森農楽舎 山んなか日記

プロフィール
森農楽舎山んなかさん
四方を山に囲まれた
郡上市明宝。
そんな「山んなか」で
ヨソから移住してきた夫婦が、
里山の知恵と技を学びながら、
里山の恵みを活かし、
持続可能な暮らしを模索していきます。

夫:わっちー
大垣生まれ
森林文化アカデミー1期生
美濃市で10年間
森林整備の仕事に従事したのち
2012年結婚と共に明宝へ移住。
現在は、
明宝の山んなかにある
わさび田の管理と、
山仕事に従事する。
時には、
森林整備の指導にもあたる。
目指すは、
森のユーティリティープレーヤー

嫁:サミー
名古屋市生まれ
2010年地域がんばり隊として、
明宝に移住。
続けて明宝の地域おこし応援隊として
ふるさと栃尾里山倶楽部をはじめとする
地域活動に携わる。
2013年春退任。
現在は、夫と共に、
畑、わさび作りや、
地域づくり活動に携わる一方、
郡上市内の病院で、
言語聴覚士として勤務。
目指すは
田舎のスーパーおばあちゃん

QRコード
アクセスカウンタ
Total:1866147
Today:628
Yesterday:1329
春の芽吹き~わさび田~背負子かごデビュー

この春の芽吹きの時期の美しいことといったら。
写真の技術が伴わず、お伝えできないのが残念。

ようやく、行けました。
わさび田。
途中川を渡るときに、ウェーダーを着ているはずなのに、
冷たくて。
よく見たら、右足の甲の部分に穴が空いていた。
がーん。

でも、暑いくらいの日であっという間に乾いてくれる。
お日さまの力はすごい。

そして、ようやく、

背負子かごもデビュー。
かごが大きすぎて、中身スカスカなんですけど。



昨年植えたわさびたちは無事に冬を越してくれて、
今花盛りです。
ほんと、無事でよかった。

わさび田周りも青々としてきました。
もう、ネットを外しても大丈夫でしょう。



わさび田周辺にたくさん生えているコゴミ。
ほとんどが、


開いてしまっていました!
でも、これはこれで美しい。


このつややかな葉はぱっと見、わさびっぽいのだけれど、
残念。
フタバアオイと言います。
徳川家の家紋は三つ葉葵(ミツバアオイ)ですが、
そのアオイと同じです。

そうそう、わさびも漢字で書くと「山葵」ですからね。

このフタバアオイ、この時期一面に群生します。
ビックリするほどです。

その他、トリカブトとかハシリドコロなど、毒草もいっぱい。
動物たちもよく知っていて、食べないからね。

だいぶ、わさび田周辺の植物については、
顔と名前が一致するようになりました。
そうなると、とても楽しい♪

逆に動物系は苦手です。
今日も

この子に出会いました。
赤いカエルだったので、びっくり。
わっちーに調べてもらったら、
ニホンアカガエルとか。
そんなに珍しいカエルではないそう。

これからは、動物たちとも仲良く…できるかしら?

せっかく大きな背負子かごなので、
帰りは、わさびの花芽を少し頂き、
秋に摘んでおいた落ち葉を少し持ち帰りました。

こんなときは、大きいのは便利です。

さて、わさび田シーズンはじまりました。
山葵人さんたち、お待ちしてますよ。
今年も山んなか時間をめいっぱい楽しみましょ♪

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