森農楽舎 山んなか日記

プロフィール
森農楽舎山んなかさん
四方を山に囲まれた
郡上市明宝。
そんな「山んなか」で
ヨソから移住してきた夫婦が、
里山の知恵と技を学びながら、
里山の恵みを活かし、
持続可能な暮らしを模索していきます。

夫:わっちー
大垣生まれ
森林文化アカデミー1期生
美濃市で10年間
森林整備の仕事に従事したのち
2012年結婚と共に明宝へ移住。
現在は、
明宝の山んなかにある
わさび田の管理と、
山仕事に従事する。
時には、
森林整備の指導にもあたる。
目指すは、
森のユーティリティープレーヤー

嫁:サミー
名古屋市生まれ
2010年地域がんばり隊として、
明宝に移住。
続けて明宝の地域おこし応援隊として
ふるさと栃尾里山倶楽部をはじめとする
地域活動に携わる。
2013年春退任。
現在は、夫と共に、
畑、わさび作りや、
地域づくり活動に携わる一方、
郡上市内の病院で、
言語聴覚士として勤務。
目指すは
田舎のスーパーおばあちゃん

QRコード
アクセスカウンタ
Total:1866181
Today:662
Yesterday:1329
暮らしに使うものを手作りする~ほうき
ずっとブログに上げようと思っていて、
お蔵入りになっていたのですが…

今年の1月に土岐で行われた、
ススキを刈ってほうきを作るワークショップに参加しました。

(土岐は遠かった…下道で行ったから。しかも2回。)



1回めはススキ刈り。
これがほうきになると思うと、
ただの道端の草が、お宝に見えてくるから不思議です。

刈ったススキは束ねて、
2週間ほど乾かしておきます。

そして2回め。

穂先の長さに合わせて、
3つに分けて、ほうきに仕立てていきます。



3つの束を止める材は竹で。
(竹細工の端材が活かせるなぁ…)



自分でやったというよりは、
講師の方に(ほとんど)やってもらった感じですが、
自分で刈ったすすきで作ったほうきは
やはり愛着がわきます。

もちろん明宝にも枯れすすきはいっぱいあるし、
自分でもまた、作ってみたいと思っています。

でも、このほうき、
大雑把な私は、
穂先に穂(綿毛)がついたままで作業を始めたので、
作業中、穂が散らかって大変。
綺麗にするほうき、というよりは、
穂をまき散らすほうき、になってしまいました。

