森農楽舎 山んなか日記

プロフィール
森農楽舎山んなかさん
四方を山に囲まれた
郡上市明宝。
そんな「山んなか」で
ヨソから移住してきた夫婦が、
里山の知恵と技を学びながら、
里山の恵みを活かし、
持続可能な暮らしを模索していきます。

夫:わっちー
大垣生まれ
森林文化アカデミー1期生
美濃市で10年間
森林整備の仕事に従事したのち
2012年結婚と共に明宝へ移住。
現在は、
明宝の山んなかにある
わさび田の管理と、
山仕事に従事する。
時には、
森林整備の指導にもあたる。
目指すは、
森のユーティリティープレーヤー

嫁:サミー
名古屋市生まれ
2010年地域がんばり隊として、
明宝に移住。
続けて明宝の地域おこし応援隊として
ふるさと栃尾里山倶楽部をはじめとする
地域活動に携わる。
2013年春退任。
現在は、夫と共に、
畑、わさび作りや、
地域づくり活動に携わる一方、
郡上市内の病院で、
言語聴覚士として勤務。
目指すは
田舎のスーパーおばあちゃん

QRコード
アクセスカウンタ
Total:1916253
Today:537
Yesterday:629
| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初 | next>>
春の芽吹き~わさび田~背負子かごデビュー

この春の芽吹きの時期の美しいことといったら。
写真の技術が伴わず、お伝えできないのが残念。

ようやく、行けました。
わさび田。
途中川を渡るときに、ウェーダーを着ているはずなのに、
冷たくて。
よく見たら、右足の甲の部分に穴が空いていた。
がーん。

でも、暑いくらいの日であっという間に乾いてくれる。
お日さまの力はすごい。

そして、ようやく、

背負子かごもデビュー。
かごが大きすぎて、中身スカスカなんですけど。



昨年植えたわさびたちは無事に冬を越してくれて、
今花盛りです。
ほんと、無事でよかった。

わさび田周りも青々としてきました。
もう、ネットを外しても大丈夫でしょう。



わさび田周辺にたくさん生えているコゴミ。
ほとんどが、


開いてしまっていました!
でも、これはこれで美しい。


このつややかな葉はぱっと見、わさびっぽいのだけれど、
残念。
フタバアオイと言います。
徳川家の家紋は三つ葉葵(ミツバアオイ)ですが、
そのアオイと同じです。

そうそう、わさびも漢字で書くと「山葵」ですからね。

このフタバアオイ、この時期一面に群生します。
ビックリするほどです。

その他、トリカブトとかハシリドコロなど、毒草もいっぱい。
動物たちもよく知っていて、食べないからね。

だいぶ、わさび田周辺の植物については、
顔と名前が一致するようになりました。
そうなると、とても楽しい♪

逆に動物系は苦手です。
今日も

この子に出会いました。
赤いカエルだったので、びっくり。
わっちーに調べてもらったら、
ニホンアカガエルとか。
そんなに珍しいカエルではないそう。

これからは、動物たちとも仲良く…できるかしら?

せっかく大きな背負子かごなので、
帰りは、わさびの花芽を少し頂き、
秋に摘んでおいた落ち葉を少し持ち帰りました。

こんなときは、大きいのは便利です。

さて、わさび田シーズンはじまりました。
山葵人さんたち、お待ちしてますよ。
今年も山んなか時間をめいっぱい楽しみましょ♪

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ



土用の影響~山んなかで遊ぶ
陰陽五行の土用。
季節の変わり目のことを土用という。
一般的に丑の日にウナギを食べる夏の土用が知られているけれど、
本当は、春、夏、秋、冬の4回あるということは、
あんまり知られていない。

その土用の時期というのは、
季節の変わり目ということもあって、
ココロもカラダも崩しやすい。

よく言われる5月病だって、
この時期だし、
病院勤めしていて、
土用の時期はなんか患者さん多いよなと
感じることは多い。

なんら、科学的に証明されていないけれど、
なんとなく陰陽五行で考えると、
腑に落ちるというか、
そこが、また陰陽五行の面白さというか、
昔の中国人はすごいなと思うところである。

でも、声高に言うと、
(特に病院では)ちょっとアヤシイひとに思われるので、
あんまり言わないようにしてる。

で、今年の春の土用は、
ちょっとやられた感がある。
ここまでやられるのは久しぶり。
体調の悪さ、なぜか左上腕の痛み、心のざわつき…
なんだかんだと忙しくて、
いろいろ知っている対処法も後手後手に。

