森農楽舎 山んなか日記

プロフィール
森農楽舎山んなかさん
四方を山に囲まれた
郡上市明宝。
そんな「山んなか」で
ヨソから移住してきた夫婦が、
里山の知恵と技を学びながら、
里山の恵みを活かし、
持続可能な暮らしを模索していきます。

夫:わっちー
大垣生まれ
森林文化アカデミー1期生
美濃市で10年間
森林整備の仕事に従事したのち
2012年結婚と共に明宝へ移住。
現在は、
明宝の山んなかにある
わさび田の管理と、
山仕事に従事する。
時には、
森林整備の指導にもあたる。
目指すは、
森のユーティリティープレーヤー

嫁:サミー
名古屋市生まれ
2010年地域がんばり隊として、
明宝に移住。
続けて明宝の地域おこし応援隊として
ふるさと栃尾里山倶楽部をはじめとする
地域活動に携わる。
2013年春退任。
現在は、夫と共に、
畑、わさび作りや、
地域づくり活動に携わる一方、
郡上市内の病院で、
言語聴覚士として勤務。
目指すは
田舎のスーパーおばあちゃん

QRコード
アクセスカウンタ
Total:1915688
Today:601
Yesterday:644
| 1 | 2 | 最初 | next>>
ヨモギとワラビを摘む~保存するまで
いつやるの?
今でしょ!

ではありませんが、
摘み菜の摘み時というのは、決まっています。
どんなに忙しくても、
どんなに腰が痛くても、
今っていうときに摘まないと、
タイミングを逃してしまうのです。

摘み菜の育ち具合と、
自分の予定と、
天気予報を見比べて、
今という時を計る。

里山暮らしも7年経つと、
だいぶそのタイミングを見極めるのも上手くなったかなぁ・?

さて、我が家近くの土手のヨモギさんが、
いい具合に摘み時を迎えていました。
雨降り後の露がまだ残っていて、
きらきらと光るヨモギ。

虫がついていないか丁寧に見て、
できるだけきれいな葉を厳選して摘む。
このひと手間が後の作業をものすごく楽なものにする。
年々、賢くなっています(笑)

結構急な斜面で、しかも雨上がりだから滑るけれど、
やっぱり野草摘みは楽しくて、
ぐるっと一回りするうちに、ヒゴがいっぱいに。



もう一度、ゴミや虫がついていないか確認して、
ざっと洗って、あく抜き。
沸騰した湯に重曹を溶かし、
そこにヨモギの葉を入れ、火を止める。
今回はほぼ丸一日、ときどきかき混ぜて放置。
翌朝、水を切って、細かく刻んでから、
保存袋に薄く延ばして冷凍保存。

これは、年末の草もち用に。
昨年末の失敗を教訓に、
早く解凍するためと、餅に混ぜ込みやすくするために
こんなやり方をしてみた。
上手くいくかどうかは、年末の餅つきのお楽しみ。

草もちの香りをよくするために、
茹でて干したのも餅に加えるとよいそうで、
もう一回、今度また摘もう。

陽があまりあたらない、栃尾でも
ワラビが摘み時。
こちらは、秋のおときのごはん用に。


摘んだワラビは、
長さをそろえて束にして、
塩漬けにして保存。
こうすることで、茹でてあく抜きするよりも、
ワラビの歯ごたえがしっかり残るような気がする。
松前漬けを作るのはこちらの方が断然美味しい。
煮物だと、あまり変わらないけれど。



自然の恵みだから、お金はかからないけれど、
その分、食べるためには手間暇がかかる。
それでも野草摘みは楽しいし、
手間暇かけた分だけ、ありがたみが増すし、
お金には代えられない豊かさを感じることができる。

だから、
どんなに忙しくても、
どんなに腰が痛くても、
どんな急な斜面でも、

そこに野草がある限り、摘みにいくのだ。


+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ


山葵田にも新緑の季節がやってきました

山葵田を見守るトチノキさま。
この1週間で葉を大きく広げ、
山んなかは光と影のコントラストがくっきり。

このゴールデンウィークにまとめて、
山葵の植え付けをしようと、
U字溝にたまった砂利をかき、
作土をかき、という作業を進めてきました。

山葵人(わさびんちゅ)さんのおかげもあって、
ここまで順調、順調。


カエルくんも
様子をみにきました。
(どこにいるか分かりますか?)

