森農楽舎 山んなか日記

プロフィール
森農楽舎山んなかさん
四方を山に囲まれた
郡上市明宝。
そんな「山んなか」で
ヨソから移住してきた夫婦が、
里山の知恵と技を学びながら、
里山の恵みを活かし、
持続可能な暮らしを模索していきます。

夫:わっちー
大垣生まれ
森林文化アカデミー1期生
美濃市で10年間
森林整備の仕事に従事したのち
2012年結婚と共に明宝へ移住。
現在は、
明宝の山んなかにある
わさび田の管理と、
山仕事に従事する。
時には、
森林整備の指導にもあたる。
目指すは、
森のユーティリティープレーヤー

嫁:サミー
名古屋市生まれ
2010年地域がんばり隊として、
明宝に移住。
続けて明宝の地域おこし応援隊として
ふるさと栃尾里山倶楽部をはじめとする
地域活動に携わる。
2013年春退任。
現在は、夫と共に、
畑、わさび作りや、
地域づくり活動に携わる一方、
郡上市内の病院で、
言語聴覚士として勤務。
目指すは
田舎のスーパーおばあちゃん

QRコード
アクセスカウンタ
Total:2200020
Today:24
Yesterday:161
竹を取りに行く
月に2回通っている竹細工教室で、
竹を取りに行きました。

連れて行ってもらったのは、
淡竹(はちく)林。



竹林というと、
京都の「竹林の小路」のような
青々としたところを思い浮かべるのですが、
「淡い竹」と書く淡竹だけあって、
白く、明るい。

これだけ淡竹が揃っていると、圧巻。



竹の見方などお話しを伺い、
実際に伐採もさせてもらいました。
4~5本切らせてもらいましたが、
最後の1本は一人で作業できるくらいに…
(枯れている竹ですが)


切った竹の切り口。
かぐや姫でてくるか??

女でもノコ(とナタ)だけで、手入れできる、
ハードルの低さがいいなぁ。
竹林整備も面白いかも…といろいろ妄想を膨らませます。

まぁ、この時期だから、
虫も少ないし。
(夏は大変なんだそうだ)
体験だから、楽しめたんだろうけれど。

こちらでも獣の被害はあるそうで、
春にはタケノコを狙ってシシがやってくるそう。
シシにタケノコを食われてしまうということは、
竹が育たないということ。

その対策も練らなければならないようです。

こうして、竹事情を知ると、
カゴやザルを編むときに、
本当に大切にヒゴをつくらねばなぁと、
思います。
まだまだ技術が伴わず、
ため息ばかりですが(笑)

竹細工教室はこんな感じです→ 

+++++++
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ

コメントエリア

まだこの記事のコメントはありません。

コメント投稿

コメント記入欄を表示するには、下記のボタンを押してください。
※新しくブラウザが別ウィンドウで開きます。

トラックバックエリア
この記事のトラックバックURL
http://www.musublog.jp/blog/trackback.php?id=42444