森農楽舎 山んなか日記

プロフィール
森農楽舎山んなかさん
四方を山に囲まれた
郡上市明宝。
そんな「山んなか」で
ヨソから移住してきた夫婦が、
里山の知恵と技を学びながら、
里山の恵みを活かし、
持続可能な暮らしを模索していきます。

夫:わっちー
大垣生まれ
森林文化アカデミー1期生
美濃市で10年間
森林整備の仕事に従事したのち
2012年結婚と共に明宝へ移住。
現在は、
明宝の山んなかにある
わさび田の管理と、
山仕事に従事する。
時には、
森林整備の指導にもあたる。
目指すは、
森のユーティリティープレーヤー

嫁:サミー
名古屋市生まれ
2010年地域がんばり隊として、
明宝に移住。
続けて明宝の地域おこし応援隊として
ふるさと栃尾里山倶楽部をはじめとする
地域活動に携わる。
2013年春退任。
現在は、夫と共に、
畑、わさび作りや、
地域づくり活動に携わる一方、
郡上市内の病院で、
言語聴覚士として勤務。
目指すは
田舎のスーパーおばあちゃん

QRコード
アクセスカウンタ
Total:1865878
Today:359
Yesterday:1329
ヨモギとワラビを摘む~保存するまで
いつやるの?
今でしょ!

ではありませんが、
摘み菜の摘み時というのは、決まっています。
どんなに忙しくても、
どんなに腰が痛くても、
今っていうときに摘まないと、
タイミングを逃してしまうのです。

摘み菜の育ち具合と、
自分の予定と、
天気予報を見比べて、
今という時を計る。

里山暮らしも7年経つと、
だいぶそのタイミングを見極めるのも上手くなったかなぁ・?

さて、我が家近くの土手のヨモギさんが、
いい具合に摘み時を迎えていました。
雨降り後の露がまだ残っていて、
きらきらと光るヨモギ。

虫がついていないか丁寧に見て、
できるだけきれいな葉を厳選して摘む。
このひと手間が後の作業をものすごく楽なものにする。
年々、賢くなっています(笑)

結構急な斜面で、しかも雨上がりだから滑るけれど、
やっぱり野草摘みは楽しくて、
ぐるっと一回りするうちに、ヒゴがいっぱいに。



もう一度、ゴミや虫がついていないか確認して、
ざっと洗って、あく抜き。
沸騰した湯に重曹を溶かし、
そこにヨモギの葉を入れ、火を止める。
今回はほぼ丸一日、ときどきかき混ぜて放置。
翌朝、水を切って、細かく刻んでから、
保存袋に薄く延ばして冷凍保存。

これは、年末の草もち用に。
昨年末の失敗を教訓に、
早く解凍するためと、餅に混ぜ込みやすくするために
こんなやり方をしてみた。
上手くいくかどうかは、年末の餅つきのお楽しみ。

草もちの香りをよくするために、
茹でて干したのも餅に加えるとよいそうで、
もう一回、今度また摘もう。

陽があまりあたらない、栃尾でも
ワラビが摘み時。
こちらは、秋のおときのごはん用に。


摘んだワラビは、
長さをそろえて束にして、
塩漬けにして保存。
こうすることで、茹でてあく抜きするよりも、
ワラビの歯ごたえがしっかり残るような気がする。
松前漬けを作るのはこちらの方が断然美味しい。
煮物だと、あまり変わらないけれど。



自然の恵みだから、お金はかからないけれど、
その分、食べるためには手間暇がかかる。
それでも野草摘みは楽しいし、
手間暇かけた分だけ、ありがたみが増すし、
お金には代えられない豊かさを感じることができる。

だから、
どんなに忙しくても、
どんなに腰が痛くても、
どんな急な斜面でも、

そこに野草がある限り、摘みにいくのだ。


+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ


コメントエリア

まだこの記事のコメントはありません。

コメント投稿

コメント記入欄を表示するには、下記のボタンを押してください。
※新しくブラウザが別ウィンドウで開きます。

トラックバックエリア
この記事のトラックバックURL
http://www.musublog.jp/blog/trackback.php?id=65390