今年のGWは、
ヨモギや、ワラビなど摘み草で忙しく、
さらに植樹祭の準備や、
畑の準備で、
カラダがくたくた。

あまりの気持ちよさに、
お昼ご飯のあとは、
しっかりお昼寝。



だってこんなに気持ちが良いのだもの。

その間に、
わっち―と山葵人さん、
山葵の植え付けに。



昨年、伊豆の山葵田をいろいろ見学してきて、
意外と狭い感覚で植えていたので、それをまねて、
30㎝感覚で植えました。(わっち―が)

サミーが植えると、感覚が広くなってしまう。

90本くらいの苗を植えることができました。
成長が楽しみ♪

山葵田からの帰り道。



こんな葉っぱを見て、
ギザギザのポテトチップスみたいだと
思ったのだけれど、
そのポテトチップスの名前が、
どうしても思い出せず、
2人で悶々としています。

誰か、ご存じの方、いらっしゃいますか?

翌日、
バローでギザギザのポテトチップスを
探しにいったのですが、
自分が思っていたものが売っていなくて、
バローブランドのポテトチップスを、
買ってしまったサミー。

今度の山葵田のおやつにしましょ。

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ
ワラビその後…おときの台所
春に塩漬けにしたワラビ
フタを開けると、
真っ黒な液体。
こんなんでいいんだろうか、と不安になったけど、

アクがでとるんやで、
大丈夫。

とのこと。

あまりにも見た目がオゾイので
写真に撮らなかった。
あまり、手も入れたくない惨状。

でもこの中にはたーんとワラビが詰まっている。
なにせ大きいレジ袋2袋分。
このままほっておくわけにもいかないし、
恐る恐る手を入れる。

まだ溶け切れていない塩の固まりで、
しっかりフタをされていた。
それをほじくると、
しなっとなったワラビが出てきた。
色は少し黒ずんでいる。

これを
水舟の中で塩抜き。

まる一日で塩気が抜ける。

これが二間手のおかあさんたちの手で、
ワラビの煮しめに。

最近ではワラビを採ってきたら、
アクを抜いて冷凍保存することが多いそうだ。
その方が、やわらこー煮える。

この塩漬けワラビは、
柔らかくなるのにとっても時間がかかった。

野菜と一緒に煮ると、
やわらこう煮えるよ、
とおかあさんの知恵で、大根と一緒に煮る。

味を入れてしまうと、
かたくなってまうで。
味を入れる前に、
時間をかけてコトコト、コトコト。

やっているうちに、いつの間にか、
調味料入れてしまっていた…
うーん、そこんとこ、ちゃんと見ておきたかったのに。 

レシピがないって、こういうことなんだよな。
食材によって、火にかける時間も違えば、
入れる調味料の量も違う。
大切なのは、あるもので美味しく作ること。
そのさじ加減は、決して大さじ何杯とかでは量れない。
これまでの長い経験と勘が
味を決める。

おいしく煮上げたワラビは、
10種類以上のおかずと共に皿に盛られ、
みなさんに召し上がっていただきました。

そのときの様子は、こちら≫≫≫ふるさと栃尾里山倶楽部

+++++++
 にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ
ワラビの塩漬けに挑戦!
ワラビ。
知り合いの方に声をかけてもらって、
地元のおかあさん、冬ちゃんと一緒に採りに行く。

