森農楽舎 山んなか日記

プロフィール
森農楽舎山んなかさん
四方を山に囲まれた
郡上市明宝。
そんな「山んなか」で
ヨソから移住してきた夫婦が、
里山の知恵と技を学びながら、
里山の恵みを活かし、
持続可能な暮らしを模索していきます。

夫:わっちー
大垣生まれ
森林文化アカデミー1期生
美濃市で10年間
森林整備の仕事に従事したのち
2012年結婚と共に明宝へ移住。
現在は、
明宝の山んなかにある
わさび田の管理と、
山仕事に従事する。
時には、
森林整備の指導にもあたる。
目指すは、
森のユーティリティープレーヤー

嫁:サミー
名古屋市生まれ
2010年地域がんばり隊として、
明宝に移住。
続けて明宝の地域おこし応援隊として
ふるさと栃尾里山倶楽部をはじめとする
地域活動に携わる。
2013年春退任。
現在は、夫と共に、
畑、わさび作りや、
地域づくり活動に携わる一方、
郡上市内の病院で、
言語聴覚士として勤務。
目指すは
田舎のスーパーおばあちゃん

QRコード
アクセスカウンタ
Total:1866156
Today:637
Yesterday:1329
苗を畑にあずける~夏野菜の定植
先週、わっちーと一緒に準備した畝に、
夏野菜の苗をあずけました。
郡上の言い方なのか、
畑を教えてくれる方その人だけの言い方なのか、
(あまり他の人から聞かない)
苗を植えることを、
「あずける」と言います。

私は、この表現の仕方はいいなぁと思っていて、
今までヒトの手で大切に育ててきた苗を
(そういう苗を購入しているのだけれど)
なんとも畑の土や太陽や雨にお任せするような、
そんなニュアンスを感じるのです。

苗をあずけるのは、
夕方の方がいいと、お隣さんから聞いたので、
夕方に植えるようにしています。
なぜかは分かりません。

1本ずつ、
「やせ畑でもたくましく育つのだぞ」と
思いを込めて丁寧に植えます。





化学肥料は使わず、
(ぼかし肥料と生ごみたい肥、落ち葉堆肥を使う)
中途半端な自然農で
(言い帰れば、草取りが間に合わないほったらかし農法)
畑をはじめて5年かなぁ。
そろそろ、土が柔らかくなってくるかなぁ?

栃尾の長老たちに苗を植えたばかりのときは、
「肥やしがたらん」と言われますが、
時間がかかるけれど、それなりに大きく育ちます。

ウリ科は毎年、苗自身の勢いがつく前に、
ウリハムシに葉っぱをやられてしまうので、
今年は、

こんなカバーをかぶせてみました。
でもこれ、保温、防虫のためのカバーらしくて、
天井に結構、大きな穴があいている。
これじゃ、ウリハムシは入ってこれちゃうなぁ。

まぁ、やってみなければ分からない。
失敗したら、また考えてみる。


手前の畝はジャガイモと玉ねぎ。
やっぱりみんなの畑と比べると「小出来」やなぁ。



+++++++


生ごみたい肥で育ててみる

あふれんばかりに成長した白菜。

白菜の苗がちょうど2本余ってしまって、
しかも、捨てるにはちょっともったいないようないい苗。
夏に学んだ生ごみたい肥
植えてみた。

そうしたら、
ぐんぐん、ぐんぐん、ぐんぐん、
こんなに大きくなりました。

ただ、たい肥の発酵が不十分だったせいか、
途中で虫がついてしまい、
ちょっと哀れな状態に。

やっぱり、たい肥は十分寝かせなければいけないんだと、
いい学びになりました。

肝心のお味のほうはどうなんだろう?
めっちゃ美味しかったら、
たい肥作りのモチベーションUPするだろうな。


でもこんな小さな芽が
こんなに大きくなるなんて、
野菜づくりって不思議です。

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ

生ごみたい肥に挑戦!

 

7月の末に郡上市で生ごみたい肥の講座に参加して、
生ごみたい肥づくりに挑戦してみました。

これまでも生ごみを使ったたい肥作りはやってみたけれど、
どうも「発酵」ではなく、
「腐敗」させていたようです。

いっぱい虫はわくし、
生ごみに混ざっていた種が発芽して、
今年の畑はえらいことになってしまったし。

畑でやる方法と、
プランターでやる方法とあるようですが、
我が家で一度に出る生ごみの量を考えて、
プランターでやってみることにしました。

でもそれでも3週間ほど生ごみをストックしなければならない…
ぼかしを混ぜて、保存できる保存容器も購入。w

この暑い時期で生ごみのにおいが心配でしたが、
(ずっと雨降りで気温がさほど上がらなかったのが良かったのか)
漬物のにおい程度で大丈夫でした。
土に混ぜて、波板を置いて1週間。



 

卵のカラや玉ねぎの皮はまだ残っていたものの、
ほぼ生ごみの全型はなくなっていました。
ただ、トウモロコシの芯はやはり…
蛆が沸いてしまっていました。
慌ててぼかしを加えたら、
数日後、蛆はみんな死んでしまっていました。

虫は分解者。
腐敗したものを分解するためにやってくるのだそうです。
発酵しているうちは虫はやってこない。
というより、発酵している中では虫は生きられない。

なるほどなぁ。
嫌だ、嫌だ、と思っている虫たちにも
ちゃんと役割はある。

2週間後、ふかふかの土になっていました。
びっくり。

実際にやってみて、
やっぱりちょっと手がかかる。
生ごみって毎日出るものだし、それを活かして、
美味しい野菜ができるのは、
とっても魅力的なのだけれど、
手間がかかりすぎると続かない。
においとか虫とかもちょっと気になる。
そして問題は冬。
生ごみの量は多くなるし、
あの寒さの中でうまく発酵してくれるのだろうか。

生ごみたい肥、我が家の暮らしの中に上手く取り込むために、
今いろいろ勘考中です。

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ 

小出来な奴ら

6月になり、
玉ねぎ、ジャガイモの収穫時期を迎えた。

ですが…
玉ねぎは春先に芽をシカに食べられ、
ペコロスですか?、
という大きさにしかならず。



そしてジャガイモ。

芽切りから間引きするころまでは、
本当に順調に育ったのだけれど、
待てど暮らせど、花が咲かない。

と思っていたら、
枯れた。

桂一まに相談したら、
「もうはようとってまわんと、
 腐ってまうぞ。」
とのこと。


掘り返してみたら、
OKサインつくるときにできる丸の大きさくらいから、
小さい握りこぶしくらいの大きさのが
収穫できた。
数は少ない。


病気か、生ごみたい肥のせいか、
と思っていたら、
我が家の虫博士わっちーが、
葉っぱのうらに、
ニジュウヤホシテントウの幼虫が、
それはそれはものすごい数ついていることを発見。

原因はこれか。


せっかく畑で作っているのに収穫量が少ないと、
ちょっと悲しくはあるが、
小出来なら小出来で、
楽しみ方もある。

玉ねぎなら、
丸ごと蒸してしまったり、


 

ジャガイモの小さいのは、

皮ごと甘辛ーく煮つけて食べると、
それはそれは美味しいのだ。


一個一個洗うのはとっても面倒だけれどもね(泣)

+++++++
 にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