森農楽舎 山んなか日記

プロフィール
森農楽舎山んなかさん
四方を山に囲まれた
郡上市明宝。
そんな「山んなか」で
ヨソから移住してきた夫婦が、
里山の知恵と技を学びながら、
里山の恵みを活かし、
持続可能な暮らしを模索していきます。

夫:わっちー
大垣生まれ
森林文化アカデミー1期生
美濃市で10年間
森林整備の仕事に従事したのち
2012年結婚と共に明宝へ移住。
現在は、
明宝の山んなかにある
わさび田の管理と、
山仕事に従事する。
時には、
森林整備の指導にもあたる。
目指すは、
森のユーティリティープレーヤー

嫁:サミー
名古屋市生まれ
2010年地域がんばり隊として、
明宝に移住。
続けて明宝の地域おこし応援隊として
ふるさと栃尾里山倶楽部をはじめとする
地域活動に携わる。
2013年春退任。
現在は、夫と共に、
畑、わさび作りや、
地域づくり活動に携わる一方、
郡上市内の病院で、
言語聴覚士として勤務。
目指すは
田舎のスーパーおばあちゃん

QRコード
アクセスカウンタ
Total:1865860
Today:341
Yesterday:1329
茶摘みに思う

ちょっと新芽が伸びすぎてしまった。

茶摘みをしながら思いだす。

静岡のお茶どころ出身の彼女は、
口数が少なくて、おとなしいけれど、
心の中はちょっと熱いものを持っていて、
不思議な魅力のある子でした。

栃尾里人塾に参加してくれたときに、
見せてくれた茶摘みの技は、
見ていて惚れ惚れする手さばき。

一年前に旅立ってしまったけれど、
明宝のあちこちに、彼女の残してくれたモノがたくさん。
それをみるたび、
お茶の新芽をみるたび、
彼女のことを思い出すんだろう。

肉体はなくても、
明宝の中に彼女はまだ生きているんだよな。


合掌。

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ
コメントエリア

まだこの記事のコメントはありません。

コメント投稿

コメント記入欄を表示するには、下記のボタンを押してください。
※新しくブラウザが別ウィンドウで開きます。

トラックバックエリア
この記事のトラックバックURL
http://www.musublog.jp/blog/trackback.php?id=65860