも、声高に言うと、
(特に病院では)ちょっとアヤシイひとに思われるので、
あんまり言わないようにしてる。

で、今年の春の土用は、
ちょっとやられた感がある。
ここまでやられるのは久しぶり。
体調の悪さ、なぜか左上腕の痛み、心のざわつき…
なんだかんだと忙しくて、
いろいろ知っている対処法も後手後手に。

そう、まだ、わさび田にも行けてない…
忙しいのと、行く元気がなかったのと。


GWに入り、気のおけない仲間が家族で山んなかに遊びにきてくれた。



山んなかはようやく桜が満開。
芽吹きもこれからで、とっても明るい。
子どもたちはふかふかの落ち葉の上で走り回ったり、
大きな石に載ったり大はしゃぎ。



みんなでコゴミを摘んでいます。
ちょっと遅かった感じだけれど、
お昼ご飯のおかずには十分。

久しぶりに、
外ごはん。
写真、撮るの忘れたなぁ。
炭を熾して、お肉焼いたり、
持ち寄ったお弁当を少しずつ分けて食べたり、
しゃべりまくったり。

楽しかったなぁ。

やっぱ、いいね。
外に出るというのは。

でも、ちょっと暑すぎて、
(山んなかはまだ木陰がない)
帰ってきたときには、クタクタ。

土用は5月4日まで。
とりあえず、それまでは無理せず養生。
まぁ、体調悪くても、
多少凹んでも、
土用だから、ということで。

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