森農楽舎 山んなか日記

プロフィール
森農楽舎山んなかさん
四方を山に囲まれた
郡上市明宝。
そんな「山んなか」で
ヨソから移住してきた夫婦が、
里山の知恵と技を学びながら、
里山の恵みを活かし、
持続可能な暮らしを模索していきます。

夫:わっちー
大垣生まれ
森林文化アカデミー1期生
美濃市で10年間
森林整備の仕事に従事したのち
2012年結婚と共に明宝へ移住。
現在は、
明宝の山んなかにある
わさび田の管理と、
山仕事に従事する。
時には、
森林整備の指導にもあたる。
目指すは、
森のユーティリティープレーヤー

嫁:サミー
名古屋市生まれ
2010年地域がんばり隊として、
明宝に移住。
続けて明宝の地域おこし応援隊として
ふるさと栃尾里山倶楽部をはじめとする
地域活動に携わる。
2013年春退任。
現在は、夫と共に、
畑、わさび作りや、
地域づくり活動に携わる一方、
郡上市内の病院で、
言語聴覚士として勤務。
目指すは
田舎のスーパーおばあちゃん

QRコード
アクセスカウンタ
Total:1915679
Today:592
Yesterday:644
| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初 | next>>
ブログのお引越しをします
ブログをいつもお読みくださっている方々へ

拙い日記ですが、
アクセスカウンタ―を見ると、
いつもたくさんの人が読んでくださっているのだなぁと
ありがたく、心強く感じています。

2010年8月に明宝に移住してから、
ずっとこのmusublogで日記を書いてきて、
自分にとっても、里山暮らしの記録として
ひとつの財産になっています。

あまりにもたくさんの記事が積み重なって、
ここらで少し、整理整頓をしてみようかと思いました。
それに伴い、
とっても名残惜しいのですが、
ブログをお引越しすることにしました。

森農楽舎山んなか日記
http://yamannaka.com/
ブックマークをして頂いている方は、
変更をよろしくお願いします。

まだまだ開設したばかりで、
シンプル極まりないブログですが、
今後とも、応援して頂けるととっても嬉しいです。

もちろん、このmusublogは、
自分の記録としてそのまま残しておきますし、
これから書く予定の記事の中に、
今まで書いた記事をリンクさせて読めるように
していくつもりです。
その経験が誰かのお役に立てるように、
また、
自分たちの暮らしの在り方を
多くの人たちに知ってもらえたら、
そんな暮らしをしている奴らが、
明宝にはおるんやよ、ということを
発信していけたらよいかな、と思っております。

引っ越しはしても、
ありのままに、
日々の暮らしを綴っていくつもりです。

今後とも
相変わらずよろしくお願いします

サミー☆

ヨモギとワラビを摘む~保存するまで
いつやるの?
今でしょ!

ではありませんが、
摘み菜の摘み時というのは、決まっています。
どんなに忙しくても、
どんなに腰が痛くても、
今っていうときに摘まないと、
タイミングを逃してしまうのです。

摘み菜の育ち具合と、
自分の予定と、
天気予報を見比べて、
今という時を計る。

里山暮らしも7年経つと、
だいぶそのタイミングを見極めるのも上手くなったかなぁ・?

さて、我が家近くの土手のヨモギさんが、
いい具合に摘み時を迎えていました。
雨降り後の露がまだ残っていて、
きらきらと光るヨモギ。

虫がついていないか丁寧に見て、
できるだけきれいな葉を厳選して摘む。
このひと手間が後の作業をものすごく楽なものにする。
年々、賢くなっています(笑)

結構急な斜面で、しかも雨上がりだから滑るけれど、
やっぱり野草摘みは楽しくて、
ぐるっと一回りするうちに、ヒゴがいっぱいに。



もう一度、ゴミや虫がついていないか確認して、
ざっと洗って、あく抜き。
沸騰した湯に重曹を溶かし、
そこにヨモギの葉を入れ、火を止める。
今回はほぼ丸一日、ときどきかき混ぜて放置。
翌朝、水を切って、細かく刻んでから、
保存袋に薄く延ばして冷凍保存。

