森農楽舎 山んなか日記

プロフィール
森農楽舎山んなかさん
四方を山に囲まれた
郡上市明宝。
そんな「山んなか」で
ヨソから移住してきた夫婦が、
里山の知恵と技を学びながら、
里山の恵みを活かし、
持続可能な暮らしを模索していきます。

夫:わっちー
大垣生まれ
森林文化アカデミー1期生
美濃市で10年間
森林整備の仕事に従事したのち
2012年結婚と共に明宝へ移住。
現在は、
明宝の山んなかにある
わさび田の管理と、
山仕事に従事する。
時には、
森林整備の指導にもあたる。
目指すは、
森のユーティリティープレーヤー

嫁:サミー
名古屋市生まれ
2010年地域がんばり隊として、
明宝に移住。
続けて明宝の地域おこし応援隊として
ふるさと栃尾里山倶楽部をはじめとする
地域活動に携わる。
2013年春退任。
現在は、夫と共に、
畑、わさび作りや、
地域づくり活動に携わる一方、
郡上市内の病院で、
言語聴覚士として勤務。
目指すは
田舎のスーパーおばあちゃん

QRコード
アクセスカウンタ
Total:1866210
Today:691
Yesterday:1329
春の芽吹き~わさび田~背負子かごデビュー

この春の芽吹きの時期の美しいことといったら。
写真の技術が伴わず、お伝えできないのが残念。

ようやく、行けました。
わさび田。
途中川を渡るときに、ウェーダーを着ているはずなのに、
冷たくて。
よく見たら、右足の甲の部分に穴が空いていた。
がーん。

でも、暑いくらいの日であっという間に乾いてくれる。
お日さまの力はすごい。

そして、ようやく、

背負子かごもデビュー。
かごが大きすぎて、中身スカスカなんですけど。



昨年植えたわさびたちは無事に冬を越してくれて、
今花盛りです。
ほんと、無事でよかった。

わさび田周りも青々としてきました。
もう、ネットを外しても大丈夫でしょう。



わさび田周辺にたくさん生えているコゴミ。
ほとんどが、


開いてしまっていました!
でも、これはこれで美しい。


このつややかな葉はぱっと見、わさびっぽいのだけれど、
残念。
フタバアオイと言います。
徳川家の家紋は三つ葉葵(ミツバアオイ)ですが、
そのアオイと同じです。

そうそう、わさびも漢字で書くと「山葵」ですからね。

このフタバアオイ、この時期一面に群生します。
ビックリするほどです。

その他、トリカブトとかハシリドコロなど、毒草もいっぱい。
動物たちもよく知っていて、食べないからね。

だいぶ、わさび田周辺の植物については、
顔と名前が一致するようになりました。
そうなると、とても楽しい♪

逆に動物系は苦手です。
今日も

この子に出会いました。
赤いカエルだったので、びっくり。
わっちーに調べてもらったら、
ニホンアカガエルとか。
そんなに珍しいカエルではないそう。

これからは、動物たちとも仲良く…できるかしら?

せっかく大きな背負子かごなので、
帰りは、わさびの花芽を少し頂き、
秋に摘んでおいた落ち葉を少し持ち帰りました。

こんなときは、大きいのは便利です。

さて、わさび田シーズンはじまりました。
山葵人さんたち、お待ちしてますよ。
今年も山んなか時間をめいっぱい楽しみましょ♪

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ



六ツ目の背負子かご
春に間に合いました。

六ツ目の背負子かご。
サミー用です。

木こりの背負子かごに比べて、
とっても軽いです。
木こりの背負いかごは、
見るからにとても大変で、
やってみるともっと大変で、
六ツ目の方が楽かなぁ、なんて思って取り掛かったのですが…

甘かった。

いつものことですが。

六ツ目はバランスよく編むのが難しい。
よくみると、縦長の目になっているでしょ?
ヒゴがすこし厚かったようで、
なかなか絞まらないのです。
どうしても横のヒゴが浮いてきてしまう。