そう、まだ、わさび田にも行けてない…
忙しいのと、行く元気がなかったのと。


GWに入り、気のおけない仲間が家族で山んなかに遊びにきてくれた。



山んなかはようやく桜が満開。
芽吹きもこれからで、とっても明るい。
子どもたちはふかふかの落ち葉の上で走り回ったり、
大きな石に載ったり大はしゃぎ。



みんなでコゴミを摘んでいます。
ちょっと遅かった感じだけれど、
お昼ご飯のおかずには十分。

久しぶりに、
外ごはん。
写真、撮るの忘れたなぁ。
炭を熾して、お肉焼いたり、
持ち寄ったお弁当を少しずつ分けて食べたり、
しゃべりまくったり。

楽しかったなぁ。

やっぱ、いいね。
外に出るというのは。

でも、ちょっと暑すぎて、
(山んなかはまだ木陰がない)
帰ってきたときには、クタクタ。

土用は5月4日まで。
とりあえず、それまでは無理せず養生。
まぁ、体調悪くても、
多少凹んでも、
土用だから、ということで。

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ



六ツ目の背負子かご
春に間に合いました。

六ツ目の背負子かご。
サミー用です。

木こりの背負子かごに比べて、
とっても軽いです。
木こりの背負いかごは、
見るからにとても大変で、
やってみるともっと大変で、
六ツ目の方が楽かなぁ、なんて思って取り掛かったのですが…

甘かった。

いつものことですが。

六ツ目はバランスよく編むのが難しい。
よくみると、縦長の目になっているでしょ?
ヒゴがすこし厚かったようで、
なかなか絞まらないのです。
どうしても横のヒゴが浮いてきてしまう。

じゃあヒゴを薄くすればいいのか、
というとそうでもなくて、
ヒゴを薄くすると、頑丈さが損なわれてしまう。

わさび田の山んなかで使うものだから、
ある程度の頑丈さも必要。

ぎりぎりの強度を保つことのできる薄さに
ヒゴをへぐのが職人技。
まだまだ修行が足りません。


おかげで、
思っていたよりも、大きなかごができてしまって、
たくさん入ります☆

あとはこれに布か何かで蓋を掛けられるようにしようかと
思っています。
おじぎすると、頭の上から中身がこぼれてしまうからね。


さすがに、このかごは山用で
普段使いはできないので、
でも、これだけの大きさのものを、
片付けておくためのスペースもない。

で、考えたのは、

壁にぶら下げる。

スペースの有効利用。
山でしか使わないものも収納できるしね。

実際、使うのが楽しみやなぁ。

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ


手前味噌づくり~カビ防止策
先日山んなかから汲んできた「寒の水」で、
毎年恒例、
手前味噌を仕込む。

この手前味噌、
山んなか食堂
ワサビ丼ツアーで使うと、
とっても美味しいと好評を頂く。

豆味噌、麦味噌、ミックス味噌と
いろいろな種類を年毎に作っていて、
我が家でも、
その時々の体調や、気分によって
配合を変えて使う、
無くてはならないもの。

そして、これこそ手前味噌だけれど、
美味しいのだ(笑)

これまでつくる量が多すぎたみたいで、
在庫過剰状態のため、
今年は少量の麦味噌と米味噌を作ることにした。

少量なんだけれど、
(やろうと思えば一人でもできたかもしれないけど)
わっち―のお休みの日に合わせて、
一緒に作る。

だって、味噌づくりのメインイベント
これが盛り上がらないのだもの。


味噌玉を作って、
瓶に思いっきり投げ入れる。

これもちゃんと理由があって、
味噌の間に空気が入らないようにするため。
空気が入ってしまうと、
そこからカビてしまうことがあるから。

さぁ、うまく投げ入れることができるか??