これは、年末の草もち用に。
昨年末の失敗を教訓に、
早く解凍するためと、餅に混ぜ込みやすくするために
こんなやり方をしてみた。
上手くいくかどうかは、年末の餅つきのお楽しみ。

草もちの香りをよくするために、
茹でて干したのも餅に加えるとよいそうで、
もう一回、今度また摘もう。

陽があまりあたらない、栃尾でも
ワラビが摘み時。
こちらは、秋のおときのごはん用に。


摘んだワラビは、
長さをそろえて束にして、
塩漬けにして保存。
こうすることで、茹でてあく抜きするよりも、
ワラビの歯ごたえがしっかり残るような気がする。
松前漬けを作るのはこちらの方が断然美味しい。
煮物だと、あまり変わらないけれど。



自然の恵みだから、お金はかからないけれど、
その分、食べるためには手間暇がかかる。
それでも野草摘みは楽しいし、
手間暇かけた分だけ、ありがたみが増すし、
お金には代えられない豊かさを感じることができる。

だから、
どんなに忙しくても、
どんなに腰が痛くても、
どんな急な斜面でも、

そこに野草がある限り、摘みにいくのだ。


+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ


手前味噌づくり~カビ防止策
先日山んなかから汲んできた「寒の水」で、
毎年恒例、
手前味噌を仕込む。

この手前味噌、
山んなか食堂
ワサビ丼ツアーで使うと、
とっても美味しいと好評を頂く。

豆味噌、麦味噌、ミックス味噌と
いろいろな種類を年毎に作っていて、
我が家でも、
その時々の体調や、気分によって
配合を変えて使う、
無くてはならないもの。

そして、これこそ手前味噌だけれど、
美味しいのだ(笑)

これまでつくる量が多すぎたみたいで、
在庫過剰状態のため、
今年は少量の麦味噌と米味噌を作ることにした。

少量なんだけれど、
(やろうと思えば一人でもできたかもしれないけど)
わっち―のお休みの日に合わせて、
一緒に作る。

だって、味噌づくりのメインイベント
これが盛り上がらないのだもの。


味噌玉を作って、
瓶に思いっきり投げ入れる。

これもちゃんと理由があって、
味噌の間に空気が入らないようにするため。
空気が入ってしまうと、
そこからカビてしまうことがあるから。

さぁ、うまく投げ入れることができるか??


ぺしんっ。
上手く入りました。

いい音がします。
気持ちいいです。

でも、悪意をもって投げ入れないようにします。
麹が聞いているから(笑)

いつもは、
焼き塩で蓋をするのだけれど、
出来上がった時に、
その塩がとってもじゃりじゃりして、
よろしくないなぁと思っていて。

そうしたら、「酒粕」で蓋をしてもいい、ってことを
聞いて、
酒粕なら、わさび漬け用に買ったものが、
沢山ある!!
(早く使いたい)

というわけで、

今年は酒粕で蓋をしてみました。
もちろんこのままではなく、
クッキングペーパーを敷いて
しっかり重石をします。

大豆が煮えあがって、
実質作業は1時間もかからないくらい。
あとは、1年ほったらかし。

だから、
9年続けて作ってる。
(もう、そんなに続けてるんだ)

できれば、自分で大豆も作りたいと、
常々思っているけれど、
これはまぁ、後々。

手間も、時間も、お金も
無理しない範囲でやるのが、
継続のコツなのかも。


<過去のきろく>
2011/02/24 大豆+塩+麹 そして時間~手前味噌仕込み
2012/02/07 味噌仕込み4年目
2013/01/26 手前味噌仕込 忘備録
2015/02/03 味噌仕込み
2016/02/01 里山暮らし体験~味噌仕込み編