まさに採り頃のふっといワラビ。
二人とも無言でひたすら摘む。

気がつくとスーパーのレジ袋は2袋に。
それでも、ワラビを見つけると手が伸びる。

どこまで貪欲なんだか…


去年とあるところで、
ワラビの松前漬けを食べさせてもらったのだけれど、
そのワラビの食感が絶妙で、
ものすごく美味しかった。

作り方を聞くと、
ワラビを塩漬けにして保存しておいたものだそうだ。

これは試してみなければ…思っていたのだけれど、
忙しさにかまけて採りどきを逸し、
今年はあきらめかけていたのだ。


さっそく、地域のおかあさんたちに塩漬けの方法を聞き、
やってみることに。

2袋分のワラビ、どーん。
正直、げんなり(笑)


洗う必要はなし。
そのまま向きだけそろえてタルにつめる方法と、
同じ長さのものを束にしてつめる方法とあるようだけれど、

後々の使い勝手を考えて、
長さをそろえて束にする方法を選択。

この仕分けがかなり大変。
でもここで手間をかけておけば、後が楽なはず。



束ねてタルにつめました。
これを食塩でフタをします。

食べるときには塩抜きをして食べるので、
いわゆる安価の食卓塩でよいとのこと。

それにものすごく大量に使うから…

こんな感じ。
量はめっそ(適当)。

この状態で保存する場所に運び、
たくさん重石をします。



全て仕込んでから気がついたのだけれど、
少し食べる分、残しておけばよかったかなぁ、と。

でも正直、もうワラビは見たくないから、いっか。

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ



里山の暮らしも…
あると分かっていて、
摘みにいけなかったワラビ。
行くというほどの距離じゃないのに。

陰地(オンジ…陽があたらない場所)だから、
ワラビも出てくるのが遅いとはいえ、
やっぱり遅かった。


収穫はこれだけ。
長さをそろえて束ね、
あく抜き。




ご近所さんから、
たーんと採れたからとタケノコのおすそわけ。


嬉しいのだけれど、
皮をむいて、あく抜きする時間がなく、丸一日放置。


なんとなく、アクが抜けきらないタケノコがたーんと。


もちろん食べきれないから、
切って干してみることに。

そうしたら、取り込むのを忘れて、
乾きすぎ、
スルメ状態のタケノコに(笑)




ダンナさんが採ってきてくれた
サンショウの新芽でサンショウ味噌をつくる。
慌ててつくるから、
味噌、ミリンが多すぎて、
サンショウが効かない。

まぁ、タケノコのサンショウ味噌和えもどきということで(笑)



里山暮らし、
こんな自然の恵みをいただけるのは、
とっても嬉しいのだけれど、
余裕がない中でたーんとあると、
とてもとても手間をかける時間がない。


できたら、ワラビとタケノコの煮しめでも作りたいところなのだけれど。


充実した暮らし、
ありがたや、ありがたや。
失敗は笑いにかえて、日々過ごす。
+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ





ちいさなうたげ
「このお花のように」
と贈られたブーケ


ニリンソウとカキドオシのブーケ


わたしたちにぴったりのブーケだ。


先日、ちいさな宴を源右衛門でひらきました。

お招きしたのは、
小さな頃からかわいがってもらった親戚の方。

と、

今、とってもお世話になっている栃尾の人たち。




宴のごちそうは、
明宝だからこそ、今の季節だからこそのもの。

この季節だと山菜。
タラノメやワラビなどよく聞く山菜から、
藤吉郎(モミジガサ)、ハンゴンソウ、コゴミやニリンソウ。

それが煮しめであり、和え物であり、天ぷらであり。

さらに、
シシ肉をつかったシチューや、
ローストビーフならぬ、ロースト鹿。


「結婚の祝いなんやで、鯛のお頭はなくてもいいんか?」
と心配するおかみさん。

鯛の代わりに、
大アマゴのお造り。






今までお世話になった親族の方に、
これから私たちが暮らしていく明宝の事を知ってもらいたくて、
あえて源右衛門という場所を選び、
明宝でしか食べられないお料理でとリクエストした。


