森農楽舎 山んなか日記

プロフィール
森農楽舎山んなかさん
四方を山に囲まれた
郡上市明宝。
そんな「山んなか」で
ヨソから移住してきた夫婦が、
里山の知恵と技を学びながら、
里山の恵みを活かし、
持続可能な暮らしを模索していきます。

夫:わっちー
大垣生まれ
森林文化アカデミー1期生
美濃市で10年間
森林整備の仕事に従事したのち
2012年結婚と共に明宝へ移住。
現在は、
明宝の山んなかにある
わさび田の管理と、
山仕事に従事する。
時には、
森林整備の指導にもあたる。
目指すは、
森のユーティリティープレーヤー

嫁:サミー
名古屋市生まれ
2010年地域がんばり隊として、
明宝に移住。
続けて明宝の地域おこし応援隊として
ふるさと栃尾里山倶楽部をはじめとする
地域活動に携わる。
2013年春退任。
現在は、夫と共に、
畑、わさび作りや、
地域づくり活動に携わる一方、
郡上市内の病院で、
言語聴覚士として勤務。
目指すは
田舎のスーパーおばあちゃん

QRコード
アクセスカウンタ
Total:2220873
Today:43
Yesterday:185
ようやく完成!背負子かご
で、できました!!



 木こりの背負子かご。

 ほんとは自分がわさび田行くときに使う
背負子かごをつくろうと思っていたんだけれど、
わっちーの分を先に。

木こりが山へ仕事に入るときは、
荷物が多い。
チェンソーも突っ込めるように、
大きさも頑丈さも考えて、
師匠に設計して頂き、
手ほどきを受けながら、
つくりました。

4m近くの真竹と格闘して作ったヒゴや、
皮のすぐ下の身のヒゴを取ること、
形よく編み上げていくこと、
巻き縁や、足をつけること、
全てが難しくて、
ため息ばかり。
出来上がるころにようやくコツがわかる・・・

肩ひもも草鞋を作る要領で、
自分でつくりました。

背負うと、

こんな感じ。
でかい。

わっちーには、これで、
山仕事、安全に頑張ってもらいたいものです。
期待しています(笑)

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ

コメントエリア

まだこの記事のコメントはありません。

コメント投稿

コメント記入欄を表示するには、下記のボタンを押してください。
※新しくブラウザが別ウィンドウで開きます。

トラックバックエリア
この記事のトラックバックURL
http://www.musublog.jp/blog/trackback.php?id=54214