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ







充電期間?!
アクセスカウンタが(毎日)1000を超えているのだけれど、
空振りばかりですいません。

里山暮らし、
冬はいったい何をしているのか?
畑もお休みだし、
山葵田にも行けないし、

充電期間と称して、
のんびり過ごさせてもらっています。
あまりに怠惰で、
ブログに書くネタがない?っていうのが、
正直な所か…


オンシーズンは、
なんだかんだと時間が取りにくいので、
ここぞとばかり、
日頃できない箇所の大掃除。
1日1か所エリアを決めて徹底的にやる。

そして、保存食やストックの在庫確認。

それを上手く利用したごはんづくり。
おかげさまでスッキリしてきています。

今年は畑で何を、どうやってつくろうか、
作戦会議。
今年はコンパニオンプランツの知恵を、
もっと利用してみようと思っています。

また、
前にブログにも書いたのだけれど、
ニホンミツバチの飼育に挑戦してみようと、
思っています。
まだまだ勉強不足で、本当にできるのか?
先日ミツバチの巣箱はつくってきました。
(またブログ記事にします)

そもそも私、
ハチとか、
刺されるものがとっても嫌いなんだけれどなぁ。


昔は冬の間の仕事に困っていたそうなのだけれど、
この冬の間に、
1年の総まとめと計画を練る時間があるというのは、
私にとってはとてもありがたい。
さむーいところで畑仕事もしたくないし(笑)


というわけで、
わっちーも、サミーも
それぞれの職場での流行り病に負けず、
元気でぴんぴん、生きています。

空振りしていたみなさん、
(一体どのくらいの人たちがいるのだろう?)
これからも、懲りずに、
見守っていただければ、
とっても嬉しいです。

そして、心から感謝です。

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ











里山暮らし体験~味噌仕込み編

昨日から例の寒の水で浸水した大豆が、
ふっくらと煮あがりました。
プーンと甘いいい香りがします。
里山暮らし体験、
お客様の到着を待つばかりです。 


今、うちにストックのある味噌。
一つ一つ説明しながら味見。
こんだけ味噌があると、
その日の体調とか、気温とか、気分とか、
ブレンドしたり、そのまんま使ったり、
いろいろ楽しめるのです。

味噌は生き物。
楽しい気分で作ると、
きっと美味しい味噌になる。

たとえ、瓶に味噌玉を投げ入れるときに、
大外ししたとしても(笑)

