森農楽舎 山んなか日記

プロフィール
森農楽舎山んなかさん
四方を山に囲まれた
郡上市明宝。
そんな「山んなか」で
ヨソから移住してきた夫婦が、
里山の知恵と技を学びながら、
里山の恵みを活かし、
持続可能な暮らしを模索していきます。

夫:わっちー
大垣生まれ
森林文化アカデミー1期生
美濃市で10年間
森林整備の仕事に従事したのち
2012年結婚と共に明宝へ移住。
現在は、
明宝の山んなかにある
わさび田の管理と、
山仕事に従事する。
時には、
森林整備の指導にもあたる。
目指すは、
森のユーティリティープレーヤー

嫁:サミー
名古屋市生まれ
2010年地域がんばり隊として、
明宝に移住。
続けて明宝の地域おこし応援隊として
ふるさと栃尾里山倶楽部をはじめとする
地域活動に携わる。
2013年春退任。
現在は、夫と共に、
畑、わさび作りや、
地域づくり活動に携わる一方、
郡上市内の病院で、
言語聴覚士として勤務。
目指すは
田舎のスーパーおばあちゃん

QRコード
アクセスカウンタ
Total:2200031
Today:35
Yesterday:161
六ツ目の背負子かご
春に間に合いました。

六ツ目の背負子かご。
サミー用です。

木こりの背負子かごに比べて、
とっても軽いです。
木こりの背負いかごは、
見るからにとても大変で、
やってみるともっと大変で、
六ツ目の方が楽かなぁ、なんて思って取り掛かったのですが…

甘かった。

いつものことですが。

六ツ目はバランスよく編むのが難しい。
よくみると、縦長の目になっているでしょ?
ヒゴがすこし厚かったようで、
なかなか絞まらないのです。
どうしても横のヒゴが浮いてきてしまう。

じゃあヒゴを薄くすればいいのか、
というとそうでもなくて、
ヒゴを薄くすると、頑丈さが損なわれてしまう。

わさび田の山んなかで使うものだから、
ある程度の頑丈さも必要。

ぎりぎりの強度を保つことのできる薄さに
ヒゴをへぐのが職人技。
まだまだ修行が足りません。


おかげで、
思っていたよりも、大きなかごができてしまって、
たくさん入ります☆

あとはこれに布か何かで蓋を掛けられるようにしようかと
思っています。
おじぎすると、頭の上から中身がこぼれてしまうからね。


さすがに、このかごは山用で
普段使いはできないので、
でも、これだけの大きさのものを、
片付けておくためのスペースもない。

で、考えたのは、

壁にぶら下げる。

スペースの有効利用。
山でしか使わないものも収納できるしね。

実際、使うのが楽しみやなぁ。

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ


コメントエリア

まだこの記事のコメントはありません。

コメント投稿

コメント記入欄を表示するには、下記のボタンを押してください。
※新しくブラウザが別ウィンドウで開きます。

トラックバックエリア
この記事のトラックバックURL
http://www.musublog.jp/blog/trackback.php?id=62651