森農楽舎 山んなか日記

プロフィール
森農楽舎山んなかさん
四方を山に囲まれた
郡上市明宝。
そんな「山んなか」で
ヨソから移住してきた夫婦が、
里山の知恵と技を学びながら、
里山の恵みを活かし、
持続可能な暮らしを模索していきます。

夫:わっちー
大垣生まれ
森林文化アカデミー1期生
美濃市で10年間
森林整備の仕事に従事したのち
2012年結婚と共に明宝へ移住。
現在は、
明宝の山んなかにある
わさび田の管理と、
山仕事に従事する。
時には、
森林整備の指導にもあたる。
目指すは、
森のユーティリティープレーヤー

嫁:サミー
名古屋市生まれ
2010年地域がんばり隊として、
明宝に移住。
続けて明宝の地域おこし応援隊として
ふるさと栃尾里山倶楽部をはじめとする
地域活動に携わる。
2013年春退任。
現在は、夫と共に、
畑、わさび作りや、
地域づくり活動に携わる一方、
郡上市内の病院で、
言語聴覚士として勤務。
目指すは
田舎のスーパーおばあちゃん

QRコード
アクセスカウンタ
Total:1862754
Today:658
Yesterday:735
暮らしに使うものを手作りする~ほうき
ずっとブログに上げようと思っていて、
お蔵入りになっていたのですが…

今年の1月に土岐で行われた、
ススキを刈ってほうきを作るワークショップに参加しました。

(土岐は遠かった…下道で行ったから。しかも2回。)



1回めはススキ刈り。
これがほうきになると思うと、
ただの道端の草が、お宝に見えてくるから不思議です。

刈ったススキは束ねて、
2週間ほど乾かしておきます。

そして2回め。

穂先の長さに合わせて、
3つに分けて、ほうきに仕立てていきます。



3つの束を止める材は竹で。
(竹細工の端材が活かせるなぁ…)



自分でやったというよりは、
講師の方に(ほとんど)やってもらった感じですが、
自分で刈ったすすきで作ったほうきは
やはり愛着がわきます。

もちろん明宝にも枯れすすきはいっぱいあるし、
自分でもまた、作ってみたいと思っています。

でも、このほうき、
大雑把な私は、
穂先に穂(綿毛)がついたままで作業を始めたので、
作業中、穂が散らかって大変。
綺麗にするほうき、というよりは、
穂をまき散らすほうき、になってしまいました。

で、その時に、
ちりとりも手作りできるじゃん!
とひらめき、竹細工でちりとり作りとなったのです。

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