お天気にも恵まれて、新緑がまぶしい季節。


今、明宝でこの時にしか手に入らないものでの宴。



まだ若々しい朴の葉っぱでつつまれた、
朴葉寿司。

「まるでこの日に合わせたかのように、
ふわぁっとひらいてくれたのよ。」




二人でゼロから手づくりした、
本当にちいさな宴は、

自然の恵みと、
地域の人たちのおかげで、

とてもとても和やかにとりおこなわれました。

とっても地味な宴だけれど、
とっても幸せな一日となりました。




客人のひとり桂一まが、

「よう、こんなところで祝儀をやってくれた。
 地のもんとしては、うれしいことや。
 また一つ、思い出ができたな。」

それはそれは素敵な笑顔でおっしゃる。




きっとニリンソウが咲く季節になると、
この宴のことを思い出すんだろうな。

ちなみにお料理はこちらでお願いしました ≫≫≫

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ

栃尾にある植物を調べる~その1
第4回目の栃尾里人塾では、
特別ゲストとして、
森林文化アカデミーから4人の先生方を
お招きして、
栃尾山の森の調査を行いました。

一日目は、
森チームはさらに3班に分かれて、調査開始。

サミーは、
柳沢先生とともに植生調査に。

源右衛門から歩いて出かけます。


まずは、

<ワラビ>
陽があたるところに生えるそう。
去年電気柵を設置する前はスギの木で、
陽があたらなかった。
でも根っこはそのまま残っていて、
今年の春日当たりがよくなったら一斉に生えてきた。

そうそう春にはこんなこともありました。




<ベニバナボロギク>
赤い花が下向いているのが特徴。
今の時期、大きな綿毛がふわふわと舞っています。

そしてベニバナボロギクの葉は、
食べられるらしい。
春菊のような味とか。

「食べられる」と聞くと、途端に頭にインプット。

そしてあたりを見渡してみると、あるわあるわ。
そこここに。


でも注意しなくてはいけないのは、
<ダンドボロギク>
こちらは食べられない。
花の色は白い。
花が下向いているか、向いていないか。
でも例外もあるらしいから注意。





「サミー、畑やらんでも、
ここで食料GETできるやん」


サミーは、シカと一緒ですか・・・・







草にまざって分かりにくいですが<コクサギ>
葉っぱはミカンのような香りがして、
虫よけに使われるそう。


コクサギの葉を太陽に透かして見ると、
油点が見えます。

柳沢先生、マクロレンズを使って、
しばし、写真を撮るのに夢中。


サミーも負けじと頑張ってみるも、
ピントが合わない。


ここで植物講座から、
デジカメ講座へ~


白い点々、分かりますかねぇ。
結局、先生に撮ってもらいました。




「おぉ、これは珍しい」と立ち止まったのは、
<オオルリソウ>

茎の先にちょこんと青い花が咲いていて、
根本へ行くほど実が大きくなる。
どんどん先に長くなるので、
無限花序(むげんかじょ)というそうです。


一つの花に4つ実がつきます。
イボイボ、ネバネバ。
これが動物にひっついて、移動し種を増やします。



こんな調子では、
とてもとても、山いきさの小屋まで、
たどり着かないねぇ

スピードUP!



