森農楽舎 山んなか日記

プロフィール
森農楽舎山んなかさん
四方を山に囲まれた
郡上市明宝。
そんな「山んなか」で
ヨソから移住してきた夫婦が、
里山の知恵と技を学びながら、
里山の恵みを活かし、
持続可能な暮らしを模索していきます。

夫:わっちー
大垣生まれ
森林文化アカデミー1期生
美濃市で10年間
森林整備の仕事に従事したのち
2012年結婚と共に明宝へ移住。
現在は、
明宝の山んなかにある
わさび田の管理と、
山仕事に従事する。
時には、
森林整備の指導にもあたる。
目指すは、
森のユーティリティープレーヤー

嫁:サミー
名古屋市生まれ
2010年地域がんばり隊として、
明宝に移住。
続けて明宝の地域おこし応援隊として
ふるさと栃尾里山倶楽部をはじめとする
地域活動に携わる。
2013年春退任。
現在は、夫と共に、
畑、わさび作りや、
地域づくり活動に携わる一方、
郡上市内の病院で、
言語聴覚士として勤務。
目指すは
田舎のスーパーおばあちゃん

QRコード
アクセスカウンタ
Total:1947184
Today:522
Yesterday:2195
地域がんばり隊の成果って?
そもそも、
がんばり隊に手を挙げたのが、

自分が単に田舎暮らしがしたかった、

というのと、

栃尾里人塾に参加して、
それが本当に楽しくて、ワクワクして、
ここに関わる仕事だったらやりたい、と思ったから。



一応、「地域支援員」という名称なのかも知れないけれど、
私の中では、
地域を元気にしよう、とか、
地域を変えよう、とか、
そんな意気込みは全く無く、
いままで念願だった田舎暮らしの夢が叶い、
やりたいことをやっただけ。

それだけじゃない。
地域のお祭にも参加させてもらったり、
チャレンジ25の事業を間近でみさせてもらったり。
都会に住んでいた時には、
接することのなかった分野にまで、
接することができた。

「がんばり隊」という名前が恥ずかしいほど、
「がんばってない」がんばり隊だ。



それでも周囲の人たちには、
がんばっているように見えるらしい。

地元の人たちが元気になったというけれど、
私は自分が来る前のことは分からないので、
なんとも言えない。


だから、私自身が地域にもたらしたものって何か、
問われても、
正直分からないのだ。


そんなことではいけないのかもしれないのだけど。





でも私なりに思うところはある。


実際に明宝で暮らし始めて、
畑仕事も、
雪に閉ざされた寒い冬も、
(そして、たくさん飲まされることも(笑))
決して楽じゃない。

でも、ここでの暮らしが楽しい。

この冬はありがたい事に、
雪が少なかったし、
薪ストーブもあったおかげで、
冬を越すことができた。
例年に比べたら楽な冬だったかも知れないけど、
自分にとっての鬼門だった冬を越すことができたことで、
里山で暮らしていけるという小さな自信なった。

そして、ここへやってきたことは、
間違いなかったと思ってる。

大変なこともあるけれど、
それを乗り越えれば乗り越えるほど、
自分にとって大切な場所になっていく。
大変な時に快く助けてくれる人たちが、
とても大切な存在になっていく。


大好きな栃尾が、
二間手が、
明宝が、
いつまでも元気なムラであってほしい。

いつの間にか、
地域の願い=自分の願いになっていた。






あまり「がんばっていない」がんばり隊でしたが、
評価して頂けたようで、
平成23年度には郡上市内で4名、
地域コーディネーターとして雇用されることになりました。
また岐阜県内のその他の地域でも、
「地域がんばり隊」を受け入れる自治体もあるそうです。
また、岐阜県には他県からの問い合わせもあるそうです。

自分では成果というのは、
よく分からないのだけど、
こうした、「がんばり隊」が、
地域を元気にするのに効果があると評価され、
それが各地に波及していくのであれば、
それはひとつの成果と言えるのかもしれません。


でもそれは「がんばり隊」が頑張ったからではなく、
行政や、
受け入れる周囲の人達の協力があってこそだと思います。
「がんばり隊」一人だけでは何もできません。
そして、その成果って、
目に見えるものではありません。
元気をはかるモノサシがあればいいですけど。

でも、目に見えないものの方が、
本当は大切なのかもしれないですね。
お金や物よりも。


地域支援員というのが、
ひとつのブームになっているような気がします。
地域づくりなんて、全然関心なかった自分が、
いつの間にか自分がそれをしてる。
自分の担った役割が、そのブームの後押しをしてる。


いや、まだまだですけど・・・


+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ






















コメントエリア
■すごいね
サミーさん
それはすごいね
岐阜県中でブームが起きているのですね。
やがてそれが日本中に蔓延するね。
ますます頑張ってね
eisan 11/03/31 16:53

■すごいな
自分は明宝村の二間手に生まれ育ち、栃尾は祖父の実家があり、多分今、サミーさんが暮らしているであろう家は、自分が幼いころ、そこに住んでいたお婆さんに、編み物を教えてもらっていた家だと、写真を見る限りで、推測しています(最近このブログを読み始めたので…桂一まの裏…だと思いますが)。
でも、名古屋から明宝に来て、さらにそこに住んでしまう…。なかなか難しいと思います。
頑張りすぎると、嫌になると思います。
『やりたいことをやっただけ』
それが、一番自然で、良いことだと思います。
二間手出身者 11/03/31 23:14

■eisanさんへ
自分のやってきたことが、
このような形で評価されることは、嬉しく思います。

でも一番大切なのは、
自分達の地域を元気にしたいという気持ちと、
なんとかしよう、というやる気だと思います。
サミー 11/04/01 09:01

■二間手出身者さんへ
私がここでやりたいことができ、
楽しく暮らしていけるのは、
栃尾の人たち、二間手の人たちが、
温かく迎えてくれたからに外ならないと思います。

本当にすごいのは、
地元の人たちです。
サミー 11/04/01 09:03

コメント投稿

コメント記入欄を表示するには、下記のボタンを押してください。
※新しくブラウザが別ウィンドウで開きます。

トラックバックエリア
この記事のトラックバックURL
http://www.musublog.jp/blog/trackback.php?id=6947