じゃあヒゴを薄くすればいいのか、
というとそうでもなくて、
ヒゴを薄くすると、頑丈さが損なわれてしまう。

わさび田の山んなかで使うものだから、
ある程度の頑丈さも必要。

ぎりぎりの強度を保つことのできる薄さに
ヒゴをへぐのが職人技。
まだまだ修行が足りません。


おかげで、
思っていたよりも、大きなかごができてしまって、
たくさん入ります☆

あとはこれに布か何かで蓋を掛けられるようにしようかと
思っています。
おじぎすると、頭の上から中身がこぼれてしまうからね。


さすがに、このかごは山用で
普段使いはできないので、
でも、これだけの大きさのものを、
片付けておくためのスペースもない。

で、考えたのは、

壁にぶら下げる。

スペースの有効利用。
山でしか使わないものも収納できるしね。

実際、使うのが楽しみやなぁ。

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ


寒の水くみ~雪の中のわさび田
一年で一番寒い大寒の時期の
恒例行事。

寒の水を山んなかへ汲みにいくこと。

寒の水(かんのみず)は、
昔から腐らないと言われていて、
醤油や味噌、日本酒などの仕込みを
この時期にすると聞く。

明宝では、
寒の水を火の元にお供えしたり、
寒のお餅をついたりするそう。

我が家では、
それにあやかって、台所のコンロにお供えしたり、
化粧水をつくったりしている。

今年は、
味噌のほかに、醤油も仕込んでみるつもり。

快晴に恵まれて、
青と白のコントラストがくっきり。

みんなの広場。
(わさび田へ行くときに車を停めるところ)


やっぱり今年は少なくて、
わっちーの膝くらいの積雪。

本当はかんじきを買おうか、
でも雪少ないからどうしようか、
真剣に考えたけれど、
まぁ、なくても大丈夫。

雪が少ないので、
今年はわさび田の様子も見に行ってみることに。


吉田川の上流。
雪が岩の上にクリームのようにかかっています。
おいしそう?!

こういう岩場は雪で平になっているけれど、
ずぽっと足を踏み入れたところが、
実は岩と岩のハザマということもあるので、
とっても危険。

こういう時は、
動物たちの足跡をたよりに。
さすが、歩きやすい道を選んでいる。


トチノキさま
偶然、旧暦の新年にあたる日。
今年もどうか、よろしくお願いします!


わさび田はこんな感じ。
ネットで養生してあるので、
よくわかりませんが、
とりあえずは無事。


日よけに植えているハンノキは、
この時期赤い花を咲かせるそうで、
その赤い花も見てみたかったけれど、
まだつぼみ。

足元には、

ふきのとう。
わさび田にはフキがたくさん生えるのだけれど、
春にふきのとうが出てくることは見たことがなくて、
それもそのはず、
先に動物たちが食べてしまうから。

この日見つけられたのも半分は
すでにかじったあと。

春のカラダの大掃除のために、
少し恵みを分けていただくことにした。

それにしても、
このキラキラとしたふきのとうの色。
すごくわくわくする。
そして摘んだふきのとうの
春の香りといったら。


そしてメインイベント。

同行してくれた山葵人のジュリーと、
わっち―。

水を汲んだことはいいけれど、
サミー特製背負子かごが、
その重さに耐えられるのか…
というわけで、
サミーも水運びを頑張ってみたけれど、
あまりの重さに、
ひっくり返ってしまいました。
(ほんとに)

背中が重くて。

この日は、
歩いていると暑くなるほど。
帰りに明宝温泉で
汗をながして、カラダをぬくとめて、

とってきたばかりの寒の水で、
コーヒーを入れて、
のんびりと。

なんてすてきな休日。


☆昨年の水汲みの様子  2016/01/26
+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ










竹の盛籠
先日作った背負子かご。
出来上がったかげには、
沢山の失敗ヒゴが・・・


なので、
小休止にこんなのも。


縁をつけなくていいので、
1時間もあれば編める・・・はずなのですが、
教室で上の2個を教えてもらい、
下の小さいのをおうちで復習したのですが、

編み方・・・忘れる(汗)

見本のヒゴをたどりたどり、
ようやく出来上がる。

ほんと、物覚えが悪い。


出来上がってみると、
なんだか、竹の繊細さがいい感じで、
嬉しい。

今日も雨模様。
わさび田にも畑にも行けず、
頂いた栗で栗金団を作る一日。



中津川の某有名店にも
勝るとも劣らない味(当社比)

赤いもみじの葉っぱとか敷いたら、
絵になるけど、
ラップの座布団じゃあねぇ。

栗ごはんに、
栗きんとん。
今年は、もう栗はお腹いっぱい。
指が痛くてかなわんわ。

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ

ようやく完成!背負子かご
で、できました!!



 木こりの背負子かご。

 ほんとは自分がわさび田行くときに使う
背負子かごをつくろうと思っていたんだけれど、
わっちーの分を先に。

木こりが山へ仕事に入るときは、
荷物が多い。
チェンソーも突っ込めるように、
大きさも頑丈さも考えて、
師匠に設計して頂き、
手ほどきを受けながら、
つくりました。

4m近くの真竹と格闘して作ったヒゴや、
皮のすぐ下の身のヒゴを取ること、
形よく編み上げていくこと、
巻き縁や、足をつけること、
全てが難しくて、
ため息ばかり。
出来上がるころにようやくコツがわかる・・・

肩ひもも草鞋を作る要領で、
自分でつくりました。

背負うと、

こんな感じ。
でかい。

わっちーには、これで、
山仕事、安全に頑張ってもらいたいものです。
期待しています(笑)

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