その2へ続く



+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ

嬉しくないしごと~病気になったカボチャ
■「子ども寺子屋エコキャンプin栃尾」
  たくさんのお申込みありがとうございました。

  参加決定通知を7月12日に発送しました。
  遅くなって申し訳ありません。

  子どもたちと、
  楽しい時間が過ごせるように、
  準備しておりますので、
  楽しみにキャンプの日をお待ちくださいね。



************

↑を言い訳に・・・
ブログ更新がすっかり滞っております。


キャンプの準備で、
120%な(笑)日々を送っています。



すっかり梅雨も明けたようで、
日に日に野菜たちも成長していると思いきや、

カボチャが枯れている・・・・


「うどんこ病や」とわが師匠の桂一ま。
最近、すっかりサミーが忙しくて、
ゆっくり畑のことを教えてもらう時間がなくて、
ちょっと悲しい。


葉っぱに白い粉のようなものがふく、
まさに「うどんこ」をばらまいたよう。
そして、葉が黄色くなって枯れて、腐っていく。


カビの一種らしい。


「葉を採ってまって、
 畑から出さんと
 どんどん広がってまうぞ。」

とのこと。


と言われたのだけど、
どうしても時間が取れず、
(暑さでダウンしていたのもあるけど)
ようやく畑に行けたのが、
3日後の朝。


あまりの広がり方にことばを失う。


葉を採らないと、広がってしまう・・・
せっかく実をつけているのに、
この実はこれ以上大きくならないんだ。


でも葉を採らないと、
今元気な苗まで、広がってしまうかもしれない。



とっても悲しい気持ちで、
葉を刈り取りました。



桂一まは薬をまくしかない、と言いましたが、
いろいろ調べてみたところ、

「うどんこ病」には、
重曹が効くとか。


重曹なら、ワラビのあく抜きで使ったのが残っている。
薬のような効果は期待できないかもしれないけれど、
やるだけ、やってみよう。


800倍の重曹水で散布、と書いてあったけど、
ジョウロでまいてみた。

まっいっか。




なんとか、おさえられますように。



たぶん、初期のころに気づいて、
早めに対処していれば、
こんなことにはならなかったのかもしれない。



ものすごく後悔。



重曹水の効果は果たしてどうなのか?
経過を見守りたいと思います。




最近は、昼間はキャンプの準備などもろもろあるのと、
とっても暑いので、
朝、陽が当たる前と、
夕方、陽が落ちてから、畑仕事をしています。


とはいってもそんなに早く起きれるわけではない。
そして一度畑に入ってしまうと、
なかなか出られない。


なので、いつもギリギリに出勤(汗)



そして、昼間が超眠い。
睡魔との戦い。




こんな暮らしを紡いでおります(笑)



+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ














苦手克服なるか?~きぬさやえんどうの煮物
雪が降る前に蒔いた絹さやえんどう


「雪が降る前に芽が出ると、
ええ具合に育つ」、

と桂一まから聞いていたのだが、


芽が出ないまま、雪が積もり、
そのまんま。


でも雪解けとともに、
ちっこい芽は出てくれて、

ぐんぐん、ぐんぐん大きくなり、

今は支柱よりも背が高くなってる。
(もっと高い支柱じゃないといかんかった・・・)