ぺしんっ。
上手く入りました。

いい音がします。
気持ちいいです。

でも、悪意をもって投げ入れないようにします。
麹が聞いているから(笑)

いつもは、
焼き塩で蓋をするのだけれど、
出来上がった時に、
その塩がとってもじゃりじゃりして、
よろしくないなぁと思っていて。

そうしたら、「酒粕」で蓋をしてもいい、ってことを
聞いて、
酒粕なら、わさび漬け用に買ったものが、
沢山ある!!
(早く使いたい)

というわけで、

今年は酒粕で蓋をしてみました。
もちろんこのままではなく、
クッキングペーパーを敷いて
しっかり重石をします。

大豆が煮えあがって、
実質作業は1時間もかからないくらい。
あとは、1年ほったらかし。

だから、
9年続けて作ってる。
(もう、そんなに続けてるんだ)

できれば、自分で大豆も作りたいと、
常々思っているけれど、
これはまぁ、後々。

手間も、時間も、お金も
無理しない範囲でやるのが、
継続のコツなのかも。


<過去のきろく>
2011/02/24 大豆+塩+麹 そして時間~手前味噌仕込み
2012/02/07 味噌仕込み4年目
2013/01/26 手前味噌仕込 忘備録
2015/02/03 味噌仕込み
2016/02/01 里山暮らし体験~味噌仕込み編

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ







寒の水くみ~雪の中のわさび田
一年で一番寒い大寒の時期の
恒例行事。

寒の水を山んなかへ汲みにいくこと。

寒の水(かんのみず)は、
昔から腐らないと言われていて、
醤油や味噌、日本酒などの仕込みを
この時期にすると聞く。

明宝では、
寒の水を火の元にお供えしたり、
寒のお餅をついたりするそう。

我が家では、
それにあやかって、台所のコンロにお供えしたり、
化粧水をつくったりしている。

今年は、
味噌のほかに、醤油も仕込んでみるつもり。

快晴に恵まれて、
青と白のコントラストがくっきり。

みんなの広場。
(わさび田へ行くときに車を停めるところ)


やっぱり今年は少なくて、
わっちーの膝くらいの積雪。

本当はかんじきを買おうか、
でも雪少ないからどうしようか、
真剣に考えたけれど、
まぁ、なくても大丈夫。

雪が少ないので、
今年はわさび田の様子も見に行ってみることに。


吉田川の上流。
雪が岩の上にクリームのようにかかっています。
おいしそう?!

こういう岩場は雪で平になっているけれど、
ずぽっと足を踏み入れたところが、
実は岩と岩のハザマということもあるので、
とっても危険。

こういう時は、
動物たちの足跡をたよりに。
さすが、歩きやすい道を選んでいる。


トチノキさま
偶然、旧暦の新年にあたる日。
今年もどうか、よろしくお願いします!


わさび田はこんな感じ。
ネットで養生してあるので、
よくわかりませんが、
とりあえずは無事。


日よけに植えているハンノキは、
この時期赤い花を咲かせるそうで、
その赤い花も見てみたかったけれど、
まだつぼみ。

足元には、

ふきのとう。
わさび田にはフキがたくさん生えるのだけれど、
春にふきのとうが出てくることは見たことがなくて、
それもそのはず、
先に動物たちが食べてしまうから。

この日見つけられたのも半分は
すでにかじったあと。

春のカラダの大掃除のために、
少し恵みを分けていただくことにした。

それにしても、
このキラキラとしたふきのとうの色。
すごくわくわくする。
そして摘んだふきのとうの
春の香りといったら。


そしてメインイベント。

同行してくれた山葵人のジュリーと、
わっち―。

水を汲んだことはいいけれど、
サミー特製背負子かごが、
その重さに耐えられるのか…
というわけで、
サミーも水運びを頑張ってみたけれど、
あまりの重さに、
ひっくり返ってしまいました。
(ほんとに)

背中が重くて。

この日は、
歩いていると暑くなるほど。
帰りに明宝温泉で
汗をながして、カラダをぬくとめて、

とってきたばかりの寒の水で、
コーヒーを入れて、
のんびりと。

なんてすてきな休日。


☆昨年の水汲みの様子  2016/01/26
+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ










わさびの辛さについての考察
<本研究の目的>
11月に収穫したわさびがそれまでに収穫したものに比べて
明らかに辛味が強いように感じた。
そのわさびは、
葉茎を動物に食害されたものであった。
ひとつの仮説として、
「動物に地上部を食べられたために、
わさびが自身の身を守るために
辛味を増した」
という可能性が考えられる。
これを立証するために以下の実験を実施した。

