森農楽舎 山んなか日記

プロフィール
森農楽舎山んなかさん
四方を山に囲まれた
郡上市明宝。
そんな「山んなか」で
ヨソから移住してきた夫婦が、
里山の知恵と技を学びながら、
里山の恵みを活かし、
持続可能な暮らしを模索していきます。

夫:わっちー
大垣生まれ
森林文化アカデミー1期生
美濃市で10年間
森林整備の仕事に従事したのち
2012年結婚と共に明宝へ移住。
現在は、
明宝の山んなかにある
わさび田の管理と、
山仕事に従事する。
時には、
森林整備の指導にもあたる。
目指すは、
森のユーティリティープレーヤー

嫁:サミー
名古屋市生まれ
2010年地域がんばり隊として、
明宝に移住。
続けて明宝の地域おこし応援隊として
ふるさと栃尾里山倶楽部をはじめとする
地域活動に携わる。
2013年春退任。
現在は、夫と共に、
畑、わさび作りや、
地域づくり活動に携わる一方、
郡上市内の病院で、
言語聴覚士として勤務。
目指すは
田舎のスーパーおばあちゃん

QRコード
アクセスカウンタ
Total:1866166
Today:647
Yesterday:1329
苗を畑にあずける~夏野菜の定植
先週、わっちーと一緒に準備した畝に、
夏野菜の苗をあずけました。
郡上の言い方なのか、
畑を教えてくれる方その人だけの言い方なのか、
(あまり他の人から聞かない)
苗を植えることを、
「あずける」と言います。

私は、この表現の仕方はいいなぁと思っていて、
今までヒトの手で大切に育ててきた苗を
(そういう苗を購入しているのだけれど)
なんとも畑の土や太陽や雨にお任せするような、
そんなニュアンスを感じるのです。

苗をあずけるのは、
夕方の方がいいと、お隣さんから聞いたので、
夕方に植えるようにしています。
なぜかは分かりません。

1本ずつ、
「やせ畑でもたくましく育つのだぞ」と
思いを込めて丁寧に植えます。





化学肥料は使わず、
(ぼかし肥料と生ごみたい肥、落ち葉堆肥を使う)
中途半端な自然農で
(言い帰れば、草取りが間に合わないほったらかし農法)
畑をはじめて5年かなぁ。
そろそろ、土が柔らかくなってくるかなぁ?

栃尾の長老たちに苗を植えたばかりのときは、
「肥やしがたらん」と言われますが、
時間がかかるけれど、それなりに大きく育ちます。

ウリ科は毎年、苗自身の勢いがつく前に、
ウリハムシに葉っぱをやられてしまうので、
今年は、

こんなカバーをかぶせてみました。
でもこれ、保温、防虫のためのカバーらしくて、
天井に結構、大きな穴があいている。
これじゃ、ウリハムシは入ってこれちゃうなぁ。

まぁ、やってみなければ分からない。
失敗したら、また考えてみる。


手前の畝はジャガイモと玉ねぎ。
やっぱりみんなの畑と比べると「小出来」やなぁ。



+++++++