そして花が咲き、実がなった。


以前にも書いたのだが、
サミーは絹さやえんどうが苦手なのだ。

なんとも、あの青臭さが・・・




その話をすると、


筋をつけたまま、
絹さやえんどうを甘辛く煮つけて、
食べるときに歯と歯の間でしごいて、
筋をとって食べるのが、
とぉーっても美味しいのだと。

お酒のつまみに最高。

おかあさんたちにとっても、
筋を取る手間なしの料理。

なんだそうだ。



そこで、ワラビの煮物を教わるついでに、
絹さやえんどうの煮物もお願いした。


のだが、

「まだ、やさしいなぁ」


この煮物を作るときは、
スーパーに置いてあるような、
ペランぺランの絹さやではなくて、

ぷっくぷくに豆が膨れた絹さやで作るらしい。

畑の絹さやはまだふくらみが「やさしい」そうだ。



それでも、膨らんできたかなぁ、
というさやを収穫。

でも煮物にするには、量が足りない。


なにか他のものと一緒に煮るかな、と思っていたら、


八幡のA-coopには、
ぷっくぷくの絹さやえんどうが売っていた!
それも、今にもはち切れそうなくらい、
ぷっくぷく。


畑で採れたのと比較してみると、
一目瞭然。


絹さやは筋は取らなくてもいいのですが、
ヘタだけは取ります。

青々としてきれい。

鍋の底に張るくらいの量の水を入れ、
落し蓋をしてコトコト煮ます。


だんだん、豆の甘い香りがたってくる。

柔らかくなったら、
砂糖、醤油、みりんと、今回はおかかを入れます。


そしてまた落し蓋をしてコトコト。

大事なのはかきまぜないこと。
かきまぜると、さやが煮崩れてしまうから。


歯と歯の間で、しーっと味見をしてみた。
ちょっとお醤油が足りないかな。




煮上がりました。


そして、食べてみた感想。


これならば、いくらでも食べられる!
あの絹さや独特の青臭さはまったくなくて、
豆の味が残ってる。

元来、豆は好きなので、
これはやめられない止まらない。

これで絹さや嫌いも、克服☆




これも地味なお料理だよなぁ。
でも、スーパーで売っている絹さやでは、
絶対できない、
自分で絹さやを作っているからこそ、
出来る料理だよなぁ。

しかも、美味しい。



また来年も絹さや、育ててみよう。



☆☆☆☆☆
タイミングが合えば、
里人塾のあとふきに、
絹さやえんどうの煮物、
皆さんに味わって頂けるかも☆

次回栃尾里人塾は、
6/25-6/26
・山いきさの小屋づくり
・地元の味、朴葉ずしをみんなで作ろう

詳細はこちら → ふるさと郡上会HPをご覧ください。



+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ










ワラビ大収穫~採ってから「いただきます」まで。その2
その1からの続き・・・



さていよいよ、
ワラビの煮物に挑戦。


とその前に、
束になったワラビを見た冬子さん、
「これは長さをそろえた方が、
煮あがった時にきれいなんや。」と。


・・・長さそろえたつもりだったのですが。


「この長いのの下の方は、
固そうだから、切ってしまった方がいいね。
柔らかく煮えたのの中に、
かたいのが入っているのを嫌がる人もいるからね。」

「これくらいの長さのものだけそろえると、
切らなくてもいいやろ?」


ただ、長いの短いのと、
大雑把にそろえて束にしてしまっていたのだけれど、
もう少し丁寧に仕分けして束にすれば、
ここでの手間が省けた。


大雑把だからなぁ・・・常々。


長さをそろえて、
長いものは7~8cm位に切りそろえる。



「ワラビだけで煮るより、
ほかのもんと合わせて煮るとおいしく、
味がようなる。」


というわけで、
油揚げと人参も一緒に煮ることにする。



油揚げは正方形を対角線に切る。
人参は乱切り。


鍋の一番下に
昆布を3㎝くらいに切って敷く。
その上に油揚げ、乱切りした人参、
一番上にワラビ。


一番上のワラビをグッと抑えると、
水分が出るくらいまで水を加えて火にかける。
落し蓋をして、クツクツ煮る。


「煮物ややっぱ時間をかけて煮ないと、
美味しないな。
急いでつくると、美味しくできない。
そして、これくらいの量はやっぱり、
煮ないと。」


いつも少ない量しか作らないサミー。
自分が食べるだけだから、
下拵えも大雑把だ。
「人に食べてもらう料理」をしないから、
なかなか上達しないのかな。

食べるのも結局、自分だし。


昆布が柔らかくなったら、
砂糖、しょうゆ、みりんで味付け。

この調味料の量が難しい。
冬ちゃんは、ビンから直接、
ダバーっと入れるらしい。

いざどのくらいか、尋ねても分からないって。

もう何度も、何度も作っているから、
経験でそういうことができる。

そういう目分量が利くようになりたいものだ。



さらにコトコト。

味見をして、
少しお醤油を足す。



あぁ、もう少し丁寧に盛り付ければよかった(笑)
せっかく長さをそろえたのに。


煮あがった直後は、
少し味が薄いかなぁ、と思ったけれど、
一日置いたら、ちょうどいい感じに。

そしてワラビも美味しかったのですが、
出汁をたっぷり含んだ油揚げの美味しいこと。美味しいこと。



煮物ってやっぱり地味なんだけど、
美味しいよなぁ。

そして奥が深い。

冬ちゃんは最後にこんなことを、
言っていました。
「わたしらでも毎回味が違うよ」


毎回違う美味しさを作り出せるって、
すごいと思うのです。


そういう、おかあさんになりたいなぁ。

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ

| 1 | 2 | 最初 | next>>