<対象と方法>
山んなかで育てているわさびのうち、

A 植付後 1年半 食害あり
B 植付後 半年  食害なし

を同様に鮫皮おろしでおろし、
被験者WおよびSが食す。
辛さの違いを主観で判定する。

<結果>
被験者W
AのほうがBよりも明らかに辛味が強い と判定
被験者S
AのほうがBよりも明らかに辛味が強い と判定

<考察>
今回の実験の結果、
食害された対象のほうが辛味が強いことが分かった。
食害されると辛味が増す、という仮説は
正しい可能性は残されているが、
植付からの期間が同じものでの実験も必要と考える。

わさび田を引き継ぐ際に、
「11月が一番辛味が増し、
わさびが美味しくなる季節」
との話も聞いている。
食害ではなく、
ただ、わさびの成長過程で辛くなる時期である、
可能性も高い。

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ
わさび田のしごと納め

12月11日

雪はちらちらと降ったけれど、
予定通り 今年最後のわさび田しごと。

水が流れているところには
積もらないけれど、
わさび田の周囲はうっすらと雪。

収穫できるものは収穫し、
小さい株は1か所にまとめて、
ネットで養生するのが、
本日のしごと。

寒さとの耐久戦でもある。

時折陽が射すと温かいけれど、
その陽も12時には没。
風花が舞い散る。

ぶっくぶくに着ぶくれしていても、
寒い。

たき火に当たりながらの作業。
どんどん薪をくべないと、間に合わない。
薪の減りの早いこと。

昼食はごはんを鍋で炊き、
鶏ちゃんを焼く。

寒いだけでははりやいないので、
お楽しみも。

たき火の中に仕込んだ
りんご。
焼くと甘味がぐーんとまして、
体の中からじんわりあったまる美味しさ。

お腹が膨れたら、
もうひと頑張り。

カラダを動かさないととにかく寒いので、
できる限りの落ち葉かきに勤しむ。

そうしたら、なんと

ふきのとう。

中をめくってみたら、
花がぎゅっと縮こまっていた。

わさび田でふきのとうが膨らんでいるのを
見たことがない。
きっと、私たちよりも先に、
動物たちが見つけてしまうから。

すべての作業を終えて、
すべての薪を燃やし尽くして、
わさび田に一年の感謝と、
トチノキさまに冬の間の見守りをお願いして、
わさび田を発つ。

ようく見ると、
トチノキさまの先には、
冬芽が可愛らしくついている。

これから迎える冬本番。
植物たちはその先の季節の準備に、
ぬかりない。


+++++++
 にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ

雪降り前に
ありがたいことに、
まだ、雪は降っていません。

山んなかは、
「こんなに広かったっけ?」と錯覚するほど、
視界が広がり、明るくなります。

なぜって?


すっかり落葉してしまうから。

葉っぱがないと、
せせらぎ街道を走る、
バイクの音もよく響く。

葉っぱって意外と、遮音効果があるんだなぁと
気づく。


こんなにいい天気だけれど、
日没12時半(笑)
あとは、徹底的に寒い。

寒くなるとやっぱり、
お山の食料事情は厳しいようで、


葉っぱを食べられてしまっていました。
今年植えたワサビに早めにネットを掛けたのは
正解でした。
これから成長する苗が食べられてしまうと、
根茎の成長が阻害されてしまうから。

今回食べられたのは、
収穫時期のわさび。
葉わさびが収穫できないのは痛いか。


雪が降っても、降らなくても、
時期が来ると食べにくる。
覚えておきます。


わさび田の周囲には寒冷紗で囲いがあるのだけれど、
いったい、動物たちはどうやって飛び越えて、
どうやって帰っていくのだろう。
一度見てみたいものです。

この日の作業は、
収穫作業がメイン。
本当は落ち葉かきもしなくちゃいけないけれど、
ぼちぼち。

テレビで見つけた
サーモ発砲手袋」デビュー。
一般的な厚手のゴム手袋よりも、
水作業をしても冷たくない。
本当に、冷たくない。
わさび田作業にはありがたい。

なのに…

ワサビの根っこの処理をしていたら、
手袋までナイフで傷つけてしまって、
ショック。

冷たい。

そんな作業の合間には、

HOT Chocolate!
甘さと暖かさがカラダに染みます。


去年の収穫は、
採っても、採っても、根茎がちっさいのしかなくて、
やっても虚しくなったのだけれど、

今年は、

こんな感じ。
なんとか「ワサビ」と言えるものが
収穫できたかな。


ラストもう一回、
わさび田へ渡る予定。
雪は降らない予定(笑)