二人とも、外し過ぎです!!
写真とっておけばよかった。


無事に瓶におさまった、
味噌のもと。
表面をきれいにならします。

どうしてもカビが生えてしまうのだけれど、
できるだけ防ぐ方法とか、
このあとの蓋の仕方とか、
本にはなかなか載っていないことも
お伝えしました。

これで、来年まで放置。
参加してくださった方は、
自分好みの味噌を見つけ、
それを作ってみるそうです。

そういうの、嬉しい♪

お昼ご飯は、

郡上の地味噌をつかった、
味噌煮。
つけもんみそ、とか、そうめんみそ、
とも言います。
漬けもん(白菜の切漬け)もそうめんも入っています。

これをごはんの上にのっけて、
食べるともりもり食べられます。

この時期はネギがとっても甘くて美味しいので、
ネギたっぷり。
風邪の予防にもなりますね。


そして、おやつは


ヨモギもちに善哉。
クラッカーの上には
クリームチーズに夏みかんマーマレード。
キンカンの甘露煮
そして、ゆべし。

ゆべしにクリームチーズを添えて食べると、
とっても美味なマッチング。
新しい発見でした。


味噌仕込みが終わると、
なんとなく、保存食づくりがひと段落。
少し充電の期間をもらって、
また春、畑仕事をはじめます。

昨年3月から始めた、
まちやど的いなか暮らし体験~里山暮らし編も、
これで1年目終了です。


+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ



雪んなかの休日
山んなかは雪んなか。
嫌だ、嫌だ、といってばかりでは
つまらないので、
ちょっと遊びに行ってみることにしました。


山葵田へ行くときに、
通る道です。
(みんなの広場よりかなり手前)
除雪が入っていないので、
ここから歩きはじめます。

積雪は1m弱かなぁ。
なんとか長靴でズボズボ歩いていける感じです。
わっちーが先を歩くので、
その足跡をサミーがたどれば、歩きやすい♪



みんなの広場から下って行ったところ。
どこに道があるのかわかりません。
スコップで足元を確認し、
帰り道に歩ける道をつけながら、
下っていきます。

雪道歩くのは楽しい。
ただ、たくさんあるはずの、
動物たちの足跡が、
全然ない。

お友達?のニホンカモシカは無事なのかしら?


沢まで下ってきました。
水がとってもきれい。

そう、なぜやってきたのかというと、
「寒の水」を取りにやってきたのです。

ここから沢沿いに上っていきます。



サミーはこれ以上アプローチできなかったのですが、
この先に水が湧き出ているところがあります。

そう、ここが吉田川の源流(の1つ)
ここで毎年、
大寒の時期にお水を頂いています。

今年は水を取るためにパイプを用意したわっちー。
その作戦がどうもうまくいったようで、
嬉しそう。

帰りは行きにつけた道をたどって、
帰ります。
上りになるので、周りを見る余裕がありません。
気が付いたら、みんなの広場まで、
戻ってきていました。

歩くと暑いくらい。
雪の上に寝っ転がっちゃおうかなぁ。


そして、そのあと、
汗を流して、カラダを温めるために、
明宝温泉へ。

そうしたら、ちょうど雪がちらちら。

雪がちらつくのを眺めながらの
露天風呂。

何て最高なんでしょう。


さて、なぜわざわざ、水を汲みにいったのかというと、
味噌の仕込みに使うためです。
1月31日の、
まちやど的いなか暮らし体験~里山暮らし編
まだ、ぎりぎりお申し込み間に合いますよ。

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ


今年も相変わらず!

あけましておめでとうございます。

こちら明宝では、
まったく雪がない、
穏やかなお正月を迎えています。

めいほうスキー場も無事オープンし、
わっちーは三が日も勤務。
まったくお正月らしくない、
お正月でした。

それでも、
元気に新しい年を迎えることができたこと、
それだけでも喜ばしいこと。

 

山葵田の方は、
昨年の大雪で囲いが破損。
動物の食害もひどく、
また、大雨で土砂が流れ込んでしまい、
山葵の生育に悪影響が出てしまい、
ほとんど収穫することができませんでした。

この冬は山葵の苗に直接ネットを被せ
これで食害が防げるかどうか試しています。
上手くいったら、
本腰を入れて山葵栽培を進めて行きたいと
考えています。


山んなか畑の方は、
5年目にしてようやく
「いい畑」
と言われるようになってきました。

農薬も化学肥料もつかわないという、
無茶なやり方ではあるけれど、
それなりに手ごたえも感じれるように。
味も濃く、年々美味しくなってきています。
(我が家比較)

今年もさらに手を抜いて(笑)
土にも水にも自分にも優しい野菜づくりを
していきたいなぁと思います。
そして、
それで美味しいご飯をつくる。


さらに、
新しいプロジェクトが動き出す…
かも知れません。


決してスローではない里山暮らし。
でも、
自然に沿って、
季節に沿って、
丁寧に暮らしを紡いでいきたいと思っています。

こんな私たちですが、
相変わらずよろしくお願いいたします。

森農楽舎山んなか
わっちー&サミー


+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ 

ねずしを仕込む

今年は年内に、
大根を切ることが出来ました。

大根も、人参も、山んなか畑で採れたもの。
少し大きめに切ってみた。
そしたら、人参がちょっと多すぎたわ。





今年はあまり寒くない。
美味しく漬かるだろうか。

いつもより、
ちょっと塩多め、
ちょっと重石重めにしてみた。

本当に、
里山暮らしは毎年1年生。

今晩からぐっと冷え込みそう。

あったかい冬にも、
ぐっと冷え込む冬にも、
ありがたや、ありがたや。

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ


雪が降っちゃった。

畑に雪が降りました。
(天気予報では雨って言ってたのにっ)

