森農楽舎 山んなか日記

プロフィール
森農楽舎山んなかさん
四方を山に囲まれた
郡上市明宝。
そんな「山んなか」で
ヨソから移住してきた夫婦が、
里山の知恵と技を学びながら、
里山の恵みを活かし、
持続可能な暮らしを模索していきます。

夫:わっちー
大垣生まれ
森林文化アカデミー1期生
美濃市で10年間
森林整備の仕事に従事したのち
2012年結婚と共に明宝へ移住。
現在は、
明宝の山んなかにある
わさび田の管理と、
山仕事に従事する。
時には、
森林整備の指導にもあたる。
目指すは、
森のユーティリティープレーヤー

嫁:サミー
名古屋市生まれ
2010年地域がんばり隊として、
明宝に移住。
続けて明宝の地域おこし応援隊として
ふるさと栃尾里山倶楽部をはじめとする
地域活動に携わる。
2013年春退任。
現在は、夫と共に、
畑、わさび作りや、
地域づくり活動に携わる一方、
郡上市内の病院で、
言語聴覚士として勤務。
目指すは
田舎のスーパーおばあちゃん

QRコード
アクセスカウンタ
Total:1866138
Today:619
Yesterday:1329
暮らしで使うものを手作りする~ちりとり
六ツ目の背負子かごを完成してから、
しばらく大きいものはお休みして、
小物づくりに励もうと思っています。

で、完成したのは、


ちりとりです。

これはヒゴの長さが40㎝。
節がないのでとっても割るのは楽。

でも、へぎが難しかった。
「練りへぎ」といって、
20㎜の厚さのヒゴを4枚に割れ目を入れておいて、
ヒゴをくねくねと「練る」と、
ピラーっとへげるのである。

見本で見せてくれるのは、簡単そう!って思うけれど、
実際やるとなると、とっても難しくて…

4枚に、へぐはずが、3枚にしか、へげなかったり。

結果、厚みのあるヒゴができてしまい…
編むときに苦労するのである。

でも、
実はこれ、これで完成じゃないのです。
そう、このままではせっかく集めた埃が、
四ツ目の隙間から落ちてしまうし。


和紙を貼って、
去年の秋につくった柿渋を塗って、
一閑張りのちりとりにしようと思っています。

なので、
多少粗があっても、
「紙を貼るからいいや」と妥協。
ねっからの大雑把な性格が顔をだす。


暮らしで使うものを手作りする。
なんかそれだけで、暮らしがちょっと豊かになる気がします。
(気がするだけかもしれませんが(笑))
出来上がるのも楽しみですが、
使うたびに楽しいと、
大嫌いな掃除がちょっとは好きになるかも…

(埃じゃ死なない、がモットー。
 掃除は一番後回し)


実はこれとセットで使うものも
手作りしているのです。

続く…

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