で、その時に、
ちりとりも手作りできるじゃん!
とひらめき、竹細工でちりとり作りとなったのです。

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ






雪のある生活
三寺まいりに出かけている間に、
栃尾でもたくさん雪が降りました。

サミーのふるさと、
名古屋でも10cm積もったとか。

名古屋の友達が、
そっちは、もっとすごいんじゃない?
って心配してメールをくれるのだけど、


明宝はずっと雪がある状態だから・・・
あまり改めてたくさん降った、という感じはしない。

第一、積雪量が分からない。


あまり人が通らないところには、
膝上まで、ズボっと雪に埋まるくらいだけど、
人が何度も通って踏み固められてると、
20cmくらい。
長靴で歩くには、支障がない。



屋根の上は、

こんな感じ。
バームクーヘンのように層になってる。


大変なのは車を出すとき。
2日間車に乗らなかったら、
軽自動車のタイヤがすっぽり覆われるくらい、
雪が積もってた。
もちろん屋根の上にも。


里人塾で、薪小屋を作るよりも、
車庫を作ったほうがよかったのではないか、
と本気で思う。

薪はいざとなったら、軒下でも大丈夫だし。



まず、車の周囲の雪をよける。
そしてドアを開けて、エンジンをかけて、
エアコン全開。

そしてボンネットや屋根の上の雪を落とす。

そうすると、また車の回りに落ちた雪が積もる。


あぁ、二度手間だぁ。


始めに車の上の雪を落としてから、
車の回りの雪をかく。


こうして経験を積み重ねていって、
要領よくなるんだなぁ。




「車を止める場所は、
車の大きさの分よりも一回り大きく、
雪かきしとかないかんよ。」

とふみさん。


そうしないと、
だんだん雪が積もるにつれて、
車の大きさの雪の箱ができていってしまうのだ。

ただでさえ、車庫入れが苦手なサミー。
しかも雪上。
これ以上、難易度あげたくない。

というわけで、
車庫分、大きめに雪をよけた。

こんだけ余裕があれば、大丈夫だろう。
たぶん。


こちらで降る雪は、
とってもふわふわで、軽い。
名古屋で雪かきすると、とっても重かった。
そのかわり、
こちらは降る量が違うけどね。


ふと、源右衛門の屋根の軒先をみると、
つらららら~

真下から見上げると、
ド迫力。
1mくらいあるかな。



でも、軒下は絶対に、歩かないほうがいいです。
つららから雫が落ちてきてぬれるだけじゃなく、
雪がドサっと落ちてくることもあって、
とっても危険。




雪かきもタイミングが難しいなぁ。

せっかく雪かきしたけど、
翌日晴れて溶けて、雪かきする意味なかった時もあったし、
逆に、溶けてから雪かきすると、
重くて大変だったり。
雪が軽いうちに、少しずつやるのがいいのかな。


とりあえず、源右衛門前の通り道、

薪を取りに行きやすいように、
歩く分だけ雪かきをしてみた。


雪かきも、
スコップを立てて、ほうきで掃くように雪をかいたほうが、
楽、と教えてもらう。
そう、毎日えんやこら、やっていたら大変だから。


こんだけやると、
汗が出る。
そう、寒いから元々着込んでいるし。




ここでは雪があるのが当たり前。
みんな普通に生活していて、
(サミーにはそう見える)、
ジタバタしているのは、サミーだけ・・・


少しずつ、少しずつ、慣れていきます。


+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ
ぽちっとよろしく。
むかしながらの掃除の仕方
栃尾里人塾は6回シリーズ。
2日めの午前中は、
これまで半年間の感謝の気持ちを込めて、
みんなで源右衛門の大掃除をすることに。


今回はこんな思いもあって、
合成洗剤はなるべく使わず、
むかしながらのやり方で、掃除をすることを提案。

みなさん、ぼろ布やマスクを持ってきて、
一生懸命やってくださいました。

 
竹ですす払いをしたり、

 
新聞紙でガラス窓を拭いてピカピカに。

 
掃除機じゃなくて、ほうきで埃を掃き出す。

 
石積みの苔を取っている方も。

 
米ぬかで床を磨いています。


さてさて、サミーはというと、
これ。

前日に豚汁に使った鍋。
これをきれいにしたい。

ふみちゃんが、
古い灰でこするときれいになるよ、と教えてくれました。
昨日焚き物をした後の灰ではダメなそうな。

桂一まが古い灰を持ってきてくれました。
それを焦げたところにかけて、
ひたすらこすります。

最初はなかなか落ちないのだけれど、
少し落ち始めると、するする落ちるようになって、
きれいになってくると、
だんだん面白くなってきて、
夢中でこする。


だいぶ、きれいになってきた。


で、最終的には、


すごいでしょ?
ピカピカ。

洗剤を使わなくても、
身近にあるもので、十分きれいになるのです。

ただ、サミー失敗したのは、
この後、指のツメの中まで真っ黒になってしまって、
それがなかなか落ちない。

ビニール手袋をしてやるべきでした。

でも、ここまでやると、
達成感があって、気持ちいい。

源右衛門の中もきれいになって、
気持ちいい。

この後、
そんな清められた場で、
これまでの6回の里人塾を、
振り返りました。


+++++++
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村ランキングに参加しています。
クリックどうぞよろしく