白菜や人参は雪でも割と大丈夫なのですが、
大根は凍みてしまう。

せっかくいい感じで成長していたのに、
採りどきを逸してしまっては・・・

去年の白菜の二の舞だ(泣) 

半ばあきらめかけで、
大根の収穫。

雪をかき分けてみると、
すごい。
ちょっとした感動。

なぜって、
大根の葉っぱが傘になって、
直接大根に雪がかからず、
地上部もまったく凍みてなかったのです。

よかったぁ。

ここからはわっちーと2人で、
大根を抜いては、水路で洗い…を約50本(泣)

まだ、2人だったからよかった。

雪仕様じゃない長靴だったから、
つま先は凍るように冷たくて、
むしろ、水路の水が温かく感じるほど。


収穫した大根の写真を撮る余裕はない。

でも、
これには思わず。

ラブラブな大根。
ほんとにHUGしてるみたいだ。

この後、
青首大根はもう一度きれいに洗って、
我が家の軒先に。



長いのや、
短いのや、
先の折れちゃったのや、
不ぞろいやなぁ。

来年はもうちょっと品質を高めたい。

2週間後ぐらいに、たくわん漬けを仕込む予定。

そしておでん大根は、
ねずしと冬の間のストック野菜として、
保存。

短いのは、
べったら漬け用に下漬けする。
こちらは1週間後ぐらいに甘酒で本漬け予定。

こっから先、
漬物仕込みで大忙しです。

******************************
10回めの
まちやど的いなか暮らし体験~里山暮らし編は、
白菜を収穫して、切漬けをみんなで仕込もうかなぁと思っています。
里山ごはんも、その切漬を仕込んでいる間に、
コトコトじっくり煮込むお料理を考えています。

寒いから、雪が降るから、と
足が遠のくかもしれないけれど、
寒いからこそ、
雪が降る季節だからこそ、
感じることができる里山暮らし。

ぜひ、ご参加くださいませ。
12月12日ですよ。
******************************

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ











本日の収穫かご


夏野菜と秋野菜のミックス。

11月に入り、
霜が降りるようになると、
ピーマンの葉が黄色くなって枯れていきます。
パプリカはとうとう熟しきらなかったな。
まだ青いまま。

冬支度もあるので、
ピーマン、ししとう、パプリカも片付けました。
6月末から11月まで、
本当に長い期間美味しく頂きました。

感謝。

その脇でぐんぐん大きくなる、秋野菜たち。
青首大根はたくわん用。
根っこが長くて、抜くのに一苦労。
そのあと水路で大根洗い。
あまりの白さにはっとする。
今年は比較的まだ温かくて、
水仕事が楽でありがたい。

この人参と大根を使って、
今度の山葵田ランチを仕込もうと思っています☆

白菜も無事、収穫。
しっかり大きく育ってくれました。
問題は中まで虫食いがいっていないかどうか・・・

今年は自分とこの白菜で、
切り漬けが仕込めそうです。

***********************
今度のまちやど的いなか暮らし体験~里山暮らし編。
畑仕事は雪次第(笑)
おうちで切り漬けか、沢庵か…
漬物を仕込もうかなと思います。
もしかしたら、この間の柚餅子も味わえるかも。

日程は12月12日(土)です。
お問い合わせ、お申し込みはまちやどまで。
少人数ですので、お申し込みは早目がオススメです。
***********************

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ

| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初 | next>>