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ







ワサビ田のこと
どうも、わっちーです。ごくごくたまにしかブログに載せないわっちーのレアレアブログです。
今回はワサビ田についてのご報告を二つしておきます。
1.長良川おんぱくプログラム「清流吉田川の源流で、”ほぼ”天然のワサビ収穫と極上ワサビ丼」実施して
プログラムの催行詳細については既にサミーがブログアップしておりますので、そちらをご覧いただきたいですが、ワサビ田を使って、初めて本格的なイベントを行った感想を書かせていただきます。
まず、とにかくやって良かったー‼というのが、大きな感想です。
初めてのこと、極上のと銘打ったからには…ということもあり、サミーと練りに練り、念には念を入れて準備をし、実施しました。
おかげで、参加者の方々からは満足いただけ、ホッとすると共に今後も続けていきたいと思えました。まずは成功といってよい結果になりました。
今回参加された方々も良い方達ばかりで、今回限りでなく何らかの形で今後もつながっていきたいと思う方々でした。参加の皆さん、本当にご参加いただきありがとうございましたm(_ _)m
また、二日共、スタッフ参加してくれたジュリーにも感謝感謝です。
これからもワサビ田を舞台に色々な方に来てもらい、ワサビ田とその周りの環境も含めて楽しんでいただけるようなことを色々仕掛けていければと思っています。

2.ワサビ田の冬支度
少し報告が遅くなってしまいましたが、先日11/23にワサビ田の冬支度を行いました。
それは、今年の春に植えたわさび苗にネットを被せる作業。
今回は岐阜県立森林文化アカデミーの方々にもお手伝いをいただき、作業を行いました。
まずは落ち葉を取り除き、苗がはみ出ないようにネットを被せました。


 とりあえず、これで一安心。前回の冬も直ネット被せ戦法でカモシカやシカの食害攻撃から守れましたので、来年の苗の成長が楽しみです。
この日は、その守り切ったわさびの株を収穫しました。これまでより格段に立派な根茎が採れました。


来年もこんな大物が採れるように、来春から頑張りまッす‼

紅葉はきれいだけれど…本音は。
わさび田のある山んなかは
紅葉まっただ中。
今年はゆっくりだね。



わさび田の守り神、

トチノキさまもすっかりお色直し。

見上げれば、
綺麗なんだけれど、
本当のところをいうと、

早く葉っぱが落ちてほしい!!

風情もへったくりもない(笑)

わさび田には、
遮光のためにハンノキなどの木が植えられているんだけれど、
落葉すると

こうなります。

この落ち葉が、
わさび田の水の流れを堰き止めてしまうので、
この時期はひたすら落ち葉かきに励みます。

これが面白いくらい、
ごっそり落ち葉が取れるのです。
そして、その落ち葉は堆肥として積んで置き、
畑の肥やしになります。

そう、我らの飯の種のたね。

ウホウホです。

でも、早く落ち葉が落ち切ってしまわないと、
やってもやってもエンドレス。

綺麗にした後から、上から落ち葉が落ちてくる。

今年は雪が早いというウワサもある。
冬の間、動物たちからわさびを守るために、
養生をしたい。

となると、
早く落葉してしまって、
落ち葉を全部書いてしまって、
ネットをかぶせたいので、

どうしても、早く落ちてくれないかなぁということになる。

もう一つ、
寒さとの戦い。
わさび田のあるところは、
なんと13時前には陽がしずむ!

ランチの準備をしているわっち―。
手前はもう、陽が当たらない。
この気温差は激しい。

寒さしのぎのために、
たき火。
熾火になったら、

焼き芋タイム。

おやつにホクホクに焼けた焼き芋。

これで体を中から温めて、
また落ち葉かきに勤しみます。


まだまだ落ち葉が落ちてくるけれど、
雪が降ったら絶対に食べられるので、
落ち葉かきをしたところから、


ネットを被せることにしました。

作業は16時までやることが多いのだけれど、
そのころには、足腰くたくたで冷え冷え。
わさび田から戻ってくると、下界はまだ一仕事できそうなくらい、
明るいのにびっくり。
でももうくたびれたので、
明宝温泉でゆっくりあったまって、
帰ります。


落ち葉かきは一年で一番大変な作業だけれど、
達成感はあるし、
綺麗になった水の流れを見ていると癒されるし、
はまる人は、はまる作業です。
興味のある方、一緒にやりませんか?
報酬はわさび1株でいかがでしょう?

+++++++
 にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ
| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初 | next>>