森農楽舎 山んなか日記

プロフィール
森農楽舎山んなかさん
四方を山に囲まれた
郡上市明宝。
そんな「山んなか」で
ヨソから移住してきた夫婦が、
里山の知恵と技を学びながら、
里山の恵みを活かし、
持続可能な暮らしを模索していきます。

夫:わっちー
大垣生まれ
森林文化アカデミー1期生
美濃市で10年間
森林整備の仕事に従事したのち
2012年結婚と共に明宝へ移住。
現在は、
明宝の山んなかにある
わさび田の管理と、
山仕事に従事する。
時には、
森林整備の指導にもあたる。
目指すは、
森のユーティリティープレーヤー

嫁:サミー
名古屋市生まれ
2010年地域がんばり隊として、
明宝に移住。
続けて明宝の地域おこし応援隊として
ふるさと栃尾里山倶楽部をはじめとする
地域活動に携わる。
2013年春退任。
現在は、夫と共に、
畑、わさび作りや、
地域づくり活動に携わる一方、
郡上市内の病院で、
言語聴覚士として勤務。
目指すは
田舎のスーパーおばあちゃん

QRコード
アクセスカウンタ
Total:2200029
Today:33
Yesterday:161
長良杉でつくる鰹節削り器
不思議なご縁があって(笑)、
念願だった『長良杉でつくる鰹節削り器」の
ワークショップに参加することができました。

講師は
岐阜木材団地で木工教室をされている、
のぶちゃん先生。

とってもクールで、
丁寧な指導。
でも、すごく熱い情熱を持っている方と
お見受けしました。

木工やDIYはこれまで、
グリーンウッドワークで木のスプーンをつくったり、
旋盤でお椀をつくったり

最近ではみつばちの巣箱をつくったり

少しずつチャレンジはしているものの、
苦手意識が強い。

今回も
のこぎりで材を「垂直に」切るという、
一番重要で、一番難しい作業に苦戦。

これができなかったがために、
あとで大変な思いを(スタッフの方が)することに。

それでも、
1日、木と向き合って、夢中になって作る時間というのは、
とてもとても幸せなひととき。
そして
完成!



引き出しがきちんと収まらないという、
正規品ではありえない仕上がりですが、
それはそれで愛おしいやつです。

帰りに、紹介してもらった鰹節をゲットし、
これで念願の鰹節ライフが・・・むふふ。

当日のワークショップの様子は
のぶちゃん先生のブログでご覧いただけます。


のぶちゃん先生、
ワークショップでご一緒したみなさま、
ありがとうございました。



にしても、のこぎりをちゃんと、
真っすぐひけるようになりたいものです。

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ
コメントエリア

まだこの記事のコメントはありません。

コメント投稿

コメント記入欄を表示するには、下記のボタンを押してください。
※新しくブラウザが別ウィンドウで開きます。

トラックバックエリア
この記事のトラックバックURL
http://www.musublog.jp/blog/trackback.php?id=52756