森農楽舎 山んなか日記

プロフィール
森農楽舎山んなかさん
四方を山に囲まれた
郡上市明宝。
そんな「山んなか」で
ヨソから移住してきた夫婦が、
里山の知恵と技を学びながら、
里山の恵みを活かし、
持続可能な暮らしを模索していきます。

夫:わっちー
大垣生まれ
森林文化アカデミー1期生
美濃市で10年間
森林整備の仕事に従事したのち
2012年結婚と共に明宝へ移住。
現在は、
明宝の山んなかにある
わさび田の管理と、
山仕事に従事する。
時には、
森林整備の指導にもあたる。
目指すは、
森のユーティリティープレーヤー

嫁:サミー
名古屋市生まれ
2010年地域がんばり隊として、
明宝に移住。
続けて明宝の地域おこし応援隊として
ふるさと栃尾里山倶楽部をはじめとする
地域活動に携わる。
2013年春退任。
現在は、夫と共に、
畑、わさび作りや、
地域づくり活動に携わる一方、
郡上市内の病院で、
言語聴覚士として勤務。
目指すは
田舎のスーパーおばあちゃん

QRコード
アクセスカウンタ
Total:1916232
Today:516
Yesterday:629
我が家の同居人~ネズミ退治の方法
おげんさんちのねずみのように、
イケボだったらいいのにな。
(※イケボ=イケメンボイスのこと)
      



まだ、寒く冬のころ、
天井裏からカサカサ、カサカサ、
トトトトトトトトって音がする。

ネズミかなぁ…

配線とかかじられて、
火事になったりしたら嫌だし、
なんとかしなくちゃなぁ、
なんて思い、
ホームセンターでピーナッツの香りがする、
ネズミ捕りを仕掛けた。

そしたら、
みごとに引っかかる。

その引っかかったネズミの顔の愛らしいこと。
可愛そうだったけれど、そのまま合掌。

さぁ、やれやれと思ったら、
またそのうち、

カサカサカサ、
トトトトトトトト…

前よりは小さい音だけれど、
聞き間違いと思いたいのだけれど、
確かに、まだ、いる。

うーん、まいった。

同じようにネズミ捕りを仕掛けてみるも、
2度は同じところには引っかからないのかなぁ。

わっちーがいろいろ調べて、
超音波がいいとのことで、
ネズミが嫌いな超音波を出すことのできるアプリを
スマホにダウンロードして見たり・・・

ネズミがやられるまえに、
自分たちの内耳がやられそう(泣)


近所のネコさんに、
「うちに美味しいネズミがいますよ。」
って話しかけてみたり。


通じるわけがない。



先日、うちに帰ってきたら、
車庫にアオダイショウがいた!
まだ小さいの。

慌てて追いかけて行って、
「うちのネズミ、食べてくれない?」って
話しかけたら、
スルスルスルっと床下に入っていった。


それ以来、ネズミの音はしないような気がする。

嫌われ者のヘビだけれど、
家を守ってくれるとか、
縁起がいいとか、
お金持ちになるとか(それは、ヘビの抜け殻か)。

どうか、我が家も守ってください。
経済的にもね(笑)

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ


山んなかで思う。
ほぼ、ひと月ぶりのわさび田。
こんなんでいいのか。

ずっと、雨続きで、
水位が高く、渡れなかったりする。
もちろん、わさび田のことは気にかかるけれど。

吉田川上流の川の水位は、
思ったほど高くはなかった。
大雨で底が流されて、
すごく透明感が増して、キラキラしてた。

高くはないけれど、
深くはなっていて、
長靴で渡るにはちょっと厳しい感じ。
また、渡りやすいように、石を転がしておくかな。

わさび田の守り神
トチノキさまは、ちゃんと見守っていてくれたようで、
わさび田は特に問題なく。
すくすくと大きく葉を広げていた。

トチノキさまの足元には、
未熟なトチノミがいっぱい落ちていた。
今年は、実は大丈夫だろうか。

全国各地で、クマが人間を襲うニュースが飛び交っているけれど、
もし今年の秋、実が不作だと、
それこそ、里に下りてくるクマは相当数になるだろう。

というのも、
昨年の秋、木の実の生り年で、
栄養満点だったの動物たちは、たくさん子どもを産んでいるらしい。
そう、動物たちの絶対数が多くて、
山の食べ物が少なければ、

里に下りてくる。

これは、サミーの予測でしかないのだけれど。
当たるか、当たらないか、
秋になってみたらわかる。

山に入る前は、
必ず、クマ鈴をめいっぱい鳴らす。
今から入りますよって動物たちへの合図。
だって、出会いたくないもの。

人間を一度でも襲ったクマは、
人間を襲うようになってしまう。
そうなると、撃つしかない。
クマ鈴を鳴らすのは、クマたちを守るためでもある。


なんてことをつらつら考えながら、
落ち葉堆肥を土嚢袋につめていたら、

「ぎゃーーーーーっ」


とりあえず、わっち―を呼ぶ。
そこにいたものは、

ヘビ。

「柄がないから、たぶんアオダイショウだね。
まだ小さい」

とまぁ、いつでも落ち着いていること。

毒ヘビではない、ということがわかり、
とびかかってくるということもない、とわかったら、
観察。
よく見ると、とても可愛らしい顔なんだねぇ。
(写真は嫌いな人がいるので載せません)

むこうも、かわいい舌をペロペロペロってだして、
威嚇してくる。
でもおとなしい。
じっとこちらの様子をうかがっている。


そしてしばらくしたら、シュルシュルシュルって、
行ってしまいました。

よくもまぁ、自分のからだが絡まないこと。
このなまめかしい動きが、
嫌いな人は嫌いなんだなぁと。

こちらも、出会いたくないといえば、
出会いたくないけれど。
鈴は効かないね。

+++++++
 にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